飯野治療院集客事務所

株式会社タッチコード

スコアを計測しない野球?!

%e3%82%b9%e3%82%b3%e3%82%a2%e3%82%92%e8%a8%88%e6%b8%ac%e3%81%97%e3%81%aa%e3%81%84%e9%87%8e%e7%90%83%ef%bc%9f%ef%bc%81

from 飯野恵太
大宮のスタバより

アメリカの中学生の野球の試合に対して、こんな動きがあるらしいです。

「スコアをつけるのをやめよう!
スコアをつけたら勝敗が出る。
負けた方は精神的なショックを受けるから
子供には、それは可哀想だ!」
というのです。
日本でいう「ゆとり」的な考え方ですね。
得点も打率も出すのはやめようというのです。

スコアをつけて勝敗があるからこそ、相手に勝とうと努力をする。
自分の打率がわかるからこそ、それを改善する努力をする。
だから、みんなさらに強くなるし、成長していくのです。

おそらく、先生も、「野球の試合に点数をつけない」という考えには反対だと思います。
馬鹿げてますもんね。

にも関わらず、自分の院の経営ではこの「点数」をつけていない人がめちゃくちゃ多いのです。

新規の集客をどの媒体で何人しているのか?
年間来院頻度が何回なのか?
平均顧客単価がいくらなのか?
LTV(顧客生涯価値)がいくらなのか?
新規の集客のコストがいくらなのか?
こう言った「数字」を一切計測してないのです。
この数字を把握してないのに、新規を増やさないと、
リピート率をあげないとー。と言っているのです。

「数値」として計測していなければ、改善のしようがありません。

続きを読む

価値は伝えないと!

%e4%be%a1%e5%80%a4%e3%81%af%e4%bc%9d%e3%81%88%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%a8%ef%bc%81
from飯野恵太
大宮オフィスより
今日、あるクライアントの集客ツールを開発するために
リサーチインタビューをしていました。
「電気治療」に関して詳細を伺っていました。

僕はこの業界でお手伝いするようになって、
先生の技術のすごさや、その価値の高さをまじまじ感じるのですが、
正直、学生のころは、「電気治療」ってなんの意味があるんだよ!!って思ってました。

アメフトをしていて、ひざを痛めた時に、近くの接骨院でよく電気をあてられていたのですが、
そこに行くと、とりあえず電気を取り付けられてビリビリするんです。
とくに何の説明もなく。

僕は、この電気の治療が何の役に立ってるのかわからなかったので、
すぐに通院するのをやめてしまいました。

しかし、今日のクライアントへのインタビューで、
「電気治療」の意味や、価値の高さを色々と伺うことができました。

でも、今日のインタビューがなかったら、この価値は当分わからなかっただろうな〜と思いました。
これは、先生の施術を受けている患者さんも一緒です。

続きを読む

定期発信をしていたら

%e5%ae%9a%e6%9c%9f%e7%99%ba%e4%bf%a1%e3%82%92%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%84%e3%81%9f%e3%82%89
from 飯野恵太
狭山市駅のカフェより

最近とっても嬉しいことがあったのです。
僕が睡眠についての悩みや、風邪を引いたというメルマガを書いていたら、それを読んでいてくれた先生が、僕のことを心配してくれて、メールでアドバイスをくれたのです!

正直、めちゃくちゃ嬉しかったです。

しかも、その後、直接面会をしてくれて、具体的なアドバイスまでいただけました。僕の長年の胃腸の悪さの原因まで特定していただくことができたのです。

さらにさらに!嬉しかったのが、その先生が手帳を見せてくれたのですが、僕のメルマガの要点を毎日メモしてくれていたんです!正直変わった人だなあーと思いました(笑)けど、僕としては本当に感激する出来事でした!

続きを読む

強力なフェンスを作る

%e5%bc%b7%e5%8a%9b%e3%81%aa%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%92%e4%bd%9c%e3%82%8b

from 飯野恵太
大宮のコワーキングスペースより
先日、ダン・ケネディの本を読んでいたら、非常に役に立つ情報が書いてありました。
ケネディは、フェンスをつくれ!強力なフェンスを作るんだ!

とずっと主張していました。
「フェンスを作る」というのは、「顧客の維持に力をいれよ!」ということなんですが、ビジネスをしていると「顧客獲得」には夢中になりますが、たいていのビジネスオーナーは「顧客維持」をおろそかにしてしまいがちです。
その点をケネディも危惧していて、彼は 続きを読む

「カーズ」

%e3%80%8c%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%99%e3%80%8d

from 飯野恵太
与野本町の自宅より

昨日は配信できずすいませんでしたm(__)m
まだ、体調が本調子に戻らず、昨日は大事をとって仕事を休みました。
そして、風邪で伏している間に「カーズ」をみました。
ピクサーの「カーズ」なんですが、もう、「さすがはピクサー!!」という内容でした。

感動して最後にはぽろっと涙がでてしまいました。

おもしろいだけでなく、すごく学びの多い内容でもあったので、自分に子供ができたら絶対に観せたい作品だなーと思いました。
あらすじはというと、

才能豊かなレーサーであり主人公のライトニング。彼は、実力もあって、レースのテクニックもすさまじいんだけど、自分勝手な性格なため、仲間をもとうとせず、自分さえよければ結果が出せると思っています。
続きを読む

感動したCM

感動したCMfrom 飯野恵太
コロッケを食べ終えた自宅より

日曜日にテレビを観ていると、おもしろい番組がやっていました。
世界中の優秀なCMにランキングをつけて紹介するというものです。

おもしろいCMがたくさんあったのですが、その中でも、特に印象に残ったものがありました。その内容はこんなものでした。
クリスマスパーティに親戚一同が、おじいちゃんの家に集まるというシーンでした。そこに、高校生くらいの少年がいるのですが、その少年はずーっと携帯電話をいじっているのです。

携帯電話を肌身離さず、
親戚との会話にも交わらず、
おじいちゃんとのハグの最中にも携帯を操作。

思春期の学生にありそうな光景です。家族と一緒にいるよりも携帯でSNS。せっかくの家族との時間なのに、もったいないなー、、と。

しかし、最後にどんでん返しがありました。

続きを読む

ウーマンラッシュアワー

ウーマンラッシュアワーfrom 飯野恵太
大宮のコワーキングオフィスより

お正月のテレビ番組で、ウーマンラッシュアワーの村本がギャグを放って、会場の笑いをとっていました。

ギャグの内容は忘れてしまったんですが、笑いをとったあとに、こんなことを言っていました。
「安心してください。いつもライブでウケたやつをテレビにもってきてるんで!」

と、、、

その言い方が、ライブを小馬鹿にするような言い方で、それもまた笑いをとっていたんですが、僕は彼は賢いな−と思いました。

これも、マーケティングにおいてもとても重要な考え方だったからです。

続きを読む