飯野治療院集客事務所

株式会社タッチコード

断定してはいけない。

Beautiful young lady thinking with question marks overhead

 
from飯野恵太
みなとみらいのスタバより
食中毒にかかりました。
先週の木曜日、めちゃくちゃ暑かった日に
路上で売っているお弁当を食べたんです。

その時は、何も問題なかったのですが、
その日の夜にとてつもない腹痛に襲われました。

トイレにかじりついた状態。
眠くて仕方ないのに、お腹がいたい。

痛みがおさまって、ベッドに戻るとまた腹痛。
なかなかの地獄を味わいました。

結局翌日になっても、痛みは治らず。
金曜日は何一つ仕事ができませんでした。

先生も、炎天下で売られるお弁当には気をつけてください。

こういうアクシデントがあると、
「健康」のありがたみを痛感しますね。

健康だから、いまある時間を自由に使うことができますが、
ひとたび、それを失うと、自由な時間も奪われますし、
行動も制限されます。
さて、今日は断定はするな!というお話をしたいと思います。
先生も、治療院を経営するうえで、
色んな課題に直面することがあると思います。
仕事に限らず、プライベートでももちろん悩みや
問題はあると思います。
そういうときに、いまの状況を断定してはいけないのです。

集客ができない。
リピートが続かない。
ダイエットしても痩せない。



などなど。
上で書いたように、いまの状況を
「断定」してしまうと、人間の脳みそというのは、
とたんに考えることをやめてしまうのです。
「給料が少ない」と嘆くサラリーマンが、
一緒給料が低いままなのは、その状況を断定してるからなんです。
そうではなく。

どうしたら、給料が増えるだろうか?
どうしたら、集客が増えるだろうか?
どうしたら、リピート率があがるだろうか?
どうしたら、もっと痩せるだろうか?

どうやったら解決するか?という疑問を投げかけるようにするのです。

質問をすることで、人の脳みそは「思考」するようになります。
「思考」を続ければ、何か効果的な解決策を思いつく可能性があります。

考えるクセをつけることは、とても大切です。

しかし「考える」ことは、最大の重労働と言われているので、
みんな、この活動を無視します。
その結果、現状から抜け出すことができなくなるのです。
もし、先生にお子さんがいるなら、ぜひこのことを教えてあげてください。

課題に直面したら、断定してはいけないのです。
疑問をなげかけてください。

「オファー」は安売りではない

00

 
from飯野恵太
関内のスタバより
子供が生まれてから、妻は実家に帰っているため
いまは、全ての食事を外食しています。

オフィスの近くに松屋があるのですが、
そこで、衝撃的な出会いをしたんです。

それは、「豚バラ肉と長ネギの生姜焼定食」
今年4月から、始まったメニューらしいのですが、
食べた瞬間、「!!!!」となりました。

感動すら覚える美味さ。

それから、週に3回くらいは、
松屋に足を運んます。

ぜひ、先生も松屋に行く機会があったら
ご賞味ください。
このメニューにすごいはまってる僕なんですが、
松屋の50周年キャンペーンがなければ、
そもそも生涯で口にすることすらなかったと思います。
今年で松屋が50周年を迎えたということで、
「豚バラ肉と長ネギの生姜焼定食」が
630円→500円になるというキャンペーンをしていたんです。

ワンコインでランチがすむなら、お得だなと思って、
何の気なしに頼んだのですが、それからこの有様です。
最近は、減ってはきましたが、
クライアントとチラシやDMのオファー決める際の
相談で、「安売り」はしたくないから割引はしない。
という人がいます。

その人の話を聞くと、

・安売りすると、利益が減る
・安売りすると、品質が低いと思われる

だいたいは、この2つの理由で、
「安売り」したくないと言うんです。
しかし、この松屋のキャンペーンや、
先生がフロントエンド(集客用の商品)を売るときの
手頃な価格設定は、ただの「安売り」でしょうか?

利益が減ったり、品質が低いと印象づけてしまうでしょうか?

そんなことはありませんよね。
価格を割り引く、納得のいく「理由」があれば、
品質を疑われることはありません。

それに、低価格で試してもらってから、
その後、継続してもらう販売戦略があるなら
初回で割り引いても、その後で利益が出ることは
全然ありえます。

ですので、先生も戦略的な「オファー」と
ただの安売りを混同しないでください。
購入してくれる人の反応率と、
その後のリピート率を計測して
テストしていき、先生にとって
最高の「オファー」を見つけてください。
あと、豚バラ肉と長ネギの生姜焼定食は
ぜひ食べてみてください。

だから、「1」はダメなんだってば!

 

83c6ecc237c9382edc148dd3f4ca85c5_s
from飯野恵太
馬車道のオフィスより
「バーバリー」が好きな人って多いと思います。
イギリスのブランドで、そのトレンチコートは
年代問わず大人気ですよね。

それでは、「三陽商会」はご存じですか?
このバーバリーと日本でのライセンス契約を結んでいた
アパレルの大手です。

バーバリーと三陽商会とのライセンスが、
昨年6月に切れてしまったのですが、
この影響で、三陽商会は、かなり苦しい経営状況を
強いられているようです。

赤字が55億円に膨らむ見通しで、
従業員の2割近くにあたる250人の
早期退職を募集するようなのです。
これまで1000億を超えていた売上も、
2015年はそれを割ってしまいました。
三陽商会は45年もの間、バーバリーとともに
経営をしてきたので、その売上のなんと半分以上が
「バーバリー」ブランドが構成していたんですね。
ほぼ、バーバリーの会社と言っても、過言ではなかったのです。

三陽商会の最大の過ちはこれです。
バーバリー1つに、頼っていたこと。

契約が切られる可能性は十分あったのに、
他のブランドの育成が不十分だったんですね。
ダン・ケネディもよく言っていますが、
「1」は最悪の数字なのです。

本当に最悪なのです。
どんなことも「1」しかなかったら、
それが失われた瞬間、終わります。
いまの三陽商会のような苦境に立たされてしまうのです。

治療院の経営でも、もちろん「1」は最悪の数字です。

集客手段を1つしか持っていなかったら、
それが禁止された瞬間に、手立てがなくなります。

1人の事務スタッフに、全ての作業を任せていたら、
その人がやめた瞬間に、火の車です。

極端な話、先生が1人だけで経営していたら、
先生が倒れた瞬間に、潰れてしまいます。
先生の院に「1」はありませんか?
それは、とてつもなく危険な数字ということを
理解しておいてください。

努力の方向性を考える

AsiasGotTalent-500x353
from 飯野恵太
若葉台の高倉町コーヒーより

また、情熱大陸を見ました。
お昼の休憩時間に情熱大陸を観るのが
最近のマイブームです。
頭もリラックスできて、頑張ってる人の姿に触れられるので
エネルギーをもらえて、一石二鳥ですね!

パフォーマーの蛯名健一という人の話でした。
もしかしたら、先生も知ってるかもしれませんね。

この人は、「アメリカズ・ゴット・タレント」という
公開オーディションの番組で、見事優勝した人です。

続きを読む

許可を得るより、許してもらう方が簡単

b4-5

from 飯野恵太
馬車道のオフィスより

バンクシーという芸術家をご存じですか?
イギリスのロンドン中心に活動するアーティストです。

しかし、アーティストと言っても、彼が主に描くのは
ストリートアートなんです。
いわゆる「落書き」です。

彼は、許可を得ることなく、街中の壁にゲリラ的に絵を描きます。
あとは、有名な美術館に、勝手に自分の作品を展示したりもします。

彼のことを芸術テロリストと呼ぶ人もいます。

勝手に、壁に絵を描くもんだから、当然のように
清掃のときに消されることもあるのですが、
実は、彼の作品には、2500万円近くの値がつくこともあるんです。

消した市の行政は、めっちゃ後悔してそうですね。

そのバンクシーが、最近、イギリスのある学校の壁に
自分の作品を残したのです。
なんでも、その学校のひとつの建物に
バンクシーにちなんだ名前をつけたことに対して、
「自分を認めてくれて、ありがとう」という感謝の気持ちを込めて
プレゼントしたらしいのです。

その時も、無許可で学校の壁に絵を描いていたので、
最初は、学校の管理人も消そうと思ったらしいのですが(笑)
バンクシーからのメッセージが見つかったことで、無事保存されることになりました。
そして、そのバンクシーから子どもたちへのメッセージが
とても印象的だったのです。

続きを読む

CRAZY WEDDINGの人

mainvis_01

from 飯野恵太
馬車道のオフィスより

昨日、久しぶりに情熱大陸を観たのですが、
そこには、山川咲さんという方が出演していました。

この人は、「CRAZY WEDDING」という、
ウェディングブランドを立ち上げて、そこの代表をしている人なんですが、
ちょうど、妻と結婚式の話をしていたときで、
この「CRAZY WEDDING」も話題にあがっていたので、
すごく興味をもって見ていました。
ほとんどが、パッケージ化されて、代わり映えのない結婚式が多いですが、
この会社では、廃工場だったり、キャンプ場だったりと、
誰も観たことのない結婚式を企画して実現しているんです。
そのバイタリティーや、プランナーとしてのひたむきさもすごかったのですが、
何よりもびっくりしたのが、「ウェディングの仕事辞める!」と言って、
本当に辞めちゃってたことです(笑)

びっくりしました。

その「CRAZY WEDDING」は、スタッフは70人くらいいて、
業績もすごくいいのに、その人辞めちゃったのです。

そして、オーストラリアに旅に出て、
次にやりたいことを探してくる!というのです。
「なんで、そんなことするの?」
という番組スタッフの当然の疑問に対して、
その山川さんは、こう答えていました。

続きを読む

「本当に怖いのは、理由もなく怖がること」

7e356bd2-s
from 飯野恵太
馬車道のオフィスより

前の記事で映画「ズートピア」を観たというお話をいたしました。
今日は、またそのズートピアについてのお話を書きたいと思います。

このズートピアの主人公のジュディが、
とてもいい言葉を言うのです。

田舎の町から、ズートピアという世界の中心地に出発しようとするときに、
ジュディのお父さんは、とても心配します。
「大丈夫か?本当に大丈夫か?!ズートピアは怖くないか?」と。
そんなお父さんに対して、ジュディは、
「本当に怖いのは、理由もなく怖がること」
と、言っていたのです。
まーこの言葉にしびれましたね。
映画冒頭からガッチリ心を掴まれました。
「理由もなく怖がる」
これって確かに、本当に怖いことですよね。

理由もなく怖がるっていうのは、
やってもいないのに怖がるってことと同じだと思います。
何か新しい挑戦をするときに、
人は、理由もなく怖がりますよね。
僕もそうですが。
でも、その恐怖心によって、行動が制限されてしまうことが
本当に怖いですね。

行動して失敗することなんかよりも、遥かに恐ろしいですよね。
僕がコンサルしているクライアントによく提案することの1つとして、
「休眠している患者さんにハガキを出す」
というものがあります。

しかも、同じ人に3回出してくれっていうのですが、
これをお願いすると、ほぼ100%の人が、
「そんなのクレームが来るからやりたくない」
と返ってきます。

まだ、やったことのないことに対して
「恐怖」があるのです。
クレームが来るというのは、
その人の中のただの妄想で、
実際にはそんなことはありません。
あるかもしれませんが、可能性としてはほぼ0に等しいです。
それでも、やったことないことに対して、ほとんどの人は
「理由もなく怖がってしまう」のです。
この恐怖心こそが、怖いんだということ。
あなたが、得られるはずの成果を妨げているということを
ぜひ、頭の片隅においておいて欲しいと思います。
とにかく「ズートピア」はオススメです。
とても、おもしろいですし、学びも得られる映画なんですよ!