飯野治療院集客事務所

株式会社タッチコード

知ってました?「ウィダーinゼリーはもうない」って

from飯野恵太
二子玉川のスタバより
 
 
 
 
昔はよくウィダーinゼリーを飲んでいました。
中学・高校と水泳部だったのですが
水泳の大会って、一日かけて
いろんな種目が開催されるので
選手は、まとまった食事時間って
取れないんですよね。
 
 
 
 
そんなときに、ウィダーinゼリーがあると
胃に負担をかけずにエネルギーを補給できるので
すごく重宝していました。
 
 
 
 
しかも美味しいですよね。
ウィダーは。
 
 
 
 
でも、あのウィダーinゼリーって
もう日本にはないの知ってましたか?
 
 
 
 
今年の3月から
「ウィダー」ブランドを使わないで
販売元の森永製菓ブランドで
「inゼリー」として販売されているんです。
 
 
 
 
ウィダーinゼリーなんて言うもんだから
ウィダーって何か栄養素かなにかかと
思ってたんですけど
ジョー・ウィダーという
伝説のボディビルダーの
名前らしいです。
 
 
 
 
ウィダーは森永製菓が
ライセンス料を払って
使用していたブランドなんですが
なぜ、最初は「森永製菓」として
販売しなかったかというと
森永製菓というブランドは
当時、お菓子のイメージが強かったので
そのブランドイメージと
隔離するためにウィダーブランドを
使っていたんだとか。
 
 
 
 
inゼリーの認知が広まったことで
2014年からは意図的に
ウイダーのロゴを隠すなどして
ウイダーブランドとの
決別の準備を進めてきました。
 
 
 
 
ちなみに、2014年にデザインを一新したのですが
当時は「リニューアルの失敗」と言われて
メディアにも馬鹿にされていました。
 
 
 
 
確かにデザインをリニューアルしてから
売上は落ちたのですが
いまはもう、売上は増えて
ウィダーを含む、森永製菓での
健康部門の売上はこの3年間で
7割近くも売上をのばしているですね。
 
 
 
 
長い目で見ると、2014年の
リニューアル、勇気ある決断は
正しい判断と言えますよね。
 
 
 
 
なにか変化を起こそうとするときって
抵抗もあるし、混乱やとまどいも
必ず発生しますよね。
 
 
 
 
でも、その変化のときの混乱を
受け入れなかったら
いつまで経っても成長することは
できません。
 
 
 
 
ウィダーのブランド転換が
良い例ですよね。
 
 
 
 
いままで成果を出していた
ウィダーブランドを切り替えるという
決断は怖かったはずです。
 
 
 
 
実際「リニューアル失敗だ!」と
叩かれていましたし。
 
 
 
 
でも、それを乗り越えたから
いまの成長があるんですよね。
 
 
 
 
変化するときって必ず混乱があります。
逆に言うと混乱しているときって
人が成長や変化をしようとしてる時でも
あるんですよね。
 
 
 
 
あなたも、変化を恐れず
成長していってください。
 
 
 
 

ビジネスにおける小さな蝶番(ちょうつがい)

from飯野恵太
茅場町のスタバより
 
 
 
 
マクドナルドの利益を大幅にアップさせた
とても小さな工夫をご存知ですか?
 
 
 
 
有名なので知っている方も
多いかもしれませんが
「ご一緒にポテトはいかがですか?」
です。
 
 
 
 
この一言を会計時に伝えることで
マクドナルドの利益は劇的に変化したんですね。
 
 
 
 
時間にしてわずか3秒の案内。
この一言をあげるだけで
顧客単価があがり
利益率が大きく上昇したんですね。
 
 
 
 
小さな蝶番(ちょうつがい)が
大きな扉を開くと
言われています。
 
 
 
 
蝶番って、あの扉と壁の
接地面についてる
金具です。
 
 
 
 
どんなに重くて大きい扉も
小さな蝶番をつけるだけで
スムーズに開け閉めができるように
なりますよね。
 
 
 
 
その状態を例えて
ビジネスでも小さな蝶番を
取り付けることが大事だと
言われています。
 
 
 
 
まさに、マクドナルドの
「ご一緒にポテト」の戦略が
小さな蝶番のいい例ですよね。
 
 
 
 
あなたが整骨院を経営する上でのも
「小さな蝶番」は何でしょうか?
これを見つけるための時間って
とても貴重で重要な時間ですよね。
 
 
 
 
ぜひ、あなたも小さな蝶番を見つけて
取り付けて、大きな扉を動かしてみて下さい!
 
 
 
 

やりたいことリストが進まない理由

from飯野恵太
永田町のスタバより
 
 
 
 
映画はよく観ますか?
 
 
 
 
昨日、友達と映画の話になって
お互いが観た映画で
どれが面白かったかを
教えあっていました。
 
 
 
 
ユージュアル・サスペクツ
メメント
プレステージ
シャッターアイランド
バリーシール
などなど。
 
 
 
 
僕は、普段から観たい映画を
メモしているので
友達の教えてくれた映画で
面白そうだなと思った映画を
スマホのアプリでメモしました。
 
 
 
 
この観たい映画のメモを
5年間くらい続けているので
膨大な量の映画リストがあるのですが
このメモがほとんど機能していない
ということに気づいたんです。
 
 
 
 
なぜか?
 
 
 
 
このメモを観ても
一切観たいと思わないんです。
 
 
 
 
例えば、昨日は友達から
バリー・シールという映画が
面白いよと話を聞いたんですが、、、
 
 
 
 
アメリカの航空会社に務めるパイロットでありながら
麻薬の密輸王と呼ばれていた
とんでもない人物の実話を元にした
映画なんです。トム・クルーズ主演。
 
 
 
 
面白そうですよね。
 
 
 
 
よし、これをいつか観ようと思って
さっきの観たい映画メモに書くわけです。
 
 
 
 
でも、時間が取れなかったりして
バリー・シールを観ずに数ヶ月経ちますよね。
そうすると、僕の映画のメモには
「バリー・シール」という
映画名だけが残っているわけです。
 
 
 
 
パイロットが密輸をしていたという
キャッチーな事実も
トム・クルーズが主演していることも
実話だということも
忘れているわけです。
 
 
 
 
それらが全部削ぎ落とされて
「バリー・シール」と
メモされていても
何も興味がわかないんですよね。
 
 
 
 
【アイディアの寿命は短い】
 
 
 
 
時間が経つと興味がわかなくなるのは
僕の映画リストにだけ言えることじゃなくて
仕事にも同じことが言えます。
 
 
 
 
これやろう!!とアイディアが閃いたり
本やセミナーで得たヒントから
◯◯をやろう!と思って
やることリストに
メモしたりすることって
あると思います。
 
 
 
 
でも、やろうと思ったその瞬間は
そのリストをやることに
魅力を感じるんですが
時間が経って、見返すと
そんなに魅力的に感じなく
なってしまうんです。
 
 
 
 
僕の映画リストと一緒です。
そのアクションの価値や
やるべき理由や背景や成功事例などが
忘れ去られちゃうからなんですね。
 
 
 
 
そして結局やらずに終わってしまう。
実行していれば得られていたはずの
成果を得られずに機会損失して
終わっちゃうんですね。
 
 
 
 
やろうと思ったことは
すぐにスケジュールに入れることが
大事です。
 
 
 
 
そして、ほんの少しでもいいので
手を付けること。
 
 
 
 
いっぺんに終わらせなくても
一日5分ずつでもいいので
取り掛かることが大事です。
 
 
 
 
映画を5分細切れで観ても
何も面白くないですけど
仕事は細切れでやっても
全然大丈夫ですからね!
 
 
 
 

悪い習慣を断ち切る方法

from飯野恵太
茅場町のスタバより
 
 
 
 
悪い習慣を断ち切りたいって
思ったことありますか?
 
 
 
 
一息ついたら
ついついネットサーフィンをしちゃったり
少し空き時間があったら
スマホゲームをはじめちゃったり
ダイエット中なのに
お菓子を食べちゃったり、、、
 
 
 
 
僕にとってもyoutubeが大敵で
これを観始めると、どんどん
面白そうな動画が出てきて
気づいたらとんでもない時間奪われてるって
ことがよくあるんです。
 
 
 
 
こういう悪い習慣のことを
「スリップ」と言います。
 
 
 
 
意図してないのに、ついうっかり滑るように
やっちゃう習慣だから
スリップと言うらしいんです。
 
 
 
 
スマホのゲームとか
ネットサーフィンって
本当にそんな感じですよね。
 
 
 
 
よーし、やるぞ!という感じじゃなくて
気づいたら、ついついやってる。
手癖のように無意識でやってる。
そんなことが多いと思います。
 
 
 
 
これらのスリップと言われる
悪い習慣って、実は「やめよう」と
思ってもやめることは
すごく難しいんですね。
 
 
 
 
やめるのではなく良い習慣に「置き換える」という
アプローチが大事なんです。
 
 
 
 
しかも、その置き換える習慣は
悪い習慣と拮抗する習慣がいいんです。
つまり、悪い習慣と同時にはできないこと。
 
 
 
 
タバコをやめたい人にとっての
パイポとかって
そのいい例ですよね。
 
 
 
 
パイポを吸いながら
タバコを吸うのって
かなり難しいですよね。
 
 
 
 
こういうのが拮抗する習慣です。
 
 
 
 
例えば、休憩時間についつい
スマホゲームを始めて
1時間も2時間も奪われてしまう人は
スマホゲームのアプリがあったところに
Kindleみたいな読書アプリを置いておく。
 
 
 
 
で、1ページを本を読むという
拮抗するルールと作っておく。
読まないとゲームができないようにしておくんですね。
 
 
 
 
そういう工夫をした方が
ただ「ゲームをしない」と
意志力でコントロールするより
はるかに効果的なんです。
 
 
 
 
人間の意志の力って
めちゃくちゃ弱いので
意志の力に頼るとたいていのことは
失敗します。
 
 
 
 
特に習慣に対しては
意志の力なんて無力に等しいです。
 
 
 
 
悪い習慣には
拮抗する良い習慣を用意しておく。
ぜひ、スリップ(悪い習慣)で
悩んでいる方は試してみて下さい。
 
 
 
 

阿波おどり事件

from飯野恵太
赤坂のスタバより
 
 
 
 
2歳になった息子ですが
音楽が大好きで
ノリノリの音楽が流れると
ふりふり踊りだします。
 
 
 
 
踊ることって人間の本能的な
行動なんですかね?
満面の笑みで踊る彼を見ていると
こちらまで笑顔になってしまいます。
 
 
 
 
さて、踊りで思い出したんですけど
阿波踊りの事件、ニュースで見ましたか?
 
 
 
 
本場の阿波踊りって見たことないのですが
阿波踊りは、最後に「総踊り」という
1500人の踊り手がおどって
大大フィナーレを迎えるらしいんです。
 
 
 
 
当然、そこが最高の盛り上げをみせて
観客もこの「総踊り」を楽しみにして
有料席のチケットを買うらしいんですね。
 
 
 
 
でも、この総踊りが今年から中止という
命令が市長からくだされたんです。
これに踊り手が反発して
ゲリラ的に総踊りを実行したんですが
これがニュースで取り上げられてましたよね。
 
 
 
 
ちなみに、市長が総踊りを中止した理由というのが
総踊りで集結する1500人の踊り手を
4つの会場に分散させれば
その分、チケットが売れるだろうから
というものなんですね。
 
 
 
 
どう思いますか?これ。
僕は、本当にセンスがないなーと
思いました。
 
 
 
 
総踊りを中止した結果
チケットの売上は増えるどころか
ガラガラだったらしいです。
 
 
 
 
クラムチャウダーを薄めて出して
利益を増やそうとした失敗の典型例に
そっくりだと思いました。
 
 
 
 
ある美味しいクラムチャウダーを出す
お店があって、そのお店を大企業が買収。
もっと利益を出すために
具を減らして、クラムチャウダーも
薄めて出すようにしたら
通ってくれていたお客さんがみんな
来なくなって潰れたっていう話ですね。
 
 
 
 
目先の売上、利益を追求したために
顧客へ提供する価値を削ってしまったら
結局、利益が得られなくなる。
 
 
 
 
そんなことを如実に物語っている
旬なニュースですよね。
 
 
 
 

なぜ、学生は無償で使えるのか?

from飯野恵太
YahooのLODGEより
 
 
 
 
マイクロソフトが
githubというサービスを教育機関向けに
無償化して話題になっていました。
 
 
 
 
githubを説明しようとすると
長くなってしまうので
プログラミングする上で
欠かせないすごく便利なサービスと
思ってください。
 
 
 
 
これを教育機関向けに
無償で利用できるようにしたんです。
 
 
 
 
このサービスを普通に使おうとすると
年間で3万円近くかかるので
これを小中校での利用を全て無料と考えると
何百億もの価値を無料で提供することになるはずです。
 
 
 
 
でも、彼らはこのサービスを教育機関で
無償化したんですね。
 
 
 
 
なぜだと思いますか?
 
 
 
 
このニュースを読んだ時に
ハリウッドでのカメラレンタルの
ビジネスモデルを思い出しました。
 
 
 
 
ハリウッドは言わずと知れた
映画産業のメッカですよね。
 
 
 
 
ここには、映画監督を志す学生が
たくさんいるんですが
映画を撮影するのに欠かせないのが
カメラですよね。
 
 
 
 
ハリウッド映画で使うカメラって
目玉が飛び出すほど高いらしいのですが
この高級なカメラをメーカーは無償で
貸与するという文化があるらしいです。
 
 
 
 
貸してもらった学生は
そのメーカーのカメラの使い方に慣れますから
プロの映画監督になったあとも
そのカメラを使う可能性がすごく高くなるらしいです。
そして、何千万円とする高級カメラを
学生の時に無料で貸してもらったメーカーから
購入するようになるんですね。
 
 
 
 
カメラメーカーは未来のスピルバーグに
先行投資をしているんです。
 
 
 
 
冒頭で紹介したgithubも
これと同じ考え方をしてますよね。
きっと。
 
 
 
 
学生のときにgithubを使って
その使い勝手の良さに慣れ親しんでいたら
社会人になっても
githubを有料で使うって人が
たくさん出てきますよね。
 
 
 
 
この先行投資をする考え方って
すごく大切ですし
社会的な意義も大きいですよね。
 
 
 
 
最初っから利益を出そうとして
学生にも定価で販売したら
そもそも売ることが難しいですし
便利なサービスを使えないので
学生の成長速度も下がっちゃいますよね。
 
 
 
 
マイクロソフトやハリウッドのカメラメーカーが
先行投資の考え方って
学生にとっても、社会にとっても
それぞれの会社にとっても有意義ですよね。
 
 
 
 
利益を先送りすることで
結局大きな利益を手にすることができる。
すごくいい例ですよね。
 
 
 
 

注意と興味

 

from飯野恵太
東京ガーデンテラス紀尾井町のスタバより
 
 
 
 
ネットを見ていたら
「プロテイン飲み放題!」と
書かれた求人広告が目に入ったので
思わずクリックしちゃいました。
 
 
 
 
求人広告で「プロテイン飲み放題」って
見出しすごいですよね。
 
 
 
 
僕みたいな筋トレを趣味にしてる人への
パワーがすごいですよね。
 
 
 
 
この見出しにつられてホイホイ
求人ページにアクセスしたんですが
ちょっと残念だったのが
その先のページにはプロテインの「プ」の字も
筋肉の「筋」の字も書いてなかったんですよね。
 
 
 
 
これだと、せっかくの「プロテイン飲み放題!」という
パワフルなヘッドラインが台無しですよね。
 
 
 
 
僕みたいな筋トレ大好き人間の方で
ランディングページで
がっかりした人はだいぶ多いと思います。
 
 
 
 
意外と、広告でこういうミスをしてしまう
ことって多いですよね。
 
 
 
 
広告において「見てもらう」ってことは
一番むずかしいことであり
一番重要なことになります。
 
 
 
 
だから、どのヘッドラインなら
注意をひくことができるのか
テストすることって大事なんですけど
ヘッドラインと本文の整合性が
取れてないのは致命的です。
 
 
 
 
たとえば、ヘッドラインの中でも
「なぜ〜〜〜なのか?」という
フレーズは、注意をひく力が
すごく強いんですけど
このヘッドラインだけ使って
その「なぜ?」に答えてない
本文で広告を出してしまっている人が
結構多かったりします。
 
 
 
 
そうすると、「プロテイン飲み放題」に
つられてクリックしたのに
「プ」の字の1つもない
ランディングページにがっかりした
僕のように、せっかく注意をひいて
広告をみてもらったのに
本文で脱落しちゃうひとが
出てきますよね。
 
 
 
 
注意をひいた人が
興味をもってもらえるような
内容を用意することって
すごく大事なことです。
 
 
 
 
当たり前のようなことですが
意識してないとできないんですよね。