飯野治療院集客事務所

株式会社タッチコード

「これしちゃだめ」の呪縛

from飯野恵太
横浜オフィスより
 
 
 
 
小学3年生のときに
「院」という字を
並んだんですが
このときに、担任の
先生からこう言われました。
 
 
 
 
「『院』という字は、よく間違われます
『元』の部分を『云』て書いちゃうんです。
だから、みんなも気をつけてね。」
 
 
 
 
と、、、
 
 
 
 
「云」はダメなんだ。
「云」はダメなんだ。
と、頭に叩き込むことで
どうなったかというと
 
 
 
 
僕はよく、「院」の漢字を
間違えるようになったんです。
 
 
 
 
「云」はダメ。と
頭で考えるときに
「云」という字が
絶対、頭に浮かんじゃいますよね。
 
 
 
 
先生は良かれと思って
教えてくれたのですが
この呪縛のせいで
逆によく間違えるように
なってしまったんです。
 
 
 
 
先生も聞いたことあるかも
しれませんが、人は
否定形の言葉を
認識することができません。
 
 
 
 
「◯◯しない」という言葉を
認識するのに、一度「◯◯する」ことを
頭は想像してしまうですね。
 
 
 
 
だから、目標を掲げるときも
「お菓子を食べない」と
書くよりも、「お菓子を断ち切る」の
方が、脳に認識してもらいやすいんですね。
 
 
 
 
同じようなことを言ってるだけなのに
否定形で書くか、肯定形で書くかによって
目標の達成率は大きく変わってしまうんです。
 
 
 
 
これから新年を迎えて
新たな目標を作る人は
多いと思いますが
そのときは、ぜひ
「肯定的な言葉」で
目標を書き出してみてくださいね。