飯野治療院集客事務所

株式会社タッチコード

通販会社の驚異的連絡頻度

from飯野恵太
横浜オフィスより
 
 
 
 
少し前に、ネット通販の
メーカーのサプリメントを
買ったのですが
フォローアップが半端ないですね。
 
 
 
 
もともと
ダイレクトレスポンス
マーケティングは
通販会社の手法から
来ていると言われるように
彼らのマーケティングに
かけるエネルギーたるや
すさまじいんです。
 
 
 
 
まず、購入したら
商品だけでなく

・サプリメントの説明書
・効果を紹介するプリント
・続けることの価値を解いた漫画

こんなものが色々入っているんです。

そして、1週間くらい
経ったら、また
DMが送られてきて
「続けていますか?」的な
リマインドの小冊子が
送られてくるんですね。
 
 
 
 
まだ、買ったばかりですが
これからも、フォローアップが
定期的に来ると思います。
 
 
 
 
もちろん、メルマガは毎日発行されています。
 
 
 
 
通販会社の商品を買うと
こういう、マーケティングの工夫を
全身で浴びることができるので
すごく参考になります。
 
 
 
 
そして、共通して素晴らしいというのは
顧客への「連絡頻度」が尋常じゃない
ということです。
 
 
 
 
毎日メルマガ &
月に2〜3回郵便物
 
 
 
 
顧客を囲い込むために
これだけの投資をしても
やる価値があるからこそ
彼らはサボらずに徹底して
やっているんだと思います。
 
 
 
 
特に、食品とかサプリメントとか
購入頻度の高いものほど
たくさん顧客への連絡を取る必要が
あると言われています。
 
 
 
 
商品の購入頻度に比例して
連絡頻度も高めたほうがいいんですね。
 
 
 
 
車とか、家に比べたら
サプリメントはたくさん
連絡を取っておかないと
すぐに他社に奪われて
顧客を囲い込めなくなってしまうのです。
 
 
 
 
そう考えると
治療院の ”購入頻度” って
すごく高いですよね。
 
 
 
 
毎週、毎月
定期的に利用することの
多いものです。
 
 
 
 
すぐ近くに競合店舗もたくさんありますし。
 
 
 
 
その購入頻度に対して
治療院のオーナーの
連絡頻度は少ない人が
めちゃくちゃ多いですよね。
 
 
 
 
たいていの人は
年賀状を年に1回送る程度。
 
 
 
 
かなり頑張ってる人でも
誕生日にハガキを送ったり
毎月ニュースレターを送るくらい
 
 
 
 
LINE、メルマガで
ほぼ毎日連絡を取っている人は
おそらく、全体の1%にも
満たないと思います。
 
 
 
 
だからこそチャンスでもあります。
 
 
 
 
やるべきことを、みんなが
やっていない。
 
だからこそ、あなたが実施すれば
大きく差をつけることができるはずです。

 
 
 
購入頻度に比例した
連絡頻度。
 
 
 
 
ぜひとも、試してみてください。

ときメモで惨敗した理由

from飯野恵太
横浜オフィスより
 
 
 
 
先生は、ときメモって
やったことありますか?
 
 
 
 
 
そう、ときめきメモリアルです。
 
 
 
 
 
学園生活を3年間過ごして
勉強、運動などの能力値を高めて
卒業の日に、意中の女の子に
告白するという
恋愛シミュレーションゲームです。
 
 
 
 
 
最初、PCエンジンから発売されて
爆発的な人気を博したゲームです。
 
 
 
 
 
これを、大学生のときに
一度、友達とプレイしたことが
あったのですが
見事に女の子にふられて
バッドエンドを迎えたことを
覚えています。
 
 
 
 
 
当時、そのゲームの設定で
すごく憤ったことがあったんですが
このときメモでは、
意中の女の子とだけ
仲良くしていても
その女の子の高感度は上がらないんですよ。
 
 
 
 
 
B子、C子、D子ちゃんの
誘いを全部断って、A子ちゃん
一筋で学園生活をしていくと
当然、B子、C子、D子ちゃんの
高感度は下がっていくんですが
なぜか、A子ちゃんの高感度も
激減していくんです。
 
 
 
 
 
なんだ、この設定は!!
クソゲーめ!
と、当時思った記憶があるんですが
最近になって思うのが
ある意味、「社会的証明」を
忠実に反映させている設定なんだな
ってことです。
 
 
 
 
 
A子と、どんなにデートを重ねても
その裏で、クラスとかで
B子、C子、D子ちゃんが
主人公の悪口を言っていたら
A子的にも、そっちに流されてしまうんですね。
 
 
 
 
誰かれ構わず仲良くデートしてる
方が、現実的にはヤバそうですが
ゲームの中では、そっちの方が
高感度あがるんですね。
 
 
 
 
まわりからの評判が良いから
自分もそう思う。
 
 
 
 
多くの人は、周りの意見に
流されて生きています。
 
 
 
 
自分で物事を判断して
行動できる人って
5%しかいないって言われているんです。
 
 
 
 
だから、ときメモのように
まわりからの「評判が良い」って
事実が、当人の下す評価にも
影響してくるんですね。
 
 
 
 
最初は、ときメモがクソゲーだと
おもっていたのですが
この、社会的証明の威力を
伝えるために、こんな設定を
入れているんだなと
最近になってようやく
悟りが開けました。
 
 
 
 
女の子にとって、告白の可否を
左右するくらい影響力があるのが
周りの評価なんです。
 
 
 
 
だから、先生も「評判がいい」という
ことを、積極的に患者さんに
伝えてあげる必要があります。
 
 
 
 
ただ、評判がいいことを
自分でそれを伝えても
胡散臭いだけですよね。
 
 
 
 
だから、患者さんの声を
見せてあげるのです。
これでもか!というくらい
並べてあげるんです。
 
 
 
 
チラシでも
ホームページでも
院内の壁でも
ニュースレターでも
 
 
 
 
顧客の声は
すべてのメディアで使える
最強の広告ツールなんです。
 
 
 
 
あなたの評判がいいことを
患者さんの声を通して
伝えてあげましょう。
 

いまの時間の使い方で将来がわかる

from飯野恵太
横浜の自宅より
 
 
 
 
 
今の、あなたの時間と
お金の使い方を見れば
将来のあなたの姿がわかる。
 
 
 
 
 
ダン・ケネディも言っていて
最近参加したアチーブメントという
コンサルティング会社のセミナーでも
言っていた言葉です。
 
 
 
 
 
最近、よく聞く言葉であり
本当にその通りだと思ったので
すごく刺さったメッセージです。
 
 
 
 
 
春に種まきを怠れば
秋に収穫ができるわけがないですよね。
 
 
 
 
 
いま、運動もしないで
好き放題に食べて飲んでしてたら
半年後に、痩せるわけないですよね。
 
 
 
 
 
患者さんを集めるという活動に
時間もお金も投資しないで
半年後に、患者さんが増えている
わけがないんです。
 
 
 
 
 
でも、それをしていないのに
「なぜか」患者さんが増えないんです。
と、悩んでいる人がたくさんいます。
 
 
 
 
 
それは、そう。
種まきに時間を使わずに
勝手に売り上げも患者数も
増えるわけがないんです。
 
 
 
 
 
毎日、10枚でもいいから
ポスティングをする。
 
1日1人でもいいから
紹介の依頼をする。
 
1日1件でもいいから
近くのお店に
クーポン券を置いてもらう。
 
 
 
 
 
そんな活動を、欠かさずに
地道に続ける人の元には
必ず富が引き寄せられます。
 
 
 
 
 
その逆に、何も
種をまく努力をしていなければ
尻すぼみになるだけです。
 
 
 
 
 
何もしないで、売り上げが増えるなんて
ことは100%ありません。
 
 
 
 
 
今の、あなたの時間の使い方が
半年後、1年後のあなたの
姿を決めるのです。

インスタ映え、集客映え

from飯野恵太
横浜オフィスより
 
 
 
 
日曜日、ワイドナショーを
観ていたら、インスタ映えする
料理ランキングが
紹介されていました。
 
 
 
 
うなぎバター寿司
うににく
ラクレットチーズかけ
 
 
 
 
美味しそうで、目を引く
食べ物が色々紹介されて
いたんですが
 
 
 
 
このランキングを
紹介していた
フォーリンデブの
はっしーという方が
こんなことを言っていたんです。
 
 
 
 
卵黄を写しておけば
間違いない、と。 
 
 
 
インスタ他、SNSで
いいね!を集めたいなら
卵の黄身、卵黄を写しておけば
普通の2割増しくらいで
いいね!が集まるのだそう。
 
 
 
 
卵黄には、そんな人を引きつける
いいね!を押したくなるような
魔力、魅力があるんでしょうね。
 
 
 
 
確かに、食べ物に
卵黄が乗っかっていたら
それだけで、食欲を
掻き立てますよね。
 
 
 
 
インスタの「卵黄」的な
存在が、治療院のホームページにも
あるのです。
 
 
 
 
これを載せておけば
間違いないってものがあるんです。
 
 
 
 

それは、「顔」と「数字」です。
 
 
 
 
webサイトを作って
ヘッダー画像(ページの頭にくる画像)
をどんなデザインにしようか
迷ったら、先生の顔と
具体的な数字を掲載しておくことで
反応率が向上します。
 
 
 
 
人は、人間の顔をみると
どうしても、注意が向くようで
顔写真がない場合に比べて
注意をひける確率があがるんです。
 
 
 
 

具体的な数字も、同様に
人の注意をひくパワーを持っています。
 
 
 
 

患者さんからしても
自分の身体を預ける人を
探しているので
先生の顔などがトップで
登場していると
安心感が持てるのかも
しれませんね。
 
 
 
 
インスタ映えじゃないですが
集客映えするページを作るには
ヘッダーの画像には
特に気をつけた方がいいですね。
 
 
 
 

大事なのは、特に顔と数字です。
ぜひ、活用してください。

 

こどもちゃれんじってすごい!

from飯野恵太
横浜の自宅より

こどもチャレンジってすごいです。

うちの息子は
1歳半になるんですが
こどもチャレンジから
送られてくるDVDが
大好きです。

その動画を流していると
ずっと観てます。

キャラクターとしては
アンパンマンも好きなんですが
アニメを見せても5分と経たずに
飽きちゃうんです。

でも、こどもチャンレジの
動画は飽きずに観てますねー。

月齢ごとに、DVDが
送られてくるんですが
見事にはまってますもんね。

おそらく、月齢ごとの
赤ちゃんをモニタリングして
相当研究して作られてるんだろうな〜
と思います。

なんとなく
「こんなん作れば
面白いっしょ?!」って
作り手の、一方的な決めつけで
作られてるのではなく
動画ごとに、赤ちゃんがどこが
飽きたか?とか
どこにたくさん反応してるか?
とか、そんなことを何度も調べて
できあがってるんだろうなと
思います。

それをひしひし感じるくらい
息子は、楽しそうに
動画を観ているんですよね。

大人からすると
1歳児が喜ぶアニメも
2歳児が喜ぶアニメも
区別できないですよね。

子供向けのアニメなら
なんでも楽しんでくれると
思っちゃいますけど
実際には、全然そんなことないですよね。

大人には、わからないからこそ
「本人」に聞いているんだろうなと
思います。

ターゲットとしている
赤ちゃんの反応を直接観て
制作、改善しているんだと思います。

だからこそ、いいものができてるんですよね。

広告でも商品でも
何かを生み出すときには
相手に聞くってことは
すごく単純なようで
とっても大切なことですよね。

こうやって作られるものは
やっぱり相手の反応が全然違います。

だから、先生も
「相手に聞く」ということを
絶対、習慣にした方がいいです。

面倒くさいかもしれませんが
その面倒臭さの100倍以上価値を
もたらしてくれる行動ですよね。

広告も商品も自分で考えないで
相手に聞く。

赤ちゃんの心も
お客さんの心も
自分で考えるより
本人に聞く方が
確実ですよね。

それちゃんと言ったほうがいいんじゃないですか?

from飯野恵太
横浜の自宅より

それちゃんと言ったほうが
いいんじゃないですか?

濃いシチューのCMで
西島秀俊さんが
メーカーの担当者と思しき人に
向かって言っているセリフです。

濃いシチューは
北海道産の生クリームを
100%贅沢に使ってるらしく
その事実を、ちゃんと
伝えたほうがいいと
西嶋さんが言っているんですね。

「ちゃんと言ったほうがいい」
というのは、この
濃いシチューだけでなく
あらゆるビジネスで通ずること
なんですよね。

とてもすごいことをしているのに
わざわざ伝えるようなことじゃないかな?
と勝手に思って、伝えずに終わってしまうこと。

アメリカでは、
業界では当たり前のことを
「ちゃんと伝える」ことで、
一気に業界でのシェアを伸ばした
ビールメーカーもあるのです。

アメリカのビールメーカーだったら
どこのメーカーでもやっている
ある製法があったらしいのですが
その方法は、どのメーカーもやってるので
どこもあえて、その事実を伝えようと
しなかったんですね。

でも、ある一社の企業が
その事実にスポットライトを当てて
CMをしたら、業界の5位くらいから
2位くらいにまで、
一気に売り上げ高が
アップしたという話があります。

その業界では当たり前のことであったり
自分では伝えるようなことじゃないかな、
と思っていることでも
消費者からすると、すごく
魅力的に映る事実って
たくさんあります。

先生が提供しているサービス、
施術の特徴なども、
本当はすごいことなのに
そのすごさをちゃんと伝えられていない
ことって、絶対あると思うです。

西島秀俊さんに
ちゃんと言ったほうがいいんじゃないですか?
と言われる前に、
患者さんに伝えておきたいですね。

実はDMの流通量って増えてる

from飯野恵太
横浜オフィスより

LINE
Facebook
ツイッター
インスタ

インターネット広告が
多様化する中で、
実はアメリカでは
オフラインの
ダイレクトメールの
利用量が増えているのを
知っていますか?

いまの時代
インターネットが話題に
なることが多くて
その存在を軽視される
傾向にありますが、
それでも、ダイレクトメールは
効果があるからこそ、
アメリカで見直されているんですね。

実際、ダイレクトメールは
インターネットには
できないことができます。

直接手に取ってもらうことができるんですね。
触覚に訴えることができるんです。

オフラインでしかできない
この効果は、絶大です。

実際、オフライン、ダイレクトメールとは
無縁そうな、グーグルですら、
ダイレクトメールは力を入れていて
過去に、全日本DM大賞っていう
ダイレクトメールの賞を取っちゃうほどなんです。

グーグルがDMって想像つかないですよね。

でも、彼らは実は、すごく力をいれているんです。

なぜなら、反応が取れるから。

オフラインに、比べて
印刷や郵送の費用がかかる
ダイレクトメールは、避けられがちです。

僕も何か商品を案内するとき、
DMを作らずに、メールだけで
案内をすることがありますが、
過去やってきた経験上、
DMを送らないと100%の確率で
反応が下がります。

やっぱり、DM、オフラインでの
コミュニケーションってとても
大事なんですよね。

先生にも、インターネットが
注目されがちな
いまの世の中だからこそ、
オフライン、ダイレクトメールでの
接触の大切さを、実感してもらいたいと思います。

コストもかかりますし、
面倒な作業も加わりますが、
それらの、費用、労力の
10倍以上の価値をあなたに
もたらしてくれるはずです。

誕生日にハガキを送ったり
しばらく来院のない方に、お便りを出したり
定期的にニュースレターを送ったり

まず、先生ができそうなところから、
オフラインでのコミュニケーション
実施してみてください。