飯野治療院集客事務所

株式会社タッチコード

100円ショップがなぜ儲かるのか?

 

from飯野恵太
二子玉のスタバより
 
 
 
 
100円均一のセリア。
ここって100均の中でも
めちゃくちゃ成功してるみたいです。
 
 
 
 
営業利益率は10%もあり
小売業の中ではずば抜けてる数字で
ユニクロ級の利益率なんです。
 
 
 
 
ちなみに、他の100均の
営業利益率は、3%程度で
この数字でも、小売業としては
全然いい数字ではあるんです。
 
 
 
 
その3倍以上の利益率ですからね。
なんで、セリアはここまで
成功しているんでしょうか?
※ちなみにダイソーは上場してないので
ここらへんの数字が公開されてません。
 
 
 
 
セリアが成功している要因の1つが
商品の構成にあると言われています。
 
 
 
 
まず、セリアでは、利益率の低い食品の
販売をほとんど排除してるんですね。
日用雑貨の販売割合が97%以上で
ほぼ食品を売ってないんです。
 
 
 
 
ジュースやお菓子が売られてる
100均ってたくさんありますが
確かに、セリアでそういうのって
見かけないですよね。
 
 
 
 
そして、セリアと他の100円ショップを分ける
最大のポイントが「コーディネート」なんです。
 
 
 
 
セリアでは、同じ素材、同じカラーで
戦略的に品揃えしていて
主婦の「おしゃれに統一したい!」という
ニーズに応えているんです。
 
 
 
 
例えば、トイレまわりでも
マット、便座カバー、蓋カバー、スリッパ
とかを、全部、同じ素材・カラーで
おしゃれに揃えることができるようになってるので
1個買ったら、他も全部揃えたいから
全部買お!!と
なるということです。
 
 
 
 
これによって、顧客単価をひきあげてるんですね。
 
 
 
 
裏を返すと、もし、先生の奥様が
100均に買い物に行くとすると
キャンドゥに行くより、セリアに行く方が
余計な買い物してくる可能性が
高くなっちゃうんです(笑)
 
 
 
 
おしゃれに無関心な旦那さんからすると
懸案事項ですが、おしゃれな奥様からすると
セリアは安くておしゃれにコーディネートできる
嬉しい存在なんですね。
 
 
 
 
100円ショップという
条件の限られた販売形態の中で
深いところまで練られているんですね。
セリアすごい。
 
 
 
 
顧客単価があがるように
セリアでは、コーディネートしやすい
品揃え、レイアウトという
工夫をしています。
 
 
 
 
先生にとっても、顧客単価を上げるための
工夫というのは、とても大事なことになります。
 
 
 
 
1つの施術を受けることで
さらに上位のメニューや
他のメニューを受けたくなるような
設計を工夫する努力
試してみる価値は大いにありそうです。
 
 
 
 
 

マイカタ全国調査

from飯野恵太
二子玉のスタバより
 
 
 
 
「枚方市」
これなんて読むかわかりますか?
大阪の人は余裕だと思いますが
そうじゃないとわからないですよね?
 
 
 
 
これは全国のほとんどの人が
マイカタと読んでしまうらしいのですが
そんな、難解な読みを利用して
枚方市が「マイカタ全国調査」というのを
実施しているんです。
 
 
 
 
枚方市の職員の方は
他県の人から電話等で
問い合わせを受けると
しょっちゅう間違われるんですって。
 
 
 
 
そんな間違われまくる
市名を逆手に取ったこの自虐的なPRは
かなりの反響があるみたいです。
 
 
 
 
こういうアイディアって
めちゃくちゃいいですよね。
 
 
 
 
自分の欠点を利用して
それをおもしろい企画に
してしまう。
 
 
 
 
「マーケティングの大罪は
つまらないこと」なので
おもしろいが正義なんですよね。
 
 
 
 
枚方市が、平凡に
市の特色をアピールするだけでは
振り向かなかった人も
「マイカタ全国調査」という
おもしろい企画にすることで
注意を向ける人が増えますよね。
 
 
 
 
実際に僕がそうであるように。
枚方市を僕も読み方わかりませんでしが
この企画を通して知ることができました。
 
 
 
 
自虐ポイントを見つけて
それをRPに活用する。
これは、先生もすぐに
実践できる方法です。
 
 
 
 
しかも、おもしろみのない
宣伝に比べてずっと注意を
引きつけることができますし
見た人に喜んでもらうことが
できます。
 
 
 
 
例えば、、、
僕のクライアントで
昔やっていた自虐的な
面白い企画は
「この施術、痛すぎて誰も受けてくれないんです」
というものがありました。
 
 
 
 
「施術が痛い」という欠点を
そのまま企画にしちゃったんですよね。
 
 
 
 
これを既存の患者さんに案内して
多くの方へのアップセルに成功していました。
 
 
 
 
「マーケティングの大罪は
つまらないこと」
ぜひ、おもしろい企画を作って
患者さんとの絆を深める
きっかけにしてみてください。
 
 
 
 
PS
あえて、枚方市の読みをここでは
紹介しませんでした。
ぜひ、当ててみてください!
 
 
 
 

 

シャンプーハットが必要という思い込み

from飯野恵太
二子玉川のスタバより
 
 
 
 
シャンプーハットって使ってましたか?
あのシャンプーするときに
水が目に入らないようにするやつです。
 
 
 
 
僕は小学校にあがるまでは
いつもシャンプーハットをして
シャンプーをしてもらっていて
子供はみんなシャンプーハットをするもんだと
思っていたんです。
 
 
 
 
3つ上の姉もいつも
シャンプーハットをつけていたので
それが当たり前でしたし
シャンプーハットを付けずに
シャンプーをするなんて
あまりにも危険な行為で
小学生の僕にとって
寝る前にオレンジジュースを
がぶ飲みするくらい危険な
行為でした。
 
 
 
 
だから、小学校にあがり
シャンプーハットを外すというときは
大変な勇気がいりましたし
少なからず抵抗がありました。
 
 
 
 
そんな危険なことをして
大丈夫なのか?と。
 
 
 
 
でも、実際にやってみると
シャンプーハットがなくても
なんの問題もなく
シャンプーできちゃったりします。
 
 
 
 
7つ離れた妹がいるんですが
僕の実家では「子供はシャンプーハット」の
固定概念が固まっていたので
妹も同様にシャンプーハットを常用していて
同じように外すというときは
恐怖心を抱いていました。
 
 
 
 
シャンプーと言う行為は
いつの時代も、そういうものだ。
という考えが僕には
あったのですが。
妻と息子の入浴を見ていて
その考えは全く違ったという
ことに気づきました。
 
 
 
 
僕は、子供にはシャンプーは負担が大きいという
考えを持っていたので、割と慎重に
息子の髪を洗っていたのですが
妻は、おかまいなしに
顔面からシャワーをぶっかけて
ガソスタの洗車マシーンがごとく
がしがし息子を洗っていくんですよね。
 
 
 
 
もちろん、泡も大量の水も全部顔を通過していきますが
息子も慣れたもんで
泣きもしないし、怖がりもしない
1歳の息子がです。
 
 
 
 
昔の僕がこの光景を見たら
さぞかし肝をつぶしたでしょう。
 
 
 
 
6歳の僕がシャンプーハットで
慎重に洗ってるのに
1歳の赤ちゃんが顔面から
シャワーを受けて
平気でシャンプーをしている。
「大人洗い」をしてるんです。
 
 
 
 
「基準」「あたりまえ」って
その人の行動を規定しちゃいますよね。
 
 
 
 
例えば、広告費の使い方とかで
シャンプーハットの原理が働くなーって
思いました。
 
 
 
 
広告費は、潤沢に資金があって
経営がめちゃくちゃ安定してから
やっと、ほんの少し使ってもいいもんだという
考えが当たり前の環境にいる人。
 
 
 
 
現金を持っているよりも
広告投資した方がずっと
有益だから、どんどん出すべきだという
考えの組織の中にいる人。
 
 
 
 
広告投資の腰の重さや
恐怖心が全然変わりますよね。
 
 
 
 
いま、あなたが思っている「当たり前」が
いまのあなたにとって適切なことなのか
成長を目指すあなたにとって正しいことなのか
一度考えてみる必要がありそうですね。
 
 
 
 
あなたにとってのシャンプーハットは
なんでしょうね?
 
 
 
 

なぜ、ぞうだけ「さん付け」しないといけないのか?

from飯野恵太
二子玉のスタバより
 
 
 
 
息子と二人で上野動物園に行ってきました。
いまだにシャンシャンの人気はすさまじくて
整理券は午前中に終了。
 
 
 
 
シャンシャンのエリアには
長蛇の列ができていました。
 
 
 
 
今月でシャンシャンは1歳に
なるらしいですよ。
 
 
 
 
ところで、動物園をまわっていて
思ったのですが
なんで、ゾウにだけ「さん」付け
するんですかね?
 
 
 
 
僕もそうですが
親子連れで来ている人で
ゾウのことをゾウと
呼び捨て?にしている人は
一人もいませんでした。
 
 
 
 
みんな「見て!ゾウさんだよ!」と
敬称をつけて呼んでいます。
 
 
 
 
トラやライオンに
さん付けする人はほとんどいません。
 
 
 
 
ゴリラのことを「ゴリラさん」と
呼ぶ人は、ただのひとりもいませんでした。
あんなに尊いのに
みんな、ゴリラ!ゴリラ!と
呼び捨てです。
 
 
 
 
なんでだろ?とずっと考えてたんですが
あることに気づいたんです。
ゾウに加えて、くまと、さるも「さん付け」
されてると。
 
 
 
 
ゾウさん
くまさん
おさるさん
 
 
 
 
これらはめちゃくちゃしっくりきます。
※「ゴリラさん」の違和感は半端ない。
 
 
 
 
それを考えたときに、
このさん付けされてる
動物って、みんな有名な歌に
なってるんです!
 
 
 
 
ぞうさん
森のくまさん
アイアイ
 
 
 
 
子供の頃から歌っている曲で
さん付けされてるから
みんな、動物に対しても
さん付けしてるんじゃないですかね?
 
 
 
 
もしかしたら、ゴリラさんの歌があったら
みんなゴリラさんと呼んでも違和感が
なかったかもしれないですよね。
 
 
 
 
パリのエッフェル塔と一緒ですね。
 
 
 
 
エッフェル塔は、最初に建てたときは
パリ市民から大反発を食らって
市の景観を乱す、異物、違和感でしかなかったと
言われています。
 
 
 
 
でも、立っちまったからには
毎日目にするわけで
何度も見てるうちに
だんだん、慣れてきて
違和感はなくなり
今では、パリの象徴、市民の誇りにすら
なったのです。
 
 
 
 
これを、ザイオンス効果といいます。
接触回数が増えると、だんだん
そのものに対して好意を持つように
なることです。
 
 
 
 
ぞうさん、くまさん、おさるさんは
子供の頃から刷り込まれてるから
ザイオンス効果で、さん付けに
違和感がなく、むしろ
そう呼びたいと思うように
なってるんだと思います。
 
 
 
 
僕の大好きなゴリラが
もっと敬われるように
ゴリラさんの歌が作られて
ザイオンス効果で、
みんなが「ゴリラさん」と
呼ぶ日が来ることを
切に願っています。
(願っていない)
 
 
 
 

アーロンチェアのすごさを伝えたい

from飯野恵太
二子玉のスタバより
 
 
 
 
私ごとなのですが
仕事用に、イスを買いました。
 
 
 
 
これまで、イケアのやっすい
イスにクッションを敷いて
使っていたのですが
もう尾てい骨が破滅的に痛いんです。
 
 
 
 
一日12時間近く
デスクワークすることもあるので
もう、そりゃ痛いですよね。
 
 
 
 
これはもうだめだと思って
イスを色々見ていたんです。
1〜2万くらいでいいイスないかなー。と
思って見ていたんです。
 
 
 
 
イス選びで失敗もしたくなかったので
色んなサイトを見て、イス選びのポイントや
どんなイスを選ぶべきなのか?みたいな
のを調べていたんです。
 
 
 
 
そうした結果、どうなったかというと
最終的に僕は、アーロンチェアという

15万円のイスを購入していました。
ええ、はい。
 
 
 
 
最初の予算から13万円近く
アップしているんですが
それにはワケがあるんです。
 
 
 
 
イスの重要性を
「教育」されたんです。
 
 
 
 
最初僕は、イケアの木製のイスから
卒業さえできればいいやと思って
イスを選んでいたのですが
色々調べていくうちに
イスがどれだけ重要なアイテムなのかを
認識させられたんですよね。
 
 
 
 
イスにそこまで使う??という
考えの方もいるかと思いますが
デスクワークをする人にとって
イスに座ってる時間って
ダントツでめちゃくちゃ長いわけです。
 
 
 
 
イス=人生と言っても過言でないくらい
イスと一体化してるわけなんです。
 
 
 
 
さっきも言ったように、僕は
一日12時間近くデスクワークすることもあります。
一日の半分、起きてる時間の70%以上を
イスとともに生活しているんですね。
 
 
 
 
これを最初ケチったせいで
僕は、腰痛と尾てい骨の痛みに
悩まされて、仕事への集中も
欠いていたわけです。
 
 
 
 
実際、仕事したいのに
おけつが痛すぎてデスクに
つけないという状態になったこともあります。
(痔、という意味ではない)
 
 
 
 
そんな感じでイスの大切さが
身にしみた僕は、最高級の
イスの購入に踏み切ったわけです。
 
 
 
 
おそらく、僕はこのイスを10年以上は
使うと思うのですが、(10年保証ありますし)
仮に一日10時間使ったとしたら
 
 
 
 
10時間×250日×10年=25,000時間
 
 
 
 
25,000時間は使うわけです。
こんなにも長い間使うものを
1万円程度の安物ですませるのか
15万円の最高級のイスにするのか。
僕が答えを出すのに時間はかかりませんでした。
 
 
 
 
実際に、アーロンチェアが届いて
一日座り続けたのですが
一日中使っても、一切どこも
痛くならず、その素晴らしさを
伝えたくて、わざわざ友達にLINEしたほどでした。
 
 
 
 
お子さんがいる方で
家で勉強してほしいっていう人は
机やイスにこだわってあげることは
すごく大事だなと思いました。
集中力も雲泥の差が出ますし。
 
 
 
 
とまあ、イスの自慢を
させてもらったんですが
「商品価値の教育」って
めちゃくちゃ大事だなって
自分の体験を通して
改めて思いました。
 
 
 
 
なんせ、僕は最初は予算1万円程度だったのに
15倍の商品の購入を決断したのです。
 
 
 
 
それは、イスの価値を理解することが
できたからです。
 
 
 
 
イスに限らず
先生が施術する患者さんであっても
全く同じことが言えますよね。
 
 
 
 
患者さんがリピートしない
回数券を買ってくれない
自費の治療を受けてくれない
 
 
 
 
こんなことで悩む先生の多くが
施術の価値を伝えられてないんです。
「教育」できてません。
 
 
 
 
伝えてるつもりでも
「伝わってない」ことが
ほとんどです。
 
 
 
 
リピートで悩む人は
価値が伝えられているか
患者さんの教育ができているか
これを考えて、改善していくことが
とても大事な活動になります。
 
 
 
 
PS
教育の大切さをスタッフの方に
伝えるさいには、予算を15倍にした
僕のアーロンチェアの
エピソードを使っていただければと思います。
 
 
 
 
 

脳波でモニタリングする映画?!

from飯野恵太
自宅オフィスより
 
 
 
 
脳はであらすじが変わる映画が
できるって知っていますか?
 
 
 
 
今度の英映画祭で公開される
「ザ・モーメント」という
映画は、視聴者の脳を
ヘッドセットでモニタリングして
それに沿って物語が変わっていく
というのです。
 
 
 
 
組み合わせで
100兆通り以上のパターンが
あるらしいです。
 
 
 
 
すごいですよね。
脳の動きで、映像が変わるなんて
なんかマトリックスみたいな世界。
 
 
 
 
本当にテクノロジーの進歩は
すさまじいですね。
脳の動きで変わる映画なんて
想像したこともなかったです。
 
 
 
 
この仕組みがうまく機能したら
ある意味、自分だけの最高の映画を
体験できるかもしれませんね。
 
 
 
 
ちなみに、脳波までモニタリングする必要は
ありませんが整骨院経営者にとっても
患者さんのことを常に知ろうとする
努力はとっても大事です。
 
 
 
 
例えば、チラシやホームページをきっかけに
来院した患者さんがいたときに
問診だけして、そのまま治療を始める人がいますが
これはとってももったいないです。
 
 
 
 
なんで、このチラシで来ようと思ったのか?
チラシのどの部分が気になったのか?
一番、この店に予約しようと思うきっかけになったのは
どのメッセージか?
逆に、全然いらないと思う部分はどこか?
ホームページは使いやすかったか?
 
 
 
 
こういったことを患者さんから
聞いて、「モニタリング」することは
めちゃくちゃ大事です。
 
 
 
 
この行為が習慣になってる方は
どんどん意見を取り入れて
より良い広告を生み出すことができますが
そうでない人は、一生、そのままです。
 
 
 
 
常に患者さん、顧客のことを知る努力。
とても大切です。
 
 
 
 
もしかしたら、そのうち
脳波で患者さんのことを
モニタリングできる
機械が来るのかな?
 
 
 
 

ドローン日傘のイノベーション!

from飯野恵太
二子玉のスタバより
 
 
 
 
「月に行けるのになんで傘は
いまだに傘なんでしょう」
 
 
 
 
漫画「ヒカルの碁」で
佐為という平安時代から
霊体として蘇った囲碁棋士が
人類の進歩に対してもらした
言葉です。
 
 
 
 
移動手段は、徒歩、人力車から
自動車、ロケットにまで
進歩しているのに
雨をしのぐ手段は1,000年経っても傘。
形のまんま傘。
 
 
 
 
そんな1,000年以上
イノベーションの起こらなかった傘に
ついに変革が起きようとしています。
 
 
 
 
アサヒパワーサービスという
栃木県の会社が「ドローン日傘」というのを
開発したんですよ。
 
 
 
 
これは、名前の通り
傘にドローンが設置されていて
ブーンと頭の上を飛んで
持ち主を追跡していくんですね。
 
 
 
 
だから、これまでみたいに
傘をさしていても手がふさがらないんですね。
 
 
 
 
1,000年以上何の変化もなかったことを考えると
とてつもない進歩ですよね。
 
 
 
 
ただ、いろいろ課題はあって
重さは5kg、稼働時間は20分。
それに法律の問題もあって
市街地でこのドローン傘をさすことはできません。
 
 
 
 
あと、そもそもが「日傘」なんですよね。
きっと雨傘を作りたかったと思うんですが
技術的に雨が降ってるときの
ドローンの制御が難しいんだと思います。
 
 
 
 
それでも、これからの傘の進化を考えると
めちゃくちゃ重要な一歩だと思います。
 
 
 
 
これから、もっともっと開発が進んで
他社も進出してくると
技術が向上して、実用化に向けて
どんどん近づいていく気がします!
楽しみ!
 
 
 
 
で、このドローン傘の発表の記事に対して
色んな方がコメントをしていたのですが
すっごいネガティブなコメントをする人がいました。
 
 
 
 
・バッテリーなくなったら、邪魔な荷物だ!
・もし、これが髪の毛に巻き付いたらどうする?
・不意に風がふいて、顔を傷つけたらどうするんだ?
・こんな危険な発想はやめろ!
 
 
 
 
ネガティブな意見が必ずしも
悪いわけではないですが
「こんな発想はやめろ」という
考え方こと「やめろ!」と
本気で思いました。
 
 
 
 
なんでお前にそんなこと言われなきゃいけんのよ。
 
 
 
 
何かに挑戦しようとしたら
失敗はつきもの。
むしろ、失敗があるからこそ
成功があるんです。
 
 
 
 
リスクを恐れて
失敗を恐れて
行動しないという選択こそが
取り返しのつかない失敗だと思います
 
 
 
 
グーグルでマネージャーをしていて
スプリントというプロジェクト運用方法を開発した
ジェイク・ナップという方が言っていたのは
あらゆる行動の中で、最も費用対効果が高いのは
「すばやく失敗したときだ」と言っていました。
 
 
 
 
すばやく構想して
すばやくプロトタイプを作って
すばやく告知して
すばやく重大な欠陥を見つけることが
できたら、「効率の極み」と言っていました。
 
 
 
 
この反対の行動が
ながーく考えて、何も行動しないことですよね。
もっとも、効率の悪い行動です。
 
 
 
 
これを読んでるあなたにも
ぜひ、最も効率的な行動である
「すばやく失敗する」ことを
習慣にしてもらいたいです。