飯野治療院集客事務所

株式会社タッチコード

「モンスタースタディ」と呼ばれた恐ろしい実験

from飯野恵太
みなとみらいのスタバより
 
 
 
 
モンスタースタディと呼ばれた
恐ろしい実験を知っていますか?
 
 
 
 
今だったら、絶対に倫理的に
できない研究なんですが
アイオワ大学のウェンデルジョンソン博士による
主導でこの実験が行われました。
 
 
 
 
22人の孤児を集めて
吃音に関する実験をしたんです。
 
 
 
 
ジョンソン博士は
吃音はレッテルによって
悪化すると考えていて
それを確かめるために
行われました。
 
 
 
 
22人の孤児を
2つのグループに分けて
1つのグループには
肯定的な言葉をかけて
褒め続けて
もう1つのグループは
吃音に意識が向くように
仕向けられました。
 
 
 
 
吃音でない子供に対しても
少しでもどもったり
言葉を間違えたりしたら
それを注意して
「吃音症であることが原因だ!」
と子どもたちに何度も
言い聞かせたのです。
 
 
 
 
その後、どうなったかというと
この吃音に意識が向くように
仕向けられたグループは
全く吃音症でなかった子供まで
吃音になってしまい
しかも、その症状は
一生直ることがなかったのです。
 
 
 
 
その後、アイオワ大学は
実験の参加者に訴訟を起こされて
1億円以上の賠償金を
支払っています。
 
 
 
 
実験から70年近く経った
2001年にアイオワ大学は
正式に謝罪をしました。
 
 
 
 
皮肉にも、この恐ろしい実験によって
ジョンソン博士の仮説は証明された
わけですが、レッテルのパワーは
本当に恐ろしいですよね。
 
 
 
 
全く吃音ではなかった
子どもたちが「お前は吃音だ!」と
言われ続けたせいで
その後、吃音と一生付き合わなければ
ならなくなったのです。
 
 
 
 
この現象って、この実験以外にも
たくさんありますよね。
子供に対して「バカ!」と
叱ってしまったり
「本当に不器用だな」
「運動音痴だな」と
言ってしまったり。
 
 
 
 
例えそれが事実じゃなかったとしても
そういうレッテルを貼ることで
あ、僕ってバカなんだ。僕って不器用なんだ
運動音痴なんだ。
 
 
 
 
そう思い込むことで
本当にそういう風になっていってしまう。

 
 
 
 
これは、他人に対してもですが
自分に対してもこういうレッテル
思い込みをしていると
その傾向が強くなると言われています。
 
 
 
 
「人は、自分が考えているような人間になる。」
 
 
 
 
自分のセルフイメージが低いと
そういう人間になってしまう。
 
 
 
 
実験でも証明されていることですが
「間違った」思い込みを
することは、百害あって一利なしですよね。
 
 
 
 
セルフイメージは高く持ち
ネガティブなレッテルを貼るような人とは
距離を置くのがいいですよね。
 
 
 
 

広告する前に知らないといけないLTV

from飯野恵太
横浜の自宅より
 
 
 
 
「ほとんどのビジネスオーナーは
顧客の価値を低く見積もりすぎている」
マーケティングの大家の
有名な言葉ですが
最近、それを実感する
出来事がありました。
 
 
 
 
セミナーに参加者された
ある方からもらった質問なんですが
こんなものがありました。
 
 
 
 
「いま、ネット広告してるんですが
一人集客するのに7,000円も
かかっているんです。
やめた方がいいですよね?」
 
 
 
 
患者さんの価値を
把握している人であれば
この時点で「おいおい」と
思った人もいるかもしれません。
 
 
 
 
ですが、
この質問をしてくれた方は
7,000円で一人集客したのでは
「割に合わない」と思っていたので
課題と感じていたんですね。
 
 
 
 
案の定、この方は
患者さんの「顧客生涯価値」を
把握していませんでした。
 
 
 
 
ひとりの患者さんが来てくれたら
どれくらいの売上につながるのかが
わかってなかったんですね。
 
 
 
 
後日、その方に
ネット広告から
来る患者さんの
LTV(顧客生涯価値)を
測定してもらったら
38,000円以上あったんです。
 
 
 
 
7,000円を投資して
それが38,000円になるなら
めちゃくちゃいい投資ですよね。
 
 
 
 
しかも、巷で話題の
ビットコインに比べて
何百倍も確実な投資です。
 
 
 
 
質問してくれた先生は
一人集客するのに7,000円では
「損」だと思っていたのですが
中身をみたら、めちゃくちゃ「得」な
投資だったんですね。
 
 
 
 
これは、冒頭にあったように
顧客の価値を低く見積もり過ぎている
ために起きた誤解です。
 
 
 
 
広告するまえに、先生が
絶対にしなくちゃいけないのは
顧客の価値を知るということ
つまり、LTVを把握するということです。
 
 
 
 
これがわからなければ
正しい広告投資をすることは
できません。
 
 
 
 
先生も、もしLTVを把握していなかったら
まずは測ることから始めてくださいね。
 
 
 
 

 

なんだこれ?アイコフレの広告

from飯野恵太
横浜の自宅より
 
 
 
 
ほほーこれは注意をひくな!と
思う広告を見かけました。
 
 
 
 
北川景子さんを
イメージキャラクターに
起用している
「アイコフレ」という
コンタクトレンズの
ブランドの広告なんですが
この広告の中吊り広告が
すごい面白かったのです。
 
 
 
 
電車の中吊り広告で
何がすごいかというと
形がおかしいんです。
 
 
 
 
普通中吊り広告って
横長の長方形ですよね?
 
 
 
 
でも、このアイコフレの広告は
違うんです。
 
 
 
 
なんとも表現しづらいんですが
わかめを逆さまにしたような
形をしているんです。
 
 
 
 
中吊り広告なのに
長方形じゃないんですよ。
 
 
 
 
明らかに他の広告とくらべて
異様な形をしているので
すんごく目につくんです。
 
 
 
 
その証拠に
コンタクトなんて
全く興味のないはずの僕が
その広告のことを印象深く
覚えていますからね。
 
 
 
 
他の広告なんて
意識にすらあがっていないのに。
 
 
 
 
「注意をひく」ということを
最優先に考えているんですよね。
どんなに優れたコピー(文章)もデザインも
そもそも見てもらえなければ
意味がありません。 
 
 
 
「見てもらえない」という
最大の壁を越えるために
形を変えちゃうという
アイディアがいいですよね。
 
 
 
 
治療院での広告でも
大いに真似できる素晴らしい
アイディアだと思いました。
 
 
 
 
いつものように長方形、A4で
チラシを出すのではなく
形そのものを加工して
出してみる
 
 
 
 
例えば、アイコフレみたいな
わかめ?みたいな形にしていたら
それがポストに入っていたら
なんだこれ?ってなりますよね。
 
 
 
 
A4のチラシは日常茶飯事なので
中身すらみないでポイかも
しれませんが、わかめ型が
入っていたら、ん?と
なりますよね。
 
 
 
 
注意をひくって
それほど大切な
ことです。
 
 
 
 
すごく参考になる
おもしろいアイディアに
触れたのでシェアさせていただきました。
 
 
 
 

世紀の冤罪被害者「コレステロール」

from飯野恵太
茅場町のコワーキングスペースより
 
 
 
 
「常識」とされているけど
全然間違っているってことって
ありますよね。
 
 
 
 
最近では記憶に新しいものだと
コレステロール。
 
 
 
 
コレステロールって
悪い成分の代表的な
存在だったじゃないですか。
 
 
 
 
というか、今でも
身体によくないって
思ってる人は
多いと思います。
 
 
 
 
「卵は1日1個まで」って
誰でも聞いたことあるし
それを意識して食事を
していた人もいると思います。
 
 
 
 
コレステロールを摂取すると
血中のコレステロール値が増加して
脂質異常症になり
血管が傷ついて動脈硬化に
なってしまうと。
 
 
 
 
だから、国はコレステロールの
摂取量の制限目安まで
決めて、摂取を控えるように
警告していたんです。
 
 
 
 
でも、それは2015年に
撤廃されたんですよね。
厚生労働省から正式に。
 
 
 
 
食品からのコレステロールの摂取は
ほとんど血中のコレステロールに
影響を及ぼさないので
摂取量制限は意味がないって
なったんです。
 
 
 
 
もちろん血中のコレステロールが
高いことはよくないことなんですが
食べ物で摂取するコレステロールは
血中濃度にほぼ影響しないという
実験結果が出たんです。
 
 
 
 
それまで、コレステロールは
摂りすぎない方がいいというのは
ものすごく当たり前の常識でしたし
誰も疑ってなかったと思います。
 
 
 
 
でも、実際にはその「常識」は
間違っていたんですよね。
 
 
 
 
なにが怖いって
根拠がなかったのに
国民ほぼ全員が
コレステロールは良くないって
信じていたことですよね。
当然、ぼくもですが。
 
 
 
 
実家が割と厳しくて
目玉焼き大好きなのに
いつも1個しか食べれなくて
しょんぼりしていたんですが
その機会損失を返して欲しいですよね。
 
 
 
 
いま、当たり前だと思ってること
業界では「常識」とされていること
「そうした方がいい」と根拠なく信じられてること
 
 
 
 
もし、それらの当たり前を
守ることがあなたの
成果につながっていないのであれば
その、「当たり前」は
疑った方がいいですよね。
 
 
 
 
長年、国民全員から
悪者扱いされた冤罪被害者
コレ・ス・テロール
 

控えの選手がスーパースターに

from飯野恵太
横浜の自宅より
 
 
 
 
昨日は、待ちに待った
スーパーボウルの日でした。
 
 
 
 
スーパーボウルというのは
NFLというアメフトプロ団体の
頂上決戦です。
 
 
 
 
アメリカでは、めちゃくちゃ
注目度の高い試合で
視聴率は50%近くもあるんです。
 
 
 
 
この日は、アメリカで最も
テレビ視聴率が高いのが
このスーパーボウルなんです。
 
 
 
 
メジャーリーグの
ワールドシリーズの
視聴率が10%なので
いかに注目度の高い
試合かわかりますよね。
 
 
 
 
日本時間で朝8:30に
このスーパーボウルが
スタートするので
大学の先輩と新橋の
スポーツバーで
パブリックビューイング
してきたんです。
 
 
 
 
試合はとても白熱した内容で
会場は熱気に包まれていました。
 
 
 
 
アメフトには
クォーターバックという
野球でいうピッチャーみたいな
試合結果を大きく左右する
ポジションがあります。
 
 
 
 
イーグルスのQB(クォーターバック)は
ニック・フォールズという選手だったのですが
彼は、控えのQBだったんです。
 
 
 
 
スタメンQBの選手は
シーズン途中で靭帯を断裂してしまって
試合に出れなくなりました。
 
 
 
 
一方、対戦するペイトリオッツのQBは
スーパーボウルを5度も制覇している
生きる伝説のトム・ブレイディ。
 
 
 
 
控えのQBと生きる伝説。
 
 
 
 
どう考えても
ニック・フォールズに
分が悪い試合だったのですが
彼はこの試合でとてつもない
パフォーマンスをみせて
イーグルスを勝利に導いたのです。
 
 
 
 
ぼくは生粋のペイトリオッツファン
にも関わらず、試合の途中
フォールズのパフォーマンスに
魅了されていました。
 
 
 
 
フォールズのフットボーラーとしての
人生は、決して順風満帆なものでは
ありませんでした。
 
 
 
 
プロ選手になるも
ベンチを温める機会が多く
チームから放出されることもあったのです。
 
 
 
 
移籍先のチームでも
不遇のシーズンを過ごし
スタメン起用されることは
なかったんです。
 
 
 
 
イーグルスでも
控えQBとして
待機していて
シーズン後半まで
出場機会すらなかったんです。
 
 
 
 
野球のピッチャーと違って
ローテーションなどはないので
エースQBがケガさえしなければ
シーズン中、そのエースQBが
出場し続けるのが普通なんです。
 
 
 
 
だから、エースQBが
ケガをするまでは
ずっとベンチだったのですが
シーズンの終盤も終盤に
控えQBのフォールズが
試合に出場することになったのです。
 
 
 
 
誰もが、フォールズになった
イーグルスがスーパーボウルに
出場することすら
ありえないと考えていたのに
それどころか、彼は
優勝に導いてしまったんです。
 
 
 
 
ニューヒーローの誕生の瞬間でしたね。
 
 
 
 
こういうストーリーって
人を引きつけるとてつもない
パワーがあるんですよね。
 
 
 
 
画面越しの印象ですが
アメリカ中が
彼に魅了されていました。
 
 
 
 
アメフトに興味のない
方でも、このニックフォールズの
ストーリーに興味を持った人が
いるかもしれませんが
こういう物語は、人をひきつける
素晴らしいパワーがあるんです。
 
 
 
 
「負け犬がヒーロー」に
という型に分類される
ストーリーなんですが
不遇な時代を経験した
主人公が、苦難の末
栄光をつかむという
ストーリーは
人の心をつかむんですよね。
 
 
 
 
多くの映画もだいたい
「負け犬がヒーロー」の
型を使っていますよね。
 
 
 
 
ディズニー映画とかは
顕著にこの型を使ってますよね。
 
 
 
 
先生が患者さんに何か
メッセージを伝えるときも
この「負け犬がヒーローに」の
ストーリーを伝えるのは
とても効果があります。
 
 
 
 
不遇の時代を過ごしていた患者さんが
先生の施術によって幸せをつかんだ。
 
 
 
 
もし、そんな患者さんがいるなら
あらゆる方法で、他のひとにも
そのストーリーを伝えてあげたほうがいいです。
 
 
 
 

日本とアメリカの筋トレの違い

from飯野恵太
茅場町のコワーキングスペースより
 
 
 
 
最近、友人と飲みに行ったのですが
「お前のメルマガ筋肉の話ばっかだな!」
と言われちゃいました。
 
 
 
 
ぼくとしては
そんなに書いてるつもりは
ないのですが
客観的な意見は
大事ですね。
 
 
 
 
たしかに、思い返すと
筋トレの話をメルマガに書くと
1〜2名の購読解除が
出てる気がします(笑)
 
 
 
 
ということで
リクエストに答えて
今日も筋トレをからめた
話をしていきたいと思います。
(猪突猛進)
 
 
 
 
最近、ボディビルダーの人の
本やインタビューをチェックして
ボディメイクのヒントを探しているんです。
 
 
 
 
妻には全く理解してもらえず
半分変態扱いをされていますが。
 
 
 
 
そこで、アメリカの大会でも
優勝したことのある
ある日本人ボディビルダーの方が
語っていることで、すごく
感銘を受ける言葉があったんです。
 
 
 
 
日本人とアメリカ人の
ワークアウトに対する考え方について
語られています。
 
 
 
 
日本人には筋トレをしても
そこまで太い人が多くなくて
途中で挫折してしまう人も
たくさんいます。
 
 
 
 
一方、アメリカ人は
筋トレしてる人は
たいがいゴリラみたいな
マッチョ体型で
みんなすぐに筋トレにハマって
やめる人ってほとんど
いないんだそうです。
 
 
 
 
これは、体質の違いよりも
考え方の違いが大きく
関係しているらしいんです。
 
 
 
 
日本人はいい意味でも
悪い意味でも真面目な
人が多いので
トレーニングをスタートして
それによって効果が実感できなくても
「石の上にも三年」のマインドで
そのまま続ける人が多いらしいんです。
 
 
 
 
だから、全然効果が出てなくても
続けていればいつかは効果が出るんだ!と
思って、同じトレーニングをずっと
続けるらしいんです。
 
 
 
 
一方、アメリカ人は
トレーニングを初めて
数週間経っても効果が出ないと
すぐにその状態に腹を立てるらしいんです。
 
 
 
 
「Why??Why??
なんでこんなにやってるのに
身体、変わんねーんだよ!
どうして?どうして?」
と。
 
 
 
 
頑張ってるのに効果が出ないのが
ムカつくので、すぐにその状態を
解決しようとするらしいんです。
 
 
 
 
何がいけないの?
どうやったら効果が出るの?
 
 
 
 
貪欲に人に聞くし
正しい方法を調べるし
何が間違ってるか考えるんです
 
 
 
 
ある意味短気なので
成果の出てない状態が
我慢できずに解決しようと
するんですね。
 
 
 
 
だから、すぐに自分の間違いを
見つけて、正しい方法に修正して
ガッツリワークアウトするので
すぐに身体が大きくなるらしいんです。
 
 
 
 
おもしろい違いですよね。
 
 
 
 
この考え方は
まるまる仕事にも
応用できますよね。
 
 
 
 
パフォーマンスがあがっていないなら
その行為を盲目的に続けるのではなく
疑問を持つことが大事ですよね。
 
 
 
 
そして、何が間違ってるのか考える。
貪欲に人に聞く。
その状態をいち早く解決するために
あらゆる努力をすることが大事なんです。
 
 
 
 
本当の努力というのは
何も考えずに継続することではなく
努力の方向性を正すことなのかも
しれないですね。
 
 
 
 

16時に徘徊する本当の理由

from飯野恵太
横浜の自宅より
 
 
 
 
東洋経済の記事で
こんな考えさせられるものがありました。
 
 
 
 
ある男性の母親は
認知症で、毎日16時になると
決まって徘徊を始めてしまうんです。
 
 
 
 
行方不明になり
警察のお世話になることもあり
その男性は介護のために
離職をするべきか真剣に
考えていたらしいのです。
 
 
 
 
それほどまでに
深刻な問題だったので
16時になると決まって
出ていこうとする母親を
強く叱っていたらしいのです。
 
 
 
 
それでも、彼女はやめようとしないので
わめいたり、彼に暴力をふるうことも
あったのです。
 
 
 
 
どうにも改善しなかったので
悩んだ末にベテランの介護職の方に
相談したらしいのです。
 
 
 
 
その介護職の方は
「16時」ということに
何かヒントがあるんじゃないかと
それを探るために
彼の伯父(母親の兄)に
連絡を取ったんです。
 
 
 
 
もしかすると、16時というのは
彼が、幼かった頃に幼稚園の
バスに乗って帰ってくる時間じゃないか?
ということになりました。
 
 
 
 
なので、その母親に
「今日は、幼稚園のお泊まり会だから
◯◯くん(男性)は帰ってきませんよ。」
と伝えると、「そうだったかい」と
言って、母親は家に戻っていくというのです。
 
 
 
 
認知症の母親は
彼女の鮮明な記憶の中では
毎日、16時に息子のことを
迎えにいくことが
とても大事なことだったんです。
 
 
 
 
息子に寂しい思いをさせないために
どんなことにも優先して
バスの迎えに行かなければいけない。
 
 
 
 
だからこそ、それを止めようとするものは
どんな理由であれ、彼女にとっては
悪だったんです。
 
 
 
 
その悪は、暴力をふるってでも
退けなければいけない存在だったんです。
 
 
 
 
それから、母親に
毎日、「今日はお泊まり会だよ」と
伝えることで、徘徊の行動は
ぴたっととまったんです。
 
 
 
 
それ理由を知って以来
彼は16時になると
母親の深い愛を感じるように
なったんです。
 
 
 
 
それまでは、生活が地獄とまで
感じてしまうほどの
母親の行動に対する
解釈が一変したんです。
 
 
 
 
相手の考え
徘徊の本当の理由を
知ることで
パラダイムシフトが
起こったんですよね。
 
 
 
 
7つの習慣にもありますが
それまで忌むべき存在だと
考えていた相手であっても
その相手の目線で
ものごとを考えると
世界が変わることって
ありますよね。
 
 
 
 
よく衝突する相手
喧嘩ばかりになっちゃう人
どうしても気に入らない相手
 
 
 
 
たとえそうだとしても
相手にも相手の正義があるんですよね。
 
 
 
 
さきほどの男性がそうであったように
相手の欠点(母親の徘徊行為)を
指摘して矯正しようとするよりも
まず、相手を理解してあげるということが
とても大切なことかもしれませんね。
 
 
 
 
大事なことは
相手を理解してから
自分を理解してもらう。
ということですね