自制心の筋肉を鍛えるfrom 飯野恵太
馬車道のスタバより

釈迦に説法、甚だしいとは思うのですが、
運動するって、とてもいいことですよね。

最近、週末には、みなとみらいの
景色を眺めながら、
ジョギングをしています。

雪も降るような気温ですし、
海からの風がビュービュー吹くので、
ハッキリ言って、クソ寒いんですけど。

ですけど、週末のジョギングをすると
すごく爽快な気持ちになりますし、
休み明けからの、仕事のハリも変わってくるんです。

実は、運動をするって、健康以外にも
いろんな恩恵が得られるって知っていましたか?

実は、自制心というのは、
筋肉に似ているんですね。

鍛えなければ衰えるし、
鍛えれば強化することもできるんです。

心理学者のマーク・ミュラベンが
こんな実験をしました。

被験者に、毎日2回、ハンドグリップを
限界まで握るというエクササイズを課したんですね。
それを2週間続けてもらいました。

2週間の鍛錬が終わって、被験者にコンピュータを使った
集中力を使う、課題を行わせたところ、
ハンドグリップの課題をしていないグループに比べて
集中力の値が、大幅に改善していたんです。

つらい課題に耐えたことで、
わずかな期間で、自制心が強化されたのです。

身体に与える苦痛は、
物理的な筋肉だけでなく、
自制心の筋肉も強化することができるんですね。

体育会系の部活の出身者が
「根性がある」とされるのも、
あながち間違いではないんですね。

トレーニングをした被験者たちの
その後の、生活も改善されました。

・煙草の本数が減った
・ジャンクフードに手を出さなくなった
・怒りをコントロールできるようになった
・衝動買いがなくなった
・勉強の習慣が身についた

などです。

だから、僕が、クソ寒い、冬の朝、しかも海際を
ジョギングをするのも、無駄なことではないんですね。

嫌だな、、、という気持ちを乗り越えて
走りに出かけることで、健康的にも
精神的にも成長することができているんです。

やっぱり運動っていいですよね。
釈迦に説法ですがね。