飯野治療院集客事務所

株式会社タッチコード

権藤、権藤、雨、権藤。

from飯野恵太
横浜オフィスより

権藤、権藤、雨、権藤。

中日の新人投手だった権藤博選手の
すさまじいまでの、登板回数を
表現して流行語にもなった言葉です。

当時、権藤選手は、シーズンで35勝したらしいです。
とんでもない数ですよね。

いまは、投手が10勝したらすごいという水準なのに
その3倍以上ですからね。

いまは、中4日くらい、一度登板した投手は休ませるのが
普通ですが、そんなのおかまいなく、それこそ
雨が降らなければずっと権藤選手が登板していたんですね。

それに、いまなら、投手が投げ終わったら、
肩を冷やすのが、常識ですよね。
でも、当時は、温めるのが常識だったんです。

絶対に冷やしちゃいけない!!て
言われてたんですよ。

だから、権藤選手は、家に帰っても、
ずっと熱いシャワーを肩にあてていたらしいのです。
決して冷やさないように。

そんな、生活をしていた権藤選手は、
二年目には、肩の感覚がなくなってきたらしいのです。

三年目には、ランニングをすることができないほど、
肩の痛みが、激しくなったというのです。

いまだったら、投手を休ませずに登板させて、
肩を温めさせていたら、
その監督は世間からバッシングを受けて、
大炎上必至だと思います。
すぐに解雇されるでしょう。

それくらい、権藤選手にヤバイことをさせてたのです。

でも、当時は、それが普通だったんです。
肩を温めることも、常識だったんです。

むしろ、当時、肩を冷やさないと!!と
言っていたら、その人がバッシングされ、
冷ややかな目で見られていたでしょう。

そう考えるとゾッとしますよね。

あきらかに間違ったことが、
「常識」とされていたんですから。

でもこのことって、野球だけではないし、
「昔だから」のことでもありません。

いま、あなたが常識だと思っていること、
まわりが当たり前に思っていることも
実は、大きな間違いかもしれないからです。

常識ってどんどん変わっていきますからね。

マーケティングの重要性が、少しずつ
日本でも浸透してきましたが、
それでも治療院の業界って、
この部分がかなり遅れています。

マーケティングを一生懸命していると、
そのことを冷ややかな目で見てくる人もいます。

治療家が、そんなことしてどうするんだ!
治療家は治療の技術を高めることが正義だ!

みたいな。

合理的で、正しいことなのに、
謎の「常識」の圧力によって、
それを実行できないっていうのは、
本当に悲しいことです。

誰がなんと言おうと、権藤選手は肩を冷やすべきだったんです。
中4日は休ませるべきだったんです。
(当然、この常識もいずれ変わるかもしれませんが、、、)

あなたも、誰がなんと言おうとやるべきこと、やる価値のあることは
やるべきなんです。

世間の常識の方が絶対に正しいなんてことは、
ないのですから。

小さな習慣

from飯野恵太
横浜オフィスより

月曜日に、フィードフォワードの記事をご紹介しました。
あらかじめ、小さな一歩を踏み出しておくと、
やる気に左右されずに、仕事を進めることができる
というお話です。

このフィードフォワードの記事が
好評だったので、それに関連した
「小さな習慣」のお話をしたいと思います。

タイトルそのまま、
「小さな習慣」という本を
スティーヴン・ガイズという人が
書いているのですが、
これがかなり素敵な内容なんです。

先生も、新しい習慣を始めようと思ったけど、
三日坊主で終わってしまったことってあると思うんです。

・毎日、腕立て100回する。
・毎朝、1時間早く起きる。
・毎日30分ジョギングをする。
・1日1時間、本を読む。

とか。

どれも、続けられれば、とっても有意義なこと。

でも、気づいたら、始めるときのやる気はどこかに行き、
掲げた目標を実行できなくなっていく。

こんな経験あると思うんです。

著者は、人が習慣を継続できない理由を
「目標が高すぎるから」と断言しています。

人は、そもそも本能的に変化を嫌っているのに、
そこに、いきなり大きな目標を掲げて、
大きな変化を目指すと、脳が拒絶してしまうんですね。

だから、習慣にしたい行動のステップを
びっくりするくらい小さくした方が
うまくいくというのです。

例えば、毎日、腕立て100回という目標が
あったとします。

これって、簡単な目標ではないですよね。

仕事がすごく忙しいときとか、
飲み会があったときとかって、
サボってしまえ!!という誘惑が
強烈に働くと思います。

だから、こういう腕立て100回という大きな目標ではなく、
サボる方が難しい目標を掲げたほうがうまくいくんです。

「腕立てを1回する」

という感じで。

腕立て1回そのものは、
ものすごく些細な行動で、
これをやったからといって、
健康に大きな影響はないです。

たとえ、3ヶ月継続できたとしても、
大きな変化は得られないかもしれません。

でも、このアホみたいに小さな目標というのが、
人間を変化させる大きなポイントになるのです。

目標を掲げて、それを実行できなかったときの
最大のデメリットは、罪悪感が生まれて、
その人の自己肯定感が下がってしまうことにあります。

あー。またダメだった・・・
どうせ、おれは何か始めても続かないんだ・・・

こんな風に、自分への評価が下がってしまうんです。

でも、さぼる方が難しい目標なら(腕立て1回)
どんなに眠くても、
どんなに忙しくても、
やり忘れてベッドに入っていたとしても、

あ!やろうと思ったら、3秒で完了させることができます。

ベッドで寝てても、くるっとまわって、ピ!で終わりです。

だから、自己肯定感を
損ないません。

むしろ、続ければ続けるほど、
自己肯定感があがり、
やるきのホルモンも生み出すことができるんですね。

これだけではありません。

先日のフィードフォワードの記事にも紹介しましたが、
人は、やり始めることに、とても抵抗を感じます。

スタートするときが、1番エネルギーを必要とするんです。

逆に言うと、やり始めたことを継続することって
そんなに難しくないんです。

いざ、腕立て1回をスタートさせたら、
あとは、ボーナスタイムに突入です。

自分の好きなだけ、腕立てをすればいいんです。

目標を小さくすることで「やり始める」という1番大きな障害を
軽々超えてしまうことができるんです。

本当に忙しいときには、
腕立て1回すればOK。
自己肯定感アップ!

時間・体力のあるときは、
ボーナスタイムで30回でも、50回でも
やってしまえばいいんです。

読書を習慣にしたいなら、いきなり毎日1冊読むとか、
大きな目標を掲げずに、「毎日1行だけ読む」という
目標にすればいいんです。

1冊読むという目標にしていたら、
忙しくて時間が取れないときは、
今日は1冊読めないから、やめておこう。
となって、本を開かずに終わってしまいます。

何も読まないなら、1行だけでも読んだ方がいいです。
しかも、1行だけで終わることは、まれなはずです。

それを実行したあとに、
時間があって、もっと読みたければ、
読み続ければいいんです。

結局30分くらい読めるかもしれません。

続けるのが難しい高い目標よりも、
バカバカしいほど小さな目標の方が
実は有意義だということが、わかってもらえたでしょうか?

先生も、まずは、小さな目標を考えるということを
始めてみてください。

カレー臭の話

from飯野恵太
横浜オフィスより

先日、あるクライアントの元に
訪問したときの話です。

僕のパートナーに同行してもらい
二人で訪問するで、訪問前に
二人でココイチでカレーを食べたんです。

で、そのパートナーと
二人でカレーを食べてから訪問して
「カレー臭い」って言われたらどうする?!と
冗談ながら、話していたんです。

で、いざ、クライアントの元に訪問すると、
開口一番、カレーのニオイの話になったんですね。

クライアントは、院内のスタッフが
もちこんだ昼食のニオイだと思ったらしく、
「すいません、カレーのニオイがしますね。」
と謝られたのですが、その言葉に
僕らは顔を真っ赤にしながら
「このニオイの原因は僕らです」

二人で直前にカレーを食べると、
これほどまでにカレー臭がするんですね。

昼時の訪問だったので、
院内のスタッフの方にも、
「すごい美味しそうなニオイ」
「お腹が空いてきました」
「さては、ココイチですね?」
など、打ち合わせ中に終始いじられてました(笑)

打ち合わせが終わって帰るときに、
「打ち合わせの前に、カレーは食べちゃダメだって
痛感しました。」

なんて、いいながら帰ろうとしたんですけど、
そこにいた女性のスタッフの方に
こんな言葉をかけてもらったんです。

「二人のカレー臭がすごかったから、
これだけ、話がもりあがったし、
仲良くなれたんです。
まずった、なんて思っちゃだめですよ。」

と、、、

なんて素敵な方なんだ。

確かに、ある種、
「失敗」って、人との距離を
縮める効果がありますよね。

僕らがゴリゴリのカレー臭を漂わせて
訪問したので、スタッフの方に
終始いじってもらえましたし、
笑いが生まれました。

ちなみに、僕の過去のメルマガの中で
最も反響があった記事って、
トイレでペーパーがなくて、
閉じ込められていたって話です。

なんの役にも立たない、ただの失敗談です。

けれども、多くの方から
メッセージをもらえたんですよね。

ニュースレターやメルマガを
やっている先生は、何か「失敗」をしたら、
それを、最高のネタを仕入れたと思うべきなんです。

失敗は、人を引きつけるし、
人との距離を縮めてくれるんですね。

完璧な人間よりも、
どこか抜けてる人間の方が、
愛されますもんね。

ブロックバスター VS ネットフリックス

from飯野恵太
横浜オフィスより

ネットフリックスって聞いたことある人は
たくさんいるんじゃないでしょうか?

でも、ブロックバスターって名前は聞いたことありますか?

こっちは、あまり有名じゃありませんが、
ブロックバスターというのは、
アメリカのDVDレンタルビジネスの
最大手だった企業の名前です。

でも、この巨大企業は、
新興企業のネットフリックスが現れたことで、
破産に追いやられることになります。
もともとは彼らからしたら
取るに足らない存在だったにも関わらず。

聞いたことあるかもしれませんが、
DVDレンタルビジネスの利益の大半は、
「延滞料金」が生み出しているんですね。

先生も延滞料金を払って
悔しい思いをしたこと、
一度や二度はあると思いますが、
ブロックバスターは、この延滞料金が
企業の利益の70%を生み出していたんです。

すごいですよね。

でも、ネットフリックスは同じ
レンタルDVD事業でしたが、
延滞料金が発生しないビジネスモデルを
作り出したんですね。

顧客にわざわざお店に足を運んでもらわなくても、
郵送でDVDのやりとりができるようにして、
料金を月額固定料金にしたんです。

だから、DVDを返さなくても延滞料金が発生しないのです。

その代わり、DVDを返さないと、
次のDVDが借りられないという
仕組みにしたんです。

アイディアは斬新だったのですが、
当時のブロックバスターからしたら、
ネットフリックスの存在は、
巨象とアリの関係だったのです。

その気になったら、いつでも潰せると。

だから、ネットフリックスが、
認知され、市場規模がだんだん大きくなってきたときにも、
「構わないで、放っておく」という
決断を取ったのです。

何よりもブロックバスターは、
既存の事業から、多大な売り上げを手にしていたので、
利益率もすごく高かったので、
ネットフリックスが荒らしている市場に
見向きもしなかったんですね。

ネットフリックスの市場に
参入するための投資をするくらいなら、
既存の事業から、利益を手にしていたほうが
確実で、安定しているし、楽だったのです。

しかし、その結末は冒頭にも書いたように、
2010年ブロックバスター破産という形で
決着してしまうのです。

ブロックバスターの経営陣は、「変化」を嫌ったんですね。
いまやっていることが、うまくいっているから、
違うことをやる気にはならなかったのです。

実際、彼らの利益率は66%もあったので、
とてつもなくうまくいっていたんです。

だからこそ、自らを変化させていくことができなかったんですね。

象とアリの関係だった、ネットフリックスに
駆逐されてしまったのです。

人間は変化を嫌います。

いまやっていることがうまくいっているときは、
なおさらです。

でも、どんなことも諸行無常なんですよね。
いまやっていることを永遠に続けて
成功が安定するってことはないです。

これだけ、巨大で利益率の高かったブロックバスターでさえ、
既存の事業にしがみついていては、その栄光を維持することが
できなかったのです。

ダーウィンの言葉に、
「最も強い者が生き残るのではなく、
最も賢い者が生き延びるのでもない。
唯一生き残るのは、変化できる者」

という言葉がありますが、
本当にそのとおりですよね。

変化することは怖いし、楽ではないけど、
長期的に成功するには、変化することが
大切なんだなと、ネットフリックスとブロックバスターの
エピソードから、改めて思ったのです。

悩むより行動する

from飯野恵太
横浜オフィスより

先日、姉に息子が生まれたので
家族3人で実家の群馬に帰りました。

赤ちゃんっていいですよね。
姉のまわりにいる人、みんなニコニコです。

義兄は、ずっとビデオカメラを片手に
その様子を撮影していました。

僕の息子とは1歳違いなので、
もう少し大きくなったら、
二人を遊ばせたいです。

いつも、群馬に帰るときは、
レンタカーをして、車で帰るのですが、
横浜に戻ってくるときに、「センサー盗まれたんじゃないか事件」が
発生しました。

車のバンパーの左の端っこに、
センサーが立ってる車ってありますよね。

運転席からではみえづらい部分に
壁とか車が接近したら、
ピコンピコンって鳴るあれです。

僕が今回借りたレンタカーには、
それがついてたんです。

あー、こんなセンサーがついてるんだー
くらいに思って乗っていたのですが、
群馬から帰ってきて、自宅マンションのそばに
駐車すると、そのセンサーがなくなってるんです!

群馬に向かうときには、
確かにあのセンサーは生えていたのに、
横浜に帰ってきたら、その痕跡すらなくなってるんです。

僕は、むかし、群馬の実家の駐車場に
停めていたら、車上荒らしの被害に遭ったことがあったので、
群馬に出没する車上荒らしのせいだと疑いました。

実家に電話をかけても、
妻に確認をしても、
センサーのありかは誰も知らなかったので、
いよいよ車上荒らしが、外からでも
外せるセンサーに目をつけて、
それを盗んだんだと確信するようになりました。

うわあああ、、、、と頭を抱えて、
どうしようかとずっと悩んでいたんです。

レンタカー返すときに、高額請求されるんじゃないか、
とか、どうしよう、どうしよう、、、、と。

とにかく、レンタカーの返却時間も近いし、
この車を運転して、レンタカー屋さんに事情を説明することにしました。

そして、エンジンをかけて出発しようとすると、
なんと、センサーが生えてきたんですよ。

衝撃的な光景でしたね。

エンジンをかけるとともに、
スーっと伸びてきよるんですから。

このセンサーは、エンジンをかけると
伸びてきて、エンジンをとめると、
中に引っ込む仕様だったんですね。

そんなことをつゆ知らず、
僕はエンジンを止めた状態で、
わたわたと不安を抱えて、
あれこれ悩んでいたんです。

なくなっちまったもんはしょうがない!
と思って、さっさとエンジンをかけていたら、
この不安も、無駄な時間もなかったんですよね。

この「センサー盗まれたんじゃないか事件」の
エピソードは笑い話ですが、
こんな悩む必要なかった!!っていうことって
たくさんありますよね。

不安や心配があって、
うんうん悩んで、決断を躊躇していても、
何にもクリアにはならないですよね。

悩んで → 時間を浪費 → 結局行動しない

そんなことをしていたら、
行動を先送りして、成果も出ないですし、
ストレスばっかり抱えて、
ただの時間の無駄遣いになってしまいますもんね。

とにかく、、、
エンジンをかけたときの、
衝撃と安堵感はすごかったというお話でした。

筋トレ時間の短縮!

from飯野恵太
横浜市スポーツジムの休憩室より

今日の話は、役に立つように見せかけて、
微塵も役に立ちませんので、お気をつけください。

昨日、「脱ダラダラ」のお話を
メルマガで書いていて、
ふと、これを「筋トレ」でも使ってみようと思いました。

仕事のときは、毎日20分くらい使って
翌日の仕事の詳細なスケジュールを作っているのですが、
これを筋トレにも応用してみたんです。

いつもは、60分の枠を取って、
その時間で、終わらせようと思っているんですが、
実際には、65分とか、70分くらいかかってしまうんです。
もしくは、予定していた種目をやらずに終える。
こんな感じになっちゃうんです。

これは、トレーニングの時間を、
まるっと60分、漠然と捉えてたからだなと思って、
どの種目を何分で終わらせるのか、決めて、
トレーニングに挑みました。

そのために、キッチンタイマーを
トレーニングルームに持ち込んで、
予定の記載されたノートとにらめっこしながら、
ガッチャンガッチャン、筋トレしていきました。

予定の時間が来たら、動き出す。
予定の時間が来たら、動き出す。
これを繰り返していたので、
我ながら感情を失ったロボットのようだと
思いましたね。

でも、このトレーニング方法の効果がものすごくよくて、
いつもなら、65分くらいかかっていたトレーニングを
44分で終わらすことができたんですよ。

32%off
トレーニング時間を2/3に抑えることができたんです。

すごい効果ですよね。

やる種目は全部いっしょですし、
セット数も変えずにです。

やっていてわかったのが、
時間を意識する前の僕のトレーニングって
無駄な休憩時間がすごく多かったんですね。

種目を帰る前に、一息入れたり、
セット間に、必要以上に休んでしまっていたり。

でも、種目のスケジュールを細分化して
時間とにらめっこしながら、取り組むことで、
めちゃくちゃ集中しながら、できたんですよね。

すごくいい!!と思いました。

PS
ただ、あまりにも、ハイペースで追い込んだので、
酸欠状態が続いて、激しい頭痛と吐き気に襲われました。

シャワーを浴びてるときに、ピークに達して、
お昼ごはんに食べた親子丼をリバース。
ちょうど、大盛りにした分くらい吐き出しました。(ジャスト)

ハイペーストレーニングをする場合には、
昼飯は普通盛りがオススメです!!

脱ダラダラ作業

from飯野恵太
横浜オフィスより

施術以外の仕事、
特にデスクワークをしようと思って、
今日は集中するぞー!と思ったのに、
気づいたら、ネットサーフィンを始めて、
Facebook、気になる本の購入、
ニュースサイトの閲覧。

こんな感じで、ダラダラ、ダラダラ
時間が経ってたっていうこと、
必ず経験があると思います。

やろうと思っていたことの、
半分も仕事が終わらなかったことも
あるはずです。

こんな、悩みの1つの解決策は、
作業を細分化して、時間を区切るということです。

〆切は、人類最大の発見だ!って
誰かが言ってましたが、〆切のない仕事は、
ほぼ永遠に終わらないです。

だから、細かく区切って、〆切をたくさん作っておくんですね。

たとえば、丸一日かけて、チラシを作ろう!と
みたいにアバウトな時間の使い方をしてしまうと、
時間が無限にあるように錯覚してしまうので、
どうしても、ダラダラしてしまうんです。

でも、
8時〜10時 リサーチ
11時〜13時 ヘッドライン
14時〜15時 ブレッド
16時〜18時 本文の作成

みたいな感じで、時間割を作って、
それぞれの作業に取り掛かると、
自分に良いプレッシャーをかけられるので、
ダラダラ時間を、回避することができるんですよね。

もちろん、100%ダラダラしないわけではないですが、
時間割を作らずに、なんとなく、漠然として、仕事を始めるよりも、
ずっっっと集中して取り組むことができます。

「すべての物事は、二度作られる」と
言われています。

最初に、頭の中で作られて、
次に、物理的に作られる。

仕事に関しても一緒です。

どうやって仕事をするか?という
スケジュールを立てておくことで、
実際に生み出す作業を、ずっと効果的に行うことができるんですね。

孫正義さんの弟に、孫泰蔵さんという
ガンホー・オンラインの創業者がいます。

というか、兄弟揃って、東証一部上場企業を
作り出しているって、めちゃくちゃすごいですよね。

この、弟の泰蔵さんは、東京大学に二浪して
入学しているのですが、二浪時に、
兄の正義さんに相談したことがあったんです。

で、そのときにもらったアドバイスが
年間の勉強計画を作るということ。

しかも、ざっくりしたものではなく、
1時間毎に何をやるか?まで考えて作った、
めちゃくちゃ詳細な勉強計画を作ったんです。

その計画表を泰蔵さんが作るたびに、
孫さんにめちゃくちゃダメ出しをされて、
計画表を完成させるまでに、一ヶ月も時間が
かかったんです。

受験生が一ヶ月間計画作成だけに
時間を費やすって、普通に考えたら
異常なことですよね。

でも、その計画表を作ってから、
勉強の効率がめちゃくちゃあがって、
これまで、二度東大に落ちていたのに、
計画表通りに勉強して受けた模試では、
全国で10番以内に入るほどの成績を叩き出したんだとか。

それほど、計画、実行のスケジュールを
作ることって大事なんですよね。

なんとなく、仕事を進めようとおもったら
ダラダラしてしまいます。

しかし、1日のスケジュール、詳細なスケジュールの作成に、
時間を使うこと、一見無駄なようにみえますが、
この投資によって、あなたの仕事の効率を飛躍的にあげることが
できるんですね。

そして、時間とにらめっこして
作業を進めることで、ダラダラ時間を
追い出して、とても充実した時間を過ごすことが
できるようになるのです。