飯野治療院集客事務所

株式会社タッチコード

クレイジーウェディング

from飯野恵太
茅場町のスタバより
 
 
 
 
土曜日に後輩の結婚式があったので
参加してきました。
 
 
 
 
クレイジーウェディングって
知っていますか?
これまでの画一的な結婚式を
覆すオリジナルの結婚式を
プロデュースしてくれる会社です。
 
 
 
 
後輩の結婚式は
このクレイジーウェディングを
利用して行われていたのですが
やっぱり、その内容は普通の
結婚式とは異なってました。
 
 
 
 
新郎の入場曲は
ディズニーのエレクトリカルパレードで
全身に電飾をつけて、大きな箱を
台車に載せて入ってきました。
 
 
 
 
その箱の中から
新婦が登場。
かなりはっちゃけてる披露宴ですよね。
 
 
 
 
披露宴なのに腕相撲大会や席替えまで
ありましたからね。
楽しい結婚式でした。
 
 
 
 
このクレイジーウェディングという会社は
結婚式自体も「クレイジー」ですが
採用や研修制度も
かなりおもしろい特殊なことを
しているらしいんです。
 
 
 
 
あるときは、全社員が2週間業務を
ストップしえ、長野県の根羽村で
古民家のリノベーションに
取り組んだらしいんです。
 
 
 
 
彼らは、経営の優先順位を明確に決めていて
1番は「健康」で、2番目は、「人間関係」らしいんです。
 
 
 
 
年間業務の40%を社内のコミュニケーションに
使っていて、社内の未来やカルチャーについて
話す機会や時間を積極的に設けているらしいんです。
 
 
 
 
古民家のリノベーションも
社員同士で、濃密な時間を共有するために
行ったらしいんですね。
 
 
 
 
おもしろいことをしていますよね。
 
 
 
 
いい人間関係ができあがることによって
普通では言うのをためらうようなことも
指摘ができるようになるし
言われた方も素直に受け取ることが
できるようになるそうです。
 
 
 
 
これによって、社員全員で
より成長していくことが
できるようになっているんですね。
 
 
 
 
売上、業績を上げることではなく
人間関係に焦点をあてて
それを育むことによって
結果としては長期的に
売上も上がってくるんですね。
 
 
 
 
これは、社内の人間関係についても
いえますが、顧客との関係性でも
同じことが言えますよね。
 
 
 
 
ビジネス=顧客との関係性
とはよく言われていますが
売上をあげることにフォーカスするよりも
整骨院を経営する上で
顧客、患者さんとの関係性に
フォーカスすることで
結果的に後から売上がついてくる。
 
 
 
 
社内でも社外であっても
関係性を育むって
とても大事なことですよね。
 
 
 
 
ニュースレターを送ったり
定期的にDMを送ったり
そのような取り組みが
成果をあげるのも
この関係性構築にこれらの
施策が大きく寄与するからなんですよね。