飯野治療院集客事務所

株式会社タッチコード

ネクタイのしわ

%e3%83%8d%e3%82%af%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%81%ae%e3%81%97%e3%82%8f

from 飯野恵太
与野本町の駅前のカフェより

「ネクタイしわくちゃね!」

行きつけのクリーニング屋さんにいったら、そこのおばちゃんにいわれました。
僕はネクタイをクリーニングするという考えを持っていなくて、「ネクタイのしわ」にも問題意識を持っていませんでした。その言葉をかけられて、人生ではじめてハッとさせられました。
その一言をきっかけに、ぼくは、いま持っている全てのネクタイをおばちゃんに預けることを宣言して、お店をあとにしました。
今回の「ネクタイのしわ」のように、相手の問題に気付かせてあげるというのは、非常に大切な考え方です。
先生ならば、患者さんの身体の不調の本当の原因を教えてあげる。
患者さんに自覚がない、体調の異変を指摘してあげる。

これがとても大切です。
実際僕は、ネクタイをクリーニングしたいなんて、一度も思ったことなかったのですが、しわを指摘されて、そこに問題があると気づくことで、急激に、直したい!という欲求が高まりました。

それも、おばちゃんは、クリーニングを売り込みたいという感情からではなく、純粋に、僕が恥ずかしい思いをしないようにという気持ちからきた言葉でした。

でも、売り込みに感じかな?という罪悪感を持っていたらおばちゃんは僕に指摘をしてくれなかったかもしれません。多くの人がものを売ることに罪悪感を持っているので、問題に気付いているのに指摘しないことがとても多いです。

でも、僕はネクタイのしわを指摘されて、その問題に気づけて、「よかったー」を心から思いました。それに、その問題を解決するために喜んでお金を払いたいと思いました。
先生は、患者さんよりも、患者さん自身のからだのことをよくわかっていると思います。
患者さんの「ネクタイのしわ」にきづいたら、遠慮なく指摘してあげてください。

きっとそれを治したい!という欲求が患者さんに生まれますし、それは患者さんにとっても先生にとっても価値あることなのです。

習慣化、重要。。。

%e7%bf%92%e6%85%a3%e5%8c%96%e3%80%81%e9%87%8d%e8%a6%81%e3%80%82%e3%80%82%e3%80%82

 

from 飯野恵太
病み上がりの自宅より

土曜日はついに、完全に風邪でダウンしていまい日曜配信分のメルマガを書くことが出来ませんでした。。。楽しみにしてくださっている(奇特な)先生がいたら申し訳ありません(笑)

土曜日丸一日寝ていて、いまは大分体調が回復したので、こうしてPCに向かってライティングをしております。
そして、いままさに、ライティングをしていて気付いたことがあったのですが、恐ろしく書く作業が進まないのです(笑)いつもだったらとっくに、書き終わっている時間が経過しているのに、まだ200字くらいしか書けていません。

病み上がりで、頭がすっきりしていないというのも原因かもしれませんが、これは、まさに「起動コスト」の負荷が僕にかかっているんだと思います。

続きを読む

プリキュアバナナ?!

2c8a1f56f10d87c216c5bd3522c5f5d5_s

from 飯野恵太
与野本町の自宅より
風邪が悪化してしまって、お腹をくだし、クライアントとの打ち合わせの最中に30分もトイレに篭もるという失態を犯してしまいました、、、、

先生には、「逆に印象に残ったよ(笑)」とやさしく声をかけて頂きましたが、ただただ反省です。

季節の変わり目ですので、先生も気をつけてください(>_<)

風邪なので夕飯には果物をたくさん食べようとして、近くのスーパーにいくと。こんな、バナナが。
どこからどう見ても、同じバナナです。

産地も、数量も。

でも、プリキュアが包装紙に印刷されているだけで、この値段の差。25%も高いです。

僕は迷わず、 続きを読む

「キャプチャー」の重要性

9a92351d9c1caebc992517a7116afd20_s

from 飯野恵太
風呂あがりの自宅デスクより

思いついたアイディアを「キャプチャー」しておくというのは、とても大事なことです。

かっこよく「キャプチャー」とかいう横文字を使いましたが、要はメモを忘れずに取るということです。
先生も、施術中や、患者さんとの会話中、本を読んでいる時とか、全く関係なくご飯を食べているときなど、思わぬ時にいいアイディアが思い浮かぶときってあると思います。
施術の工夫の仕方だったり、集客の新しい作戦、店内の装飾の改善案などなど、、、
でも、たいていの場合、いいアイディアを思いついても、忘れてしまうことがほとんどですよね?
続きを読む

成功が先?幸福が先?

成功が先?幸福が先?from 飯野恵太
大宮のコワーキングオフィスより

去年、友人とご飯を食べていて、面白い話題になった。

成功が先か?幸福が先か?という話。

僕は最近まで、成功したらその先に、幸福が待っていると思っていました。
成功したら、お金や名誉、自由な時間が手に入って、そしたら幸福が手に入るんだと。

しかし、友人に紹介してもらった、あるTEDをみて大きく考え方がかわりました。
ショーン・エイカー「幸福と成功の意外な関係」

そのプレゼンではこういうことが述べられていました。

続きを読む

行動は妄想に勝る

行動は妄想に勝る1

from 飯野恵太
与野本町の自宅より

どんないいアイディアも、実践されなければ意味がありません。こんな有名な言葉があります。

実践されないどんな素晴らしいアイディアよりも、実践されるそこそこのアイディアのほうが、100倍の価値がある。
世界を変えるような画期的なアイディアであっても、それが実行に移さなければなんの価値もないのです。

逆に、ありふれた普通のアイディアだとしても、実行されれば価値が生まれます。

どんな時でも、「行動は妄想に勝る」のです。

もし先生が良いアイディアを思いついたり、本から素晴らしい情報を手に入れても、それが頭のなかで留まったままであれば、宝の持ち腐れになってしまうのです。
かくいう僕も、こんな経験があります。

続きを読む

スーパースターの泥臭い努力

スーパースターの泥臭い努力

from 飯野恵太
与野本町の自宅より

 

(今日はアメフトのマニアックな内容なので興味のない先生は飛ばして読んでください、、、)
遅ればせながら、スーパーボウルを観戦しました。
スーパーボウルとはアメリカンフットボールの頂上決戦で、
全米では1億人以上が観戦するといういわれる世界最大のスポーツの試合です。

スーパーボウルの夜は買い物ができなくなると言われるくらい、お店も全部閉めて、みんなが観戦するんです。ファンのチームとか関係なく、全国民が応援するんですね。
僕はこれをみるのが楽しみで仕方ありませんでした。

シアトル・シーホークス VS ニューイングランド・ペイトリオッツ
内容も近年稀に見る大接戦で、試合の最後には興奮した選手が相手選手を殴って退場処分になるくらい白熱した試合になりました。

そして、白熱の試合はペイトリオッツの勝利で決着したのです。
ちょっとここで紹介したいのが、見事スーパーボウルを制したペイトリオッツのQB、トム・ブレイディについてです。

かれは、史上最高のQBと言われていて、今回の試合で最も多くスーパーボウルでタッチダウンパスを通したQBになりました。殿堂入りのジョー・モンタナの記録11本を2本も更新して13本の偉業!
「最高のQBは誰か?」ときかれたら、全米が「ブレイディだ」っていうくらい、もう、半端無くすごいQBなんです。
対戦相手のQBのラッセル・ウィルソンも、
「学生時代からの自分の憧れの存在、ブレイディ。彼と戦えることが、光栄でたまらない」インタビューで告白するくらいすごい選手なんですね。
もう、アメフト選手にとってのアイドル的存在なんです。
こんな生きる伝説となっているブレイディも、実はプロになった当初は日の目を浴びない選手でした。

NFLのドラフトでも、
6順目199位で指名されるという、全く期待されない状態での入団。

おどろきですよね。「歴史上最高の選手」と言われているのに、同年代相手に199位ですから。

プロになってからもコーチからの評価は、「のろまで使えない」というとんでもなく劣悪な評価をくだされていました。(忘れて置いていったコーチングノートに書いてあったのをみつけちゃったみたいなんですが、相当ショックですよね。)
そんな状況でも、ブレイディは、 続きを読む