飯野治療院集客事務所

株式会社タッチコード

感動「リメンバー・ミー」

from飯野恵太
横浜オフィスより
 
 
 
 
ピクサーの最新作
「リメンバー・ミー」を
観てきました。
 
 
 
 
僕はこれまで
全てのピクサー映画を観てきましたが
その中でも、かなり上位に
入るくらい感動しました。
間違いなく名作です。
「リメンバー・ミー」
 
 
 
 
映画の終盤では
もう、おいおい泣いてましたね。
おっさん一人で嗚咽してました。
 
 
 
 
「リメンバー・ミー」
どんな映画かというと、、、
ネタバレせずにあらすじを
紹介します。
 
 
 
 
主人公ミゲルは
音楽が大好きでギターの天才。
ミュージシャンを目指しています。
 
 
 
 
でも、家族の掟で
ギターどころか
音楽を聴くことすら禁止されてます。
 
 
 
 
それでも、音楽のコンテストに出たい
ミゲルは、家族にだまって
強行出場を試みるんですが
ばれてしまい、おばあちゃんに
ギターをぶっ壊されます。
かなりひどい!
 
 
 
 
「こんな家、嫌だ!!」と言って
ミゲルは家を飛び出すんです。
 
 
 
 
おばあちゃんにギターを壊されたので
どうにかしてギターを調達しようと
探し回るのですが、全然見つからない。
 
 
 
 
最終的に伝説のミュージシャンの
お墓に忍び込んで
そこに飾られている
ギターを盗みます。
 
 
 
 
その瞬間、呪いかかってしまい
死者の国に迷い込んでしまうんです。
 
 
 
 
死者の国といっても
ホラー映画みたいなとこじゃなくて
めちゃくちゃカラフルで
みんな楽しく暮らしている
ディズニーランドみたいなとこです。
 
 
 
 
すごい楽しそうなところでは
あるんですが、日の出までに
元の世界に帰らないと
死者の国からも帰れなくなる。
さあ、どうする?!
というところに
陽気なガイコツのヘクターと
出会って、一緒に
帰る方法を探す!
 
 
 
 
最後には、色んな真実が明らかになって
奇跡も起こって、ぐわー!
という感じです。
 
 
 
 
僕の拙い説明じゃ
この映画の面白さの
1%も伝えられないので
興味のある方は、ぜひ
映画館に足を運んでください!
 
 
 
 
リメンバー・ミーの
宣伝がしたかったわけじゃないんですが
「ストーリー」の力って
やっぱりすごいなー。
ということです。
 
 
 
 
物語、ストーリーって
人はお金を払ってでも
観たいんですよね。
 
 
 
 
実際、リメンバー・ミー
映画館の座席は
満席でした。
 
 
 
 
ストーリーには
人を魅了する
とても強力なパワーがあります。
 
 
 
 
なにも、ピクサー映画のような
超一流の物語じゃなくても
いいんです。
 
 
 
 
先生が、開業するまでに
どんな苦労をしたか?
どんな努力を積み重ねて
治療の技術を身に付けたか?
治療した患者さんの
人生がどのように変わったか?
 
 
 
 
そんな話を伝えてあげたら
多くの人の印象に残るのです。
 
 
 
 
しかも、そんなストーリーを
伝えているところなんて
まず、ありませんから
ストーリーそのものに
よって、他院との圧倒的な
差別化をすることができるんです。
 
 
 
 
とにかく、先生は
ストーリーを作って
新規に来た患者さんには
必ず渡すようにしてください。
 
 
 
 
そして、ピクサー映画も
チェックしてください。
絶対損はさせません!