飯野治療院集客事務所

株式会社タッチコード

なぜ、ピアノに夢中になれたのか?

 

from飯野恵太
二子玉のスタバより
 
 
 
 
僕はこう見えて
小学1年生から6年間
ピアノを習っていました。
 
 
 
 
小学校の合唱コンクールでは
ピアノ伴奏をすることもあったほどです。
 
 
 
 
でも、小学校のときは
本当にピアノのレッスンの日が
苦痛でした。
 
 
 
 
友達と遊びたいのに遊べないし
出された課題曲を練習しないといけないし
ピアノの先生は怖いし。
 
 
 
 
小学生の頃は
怒られないように
しぶしぶ練習して
レッスンをこなすという
ようなそんなピアノとの
接し方をしていました。
 
 
 
 
中学校にあがってからは
ピアノのレッスンもやめたので
弾くこともほとんどなかったのですが
高校に入学してから
あるきっかけでめちゃくちゃ
ピアノを弾くようになったのです。
 
 
 
 
高校の音楽の授業で
「コード」の概念を
教わったんです。
 
 
 
 
今まで、小学校のときは
ひたすら「指の訓練」という感じで
楽譜通り間違いなく弾くために
指の動きを反復練習する。
こんな感じだったんですが
コードを教わることで
音楽ってむちゃくちゃ
面白いなって考えが変わったんです。
 
 
 
 
コードって
CとかFとかDmとか
そういうヤツですね。
 
 
 
 
例えば、楽譜にメロディが書かれていて
そこに、コードが載っているのですが
そのコードに従って伴奏を弾くと
どんな感じで弾いてもちゃんと曲になるんです。
 
 
 
 
Cコードだったら
ド・ミ・ソの組み合わせなんですけど
このド・ミ・ソをどんな風に弾いても
いいんです。ドミソミドミソミ♪って
弾いてもいいですし、ミソミソドドド♪って
弾いてもいい感じの曲になるんです。
 
 
 
 
コードに従えた自分の好きなように
伴奏を弾くことができるんですね。
 
 
 
 
コードさえ覚えちゃえば
一瞬で、ピアノの伴奏を
弾くことができるようになっちゃうんです。
 
 
 
 
メロディ部分さえ練習すれば
コードは好きなように
自分で付けて弾けるので
好きな曲をどんどん自分で
弾けるようになるんです。
 
 
 
 
もうそのことが楽しくて楽しくて
しょうがなくて、もらった教科書の中の曲を
1年間で50曲くらい弾けるようになっていました。
 
 
 
 
おそらく、小学校6年間で弾いた曲数よりも
多いと思います。
このとき初めて自発的にピアノのレッスンを受けたいな!と
思うようになりました。
 
 
 
 
人のモチベーションには
4つの段階があると言われているんですが
このときの僕は、間違いなく
最上位のモチベーション
「イントリンシックモチベーション」によって
ピアノを弾いていました。
 
 
 
 
モチベーションの段階ってどういう
段階があるかというと
 
 
 
 
1、無気力
なんにもやる気がない状態
 
 
 
 
2、アメとムチ
直接的な利益を得ることを目的にしたり
サボったら怒られるから、それを避けるために
行動するというような状態です
 
 
 
 
3、自律的規制
自分の将来の目的達成のために
自分で納得した行動を取る状態。
例えば、スポーツでいうと
全国優勝するために
本当は女の子とデートしたいけど
それを我慢して、厳しい練習に
耐えるという状態。
 
 
 
 
4、イントリンシックモチベーション(内在的動機付け)
活動そのものへの喜び。
自分の中だけに動機がある状態。
やること自体がゲームのように楽しくて
夢中になってしまう状態。
デートを我慢して頑張るとかではなく
デートなんかより楽しくて熱中しちゃう状態
 
 
 
 
小学校のときの僕のピアノへの接し方は
確実に、2のアメとムチで
合唱コンクールの伴奏を獲得するときに
一時的に3の自律的規制の
状態で頑張る程度でした。
 
 
 
 
自分で経験してみてわかりますが
やっぱり、アメとムチの状態では
やることそのものに
夢中になってる人に勝つのは
かなり難しいですよね。
 
 
 
 
既に大成功していて
お金も名誉も手に入れているのに
それでも、誰よりも
精を出して仕事に取り組んでるような人って
完全に、この境地に達している人ですよね。
 
 
 
 
とはいっても
いきなりこの状態を作ることは
難しいのですが
僕が「コード」に出会って
ピアノへの接し方が激変したように
この状態を作ることは不可能ではありません。
 
 
 
 
ホリエモンも言っていたのですが
仕事をゲームのように楽しめる
要素を見つけることが大事だと
言っていました。
 
 
 
 

見方を変えたり、楽しみ方を
見出すことによって
内在的動機づけに変えることは
可能なんですよね。
 
 
 
 
どうせ、一生のうちの大半を
仕事に費やすのだったら
仕事そのものを楽しみたいですよね。
 
 
 
 

 

息子2歳、ディズニーデビュー

 

from飯野恵太
二子玉のスタバより
 
 
 
 
昨日は、息子の2歳の誕生日だったので
家族でディズニーランドに
遊びに行ってきました。
 
 
 
 
息子は初めての
ディズニーランドだったんですが
もう本当に楽しそうに嬉しそうに
していてくれたのが
こっちも嬉しくて
たまらなかったです。
 
 
 
 
特にイッツ・ア・スモールワールドは
目をキラキラさせながら
左右の人形を目で追いかけていました。
 
 
 
 
ジャングルクルーズは
リアルな動物が怖かったのか
全身を硬直させていましたね。
 
 
 
 
僕が幼い頃から存在して
息子も同じアトラクションで
楽しんだりびっくりしていることが
すごく感慨深かったですね。
 
 
 
 
でも、ディズニーのアトラクションって
「同じ」でありながら「同じ」では
ないところがすごいと思いました。
 
 
 
 
さっきのジャングルクルーズって
僕は特に好きなアトラクションなんですが
テンションの高い船長が
軽快なトークでみんなを楽しませながら
探検を先導してくれるのが
最大の特徴ですよね。
 
 
 
 
そのトークたるや
めちゃくちゃ練られていて
最初に乗ったときに
とんでもなく感動したことを
今でも覚えています。
 
 
 
 
既に完成度の高いトークのスクリプトがあるのに
ジャングルクルーズっていっつも
少しづつ変えているんですよね。
話す内容を。
 
 
 
 
ジャングルクルーズは
すごく好きなアトラクションなので
ほぼ必ず乗るようにしているのですが
いっつもちょっとずつ違うんですよね。
 
 
 
 
飽きさせないためだったり
次の楽しむを作るためだったり
変化を楽しんでもらうためだったり
 
 
 
 
色んな理由があると思うのですが
ジャングルクルーズの船長は
常に内容を更新して努力してくれているんですよね。
 
 
 
 
なんか、そんなちょっとした変化で
より良いものを提供しようとする
ディズニーの姿勢に考えさせられるものが
ありました。
 
 
 
 
全然関係ないんですけど
お笑いコンビのモンスターエンジンが
2011年のキングオブコントの決勝で披露した
ジャングルクルーズの船長っぽい人を
ネタにしたコントはすごく好きです。
https://www.youtube.com/watch?v=SrGv5TU5WyQ
 
 
 
 

 

 

「プランA」で成功するヤツなんていない

 

from飯野恵太
自宅オフィスより
 
 
 
 
ネットテレビでホリエモンが
おもしろいことを言っていました。
タイトルにも書いたことなんですが
「プランAで成功するヤツなんていない」と。
 
 
 
 
顕著な例でGREEなどがありますが
この会社は、最初はFacebookのような
SNSサービスで立ち上げました。
 
 
 
 
最初は、創業者の田中社長も
いまのFacebookのように
SNSサービスで天下を取ろうとしていましたが
いまは、全く違うソーシャルゲーム事業で
ヒットしてますよね。
 
 
 
 
これを、立ち上げのときに
田中社長は予期していたわけじゃなく
もちろん計画していたわけでもありませんでした。
 
 
 
 
過去をさかのぼってみても
プランAで成功している事業なんて
まず存在しないんですよね。
 
 
 
 
任天堂だって、もともとは
花札の会社ですし
数十年後には
ニンテンドースイッチを
発売して大ヒットしてるなんて
夢にも思ってなかったはずですよね。
 
 
 
 
だから、ホリエモンは
先のことをうだうだ考えて
綿密に計画を立てて
机上の空論でうだうだ言うよりも
さっさと行動に移したほうがいいと
言っているんです。
 
 
 
 
この先がどうなるかなんて
わからないんです。
プランAでの成功なんて
まずない。
 
 
 
 
だったら、プランAをとっと試して
反省点を生かして今度はプランBを考えて試す。
 
 
 
 
結局はこの繰り返しでしかないんですよね。
 
 
 
 
あれこれ考えて
行動をとめるよりは
とっとと行動に移す。
 
 
 
 
この考え方が何より大事なんですよね。
 
 
 
 
やっぱり事業で最も大事なのは
スピードなんですね。
 
 
 
 

 

軽井沢で出会った素敵な経験

 

from飯野恵太
群馬の実家より
 
 
 
 
群馬の実家に家族で帰省しています。
母が還暦を迎えたので
家族みんなでお祝いで軽井沢に旅行に
出かけました。
 
 
 
 
初日、ランチを食べに
軽井沢の柳澤農園というところに
行ったんですが、めちゃくちゃ
いいところだったんです。
 
 
 
 
ランチで野菜たっぷりの
トルティーヤが食べれるんですが
この野菜が特別なんです。
 
 
 
 
柳澤農園さんでは
いくつもビニールハウスを
持っているんですが、ここのビニールハウスで
栽培している野菜を自分で収穫して
採れたて新鮮な野菜を
トルティーヤにして食べることができるんです。
しかも、青空の下で。
 
 
 
 
めちゃくちゃいいですよね。
軽井沢に行くなら、すごく
オススメの場所です。
 
柳澤農園
https://www.yanagisawafarm.com/
 
 
 
 
貴重な経験ができて
採れたての野菜も食べれて
思い出も作れちゃう
柳澤農園。
ぜひ、軽井沢に行く機会があれば
寄ってみてほしいです。
 
 
 
 
ちなみに、この柳澤農園は
姉がインスタグラムで検索して
見つけて予約してくれたんですけど
いまは、そんな風にお店を見つけることも
あるんですね。
 
 
 
 
インスタで「軽井沢、ランチ」みたいな
ワードで検索して、一番おしゃれで
雰囲気のいいところが
この柳澤農園さんだったみたいです。
 
 
 
 
柳澤農園さんがインスタを
アップしてくれたから
僕らはこんな素敵な場所に
出会えることができたんですよね。
 
 
 
 
調べてみると、柳澤農園さんは
お客さんに「知ってもらう」ための
努力を色んなところで
やってるんですよね。
 
 
 
 
集客って、裏を返すと
価値を知ってもらうための
活動ですよね。
 
 
 
 
あなたの持っている価値を
それを必要としている人に
伝えるための努力っていうのは、
めちゃくちゃ尊いことですよね。
 
 
 
 
あなたは、価値を知らせるための活動。
十分にできていますか?
もし、足りていないのであれば
次に何ができそうか
少し考えてみる必要があるかもしれませんね。
 
 
 
 

ライザップ英語の無茶な広告

from飯野恵太
自宅オフィスより
 
 
 
 
Web広告でライザップ英語の
広告を見かけたのですが
ある意味、衝撃を受けました。
 
 
 
 
いつものライザップのブンチブン♪という
音楽とともに、女性がカタコトな
英語を話しているシーンが映し出されます、
その後、同様にお馴染みのチャーチャラッチャ♪の
音楽が流れると、その女性はめちゃくちゃ
流暢にペラペラと英語をしゃべりだしたんです。
 
 
 
 
何に衝撃を受けたかと言うと
こんなの、いくらでも偽造できるじゃん!
さじ加減じゃん!と
思ったからです。
 
 
 
 
もともとのライザップは
物理的に太ってた人が
すごいプロポーションに
なってるから、インパクトが
ありましたけど
ライザップイングリッシュのやつは
さじ加減ひとつで、いくらでも
コントロールできますよね。
 
 
 
 
英語しゃべれる人を持ってきて
しゃべれない体で撮影すれば終わりですから。
 
 
 
 
顧客の声とか、サービスの品質や価値を
証明するための「証拠」というのは
信用してもらえる情報であるからこそ
意味があるんです。
 
 
 
 
それが、いくらでも偽造できる
ものだと、信用してもらうことが
できないので、ほとんど意味がありません。
 
 
 
 
たとえば、整骨院で集客するための
チラシの反応をあげようとして
顧客の声を並べるときに
イニシャルとコメントだけ掲載していると
これもいくらでも偽造できますよね。
 
 
 
 
腰の痛みがなくなりました!(K・I様)
 
 
 
 
って、僕でも5秒くらいで作れますからね。
だから、これを見る患者さんもイニシャルとコメントだけの
「証拠」には何も心を動かされません。
 
 
 
 
整骨院であれば
やっぱり、写真、できれば動画を
掲載して、生々しい実体験を語ってもらうことが
一番、信憑性がありますね。
 
 
 
 
なので、ライザップイングリッシュは
広告においてとんでもない過ちを
犯している、、、、
という結論を付けたいのですが
でも、ライザップはやっぱり
すごいなーと思うのでした。
 
 
 
 
おそらく、あんなにインパクトある広告を生み出して
日本中で一瞬で認知を広めたライザップです。
 
 
 
 
ライザップイングリッシュの
before→afterが、信用度において
薄弱なことは百も承知だと思います。
 
 
 
 
ライザップブランドを最大限使って
この露骨なbefore→afterする
ネタにして、インパクトを与えようという
戦略なんだなと思いました。
 
 
 
 
実際、ツイッターやネットなどでは
ライザップ英語のCMに、露骨すぎてウケた!的な
コメントが散見してましたしね。
 
 
 
 
ライザップ(ダイエット)より
ライザップ英語のCMが先に出ていたら
大ゴケ間違い無しの広告だと思いますが
ライザップならやってくれる!という
期待感とブランドがあるからこそ
成立しているんだとおもいます。
 
 
 
 
ある意味、あのさじ加減ひとつで
どうにでもなるテスティモニアルCM(証明書CM)は
ライザップだからこそ、なせる芸術ですね。
 
 
 
 
まとめ
 
 
 
顧客の声は信用されなくちゃ意味がない
ライザップだけは無茶がまかり通る
ライザップ、すげー。
 
 
 
 
そんなお話。

 

100円ショップがなぜ儲かるのか?

 

from飯野恵太
二子玉のスタバより
 
 
 
 
100円均一のセリア。
ここって100均の中でも
めちゃくちゃ成功してるみたいです。
 
 
 
 
営業利益率は10%もあり
小売業の中ではずば抜けてる数字で
ユニクロ級の利益率なんです。
 
 
 
 
ちなみに、他の100均の
営業利益率は、3%程度で
この数字でも、小売業としては
全然いい数字ではあるんです。
 
 
 
 
その3倍以上の利益率ですからね。
なんで、セリアはここまで
成功しているんでしょうか?
※ちなみにダイソーは上場してないので
ここらへんの数字が公開されてません。
 
 
 
 
セリアが成功している要因の1つが
商品の構成にあると言われています。
 
 
 
 
まず、セリアでは、利益率の低い食品の
販売をほとんど排除してるんですね。
日用雑貨の販売割合が97%以上で
ほぼ食品を売ってないんです。
 
 
 
 
ジュースやお菓子が売られてる
100均ってたくさんありますが
確かに、セリアでそういうのって
見かけないですよね。
 
 
 
 
そして、セリアと他の100円ショップを分ける
最大のポイントが「コーディネート」なんです。
 
 
 
 
セリアでは、同じ素材、同じカラーで
戦略的に品揃えしていて
主婦の「おしゃれに統一したい!」という
ニーズに応えているんです。
 
 
 
 
例えば、トイレまわりでも
マット、便座カバー、蓋カバー、スリッパ
とかを、全部、同じ素材・カラーで
おしゃれに揃えることができるようになってるので
1個買ったら、他も全部揃えたいから
全部買お!!と
なるということです。
 
 
 
 
これによって、顧客単価をひきあげてるんですね。
 
 
 
 
裏を返すと、もし、先生の奥様が
100均に買い物に行くとすると
キャンドゥに行くより、セリアに行く方が
余計な買い物してくる可能性が
高くなっちゃうんです(笑)
 
 
 
 
おしゃれに無関心な旦那さんからすると
懸案事項ですが、おしゃれな奥様からすると
セリアは安くておしゃれにコーディネートできる
嬉しい存在なんですね。
 
 
 
 
100円ショップという
条件の限られた販売形態の中で
深いところまで練られているんですね。
セリアすごい。
 
 
 
 
顧客単価があがるように
セリアでは、コーディネートしやすい
品揃え、レイアウトという
工夫をしています。
 
 
 
 
先生にとっても、顧客単価を上げるための
工夫というのは、とても大事なことになります。
 
 
 
 
1つの施術を受けることで
さらに上位のメニューや
他のメニューを受けたくなるような
設計を工夫する努力
試してみる価値は大いにありそうです。
 
 
 
 
 

マイカタ全国調査

from飯野恵太
二子玉のスタバより
 
 
 
 
「枚方市」
これなんて読むかわかりますか?
大阪の人は余裕だと思いますが
そうじゃないとわからないですよね?
 
 
 
 
これは全国のほとんどの人が
マイカタと読んでしまうらしいのですが
そんな、難解な読みを利用して
枚方市が「マイカタ全国調査」というのを
実施しているんです。
 
 
 
 
枚方市の職員の方は
他県の人から電話等で
問い合わせを受けると
しょっちゅう間違われるんですって。
 
 
 
 
そんな間違われまくる
市名を逆手に取ったこの自虐的なPRは
かなりの反響があるみたいです。
 
 
 
 
こういうアイディアって
めちゃくちゃいいですよね。
 
 
 
 
自分の欠点を利用して
それをおもしろい企画に
してしまう。
 
 
 
 
「マーケティングの大罪は
つまらないこと」なので
おもしろいが正義なんですよね。
 
 
 
 
枚方市が、平凡に
市の特色をアピールするだけでは
振り向かなかった人も
「マイカタ全国調査」という
おもしろい企画にすることで
注意を向ける人が増えますよね。
 
 
 
 
実際に僕がそうであるように。
枚方市を僕も読み方わかりませんでしが
この企画を通して知ることができました。
 
 
 
 
自虐ポイントを見つけて
それをRPに活用する。
これは、先生もすぐに
実践できる方法です。
 
 
 
 
しかも、おもしろみのない
宣伝に比べてずっと注意を
引きつけることができますし
見た人に喜んでもらうことが
できます。
 
 
 
 
例えば、、、
僕のクライアントで
昔やっていた自虐的な
面白い企画は
「この施術、痛すぎて誰も受けてくれないんです」
というものがありました。
 
 
 
 
「施術が痛い」という欠点を
そのまま企画にしちゃったんですよね。
 
 
 
 
これを既存の患者さんに案内して
多くの方へのアップセルに成功していました。
 
 
 
 
「マーケティングの大罪は
つまらないこと」
ぜひ、おもしろい企画を作って
患者さんとの絆を深める
きっかけにしてみてください。
 
 
 
 
PS
あえて、枚方市の読みをここでは
紹介しませんでした。
ぜひ、当ててみてください!