飯野治療院集客事務所

株式会社タッチコード

ホラー映画の古典的手法

from飯野恵太
横浜の自宅より
 
 
 
 
忘年会のあと
電車で帰ろうとすると
女の子が携帯電話で
通話しながら乗車。
 
 
 
 
彼氏とおぼしき会話相手に対して

「いま、電車に乗ったから
電話切るね。」

「せーのっせ!」プチ

なんと、彼氏と電話を切るときに
残された一人が寂しい思いをしないように
合図を決めて、同時に通話を終了
しているんですね。
 
 
 
 
もうなんか、キュンキュン
しちゃいますよね。
 
 
 
 
なつかしい、、、
初々しい、、、
甘酸っぱい、、、
 
 
 
 
素敵です。
 
 
 
 
さて(全く話は変わりますが)
今のホラー映画って
完全に手法がパターン化
されているらしいんです。
 
 
 
 
こういう時はこう
こうなったら、こう
◯したら、△!
 
 
 
 
こんな感じで
人が怖がる、恐怖を感じやすい
演出の仕方があるので
ほぼ例外なく、
テンプレートに
あてはめて
ホラー映画は
撮影されてるらしいんです。
 
 
 
 
「映画」とかって
クリエイティブな世界なので
誰でもオリジナルのものを
生み出しているのかと思ったら
恐怖の演出は、古典的なものを
ずーーーっと使いまわしているんですね。
 
 
 
 
なぜ、クリエイティブな仕事の
最上級クラスとも思えるような
この業界で、昔からの手法を
使いまわすかというと
それが「結果」に結びつきやすい
ということを知っているからなんですね。
 
 
 
 
結局、自分でオリジナルな演出を
考えるよりも、その「古典」を
見習ったほうが、圧倒的に
いい作品にすることができるんです。
 
 
 
 
ホラー映画。
超クリエイティブな世界でも
生み出さずに、効果のあるものを
使いまわしているんです。
 
 
 
 
いわんや、広告をや!!
 
 
 
 
ですよね。
チラシやホームページで
変にオリジナリティなんて
出す必要ないんです。
 
 
 
 
自分としては
「ありふれていて嫌だなー、、、」と
思ったとしても
それでも、古典に
見習うべきなんです。

成果の出ているものを
踏襲するべきなんですね。

0から生み出したいという気持ちは
痛いほどよくわかるのですが
それは、ただの遠回りにしか
なりません。
 
 
 
 
0から作り出した
オリジナリティ溢れる広告より

擦り切れるほどこすられ続けた
成果実証済みの広告。
 
 
 
 
もう飽きたし、、、
なんか平凡だと感じるし、、、
かっこよくもないし、、、
 
 
 
 
絶対的な上司「マーケティング」
の前では、そんなこと
関係ないんですよね。

 

生の感情に触れる裁判の傍聴

from飯野恵太
茅場町のコワーキングオフィスより
 
 
 
 
今日は気分を変えて
友人が仕事をしている
茅場町のオフィスでメルマガを書いています。
 
 
 
 
 
昨日、ある治療家の先生と食事をする
機会があったのですが
その先生は、元新聞記者という
異色の経歴を持っているんです。
 
 
 
 
 
新聞記者って珍しいですよね。
なかなか、普段接することのない
職種です。
 
 
 
 
 
なので、その先生からの
お話が新鮮ですんごく
おもしろかったんです。
 
 
 
 
 
とにかく、業務内容は
ブラック中のブラックで
ひとつきの労務時間が
400時間を超えた月も
あるとか。
 
 
 
 
 
月25日間働いたとして
毎日16時間以上働かないと
この時間に到達しませんからね。
 
 
 
 
 
そんな、元新聞記者の先生が
「裁判の傍聴」を
オススメしてくれました。
 
 
 
 
 
この先生は
刑事事件の担当を
していたので
幾度となく、裁判を傍聴
したらしいのですが
そこには数々の「ドラマ」
があるらしいんです。
 
 
 
 
 
人間の「感情」がうずまいてる
らしいんですよね。
普段接することのできない
むきだしの感情が。
 
 
 
 
 
著名なマーケターや
コピーライターが
口を揃えて言いますが
人の感情に触れることって
とっても大事なことなんですよね。
 
 
 
 
 
人の感情を理解することが
できなければ
人の心を動かすことなんて
絶対に、できませんもんね。
 
 
 
 
 
人の感情に触れる機会を作ることって
すごく大事なんですが、
それを、間近で
リアルに生の声として
聞く事のできるのが
裁判の傍聴なんですね。
 
 
 
 
 
尋常じゃない興味を
もったので、年明けに
早速裁判の傍聴に
行っていきたいと思っています。
 
 
 
 
 
裁判の傍聴に行かなくても
いいかもしれませんが
人の感情に触れる機会は
ぜひとも大事にしてください。
 
 
 
 
 
院に来てくれた患者さんが
なんで、来ようと思ったのか?
どんな悩みを抱えていたのか?
どんな生活の中で苦痛があったのか?
何を期待しているのか?
どんな不満があるのか?
 
 
 
 
 
感情を知るからこそ
そこに伝えるための
メッセージを作ることが
できるんですよね。
 
 
 
 
 

奇跡の美味さ。抹茶プロテイン。

from飯野恵太
渋谷のスタバより
 
 
 
 
いつも筋トレのあとに
欠かさずプロテインを飲んでいます。
 
 
 
そのプロテインに
感動しちゃいました。
 
 
 
 
 
プロテインが切れたので
新しいものを買ったのですが
ネット上で評判のよかった
「抹茶味」のプロテインを
買いました。
 
 
 
 
 
ネットでもべた褒め
されていたので
どんなもんだい?と
半信半疑で飲んだのですが
これが、びっくりするくらい
美味しいんです。
 
 
 
 
 
スタバの
抹茶クリームフラペチーノ
ありますよね?
 
 
 
味が、まんまあれです。
 
 
 
普通に美味しくいただけちゃうんです。
「プロテインとしては美味しい」
じゃなくて、飲み物として美味しいレベル。
 
 
 
 
なんなら、家にお客さんが来たら
提供したいくらい美味しい。
 
 
 
 
 
びっくりしましたね。
プロテインはここまで
進化しているんだと。
 
 
 
 
 
思えば、僕がプロテインを
初めて飲んだのは
かれこれ16年前。
 
 
 
 
高校一年生の時です。

この時のプロテインは
本当にまずかったですね。
 
 
 
 
まず、そもそも水に溶けないので
ダマになって口の中で
ネチョネチョするんです。
 
 
 
 
 
バニラ味と騙るものの
そんな上品なもんじゃなくて
生焼けの小麦粉を食べてる感じ。
 
 
 
 
プロテイン=苦行という
イメージしかありませんでしたね。
 
 
 
 
それが、僕が大学生の頃になると
だいぶ飲みやすくなりました。
 
 
 
 
水にすぐ溶けるようになったので
ネチョネチョ感はなくなりました。
 
 
 
味も不味くなくなり
飲むのが苦行ではなくなったんです。
 
 
 
 
 
もちろん、味を楽しむほどの
レベルではないので
できれば早く済ませたいものでしたが。
 
 
 
 
 
さらに、社会人くらいになると
普通に美味しい!と思えるものも
ちらほら出てきました。
 
 
 
 
 
で、究極が2017年。
この抹茶プロテインです。
 
 
 
 
 
プロテイン摂取のタイミングじゃなくても
好んで飲みたいと思えるほど
美味しいんですから。
 
 
 
 
 
衝撃でした。
 
 
 
 
 
ネチョネチョ
クソまずい苦行から
来客に出したいほど
美味しい飲み物に。
 
 
 
 
 
とんでもない進化ですよね。
 
 
 
 
 
僕は、このプロテインほど
進化できてるだろうか?
 
 
 
 
 
おそらく、プロテインメーカーは
日進月歩、絶え間なく
品質改良していきたんでしょう。
 
 
 
 
 
そうでなければ
ありえないほどの
進化のスピードです。
 
 
 
 
 
毎日、毎日、
0.1%でも進歩するために
試行錯誤を繰り返して
きたはずです。
 
 
 
 
 
同じ時間をかけても
全く進歩のしない
ものもあれば
苦行だったものを
美味すぎる飲み物に変えるほど
成長していくものもあります。
 
 
 
 
 
漫然と毎日を過ごしていたら
どんなに時間をかけても
1mmも進化しないですよね。
 
 
 
 
 
5年、10年経っても
同じことの繰り返しをしてる
だけなら、何も成長しません。
 
 
 
 
 
でも、たった0.1%ずつでも
いいから、毎日何かを
改善、工夫をしていく
ことが大事です。
 
 
 
 
 
1.001×1.001×1.001・・・・
 
 
 
 
 
これを1年間繰り返すと
144%近くもパフォーマンスを
変化、成長することができるんです。
 
 
 
 
 
これが、10年、15年とつづいたら
それは、奇跡的な変化になりますよね。
 
 
 
 
 
この抹茶プロテインのような
奇跡が生まれるんです。
 
 
 
 
 
あなたは、毎日、0.1%でも
何かを改善できていますか?
 
 
 
 
 
1日だけみたら
誰も気づかないほどの
成長でも、ちりも積もれば
山となります。
 
 
 
 
 
僕も、これを実践するために
どんなにしょぼいことでもいいから
1日1個改善点を見つけるという
習慣を続けています。
 
 
 
本当にびっくりするくらい
しょぼい変化でもいいんです。
 
 
 
 
 
施術
トーク
チラシ
ウェブサイト
内装
 
 
 
 
 
ほんのわずかな
工夫でもいいので
進歩をし続けたら
振り返ったら
奇跡と思えるほどの
進化をしているかもしれません。
 
 
 
 
 
日進月歩。
大事な考え方ですよね。

 

恩送りの奇跡

from飯野恵太
横浜オフィスより
 
 
 
 
好きな映画の1つに
「ペイ・フォワード」があります。
 
 
 
 
これは、学校の授業で
「自分の手で世界を変えるとしたら
何をする?」
という課題を出された主人公が
あるアイディアを思いつき
それがきっかけで始まる物語なんですが、
 
 
 
 
そのアイディアというのが
自分が受けた善意を
その相手に返すのではなく
別の人、3人に善意を渡す
というものなんです。
 
 
 
 
主人公の知らないところで
善意のバトンはどんどん広がっていって
不幸な人が救われていくんですね。
 
 
 
 
素敵な映画なので
年末年始で暇があったら
観てみてください。
 
 
 
 
で、まさにこの映画みたいな
話をネットニュースで
見つけたんです。
すごい感動しました。
 
 
 
 
http://news.livedoor.com/article/detail/14062686/
何気ないコーヒーのプレゼントで
自殺を思いとどまらせたという
お話なんです。
 
 
 
 
グレンさんという紳士は
行きつけのドーナツ店で買い物をしたら
列に並んでいる、次の人にコーヒーとマフィンを
プレゼントをすることを
習慣にしているらしいんです。
 
 
 
 
この時点で、グレンさんの
仏ぶりが素晴らしいのですが。
既に映画のワンシーンのような
習慣ですよね。
 
 
 
 
どうやって育ったら
こんなに素敵な人格を育めるんでしょうか?
 
 
 
 
グレンさんは、人に親切にすることを
日常的にしていたのですが
このコーヒーとマフィンが
ひとりの命を救うんですね。
 
 
 
 
いつものように
グレンさんは、ドーナツ店で
買い物をしたら
お店の人に言って
次の人が来たら、コーヒーと
マフィンをプレゼントしてあげてくれと
言って、余分にお金を払うんです。
 
 
 
 
そして、そこに
たまたま訪れた人が
実は、その日に自殺を考えていたんですね。
でも、店員からコーヒーとマフィンを
渡されて、

「前の人が親切にも
代金をはらっています。
良い1日をお過ごしください。」

と、伝えられたんですね。
 
 
 
 
普通に生活してたら
そんな経験することなんて
ありませんから、
自殺志願者の方は
神様からのメッセージだと思って
自殺を取りやめたと言うんです。
 
 
 
 
本当に映画みたいな
物語ですよね。
 
 
 
 
この話を聞いた瞬間
ペイ・フォワードじゃん!!と
思って、感動と驚きがあったんです。
 
 
 
 
ほんの小さな親切が
彼の命を救い、人生を
変えたんですよね。
 
 
 
 
素敵な話を聞いて
心がほっこりしたので
シェアさせていただきました。

 

(当たり前)種をまかずに収穫できない

from飯野恵太
みなとみらいのスタバより
 
 
 
 
今日はクリスマスですね!
妻の実家で毎年クリスマスパーティを
開いてくれるので
今年も行ってきました。
 
 
 
 
 
義父がサンタの格好をして
玄関からプレゼントを
渡しに来てくれるのですが
正体を隠すために変装用のメガネを
かけています。
 
 
 
 
 
幼稚園以上の孫たちには
完全にバレているんですが(笑)
 
 
 
 
 
でも、1歳半のうちの息子には
初対面のサンタクロースがあまりにも
怖かったらしく、大泣き!
恐怖で顔を歪めながらも
プレゼントはしっかり受け取っていました(笑)
 
 
 
 
 
サンタが嫌いにならなければいいんですけどね。
義父は、一人くらい
泣いてくれないと
張り合いがないと
言っていたのですが
サンタの役割を
なまはげと勘違いしている
のでしょうかね?
 
 
 
 
 
さて、先生は
日々種まきをしていますか?
 
 
 
 
 
何の種かというと
新しい顧客を生み出す
種のことです。
 
 
 
 
 
農場で
春に種をまかず
夏に雑草の駆除もせずに
秋になったら収穫だけしようと
必死に頑張る。
 
 
 
 
 
そんなことをしても
絶対に収穫をすることはできないですよね。
自然の摂理です。
 
 
 
 
 
まいた物しか
収穫することはできません。
収穫するには、まず
種をまかなければいけません。
 
 
 
 
 
当たり前すぎる
当たり前ですよね。
 
 
 
 
 
でも、これを
売上という「収穫」で
考えると、なぜか
種まきと収穫の関係を
完全に無視してしまう人が
たくさんいます。
 
 
 
 
 
あなたのところに
顧客、患者さんが来てくれるのも
それ以前に種まきがあったからです。
 
 
 
 
 
農場で言えば、
接客、施術の活動はあくまでも
「収穫」にあたります。
 
 
 
 
 
それを収穫するには
患者さん(顧客)に
来てもらうための
種まきをしなければいけないのです。
 
 
 
 
 
集客ができない、売上があがらない
と悩んでいる人に限って
必死に収穫だけ頑張ろうとして
そもそも1粒も種をまいていないんです。
 
 
 
 
 
・ポスティングをする
・ウェブサイトを広告する
・FBで友達にメッセージを送る
・患者さんに紹介をお願いする
・休眠している患者さんにハガキを送る
・院前の看板で宣伝をする
・近くのお店にチラシを置いてもらう
 
 
 
 
 
こういう種まきの仕事をするから
患者さんはあなたのことを知り
いずれ、悩みを抱えたときに
来院してくれるのです。
 
 
 
 
 
患者さんが来てくれたら
もちろん、一生懸命
施術して、課題解決を
手伝う必要がありますが
それは、あくまでも「収穫」の
お仕事。
 
 
 
 
 
そのためには、まず種まきが
必要なのです。
 
 
 
 
 
種をまく。
これは、単発でやることではなく
日々、毎日、欠かさずやるべきことなんです。
 
 
 
 
 
ダン・ケネディもそうですが
ビジネスの成功者の多くは
この、種まきを習慣にして
欠かさずに続けていたんです。
 
 
 
 
 
種まき無くして収穫なしです。
NO種まき、NO収穫。
ぜひ、あなたも毎日の種まき
欠かさない習慣にしてくださいね。

「これしちゃだめ」の呪縛

from飯野恵太
横浜オフィスより
 
 
 
 
小学3年生のときに
「院」という字を
並んだんですが
このときに、担任の
先生からこう言われました。
 
 
 
 
「『院』という字は、よく間違われます
『元』の部分を『云』て書いちゃうんです。
だから、みんなも気をつけてね。」
 
 
 
 
と、、、
 
 
 
 
「云」はダメなんだ。
「云」はダメなんだ。
と、頭に叩き込むことで
どうなったかというと
 
 
 
 
僕はよく、「院」の漢字を
間違えるようになったんです。
 
 
 
 
「云」はダメ。と
頭で考えるときに
「云」という字が
絶対、頭に浮かんじゃいますよね。
 
 
 
 
先生は良かれと思って
教えてくれたのですが
この呪縛のせいで
逆によく間違えるように
なってしまったんです。
 
 
 
 
先生も聞いたことあるかも
しれませんが、人は
否定形の言葉を
認識することができません。
 
 
 
 
「◯◯しない」という言葉を
認識するのに、一度「◯◯する」ことを
頭は想像してしまうですね。
 
 
 
 
だから、目標を掲げるときも
「お菓子を食べない」と
書くよりも、「お菓子を断ち切る」の
方が、脳に認識してもらいやすいんですね。
 
 
 
 
同じようなことを言ってるだけなのに
否定形で書くか、肯定形で書くかによって
目標の達成率は大きく変わってしまうんです。
 
 
 
 
これから新年を迎えて
新たな目標を作る人は
多いと思いますが
そのときは、ぜひ
「肯定的な言葉」で
目標を書き出してみてくださいね。
 
 
 
 
 

ぞくぞくする最高にお気に入りのアプリ

from飯野恵太
横浜オフィスより
 
 
 
 
最近、僕がハマっているアプリがあるんです。
 
 
 
 
 
一番立ち上げる回数の多い
アプリです。
 
 
 
 
 
「momentum」
というアプリなんですが
これは「習慣アプリ」と
言われるもので
自分が決めた習慣を
実行できたかどうかを、ログに残すだけの
ただそれだけのアプリなんです。
http://www.mmtur.net/2017/10/17/1394

※iPhoneアプリ
 
 
 
 
 
こんな単純なアプリなんですが
レビュー評価も高くて「4.7」
素晴らしいんです。
 
 
 
 
 
自分で継続させたいと思う
習慣を決めて、それを
実行することができたら
指でタップ。

すると、マスが
緑色に塗りつぶされます。

毎日継続していけば
マス目が緑色でどんどん
埋まっていきます。
 
 
 
 
 
すると面白いもんで
このタップして緑色に
することが病みつきになるんですよね。
 
 
 
 
 
緑で埋めるのが
楽しくて、嬉しくて仕方ない。
確実に脳内物質が出てます。
 
 
 
 
 
マスを緑色に塗りつぶしたいから
掲げた習慣を、必ず実行しようという
意欲が湧くんです。
 
 
 
 
 
読書、早起き、筋トレと
習慣にしようと決めても
サボってしまったり
時間が作れなくて
1日、2日空いちゃうこと
ありますよね。
 
 
 
 
 
で、1日空けば、2日空くし
3日、4日、1週間、1ヶ月って
どんどん間が空いて
しまいには、一切やらなくなっていきます。
 
 
 
 
 
そうやって、週間にしよう!と
思っていた読書やジョギングも
いつの間にか、継続できなく
なっちゃうんですよね。
 
 
 
 
 
でも、この「momentum」を
やっていると、それがなくなるんです。
 
 
 
 
 
自分で決めた習慣。
それが実行できたら
タップしてマスを
緑色に塗る。
 
 
 
 
 
緑色のマスが
どんどん連なっていくから
それを途切れさせたく
なくなってくるわけです。
 
 
 
 
 
緑マス中毒になります。
何がなんでも習慣を実行して
マスを緑色に塗りたい。
 
 
 
 
 
だから、
忙しくても
眠くても
お酒が入っていても
自分で決めた習慣を
実行するんです。
 
 
 
 
 
そして、また今日も
マス目を緑色に塗って
ぞくぞくと快感を味わう。
 
 
 
 
 
もう、「momentum」を
やめられませんね。
 
 
 
 
 
毎日継続したいことを決めても
1日くらいサボっても大丈夫かな?
と思ってしまうことってありますよね。
1日休んでも、何かを失うわけでも
誰かに怒られるわけでもないから
簡単にサボれてしまう。
 
 
 
 
 
結局、そのサボった1日がきっかけで
永遠にやらなくなってしまうことが
たくさんあるんですけど。
 
 
 
 
 
でも、この「momentum」なら
1日でも休んだら、緑色に塗りつぶす
「ご褒美」がもらえないんです。
 
 
 
 
 
それに、1日だけ塗りつぶせなかったら
気持ち悪くて仕方ないんです。
 
 
 
 
 
絶対タップして、マスを塗りたい!!!
って思わせてくれるから
習慣をサボらなくなり
続くんです。
 
 
 
 
 
2018年
新しい目標を掲げて
頑張ろうと思っている人には
この「momentum」おすすめです。
 
 
 
ちなみに僕は、このアプリの
まわしものではありません(笑)