飯野治療院集客事務所

株式会社タッチコード

騙されかけた迷惑メール

from飯野恵太
横浜の自宅より
 
 
 
 
最近の迷惑メールって
めちゃくちゃ巧妙じゃないですか?
 
 
 
 
少し前までは
こんな迷惑メール
誰が引っかかるか!!
って思ってましたが
最近は本当に
巧妙なんです。
 
 
 
 
中でも、ひっかかる
寸前だったものがあるんですが
それは、Appleを装うものです。
 
 
 
 
「お客様のApple ID が、
ウェブブラウザからiCloudへの
サインインに使用されました。」
 
 
 
 
こういう注意文とともに
「最近iCloudへサインインを行ったことがなく、
他者が違法にお客様のアカウントを
使用していると考えられる場合は、
Apple IDでパスワードをリセットしてください。」
と警告がされているんです。
 
 
 
 
僕は、普段、Apple製品をよく使っていますし
iCloudにログインすることもあります。
もしかして、違法に使われた?!!と
思って、ヒヤッとしたので
本当にこのメールに書かれていることを
対応しなくちゃ!と思ったんです。
 
 
 
 
でも、よくよく考えると
そのメールを受信していた
メールアドレスが
iCloudで使用している
アドレスとは違うものだったんですよね。
 
 
 
 
なので、あれ?おかしいな?と
思って、立ち止まったんです。
 
 
 
 
で、このメールの内容を
ネットで調べてみると
同じような迷惑メールを
もらっている人達からの
警鐘が多数あったので
これは迷惑メールなんだなと
思ったんです。
 
 
 
 
間一髪でした。
本当に、巧妙になってますよね。
迷惑メール。
 
 
 
 
特に自分に関連するものとか
普段、自分の頭の中にある
ことが書かれていたりすると
ん??と反応してしまいます。
 
 
 
 
逆に、自分と関係のないものだと
その中身がどんなに巧妙でも
ひっかかることって
ないですよね。
 
 
 
 
自分が使ってない銀行から
口座のパスワードを変更してください
って連絡が来ても
すぐにウソだなってわかります。
 
 
 
 
迷惑メールから学ぶのも
シャクですが
相手に関連したキーワード
相手の頭の中の言葉を
キーワードに使うってことは
とても大事なことですよね。
 
 
 
 
迷惑メールですら
反応してしまうことがあるんですから
普通の広告でも、それは一緒です。
 
 
 
 
自分に関連のあることなら
反応をしてくれますし
そうでなければしません。
 
 
 
 
これは、あなたの持っている顧客情報を
活用するときに、とても役に立ちます。
 
 
 
 
DMやメールで
アプローチするときに
十把一絡げに一様の
文章を送るよりも
セグメントして
その人に関連した
ワードを入れたほうが
反応率がぐんと高くなります。
 
 
 
 
当院をご利用いただいた皆様へ
と書くよりも、
ゴルフが趣味だという方に限定して
「ゴルフが好きだと言っていた
◯◯さんへのご案内」
と書く方が、
はるかに高い反応が取れるんですよね。
 
 
 
 
あなたの持っているリストも
ひとまとめにしてしまえば
1種類のリストかもしれませんが
効果的にセグメントすることで
何倍にもリストの価値を高める
ことができるんですよね。
 
 
 
 
今日伝えたい事は
そういうことです。
 
 
 
 
迷惑メールには気をつけて1
そして、リストをセグメントして
関連したキーワードをいれてあげると
反応率がぐっと高まります。
リストの価値も上がるのです。