飯野治療院集客事務所

株式会社タッチコード

なぜ、カナダの代表選手は1月生まれが多いのか?

from飯野恵太
横浜の自宅より
 
 
 
 
平昌五輪が真っ只中ですね。
 
 
 
 
ちなみに先生は
カナダのアイスホッケーの
代表選手の特徴を
知っていますか?
 
 
 
 
代表選手のプロフィールを
みているとある顕著な
傾向があるらしんです。
 
 
 
 
それは、何かというと
ほとんどの選手が
1〜3月生まれということ。
 
 
 
 
カナダって日本と違って
1月が学年のスタートなので
1月生まれって
日本で言う4月生まれの
イメージです。
 
 
 
 
で、アイスホッケーの代表選手を
みていると、1〜3月生まれが
集中していて、そこから
だんだん減っていて
12月生まれはほとんど
いないらしいのです。
 
 
 
 
なぜでしょう?
 
 
 
 
中学、高校になったら
数ヶ月での体格の
違いなんて大した
ことないですけど
幼稚園とか、小学生の時の
数ヶ月って、かなり
大きな差になりますよね。
 
 
 
 
僕の息子は、いま1歳8ヶ月なんですけど
この歳の1ヶ月、2ヶ月というのは
とてつもない差に感じます。
 
 
 
 
同じ小学1年生でも
1月生まれと12月生まれでは
ほぼ1年間開きがありますから
身体能力が全然違うわけです。
 
 
 
 
そして、1月うまれの子は
強い!うまい!すごい!と
周りから言われるので
自信がつき、自己評価も
あがります。
 
 
 
 
自分ってすごいんだ!という
「思い込み」ができるんですね。
 
 
 
 
実際には、早く生まれたから
成長が早いだけなんですけど。
 
 
 
 
一方、12月生まれの子は
1年以上差が開くので
体格の差で負けちゃったりして
自信をなくしてしまうのです。
 
 
 
 
で、これが積み重なった結果
1〜3月生まれの子が
代表選手として活躍するように
なっているんです。
 
 
 
 
そのときには、1月生まれか
12月うまれかなんて
生まれつきでの体格の差なんて
全く関係ないのに。
 
 
 
 
最初の「思い込み」が
積もりに積もって
大人になって
大きな影響を
与えているんですね。
 
 
 
 
思い込みの力、、、
恐るべし!
 
 
 
 
引き寄せの法則と
スピリチュアルな感じで
言ったりしますが
「自分は思ったような自分になる」
 
 
 
 
セルフイメージを高く持ち
理想の自分を明確にして
前向きに努力することって
すごく大事ですよね。
 
 
 
 

マーカーだらけの本=宝の山

from飯野恵太
横浜の自宅より
 
 
 
 
その視点おもしろい!
そう思ったことがありました。
 
 
 
 
友達が中古で本を買ったのですが
そこには、マーカーでところどころ
線が引っ張ってあったらしいのです。
 
 
 
 
それを見て、最初は
「うわー、はずれだ、、、、」
と思ったらしいのですが
すぐに、ものすごい
利点に気付いたというのです。
 
 
 
 
その本の読者が
どんなところに
注目して、どんなところに
反応をしてるのかが
まるわかりに
なってる宝の本だという
ことに。
 
 
 
 
彼は、あるサイトを立ち上げて
そのための情報収集のために
本を買ったのですが
その本の読者というのは
まさに、彼が作るサイトの
ターゲットなんですよね。
 
 
 
 
そのターゲットが
マーカーで線をひっぱってるって
情報ってめちゃくちゃ
熱い情報ですよね。
 
 
 
 
そのことに気付いて
マーカーだらけの本を
めちゃくちゃいい本!
と判断したのです。
 
 
 
 
この気付きが
とても素晴らしいですよね。
 
 
 
 
多くのひとは
マーカーがひっぱって
あっても、それをスルーしちゃう
と思うんです。
 
 
 
 
でも、日頃から
ターゲットは何を考えているんだろう?
顧客は何を欲しがっているんだろう?
 
 
 
 
そんなことを考えていたからこそ
マーカー=宝の山
という気付きを
得られたんですよね。
 
 
 
 
常に顧客が「何を考えているか」を考える
とても大切な習慣ですよね。
 
 
 
 
 

ミラー!ミラー!ミラー!

from飯野恵太
茅場町のコワーキングスペースより
 
 
 
 
ボディビルの聖地と
呼ばれているところがあります。
 
 
 
 
アメリカ、カリフォルニア州の
ベニスです。
 
 
 
 
ここは、かの有名な
アーノルド・シュワルツェネガー氏が
いたところでもあります。
 
 
 
 
彼が、「フィットネス」という
言葉を造って、全米に
ボディビルを認知させた
その発信地がベニスなのです。
 
 
 
 
なので、ボディビルのメッカとも
呼ばれていて、世界中から
ムキムキマッチョマンが
集まってくるらしいです。
 
 
 
 
すごいですね。
 
 
 
 
で、このベニスのジムに
行くと、そこにいる
ボディビルダーたちは
しきりに言っていることが
あるというのです。
 
 
 
 
それは、「ミラー」
 
 
 
 
とにかくミラー、鏡を見ろと。
鏡をみて、今の自分の状況を
把握しろというのです。
 
 
 
 
筋肉がどうなってるのか?
どこが足りないのか?
どの脂肪が余分なのか?
 
 
 
 
それを、鏡をみることで
的確にいまの状況を
把握しろというのです。
 
 
 
 
鏡で今の自分を
的確に把握するから
自分の課題がわかって
何をすればいいのかが
わかるんですね。
 
 
 
 
そして、自分のやってきた
ワークアウトの成果も
鏡をみることで
モチベーションにも
つながる。
 
 
 
 
だから、しきりに
ミラー!ミラー!ミラー!
と言うらしいんです。
 
 
 
 
自己陶酔のために
鏡を見るのではなく
現在地を確認して
自分の努力の成果を
把握するために、ひたすらに
鏡で確認をさせるんですね。
 
 
 
 
治療院の経営でも
ミラーチェックを
しないといけません。
 
 
 
 
顧客単価は?
平均リピート回数は?
顧客生涯価値は?
新規の集客人数は?
一人の集客にかかってる広告費は?
 
 
 
 
これらの現在地を把握して
課題を見つける
そして、自分の実行した
施策で、どれだけの変化が
出ているかを把握する。
 
 
 
 
下手すると月売上すらも
正確に答えられない人が
います。
 
 
 
 
現在地がわからなければ
どんな努力を
どれだけすればいいかも
わかりません。
 
 
 
 
経営にもミラーが大切です。
いまの自分の姿を正確に
把握することが成長への
重要な1ステップになるのです。
 
 
 
 

 

孫氏の兵法ってなんて読む?

from飯野恵太
桜木町のスタバより
 
 
 
 
正直に答えてほしいのですが
「孫子の兵法」の
兵法を「ひょうほう」と
読んでいませんでしたか?
 
 
 
 
僕はがっつり
「ひょうほう」と
読んでいました。ええ。
 
 
 
 
こないだ群馬の実家に
帰ったのですが
そのときに母親が
齋藤孝先生の
「こどものための孫子の兵法(へいほう)」
って本がおもしろそうだから
読んでみようと思うの。と。
 
 
 
 
僕はすかさず
「いやいや!あれは
『へいほう(兵法)』って書いて
『ひょうほう(兵法)』って
読むんだよ」
 
 
 
 
ドヤ顔で
訂正したのですが
完全に僕が間違いでした。
 
 
 
 
ネットで調べても
孫子の兵法の場合は
「へいほう」って
読むんですね。
 
 
 
 
僕と同じ間違いをしていたよー!
って人は、必ず、このメルマガに
返信で教えてください(笑)
 
 
 
 
さて、この孫子の兵法ですが
齋藤孝先生が、ポイントをわかりやすく
解説してくれていました。
群馬テレビで。
 
 
 
 
そこで齋藤先生が
孫氏が使っている
「拙速」という
言葉を紹介していました。
 
 
 
 
これは読んで字のごとく
「拙くて、速い」ことを
指します。
 
 
 
 
日本では、あまりいい意味で
使われない言葉ですよね。
 
 
 
 
雑にこなすみたいな
印象がありますよね。
 
 
 
 
でも、この拙速を
孫氏はすごく推奨
しているというんですね。
 
 
 
 
もちろん、うまくて速い
巧速であることが
一番望ましいことで
あるのは言うまでもないですよね。
 
 
 
 
では、
ヘタで速いのと
うまいけど遅いのは
どちらがいいのか?
 
 
 
 
これについては
孫氏は圧倒的に
ヘタで速い、拙速で
あることの方が
いいと言っているんです。
 
 
 
 
スピードが最も
大事だということです。
 
 
 
 
そもそもどんなことでも
最初からうまくいくことなんて
ないですよね。
 
 
 
 
どうせ下手なら
時間をかけるよりも
さっさと完了させて
さっさと問題点をみつけて
さっさと改善した方がいいのです。
 
 
 
 
うーん、うーんと
あれこれ考えて
仕事を完了させなかったら
結局、そこから成果を
出すことができません。
 
 
 
 
だから、孫氏も「拙速」を
推奨しているんですね。
 
 
 
 
どんなものごとでも
スピードが一番大事です。
 
 
 
 
やる価値のあることは
たとえ下手くそでも
やる価値がある。
 
 
 
 
僕の好きな言葉のひとつです。
 
 
 
 
 

「モンスタースタディ」と呼ばれた恐ろしい実験

from飯野恵太
みなとみらいのスタバより
 
 
 
 
モンスタースタディと呼ばれた
恐ろしい実験を知っていますか?
 
 
 
 
今だったら、絶対に倫理的に
できない研究なんですが
アイオワ大学のウェンデルジョンソン博士による
主導でこの実験が行われました。
 
 
 
 
22人の孤児を集めて
吃音に関する実験をしたんです。
 
 
 
 
ジョンソン博士は
吃音はレッテルによって
悪化すると考えていて
それを確かめるために
行われました。
 
 
 
 
22人の孤児を
2つのグループに分けて
1つのグループには
肯定的な言葉をかけて
褒め続けて
もう1つのグループは
吃音に意識が向くように
仕向けられました。
 
 
 
 
吃音でない子供に対しても
少しでもどもったり
言葉を間違えたりしたら
それを注意して
「吃音症であることが原因だ!」
と子どもたちに何度も
言い聞かせたのです。
 
 
 
 
その後、どうなったかというと
この吃音に意識が向くように
仕向けられたグループは
全く吃音症でなかった子供まで
吃音になってしまい
しかも、その症状は
一生直ることがなかったのです。
 
 
 
 
その後、アイオワ大学は
実験の参加者に訴訟を起こされて
1億円以上の賠償金を
支払っています。
 
 
 
 
実験から70年近く経った
2001年にアイオワ大学は
正式に謝罪をしました。
 
 
 
 
皮肉にも、この恐ろしい実験によって
ジョンソン博士の仮説は証明された
わけですが、レッテルのパワーは
本当に恐ろしいですよね。
 
 
 
 
全く吃音ではなかった
子どもたちが「お前は吃音だ!」と
言われ続けたせいで
その後、吃音と一生付き合わなければ
ならなくなったのです。
 
 
 
 
この現象って、この実験以外にも
たくさんありますよね。
子供に対して「バカ!」と
叱ってしまったり
「本当に不器用だな」
「運動音痴だな」と
言ってしまったり。
 
 
 
 
例えそれが事実じゃなかったとしても
そういうレッテルを貼ることで
あ、僕ってバカなんだ。僕って不器用なんだ
運動音痴なんだ。
 
 
 
 
そう思い込むことで
本当にそういう風になっていってしまう。

 
 
 
 
これは、他人に対してもですが
自分に対してもこういうレッテル
思い込みをしていると
その傾向が強くなると言われています。
 
 
 
 
「人は、自分が考えているような人間になる。」
 
 
 
 
自分のセルフイメージが低いと
そういう人間になってしまう。
 
 
 
 
実験でも証明されていることですが
「間違った」思い込みを
することは、百害あって一利なしですよね。
 
 
 
 
セルフイメージは高く持ち
ネガティブなレッテルを貼るような人とは
距離を置くのがいいですよね。
 
 
 
 

広告する前に知らないといけないLTV

from飯野恵太
横浜の自宅より
 
 
 
 
「ほとんどのビジネスオーナーは
顧客の価値を低く見積もりすぎている」
マーケティングの大家の
有名な言葉ですが
最近、それを実感する
出来事がありました。
 
 
 
 
セミナーに参加者された
ある方からもらった質問なんですが
こんなものがありました。
 
 
 
 
「いま、ネット広告してるんですが
一人集客するのに7,000円も
かかっているんです。
やめた方がいいですよね?」
 
 
 
 
患者さんの価値を
把握している人であれば
この時点で「おいおい」と
思った人もいるかもしれません。
 
 
 
 
ですが、
この質問をしてくれた方は
7,000円で一人集客したのでは
「割に合わない」と思っていたので
課題と感じていたんですね。
 
 
 
 
案の定、この方は
患者さんの「顧客生涯価値」を
把握していませんでした。
 
 
 
 
ひとりの患者さんが来てくれたら
どれくらいの売上につながるのかが
わかってなかったんですね。
 
 
 
 
後日、その方に
ネット広告から
来る患者さんの
LTV(顧客生涯価値)を
測定してもらったら
38,000円以上あったんです。
 
 
 
 
7,000円を投資して
それが38,000円になるなら
めちゃくちゃいい投資ですよね。
 
 
 
 
しかも、巷で話題の
ビットコインに比べて
何百倍も確実な投資です。
 
 
 
 
質問してくれた先生は
一人集客するのに7,000円では
「損」だと思っていたのですが
中身をみたら、めちゃくちゃ「得」な
投資だったんですね。
 
 
 
 
これは、冒頭にあったように
顧客の価値を低く見積もり過ぎている
ために起きた誤解です。
 
 
 
 
広告するまえに、先生が
絶対にしなくちゃいけないのは
顧客の価値を知るということ
つまり、LTVを把握するということです。
 
 
 
 
これがわからなければ
正しい広告投資をすることは
できません。
 
 
 
 
先生も、もしLTVを把握していなかったら
まずは測ることから始めてくださいね。
 
 
 
 

 

なんだこれ?アイコフレの広告

from飯野恵太
横浜の自宅より
 
 
 
 
ほほーこれは注意をひくな!と
思う広告を見かけました。
 
 
 
 
北川景子さんを
イメージキャラクターに
起用している
「アイコフレ」という
コンタクトレンズの
ブランドの広告なんですが
この広告の中吊り広告が
すごい面白かったのです。
 
 
 
 
電車の中吊り広告で
何がすごいかというと
形がおかしいんです。
 
 
 
 
普通中吊り広告って
横長の長方形ですよね?
 
 
 
 
でも、このアイコフレの広告は
違うんです。
 
 
 
 
なんとも表現しづらいんですが
わかめを逆さまにしたような
形をしているんです。
 
 
 
 
中吊り広告なのに
長方形じゃないんですよ。
 
 
 
 
明らかに他の広告とくらべて
異様な形をしているので
すんごく目につくんです。
 
 
 
 
その証拠に
コンタクトなんて
全く興味のないはずの僕が
その広告のことを印象深く
覚えていますからね。
 
 
 
 
他の広告なんて
意識にすらあがっていないのに。
 
 
 
 
「注意をひく」ということを
最優先に考えているんですよね。
どんなに優れたコピー(文章)もデザインも
そもそも見てもらえなければ
意味がありません。 
 
 
 
「見てもらえない」という
最大の壁を越えるために
形を変えちゃうという
アイディアがいいですよね。
 
 
 
 
治療院での広告でも
大いに真似できる素晴らしい
アイディアだと思いました。
 
 
 
 
いつものように長方形、A4で
チラシを出すのではなく
形そのものを加工して
出してみる
 
 
 
 
例えば、アイコフレみたいな
わかめ?みたいな形にしていたら
それがポストに入っていたら
なんだこれ?ってなりますよね。
 
 
 
 
A4のチラシは日常茶飯事なので
中身すらみないでポイかも
しれませんが、わかめ型が
入っていたら、ん?と
なりますよね。
 
 
 
 
注意をひくって
それほど大切な
ことです。
 
 
 
 
すごく参考になる
おもしろいアイディアに
触れたのでシェアさせていただきました。