飯野治療院集客事務所

株式会社タッチコード

なんだこれ?アイコフレの広告

from飯野恵太
横浜の自宅より
 
 
 
 
ほほーこれは注意をひくな!と
思う広告を見かけました。
 
 
 
 
北川景子さんを
イメージキャラクターに
起用している
「アイコフレ」という
コンタクトレンズの
ブランドの広告なんですが
この広告の中吊り広告が
すごい面白かったのです。
 
 
 
 
電車の中吊り広告で
何がすごいかというと
形がおかしいんです。
 
 
 
 
普通中吊り広告って
横長の長方形ですよね?
 
 
 
 
でも、このアイコフレの広告は
違うんです。
 
 
 
 
なんとも表現しづらいんですが
わかめを逆さまにしたような
形をしているんです。
 
 
 
 
中吊り広告なのに
長方形じゃないんですよ。
 
 
 
 
明らかに他の広告とくらべて
異様な形をしているので
すんごく目につくんです。
 
 
 
 
その証拠に
コンタクトなんて
全く興味のないはずの僕が
その広告のことを印象深く
覚えていますからね。
 
 
 
 
他の広告なんて
意識にすらあがっていないのに。
 
 
 
 
「注意をひく」ということを
最優先に考えているんですよね。
どんなに優れたコピー(文章)もデザインも
そもそも見てもらえなければ
意味がありません。 
 
 
 
「見てもらえない」という
最大の壁を越えるために
形を変えちゃうという
アイディアがいいですよね。
 
 
 
 
治療院での広告でも
大いに真似できる素晴らしい
アイディアだと思いました。
 
 
 
 
いつものように長方形、A4で
チラシを出すのではなく
形そのものを加工して
出してみる
 
 
 
 
例えば、アイコフレみたいな
わかめ?みたいな形にしていたら
それがポストに入っていたら
なんだこれ?ってなりますよね。
 
 
 
 
A4のチラシは日常茶飯事なので
中身すらみないでポイかも
しれませんが、わかめ型が
入っていたら、ん?と
なりますよね。
 
 
 
 
注意をひくって
それほど大切な
ことです。
 
 
 
 
すごく参考になる
おもしろいアイディアに
触れたのでシェアさせていただきました。