飯野治療院集客事務所

株式会社タッチコード

行動のさなか、恐怖は消える

from飯野恵太
自宅オフィスより
 
 
 
 
僕、高校の時は水泳部で
平泳ぎの選手でした。
北島康介の平泳ぎですね。
 
 
 
 
夏にはたくさん大会があるのですが
というか、夏にしか大会はないのですが
あれって、レースに出る前って
得も言えぬ緊張感があるんですよね。
 
 
 
 
水泳の大会って
自分のレースが始まる
5レース前くらいから
集合場所に集まらなくちゃいけなくて
他の選手とかいる中で
ベンチに座って待ってるんですよ。
 
 
 
 
あのときの緊張感が
とんでもなくて。
 
 
 
 
なんか周りの選手は速そうだし
誰もしゃべらないし
自分のレースは刻一刻と
近づいていくし
前の人が飛び込み台にあがると
自分も勝手に共感して
すげー緊張するし。
 
 
 
 
いま記事を書いていても
想像するだけですっごい緊張しちゃうくらい
大会のレース前って緊張するんですよね。
 
 
 
 
で、レースの直前に
ひとりひとり名前を呼ばれて
飛び込み台にあがるんですが
あの時は、もうピークですね。
バクバクいっちゃいます。
 
 
 
 
でも、あれが「ピーク」なんですよ。
ドン!とスタートの合図が鳴ったら
一瞬で水の中、もはや緊張感なんて
何も感じないんですよね。
不思議なもんで。
 
 
 
 
誰かが言ってましたが
人が恐怖を感じるのって
何かを開始するその瞬間だけ
らしいですね。
 
 
 
 
いざ行動をしてしまったら
あとは、恐怖を感じなくなる。
 
 
 
 
行動のさなかでは
恐怖を感じることはできないんです。
 
 
 
 
まさに、僕の水泳の大会で
感じてきたことといっしょでした。
 
 
 
 
先生が、何か新しいことをやろうとしたり
挑戦をしようとするときに
不安があったり、恐怖を感じていたとしたら
それはただ「行動をしてない」だけかもしませんね。
 
 
 
 
なぜなら、もりもりと行動している人
行動のさなかでは、恐怖は感じることが
できないんですから。
 
 
 
 
僕が飛び込み台までバクバク緊張していて
スタートを切ったら、泳ぐのに必死
そんな緊張なんて感じる余裕もないんです。
 
 
 
 
開始する直前までが怖いだけです。
一歩踏み出したら、実は屁でもないかもしれませんよ。
 
 
 
 
 

「売る」ことに注力する某有名ジム

from飯野恵太
川越市駅のカフェより
 
 
 
 
ある有名な女性向けスポーツジムで
インストラクターをされていた方と
お話させてもらったんですが
すごい興味深い話を教えてもらいました。
 
 
 
 
その方は、ちょっと不満混じりに言っていたのですが
インストラクターはたくさん研修をするらしいのですが
ほとんどが、「営業トーク」の研修らしいんですね。
 
 
 
 
新しいサプリメントやプロテインが
発売されたら、それを会員の方に
販売するための営業トークを
みっちり叩き込まれるらしいんです。
 
 
 
 
インストラクターとしてのメソッドは
ほとんど勉強しないらしいんですが
販売のためのトークはしょっちゅう
研修会が開かれるらしいんです。
 
 
 
 
これを聞いて、さすが!!と思いましたね。
やっぱり利用会員を増やし続けて
増収増益をしているところは
販売活動をきちんと
やっているんだなと思いました。
 
 
 
 
もしかしたら、営業や販売の研修に対して
抵抗を感じる方や、インストラクターとしての
研修よりも営業の研修に時間を割いていることに
違和感を覚えた方がいるかもしれませんが
この感覚こそが、悪しき慣習だなと思いました。
 
 
 
 
売ることが「悪」だと思ってしまう感覚。
 
 
 
 
この感覚を持ってしまうと
自分も顧客も幸せにすることが
できません。
 
 
 
 
なぜなら
売ることができなければ
利益をあげることができず
自分を幸せにすることができませんし
価値あるものを顧客に提案することを
避けてしまうので、問題の解決策を
提供することができません。
 
 
 
 
成功、繁栄している事業の
共通点は、「売る」という活動を
大切にし、多くのエネルギーを
注いでいるということです
 
 
 
 
ダン・ケネディが言っている
とても好きな言葉を紹介したいと思います。
 
 
 
 
————————————————————
自分から買わなければ、他の人から買われてしまう
自分が本当に素晴らしいものを提供している
という自信があるのであれば
それを売らないことは
お客さんにとってとても
不誠実なことである。
 
だから、人からどう言われようが
自分は「売る」ということのために全てを尽くす。
————————————————————
 
 
 
 
とても素敵な言葉なので
僕はいつもデスクトップに
付箋アプリで、この言葉を
見えるように貼っています。
 
 
 
 
整骨院を経営する中で
最も大事と言っても過言ではない活動。
それは「売る」ということ。
 
 
 
 
もし、売ることに罪悪感を持っていたり
そんなことしたくない!と思っている方がいたら
考えを改めるべきかもしれません。
 
 
 
 

クレイジーウェディング

from飯野恵太
茅場町のスタバより
 
 
 
 
土曜日に後輩の結婚式があったので
参加してきました。
 
 
 
 
クレイジーウェディングって
知っていますか?
これまでの画一的な結婚式を
覆すオリジナルの結婚式を
プロデュースしてくれる会社です。
 
 
 
 
後輩の結婚式は
このクレイジーウェディングを
利用して行われていたのですが
やっぱり、その内容は普通の
結婚式とは異なってました。
 
 
 
 
新郎の入場曲は
ディズニーのエレクトリカルパレードで
全身に電飾をつけて、大きな箱を
台車に載せて入ってきました。
 
 
 
 
その箱の中から
新婦が登場。
かなりはっちゃけてる披露宴ですよね。
 
 
 
 
披露宴なのに腕相撲大会や席替えまで
ありましたからね。
楽しい結婚式でした。
 
 
 
 
このクレイジーウェディングという会社は
結婚式自体も「クレイジー」ですが
採用や研修制度も
かなりおもしろい特殊なことを
しているらしいんです。
 
 
 
 
あるときは、全社員が2週間業務を
ストップしえ、長野県の根羽村で
古民家のリノベーションに
取り組んだらしいんです。
 
 
 
 
彼らは、経営の優先順位を明確に決めていて
1番は「健康」で、2番目は、「人間関係」らしいんです。
 
 
 
 
年間業務の40%を社内のコミュニケーションに
使っていて、社内の未来やカルチャーについて
話す機会や時間を積極的に設けているらしいんです。
 
 
 
 
古民家のリノベーションも
社員同士で、濃密な時間を共有するために
行ったらしいんですね。
 
 
 
 
おもしろいことをしていますよね。
 
 
 
 
いい人間関係ができあがることによって
普通では言うのをためらうようなことも
指摘ができるようになるし
言われた方も素直に受け取ることが
できるようになるそうです。
 
 
 
 
これによって、社員全員で
より成長していくことが
できるようになっているんですね。
 
 
 
 
売上、業績を上げることではなく
人間関係に焦点をあてて
それを育むことによって
結果としては長期的に
売上も上がってくるんですね。
 
 
 
 
これは、社内の人間関係についても
いえますが、顧客との関係性でも
同じことが言えますよね。
 
 
 
 
ビジネス=顧客との関係性
とはよく言われていますが
売上をあげることにフォーカスするよりも
整骨院を経営する上で
顧客、患者さんとの関係性に
フォーカスすることで
結果的に後から売上がついてくる。
 
 
 
 
社内でも社外であっても
関係性を育むって
とても大事なことですよね。
 
 
 
 
ニュースレターを送ったり
定期的にDMを送ったり
そのような取り組みが
成果をあげるのも
この関係性構築にこれらの
施策が大きく寄与するからなんですよね。
 
 
 
 

 

全国一斉母の日テスト

from飯野恵太
横浜オフィスより
 
 
 
 
最近見た広告の中で
一番すごい!!素敵だなーって思うものに出会いました。
https://www.sogo-seibu.jp/mothersday18
 
 
 
 
youtubeで出てきた動画なんです。
普通、youtubeの動画って誰もが
即飛ばしたいと思いますよね。
 
 
 
 
でも、僕はこの広告に釘付けになって
まるまる広告を見ましたし
なんならちょっと泣いちゃいました。
 
 
 
 
東大生が講義室に集められて
テストを受けるのですが
回答が終わった東大生は
東大の入試試験より難しいと
答えています。
 
 
 
 
頭の柔らかさを問う問題なのかな?と
そんな予想をして、見ていたのですが
動画が進むと全く違う展開に
 
 
 
 
全て、「お母さん」に関する問題
なんですね。
 
 
 
 
だから、答案は自分で持ち帰って
自分で「お母さん」に聞いて
答え合わせをしましょうと
試験官から言われるんです。
 
 
 
 
で、それぞれの学生がみんな
お母さんに電話して
テストで問われていた
問題の答えをお母さんに確認して
答え合わせをしていくんです。
 
 
 
 
めちゃくちゃ素敵な取り組みですよね。
それで、愛情を確認していくんですね。
 
 
 
 
そして、問題の最後には
「あなたの母が母の日を楽しみにしているか答えなさい」
と出てくるんです。
 
 
 
 
もう、これ見たら胸がきゅっとなりますよね。
きっと、お母さんは母の日楽しみにしてるだろうな、、、と
想像しますからね。
 
 
 
 
今年はちゃんと母の日になにかしてあげたいなって
がっつり僕は思いましたよね。
 
 
 
 
そして、その後にそごうのECサイトに誘導されるんです。
 
 
 
 
こりゃ買いますわ!って
目に涙浮かべながら
関心しきってこの広告を
見てました。
 
 
 
 
たぶん今日明日でおわっちゃうと思うので
興味のある方はぜひ見てみてください。
https://www.sogo-seibu.jp/mothersday18
 
 
 
 
明日は母の日ですね。
 
 
 
 

アドラーの三角柱

 

 

from飯野恵太
横浜オフィスより
 
 
 
 
急にめちゃくちゃ寒くなりましたよね。
暑くて冷房をいれる日まであるのに
昨日の朝は起きたら、寒すぎてエアコン暖房つけました。
 
 
 
 
この寒暖差によって
体調を崩さないように
してくださいね。
 
 
 
 
アドラーの三角柱って知っていますか?
「嫌われる勇気」でも有名な
アドラーがカウンセリングの時に
使っていたアイテムらしいです。
 
 
 
 
人が悩みを相談したり
カウンセリングを受けるときって
必ず、2つのことしか
話さないらしいんですね。
 
 
 
 
それが何かというと
「かわいそうな私」と
「悪いあの人」
です。
 
 
 
 
「かわいそうな私」とは
自分がいかに辛い思いをしているか
どんなに大変なのか、
どんな苦労をしているのか
そういう話しです。
 
 
 
 
そして、「悪いあの人」とは
この自分を苦しめている
誰か他の人や、環境に対する
愚痴ですね。
旦那が話を聞いてくれないとか
お金をケチる客しかいないとか。
 
 
 
 
実際に僕が夫婦間に
問題を抱える人の
話を聞いた時に
見事に100%この話だけを
していました。
 
 
 
 
基本的に人は
この2つのことだけしか
話さないんですね。
 
 
 
 
というか、僕自身も
振り返ってみると
誰かに悩みを相談するときって
このことしか話してませんでした。
 
 
 
 
でも「かわいそうな私」と
「悪いあの人」の話をしていても
1ミリもいいことがないんですよね。
 
 
 
 
気休め程度に一時的に
話を聞いてもらって
スッキリするとかあるかもしれませんが。
根本的に問題が解決されることは
ありません。
 
 
 
 
そこで、さっきのアドラーの三角柱にも
「かわいそうな私」「悪いあの人」が
二面に書かれているのですが
最後の一面には普通にしていたら
相談者が自発的に語らないテーマが
書かれています。
 
 
 
 
でも、その最後の一面に
書かれていることこそが
相談者が語るべきことなんですね。
 
 
 
 
そして、この内容について
語ることで唯一相談者は
問題を解決し、前に進むことが
できるようになるんです。
 
 
 
 
その最後の一面に
何が書かれているかというと
「これからどうするか?」
なんです。
 
 
 
 
アドラーの三角柱に書かれているのは
「かわいそうな私」
「悪いあの人」
そして、最後の一面に書かれているのが
「これからどうするか」
 
 
 
 
かわいそうな私の話をしても
生産性はありませんし
悪いあの人について
いくら愚痴を言っても
何も変わりません。
 
 
 
 
でも、「これからどうするか」を
考えて、それを語り実行していくこと
こそが、自分でコントロールできることであり
状況を変化させることができるんですね。
 
 
 
 
7つの習慣の
「関心の輪」「影響の輪」にも
ものすごく通ずる考え方ですよね。
 
 
 
 
自分の影響を及ぼせないことに
エネルギーを使って不平不満をいっても
何一ついいことはありません。
 
 
 
 
影響の輪、つまり自分が影響を及ぼせること
自分がコントロールできることに
エネルギーを集中させることが
大事なんですね。
 
 
 
 
ぜひ、あなたも「かわいそうな私」でも
「悪いあの人」でもなく
「これからどうするか」を
考え、語る人になってください。
 
 
 
 

つばショットルーティン

from飯野恵太
二子玉川公園のスタバより
 
 
 
 
ゴールデンウィークは
妻の実家で過ごしていたのですが
甥っ子たちと、多摩動物公園に
行ってきました。
 
 
 
 
こどもの日だったのですが
その日は、多摩動物公園の
開演記念日で入場料無料
だったのですが、その影響か
とんでもない混み具合でしたね。
 
 
 
 
やっぱり無料のオファーって
強力ですね。
無料と言っても、中の
レストランやお土産屋さんは
ディズニーランド以上に
混んでいたので、相当な
売上を叩き出しているんじゃないでしょうか。
 
 
 
 
多摩動物公園で
トイレで用を足していたのですが
両サイドを使った人が
ふたりとも、便器にツバを吐いてから
用を足し始めました。
 
 
 
 
あれやる人いますよね。
 
 
 
 
友達にもいますけど
なぜか、用を足す前に
ツバを吐くんですよね。
 
 
 
 
あなたも、ツバ吐く人ですか?
もしやる人なら、その理由を教えてほしいです。
 
 
 
 
いつからかクセになっちゃったんですかね?
ツバを吐くことで、用を足すスイッチを入れてるんでしょうか?
 
 
 
 
おしっこのための
プリショットルーティン?
 
 
 
 
無意識に
用を足すときの「精度」を
あげているんでしょうか?
 
 
 
 
このツバがプリショットルーティンか
どうかは、わかりませんが
スポーツの世界では、このルーティンの効果は
実証されていますよね。
 
 
 
 
ゴルフとか野球などで打つ前に
繰り返し行う、同じ動作や準備のことですね。
 
 
 
 
これを行うことで集中力が増して
ショットの精度や、ヒットを出す確率が
上がることが証明されています。
 
 
 
 
ゴルフや野球に関わらず
多くの一流アスリートが取り入れていますよね。
 
 
 
 
これって、何もスポーツの世界だけじゃなくて
勉強やビジネスにも集中力を高めるためにめちゃくちゃ
応用できる方法なんですよね。
 
 
 
 
あなたもこういう経験あると思うんです。
 
 
 
 
文章を書いたりするような
エネルギー、集中力を
必要とする仕事に取り掛かるとき
なかなか作業をスタートできなかったり
他のことが気になって
ネットサーフィンを始めちゃったり。
 
 
 
 
やる気が出るまで
youtubeを見始めちゃったり。
 
 
 
 
こういうことに気を取られて
気付いたら2時間も経ってた。
あー、この時間、仕事していれば
今頃完了していたのに、、、、
みたいな経験。
 
 
 
 
絶対あるはずです。
実際に、僕もこういうことは
しょっちゅうあります。
 
 
 
 
そういうときに、
ゴルフで言うプリショットルーティンを
用意しておくと、素早く集中力を高めて
サッと仕事に取り掛かることが
できるんです。
 
 
 
 
具体的には、僕がやっているのは
「呼吸」と「集中カード」です。
 
 
 
 
仕事をスタートさせるとき
もしくは、休憩から仕事を再開させるとき。
ゆっくり深呼吸を3回して
集中カード(真ん中に小さな点があるカード)の
真ん中の点をじっと眺めて、そのあと目をつぶるんです。
 
 
 
 
人間の目って集中力がダイレクトに
現れるところなので、集中力が欠如していると
点がブレブレですが、集中力が高まると
点がブレずに、じーっととまります。
 
 
 
 
この状態が作れたらカードを置いて
仕事を開始するんです。
 
 
 
 
この間、わずかに1〜2分。
 
 
 
 
たったこれだけの時間で
だまされたように、スムーズに
仕事を開始して、集中することができるんです。
 
 
 
 
仕事の開始のときって
一番エネルギーがいりますよね。
特に文章を書いたりするような
重い仕事をするときって。
 
 
 
 
そんなときに、集中するための
こういったルーティンを用意しておくと
「助走」をつけて、仕事をスタートすることが
できるんですよね。
 
 
 
 
ぜひ、机に向かって
すぐに集中できないという人は
このルーティンを試してみてください。
 
 
 
 
PS
用を足す前にツバを吐く人がいたら
ぜひ、その理由を教えてください(笑)
 
 
 
 

 

ニンニクいれますか?

from飯野恵太
横浜オフィスより
 
 
 
 
「ニンニクいれますか?」
二郎の代名詞にもなっている
質問です。
 
 
 
 
麺がゆであがって
提供される前に
トッピングを確認するために
こう質問されます。
 
 
 
 
ニンニクいれますか?
ってどう考えてもクローズド・クエスチョン。
なのに、YES/NOで答えると
ちょっと変な空気になります。
 
 
 
 
「ニンニクいれますか?」
「はい、お願いします」
 
 
 
 
普通の会話だと何もおかしいところはないのに
二郎で、こう答えると、二郎玄人らが
ちらっとお客を一瞥してきます。
 
 
 
 
(ふん、素人か、、、)
みたいな感じで。
 
 
 
 
ニンニクいれますか?と聞かれたら
お客は、
「ヤサイ、ニンニク、カラメ」とか
「ヤサイマシマシ、ニンニク、アブラ」と答えます。
 
 
 
 
おかしな光景ですよね。
 
 
 
 
僕の知るかぎり、クローズド・クエスチョンなのに
はい、いいえで答えることが「間違い」である
唯一の質問だと思います。
 
 
 
 
ちなみに、はい・いいえで答えることのできる
クローズド・クエスチョンに対して
自由に回答できる質問のことを
オープン・クエスチョンと呼びます。
 
 
 
 
二郎の店主が
「今日の二郎の味はどうですか?」
と聞いてきたら、それはオープンクエスチョンです。
 
 
 
 
絶対、こんなこと聞かれないですけど。
 
 
 
 
ちなみに、初対面の人
関係ができてない人に対しては
質問をするときは
クローズドクエスチョンで
始めたほうがいいとされています。
 
 
 
 
整骨院で
新規の患者さんが
来院されるときもそうですね。
 
 
 
 
はい、いいえの二択で
答えられる質問の方が
答えやすいんですね。
 
 
 
 
いきなり、オープンクエスチョンで
回答の幅が広い質問をされると
それがストレスになってしまうんです。
 
 
 
 
だから、問診をするときも
特に、新規の方に対しては
クローズドクエスチョンから初めて
いくつか質問を経てから
オープンクエスチョンに移行した方が
いいのです。
 
 
 
 
PS
関内の二郎は絶品ですよ。