飯野治療院集客事務所

株式会社タッチコード

おしぼりで顔を拭く魅力

from飯野恵太
二子玉のスタバより
 
 
 
 
レストランで出されるおしぼり。
あれってめちゃくちゃ顔拭きたくなりません?
 
 
 
 
僕、あのおしぼりの魔力に抗うことが
できないんですよね。
 
 
 
 
僕は、小学生のときから
おしぼりで顔を拭くのは
常習化していました。
 
 
 
 
でも、すっごい昔、それこそ
20年前くらいのTV番組で
おしぼりで顔を拭くのは
「おっさんクサイ!」
と、若い女の子が論評している
番組を見て、え?おしぼりで
顔拭くってダメなの?って
衝撃を受けたのですが。
 
 
 
 
それから、おしぼりで
顔を拭くのはダメだ、ダメだ。
と思いながらも、あの
冬にはホカホカ
夏にはヒンヤリした
おしぼりを渡されると
そこに顔を埋めたくなる衝動を
抑えることができないんですよね。
 
 
 
 
女の子との初めてのデートであっても
その衝動を抑えることはできないんです。
抗えぬ魔力。
 
 
 
 
どこかの調査によると
おしぼりで顔を拭く男性を見ると
その時点で、女性の44%は
その男性を恋愛対象から
外してしまうんですって。
 
 
 
 
ただ、僕は思ったのです。
おしぼりの顔拭き程度で
男性を判断する女性って
ちょっと性格悪そうだと。
俺には合わんと。
 
 
 
 
そういう意味でも、もはや
デートのときでも抑えられないこの
衝動を利用して、「踏み絵」にしてやろうと。
結局、その後も僕はおしぼりで
顔を拭き続けますからね。
隠すことはできない。
 
 
 
 
こうして、僕は
初デートのときでさえ
「おしぼりで顔を拭いちゃう」を
許してくれるような残り56%の
女性とのお付き合いに
フォーカスすることを決意したのです。
 
 
 
 
広告のメッセージを作る時も
この考え方はすごく大事ですよね。
 
 
 
 
先生にとって
「来てほしい人」と
「来てほしくない人」って
いると思います。
 
 
 
 
広告は鏡なので
ここに書いてあるメッセージは
来院する人に反映されます。
 
 
 
 
誰でも彼でも集めるために
メッセージを作るというより
来てほしいと思う人だけが反応し
来てほしくない人が逃げていくような
メッセージを作ることが大切です。
 
 
 
 
例えば、「こんな人には来てほしくない」と
ストレートに伝えることも、すごく効果的なんですよね。
コピーライティングにおいても
確立された考え方になっています。
 
 
 
 
こうすることで、来てほしくない人を
はじくだけでなく、来てほしいと思う人からの
反応率をグッと上げることができるんですよね。
 
 
 
 
PS
おしぼり組合は、おしぼりで
顔を拭くことを公認していて
むしろ、推奨しているようです。
ほら!
 
 
 
 

アヘン戦争 ← どこのヤクザだよ!

from飯野恵太
自宅オフィスより
 
 
 
 
中学校で習ったアヘン戦争。
あれって、中身を詳しく覗いてみると
「どこのヤクザだよ!!」ってくらい
えげつないことやってるんですよね。
ひくほどヤバイ。
 
 
 
 
もともと、イギリスはアヘンを中国に輸出して
莫大な儲けを出していたんです。
この時点で、今じゃ考えられない悪徳商売。
 
 
 
 
その影響で、中国は大量の中毒者が発生
国力が衰退していきました。
 
 
 
 
もう、アヘンが原因なのは一目瞭然なので
中国政府はアヘンの輸入を禁止しました。
これは、当然の処置ですよね。
 
 
 
 
でも、イギリスのアヘン商人は
そんな法律を無視してモリモリ
アヘンを売りさばいていきます。
開き直った麻薬密売人が
白昼堂々とブツを売りさばくかごとく
たちの悪さ。
 
 
 
 
これに対して、中国はアヘンを没収、処分しました。
法律で禁止してもイギリスがアヘンを
大量に送り込んでくるもんですから。
 
 
 
 
それに対して、イギリスは
「自由貿易」という大義名分を掲げて
中国を暴力で屈服させたんですね。
ボロカスにやっつけます。
 
 
 
 
これが、アヘン戦争です。
 
 
 
 
さらには、その後の講和条約で
①アヘン取引を制限しないこと
②これまでの損害を賠償すること
を中国は約束させられます。
 
 
 
 
さらには、香港をよこせ!と言われて
麻薬取引の基地にしたんですね。
(20年前まで、香港はイギリス領でしたよね。)
 
 
 
 
結果、中国の国内では
4000万人がアヘン中毒に
なったと言われています。
 
 
 
 
どこの極悪ヤクザよ!って
感じじゃないですか?
 
 
 
 
むしろヤクザ、マフィアより
何倍もヤバイことやってますよね。
しかも、それを国をあげてやってますからね。
イギリス。
 
 
 
 
もし、こんなことを今の時代にやったら
あっという間に全世界を敵に回すことに
なると思います。
 
 
 
 
そもそも、こんなことしようという
発想にすらならないと思いますが。
 
 
 
 
でも、当時は、フランスでも同じようなことやってましたし。
ヨーロッパの国々はみんなこんなことをやっていたので
割と普通のことだったんですね。
 
 
 
 
何も19世紀の人々が極悪な
DNAを持っていたわけじゃなくて
その時代の環境がそうさせたんですよね。
 
 
 
 
環境の影響力、パワーって恐ろしいですよね。
 
 
 
 
植民地をつくり
儲けるために暴力で
他国を屈服させる。
奴隷制度を用いて
酷使する。
 
 
 
 
こんなことが「当たり前」に
なっていたので、非難されることもなく
みんなが、同じような行動を取っていたんです。
 
 
 
 
国レベルではなく
個人レベルでも同じことが言えます。
 
 
 
 
環境にその人の行動パターンは
大きく左右されます。
 
 
 
 
例えば、整骨院オーナーでも
まわりが「治療だけしていればいいんだ!」
という考えばかり持っていたら
それだけするのが、当たり前になりますし。
 
 
 
 
「成功するためにあらゆる努力が必要」と
考えている環境にいたら
みんなが自ずと努力・工夫、試行錯誤、大量行動を取るようになり
それぞれが成長していきます。
 
 
 
 
ほんの一昔前の人々と
現代の人々を比べてもわかるように
環境ってめちゃくちゃ大事ですよね。
 
 
 
 
あなたが、成長したい、成果をあげたいと
考えているなら、そういう環境に
身をおくことがとても大切ですよね。
 
 
 
 

 

成長のポイント「空白の地図」

from飯野恵太
二子玉のスタバより
 
 
 
 
サピエンス全史って知っていますか?
500万部以上売れて世界に
衝撃を与えた、まさに「サピエンス」に
ついて書かれた本です。
 
 
 
 
なんで、サピエンス全史なのかというと
人類というのは、我々ホモ・サピエンス以外にもいて
いかに他の人類を駆逐してきたのか?という
お話も語られているからなんですね。
 
 
 
 
すごい面白い本なので
歴史が苦手な方も夢中になって
読めると思います。上巻は。
下巻はちょっと小難しくなってきます(笑)
 
 
 
 
そんな下巻から。面白い話を。
 
 
 
 
西暦1000年にヨーロッパで生きている人が
とあるアクシデントで500年後にタイムスリップして、
西暦1500年のヨーロッパに飛ばされたとしても
その人は、文化や生活様式に戸惑わずに
すぐに順応して生活していけるが
西暦1500年の人が、500年後の西暦2000年に
飛ばされたとしたら、別の惑星にいるか
ごとく戸惑い、混乱するだろう。
 
 
 
 
こんな話が書かれているんですね。
 
 
 
 
同じ500年間でも、人類の成長の
スピードって全然違うんですね。
 
 
 
 
むちゃくちゃ成長のスピードが上がったんです。
 
 
 
 
それこそ、西暦1500年くらいのときに
発見されたあるものによって
人間の成長速度は異常なまでに
あがっていくんです。
 
 
 
 
何かと言うと、「アメリカ大陸」なんです。
 
 
 
 
なんで?って感じですよね。
 
 
 
 
ここからドヤ顔で説明しますね。
サピエンス全史の受け売りですけども。
 
 
 
 
もともと人類って
「すべてのことを知っている」
と思っていたんです。
 
 
 
 
聖書に書いてあることが
すべてで、わからないことがあっても
村で一番の賢者に聞けば
必ず答えてくれると信じていたんです。
 
 
 
 
聖書に書いてあることが全てで
それ以外の事実は知る必要がないと
思っていたんです。
 
 
 
 
世界にはアフリカ大陸とユーラシア大陸しか
ないと信じていて、聖書にもこの大陸のことしか
出てきません。
「世界」は、アフリカ大陸とユーラシア大陸のことだったんです。
 
 
 
 
だから、地図にも空白がなかったんですね。
「完全な」地図を当時の人は持っていて
どの地図にも空白はなかったんです。
 
 
 
 
しかし、その後、有名なコロンブスによって
アメリカ大陸が発見されますよね。
彼はインドだと思ってましたが。
(だから、アメリカ原住民は
インディアンと呼ばれているのは有名な話)
 
 
 
 
アメリゴベスピッチによって
これは、新大陸だということが
世界的に知られるようになる。
 
 
 
 
今度は、オーストラリア大陸も発見される。
 
 
 
 
すべてを知っていると思っていたのに
新しい世界がどんどん発見されていったんです。
 
 
 
 
アメリカ大陸の発見を機に
人類は、すべてを知っているという態度から
知らないことがめっちゃあったんだ!という態度に
切り替わっていたんですね。
 
 
 
 
それと同時に、空白の地図が
作られるようになっていったんです。
 
 
 
 
いままでは、完成された地図(大幅に間違ってる)を
持っていて、わからないところには
怪物がいると描かれていたり、世界の果ては
滝壺になってると決めつけて地図を描いてました。
 
 
 
 
でも、空白の地図を持つことで
人類は無知を認めたんですね。
 
 
 
 
知らないことがあるんだ。という
姿勢を身につけることで
人類は新しい発見をする努力を
し始めて飛躍的に成長をしていったんですね。
 
 
 
 
もちろん、成長のきっかけは
他にもありますが、最も大きな
変化は、人類のパラダイムシフトに
あったんです。
 
 
 
 
これって、現代の僕らにも
同じことが言えますよね。
 
 
 
 
セミナーや本で
何かを学ぼうとするときに
「こんなこと知ってる」という
態度で望む人と
「わからないことばかりだから
少しでも吸収しよう!」
「本で読んだことはあるけど
実践しているわけじゃないから
もっと詳しく知りたい!」
こういう態度で学習する人って
やっぱり得られるもの、その後の成果に
雲泥の差が出ますよね。
 
 
 
 
マーケティングや経営だけじゃなく
治療の技術でも全く同じことが言えると思うんです。
 
 
 
 
僕らも、これで完璧だ!と「間違った」完成地図を
持つのではなく、「空白の地図」を持つことが
成長のスピードをあげるために
大事なことですよね。
 
 
 
 
長くなりました。
 

消えないアンパンマン

from飯野恵太
品川のカフェより
 
 
 
 
「水性顔料」にだまされた人って
いますか?
 
 
 
 
マジックペンに油性と水性があるのは
みんな知ってると思うんですが
顔料と染料があるって知ってました?
 
 
 
 
僕は、これにだまされてまんまと
やられてしまいました。
 
 
 
 
家で、息子とじゃれていたんですが
お風呂にいれようとしていたので
息子はオムツ一丁でした。
 
 
 
 
息子のポンポコリンのお腹を見ていたら
無性に落書きをしたくなって
お腹に、アンパンマンの
キャラクターを描いてあげたんです。
水性顔料で。
 
 
 
 
水性って描いてあるから
すぐに落ちると思いますよね?
そうですよね?
そうでしょ?
 
 
 
 
そんな感じで調子にのって
たくさん落書きをしてたんです。
息子も、「カレーパン、チーズ」
と描いてほしいキャラクターを
どんどんリクエストするので
お腹から背中までびっしり
アンパンマンワールドを
広げたんです。
 
 
 
 
最終的には、僕自身の顔に
アンパンマンを描いて
息子も喜んでいたんですが
その後に悲劇が待ってました。
 
 
 
 
妻からは、油性じゃないでしょうね?!と
念を押されてたんですけど、
「大丈夫大丈夫!ほら水性だから!」
と、アンパンマンの顔のまま
受け答え。
 
 
 
 
ひとしきり息子と遊んだので
よいせ、と風呂に入ったのですが
お察しの通り、全く落ちないんですわ。
全身のアンパンマンが。
やなせたかしの生んだキャラクター達が。
 
 
 
 
息子のお腹をゴシゴシこするわけにもいかないので
うすぼんやりお腹にアンパンマンを宿して
いただくしかありませんでした。
当然のごとく、妻に怒られる。
 
 
 
 
水性にも油性にも、顔料と染料があるらしく
僕のイメージしていた水性というのは
「水性染料」のことらしいんですね。
 
 
 
 
これだと、水に流すとすぐに落ちるみたいなんですが
顔料になると、水にとけづらいらしいんです。
 
 
 
 
そんなこと、知ってました?
 
 
 
 
先生も自分の顔、お子さんのお腹に
アンパンマンを描くときには
くれぐれも気をつけてください。
 
 
 
 
水性顔料は危険なインクです。
 
 
 
 

 

サイダーを我慢する苦痛

from飯野恵太
横浜オフィスより
 
 
 
 
僕は無類のサイダー好きです。
コーラよりもサイダーが好きで
あの爽やかな感じがたまらないのです。
これからの季節は無性に飲みたくなりますね。
 
 
 
 
ただ、1個問題があって
いま、僕は腹筋をバキバキに割りたいと思っているので
糖質を極限まで制限しているんです。
 
 
 
 
だから、お米もほとんど食べてないですし
サイダーなんてもってのほかなんですね。
 
 
 
 
とはいっても、全然我慢できるので
飲むか飲まないか葛藤しちゃう!!
あー葛藤しちゃう!!とか
そういう悩みは全然ないんです。
 
 
 
 
ですが!!
 
 
 
 
これが、最大の問題があるのですが
妻もサイダーが好きなんですよ。
 
 
 
 
そうするとどういう状況になるかというと
冷蔵庫にサイダーが常備されているんですね。
 
 
 
 
覚醒剤を使っていた人って
ペットボトルを見ると
クスリを思い出して
どうしても使いたくなるって言うじゃないですか。
(ペットボトルにクスリを溶いて注射器に入れていたから)
 
 
 
 
それと同じで、普段全然サイダー欲は
我慢できるんですが
冷蔵庫を開けた瞬間に
美味しそうなサイダーが
キンキンに冷えていると
抗いがたい魅力に
手が出そうになるんです。
 
 
 
 
でも、糖質は制限してるので
グッとこらえる。
 
 
 
 
喉が乾いて冷蔵庫を開ける度に
この我慢を強いられるんです。
 
 
 
 
何が怖いかというと
この「意志の力」というのは
筋肉と一緒で消費をしていくんですね。
 
 
 
 
僕は冷蔵庫を開けて
サイダーを見て
飲まないように我慢。
 
 
 
 
この一連の動作だけで
どんどんエネルギーを使って
しまっているんです。
 
 
 
 
実際、実験でも証明されているんです。
 
 
 
 
目の前に美味しいクッキーが
置かれた状態で味気ない
大根をひたすら食べさせられた被験者
 
 
 
 
美味しいクッキーを好きなだけ
食べることのできた被験者
 
 
 
 
それぞれに、ある問題を解かせたのですが
クッキーを我慢させられた被験者の方が
圧倒的に集中力が低下していて
問題に向き合う時間が少なかったんです。
 
 
 
 
それは、クッキーを我慢するという
活動にエネルギーを割かれていたからなんですね。
 
 
 
 
つまり、意志力を無駄に使っちゃいけないということなんです。
 
 
 
 
意志力は無限ではないので
意志だけでなんでも解決しようと
するんじゃなくて、環境を整える方が
よっぽど簡単で、効果的なんです。
 
 
 
 
僕なら
サイダーをいちいち我慢するんじゃなくて
サイダーを冷蔵庫に置かないように
妻に伝える方がずっと効果的なんですね。
 
 
 
 
あなたにも改善できる環境って
実はたくさんあると思います。
意志力で制限していることがあるなら
環境の改善をすることを
優先した方が、いい成果が出るかもしれませんね。
 
 
 
 
 

日大アメフト、内田監督が信頼を失う理由

from飯野恵太
二子玉のスタバより
 
 
 
 
メディアでこんなにも「アメフト」という
言葉を聞くことになるとは。。。
僕が大学でアメフトを始めてから初めてのことですね。
 
 
 
 
日大アメフト部のレイトタックル。
不名誉な形でアメフトが話題になっていることが
残念でなりません。
本当に残念です。
残念すぎて、メルマガでも扱うのを
避けました。
 
 
 
 
アメフト経験者にとっても
日大の学生、卒業生にとっても
嬉しくないニュースですよね。
 
 
 
 
グーグルで「アメフト」って検索すると
1ページ目はこの話題で独占されてますからね。
出てこないですからね。
控えQBでスーパーボウルを制した
ニック・フォールズのことなんて
日本ではちっとも話題にならなかったのに、、、
 
 
 
 
今や選手対監督陣という
新たな泥沼ステージに突入しましたね。
 
 
 
 
いつも思うんですが
雲隠れ、言い逃れ、隠蔽、責任回避。
こういうことをして良い方向にいった
ことってひとつもないですよね。
 
 
 
 
いさぎよく認めて、すぐに謝罪をした方が
絶対にいいですよね。
 
 
 
 
(内田監督が本当に指示をしていたのだとしたら)
潔くそれを認めて、私が指示した。
どんな罰も受けます!本当に申し訳ありませんでした!
 
 
 
 
ということを伝えてもらったほうが
少しでも責任を逃れようとする会見よりも
ずっと誠実で好印象ですよね。
 
 
 
 
ちなみに、この「過ちを認める」というのは
マーケティングにおいても、
逆に信用を獲得する機会として
手法が確立されているんですね。
 
 
 
 
「誠実レター」とか呼ばれるんですが
大ヒットした青汁のCMでも
「まずい!!もう一杯!」
というのも、この手法を利用したものですよね。
 
 
 
 
欠点やミスをハッキリと認める。
そうすることで、読み手は
ますます信用してくれるんです。
 
 
 
 
すっごい不味そうな青汁を
美味しく見せようと繕うよりも
「不味い!!」と認めちゃう。
 
 
 
 
それによって、好感が生まれて
信用につながるんですね。
 
 
 
 
サービスや商品の欠点を
隠蔽するのではなく
ハッキリ伝えてしまう。
 
 
 
 
他より痛い手技なら、それを伝える
1回で効果が出ないなら、それを伝える
試すのが初めてなら、それさえも伝えて割り引きの理由にしちゃう
 
 
 
 
とか。
欠点を認めて伝えるのって
怖いとは思うのですが
受け手からすると
それは信用につながるんですね。
 
 
 
 
隠蔽したり、責任逃れをすると
こんなにも信用を失うんだということは
最近の報道で皆さん、よくわかってますよね。
 
 
 
 
アメフト。ポジティブに取り上げて欲しいな。。。
 
 
 
 
 

アクアパークの年間パスポート戦略

from飯野恵太
二子玉のスタバより
 
 
 
 
息子を水族館に連れて行ったら
イルカのことを大変気に入ったらしく
ひとりでイルカショーの再現とか
してくれます。
 
 
 
 
都内だと品川にある
アクアパークがイルカショーが見れる
身近な水族館だと思うんですが
この水族館って、年間パスポートを
販売しているんです。
 
 
 
 
1回の料金が2,200円なんですが
年間パスポートは4,200円。
1 9回分の値段で一年間
何度でも水族館に遊びに行くことができるんですね。
 
 
 
 
すごいですよね。
この誘惑に駆られて
妻はまんまと息子と一緒に
年間パスポートを購入していました。
 
 
 
 
めちゃくちゃオトクな「年間パスポート」を
見て思ったことは、このアクアパークの
1年間の平均来院回数は2回に満たないんだなって
ことです。
 
 
 
 
水族館自体、1年間に何度もいくところじゃないので
たぶんそうなんでしょうけど、アクアパークの利用者の
大半は、1度利用したら、1年以内にもう一度
来ることはほとんどないんだと思います。
 
 
 
 
ほぼ100%に近い
利用者が、1年間で2,200円(1回料金)しか
使わないんでしょう。
 
 
 
 
だから、このアクアパークは
めちゃくちゃオトクな
年間パスポートを用意することで
顧客生涯価値をあげようとしているんだと思います。
 
 
 
 
実際、僕の妻も、この年間パスポートがなければ
年に2回以上、アクアパーク行くことは
なかったと思います。
 
 
 
 
平均来院回数が2回未満だからこそ
この年間パスポートは価値ある
マーケティング手段になってるんですよね。
 
 
 
 
もし、これを電車の定期券とかで
同じことをしたら、大惨事になると思います。
電車の年間利用数って、軽く100は超えると思うので
2回分の料金で年間使い放題の定期券を販売したら
鉄道会社は倒産必至ですよね。
利用者側からしたら、もちろん嬉しいですけど。
 
 
 
 
だから、こういうようなパスポートの施策も
ちゃんと数字を分析してから実施する必要があります。
 
 
 
 
どこかの治療院が会員制度や
定期券的な施策を実施して成功したからと言って
それをそのまんま真似して導入しても
大失敗につながる可能性がありますよね。
 
 
 
 
それぞれの院で
顧客生涯価値は平均来院回数は
全然異なりますからね。
 
 
 
 
後半小難しい感じになっちゃいましたが
イルカショーって楽しいですよね。