これは実際にあったお話しです。

2017年の5月、竹内先生は東京都のA市で整体院を開業しました。期待と希望に胸を膨らませて開業をしました。オープン当初こそ、チラシでの集客はできたものの、すぐに反応は出なくなりました。他の地域では、反応が取れるチラシでも、その地域は、チラシ集客に力を入れている競合が多く、オープン時は、物珍しさもあって、チラシでそこそこの反応が取れていたのですが、二ヶ月、三ヶ月とすると、チラシからの反応はぱったりとなくなってしまったんです。

そこから、ありとあらゆる手段で、チラシ集客を試してみました。

「腰痛専門」の内容から「膝の痛み」に訴求を変えたり、ヘルニアや坐骨神経痛に特化したチラシにしたり、初回オファー(割引内容)を無料に変えたり、ポスティングから新聞折込に変えたり、フリーペーパーに折り込んでみたり、年齢を限定してみたり、チラシの内容をガラッと変えたり、新聞折込にしたり、ポスティングにしたり、、、

そのどの方法も満足のいく成果を出すことはできず、この地域ではもはや集客することができないのではないか?開業したことを激しく後悔するような時もありました。その後、半年経っても集客はうまくいきませんでした。開業5ヶ月後には、女の子も生まれたというのに。いまだに集客はできず、貯金を切り崩すことでしか、生活ができないほどの売上しか上がっていなかったのです。

何をやっても集客ができないことへのイラ立ち、毎月、確実に減っていく貯金への不安、家族を養わなければいけないプレッシャーで、色んなことをぐるぐる考えてしまい、音楽を聞きながらではないと眠ることができなくなってしまいました。

治療の確かな腕を持っているのに、開業前に思い描いていた生活とは正反対の生活。それでも、どうにか生き残るためにチラシをポスティングし続けていたのです。家族もいる。このままズルズル続けるより、整体院に見切りをつけて、病院勤めに戻ったほうがいいんじゃないか。そんなことを本気で考えていたときのことでした。。

運命を変えるはがきサイズのチラシ

竹内先生が集客に困っているということを聞きつけた友達の先生が、ある噂を教えてくれました。それは、チラシをはがきサイズに変更することで、反応率を3倍以上に増やしたという先生がいるという話でした。チラシといったら、A4とかB5で配るのが常識だし、はがきサイズでチラシを配るというのは、突拍子もないアイディアに感じました。

A3の大きいサイズで配ったほうが目立って反応が出るという話は、どこかのセミナーで聞いたことはあったのですが、はがきサイズのチラシというのは、それこそ考えたこともないようなアイディアでした。

普通だったら、そんな誰もやってないような非常識なアイディアを試すなんてすることはなかったのですが、もはや集客の状態はボロボロで、このまま何もしなければ、確実に廃業しなければいけない、まさにがけっぷちの状態だったので、騙されたと思ってハガキサイズのチラシを作って、ポスティングしてみたのです。

まさかの大勝利!

その後1ヶ月間で、竹内先生は想像もしなかったような成果を手に入れたのです。いままで、A4のチラシでは全く反応が取れていなかったのに、ハガキサイズにしてポスティングするだけで、たった3,000部配っただけで10名以上の集客ができるようになったのです。反応率にして0.33%。良いチラシの基準とされている0.1%の3倍以上にもなる反応率だったのです。もともと腕がいい先生だったので、集客さえできれば、あとは自然に売上が増えていきました。

「成果を手に入れた」では表現が生ぬるいかもしれません。まさに、人生が変わったからです。ハガキチラシの効果は一過性のものではなく、それからも安定して継続的に新規の患者さんを、竹内先生の院に連れてきてくれました。十分な売上が得られたので、お金の心配をすることもなくなりましたし、廃業する必要もなくなりました。病院勤務時代の倍以上の収入を手に入れられるようになったのです。生まれたばかりの女の子とも、毎日笑顔で接することができるようになったのです。

 

なぜ、はがきサイズは反応が倍になるのか?つの理由

 

理由1、はがきサイズには重要な書類が多いから

想像してみてください。自分のポストにA4やB5のチラシが入ってることを。

目に入った瞬間。チラシと認識しますよね?そして、チラシだと思った瞬間、中身を見ずに捨てることがほとんどのはずです。実際、ポストの周りに、ご丁寧にチラシを捨てるためにゴミ箱が用意されているマンションまでありますよね。

しかし、これが厚紙に印刷されたはがきサイズのチラシになると話が変わってきます。ポストカードに印刷された紙が、ポストに入っていたら、中身を見ずにそのまま捨てることってなかなかできません。自分宛ての大事な手紙である可能性があるからです。公共料金の支払明細や、市からの案内状や、場合によっては税金の督促状など(笑)※僕は、学生起業して苦労していたときに、督促状をよくいただいていました。

いずれにせよ、ハガキサイズの書類というのは、大事なものであると認識をされているので、中身を一切見ずに捨てられてしまうということがほとんどありません。

 

理由2、誰もやっていないから

広告において重要な点は、「目立つ」ということです。みんながやってることを、同じようにやっても埋もれてしまうのです。デザインのキレイなおしゃれなチラシが反応が出ないというのは、広告にある程度詳しい人なら知っている人は多いと思います。これは、どの業者もキレイでおしゃれなチラシばかり作るので、見込み客は、キレイなデザイン=売り込みの広告と認識をしてしまっているからです。なので、文字ばかりのダサいチラシの方が、情報も的確に伝えられるし、反応も取りやすいと言われています。

そして、サイズに関してもそうです。どの業者もチラシと言ったら「A4・B5」でやるのが「常識」と思い込んでいます。実際に、週末になったらポストを覗いてみるといいでしょう。ほとんどのチラシがA4かB5で入っているはずです。ポストカードで投函されているという時点で「目立つ」ことができるのです。

もちろん、この手法が流行して、ポストカードが「常識」になったら、また話は変わってきます。

少なくとも、ポストカードでの広告が「非常識」である今は、絶好のチャンスなのです。

 

理由3、圧倒的に見てもらえる確率が高いから

広告には3つの壁があると言われています。

「見ない」

「信じない」

「行動しない」

この3つの壁の中で、最も大きな障壁となるのが「見ない」という壁です。

多くのチラシが反応が取れないのは、大多数の人にそもそも見てもらえないからなんです。中身をどんなに工夫してもそもそも見てもらうことができなければ意味がありません。

しかし、理由1と理由2の結果、見ないで捨てられる割合を大きく削り、見てもらえる確率を大きく増やすことができます。この効果によって、一番大きな障壁となる見込み客の「見ない」という壁を超えることができるので、情報量は少なくてもA4チラシに比べて遥かに高い反応率を出すことができるのです。

 

はがきサイズで送ることのつのメリット

反応率が上がるということ以外でもハガキを送ることのメリットはたくさんあります。

代表的なものをいくつかご紹介します。

 

 

1、配りやすい

A4よりもはがきサイズの方が配りやすいんです。説明するまでもないですよね(笑)

ペラペラしないし、サイズが小さいから、スッと投函できる。やってみるとわかりますが、2倍以上の速度でポスティングできるんです。配布効率が圧倒的に良くなります。

 

 

2、コスト的なメリット

正直に言うと、「見てもらう」という点で言えば、ハガキサイズにするよりも、もっと反応を増やす方法はあります。

例)チラシを封筒に入れて投函する、パンフレットに厚紙をホッチキスで止める、うちわ型などの特殊印刷をする、ポストではなく、玄関口で直接渡す

しかし、これらのどの方法も、時間や労力、コストが桁違いにかかってしまいます。もちろん、一度試してみる価値は十分にあるのですが、継続的な施策としてはなかなか取り入れづらいですよね。その点、はがきサイズ印刷の場合は、A4サイズのポスティングよりも、むしろコストを抑えることができるのです。ポストカードの印刷は、厚紙にも関わらず、A4の印刷よりも約5%ほど安く印刷することができます。さらに業者にもよるのですが、ポスティングを頼んだ場合に、A4よりも軽量という理由で、安くしてくれるところが多いです。少なくともA4よりポスティング費用が高くなるということは絶対にありません。

 

 

3、作るのが簡単

これは、欠点が長所になるいい例です。ポストカードでチラシを作ろうとすると、A4サイズの約1/4の情報しか載せることができません。しかし、そのおかげで、作るのも簡単なのです。チラシを1枚両面で作るのってなかなか大変ですよね。人によっては一ヶ月以上もかかることがあります。はがきサイズなら、サイズが限られているので、載せる情報も少なくてすみます。つまり作成にかかる時間も1/4程度になるのです。広告で大事なのは、すばやく効果検証すること。すぐに作れてすぐにテストできるというのは、あなたにとって大きなアドバンテージになるのです。

 

 

4、チラシからの紹介が生まれやすい

チラシを受け取った患者さんが、職場や友達の集まりにチラシを持っていって、勝手に紹介してくれている。

チラシをまいてる人なら、こんな経験は何度かあると思います。ハガキサイズで厚紙だと、くしゃくしゃにならず、持ち運びしやすいので、チラシからの紹介も発生しやすいという、利点があります。小さなことですが、積み重なると無視することの出来ない大きなメリットになります。

 

 

5、テスト→改善のスピードが圧倒的に早くなる

すばやく配れて、コストも抑えられて、すぐに作ることができる。その結果、チラシの検証を速やかに行うことができるのです。経営において、最も大事なのはスピードです。食費、電気光熱費、家賃、家族を養うためのお金。僕らは生きてるだけでお金がかかるんです。のろのろと時間をかけている間に、どんどんお金は失われていきます。反応率があがるのはもちろんのこと、チラシをハガキサイズに切り替えることで、経営において一番大事なスピードを手に入れることができるのです。

はがきサイズチラシの注意点!

これだけ、効果のあるはがきサイズチラシですが、1つだけ注意点があります。それは、「新聞折込」では効果が出ないということです。何度もお伝えしたように、はがきサイズチラシの最大のメリットは、自分宛ての書類と思ってもらうことで、「見てもらえる」確率をあげることができるというものです。しかし、これを新聞折込してしまうと、その効果を発揮することができません。

新聞に折り込まれていたら、ハガキかな?と思って手に取ることはありませんよね。はがきサイズチラシを新聞に折り込んでしまうと、ただの情報量の少ないチラシになってしまいます。実際に、僕のクライアントで間違って新聞折込で配布してしまい、失敗したという例があります。あなたも、この点については、気をつけてください。

ここまで読んでくれた先生には2つの道があります。

1つは、ここで紹介した方法をもとにご自身でハガキサイズのチラシを作るという道です。

顧客の悩みをリサーチして、適切な悩みに訴求することができれば、必ず効果的なチラシを作ることができるでしょう。もちろん最初から全てのことがうまくいくわけではないので、何度も試行錯誤をする必要がありますが、繰り返すうちに、必ず効果の出るチラシを作れるようになることを保証します。

もうひとつは、もっと簡単で、成果の出やすい方法です。

それは、実際に効果の出たハガキチラシを元にして、先生の院オリジナルのはがきサイズチラシを制作する「タッチコードのポストカードチラシ制作サービス」を利用するという方法です。この方法は、時間も金銭的なリスクもありません。

なぜなら、全ての制作作業を弊社がおこなうので、先生は時間のかかるリサーチの作業や、デザイン修正、レイアウト調整、印刷作業、ポスティング業社との打ち合わせの作業を一切行う必要がないからです。そこにかかる時間をもっとも重要で大切な時間にあててもらうことができます。(金銭的なリスクがない点も後述します)

 

はがきサイズチラシ制作サービスの流れ

 

 

 

あなたが行う作業は、60分ほどのインタビューへの対応と、数枚の写真を用意していただくこと、あとはできあがった原稿の確認だけです。

気になる代行費用はいくらでしょうか?

その前に、理解して欲しいことがあります。それは、商品を購入するときに、「金額」だけをみて、高い、安いを判断するのは非常に危険だということです。本当に重要なのは、費用対効果です。100万円払って、1000万円になって帰ってくるなら、とても安い買い物ですし、価格が1万円でも、1,000円にしかならないなら、それは高い買い物です。

このハガキサイズチラシは、最新のマーケティングを学び続けて、数多くのクライアントを通じて、絶え間なくテストと改善を繰り返して出来上がったツールです。できあがるまでにかかった期間や費用は、数ヶ月、数万円で収まるものではありません。そして、そのチラシを先生は、今から、ほんのわずかな投資をするだけで、すぐに使ってもらうことができるのです。通常、10万円の制作費用ですが、今回お申し込みいただく先生に限り、59,800円(税別)でお試しいただくことができます。

※印刷料金、ポスティング料金は別途ご負担いただきます。

しかも、この制作サービスには、他社では絶対にありえない特別なサービスがついています。

編集可能な原稿元データのご提供+編集方法の指導

チラシ等のデザイン制作のサービスで、編集可能な元データを提供して、しかも、その編集方法までサポートしているところは聞いたことがありません。次の依頼がこなくなっちゃいますし、拡散されるリスクがあるからです。

でも、僕らはそんな小さなことを気にしていません。何よりも、先生にとっての武器を手に入れてほしいからです。そのデータを元にどんどん自分のチラシを生み出して、さらに成果を出してほしいと考えています。だから、編集可能な元データを提供しますし、そのデータの編集方法についてもサポートします。このサービスをきっかけに、自らもすばやくチラシを作成し、どんどん集客してさらなる成果を手に入れてください。

さらに、こんな特典も用意しています。

チラシ制作に必要なノウハウをすべて収録した「チラシ作成システム」

このシステムを使っていただくとどんなメリットがあるかというと、、、

 あなたや、スタッフが簡単にチラシを作れるようになる。

 しかも、ハガキサイズのチラシなので、1時間で作れちゃう!

 チラシを作るのがはじめての先生でも、1から作り方を習得することができる。

 ハガキサイズだけでなく、A4サイズのチラシのテンプレートも収録。

 チラシのパターンの幅が広がる。

 集客戦略の幅がぐっと広がる。

 一年中飽きさせずに集客することができる。

はっきりいってチラシの制作をしたうえで、これだけのプログラムが無償でついているのは、ありえないご提案です。それも、やはり、あなたに継続的に成果を出してほしいと考えているからです。

チラシでの集客を単発で終えてしまう方がとても多いです。というのも、それをデザイン会社に依頼するとコストは安くないですし、自分で作るには膨大な時間がかかってしまいます。このプログラムを利用いただくことで、継続的に集客し続けられる仕組みを手に入れてほしいと考えています。

特典の「チラシ作成システム」のプログラムの内容は、、、

簡単に編集ができるはがきサイズチラシのテンプレート

チラシ作成システムでは、ハガキサイズチラシのテンプレートをダウンロードしていただけます。このテンプレートを使えば、必要な箇所を編集するだけで、簡単にあなたの店舗のチラシを完成させることができます。このテンプレートを使うことで、あなたは、デザイン会社やチラシの制作会社に頼まなくても、自分で、反応の出るチラシを量産することができるようになるのです。

 

A4チラシのテンプレートを3種類

ハガキサイズのチラシだけではなく、A4チラシのテンプレートも搭載しています。というのも、ポスティングにははがきサイズのチラシはとても有効ですが、新聞折込になると、やはりA4サイズのチラシはまだまだ効果があるからです。もともとA4サイズのチラシを手がけてきたので、豊富な3種類のテンプレートが搭載されています。

 

集客効果を最大化するチラシの構図の解説

テンプレートを提供するだけではなく、チラシの構図についても解説しています。それぞれのパーツがどんな役割を果たしているのか、どのような順番で提示するのが効果的なのか。そういったチラシの構図を詳しく解説しているので、反応の出るチラシの作り方を理解することができます。テンプレートを使ったチラシの作成以外にも、オリジナルの広告の作成にも応用していただくことができます。

 

 

脱どんぶり勘定!広告を投資に変える適正顧客獲得コストの考え方

チラシ集客に限らず、広告を打つ前に、あなたが必ず理解しておかなければいけない数字があります。それが、「適正な顧客獲得コスト」です。ひとりの患者さんを来院させるのに、広告費はいくらまでならかけられるかを知る必要があります。この数値を把握しておかないと、広告費をなんとなく、どんぶり勘定で管理してしまうのです。無駄な広告を何ヶ月も続けたり、価値ある広告を途中でやめてしまったり、あなたの想像する以上の機会損失をもたらしてしまうのです。そのような機会損失を防ぎ、広告費を価値ある投資に変えるための、適正な顧客コストの考え方や、その簡単な算出方法についてわかりやすく説明しています。

 

集客と利益化を加速させる治療院でのビジネスモデルの作り方

実は、チラシでの集客には、チラシそのものよりも、重要なものがあります。それが、「戦略」と「ビジネスモデル」です。どんなに反応の取れるチラシを作ったとしても、戦略やビジネスモデルを考えていなければ、短期的な成果しか手に入れることはできません。安定して収益を増やしていくためには、ビジネスモデルの設計が不可欠なのです。チラシ作成システムでは、治療院における正しいビジネスモデルの作り方、そして、そこにいかにチラシでの集客を組み込んで成果をあげていくか、その方法について紹介しています。あなたは、短期的な成果だけではなく、長期に安定して、利益を生み出すことができるようにります。

 

効果実証済み!反応率を2倍にするヘッドラインサンプル集

チラシの成果を大きく左右するのは、間違いなくヘッドライン、つまり「見出し」です。ヘッドラインの出来次第で、チラシの反応は、2倍も3倍も変わります。チラシの中身をどんなに魅力的なものに仕上げたとしても、ヘッドラインで注意をひくことができなければ、見てもらうことすらできないからです。チラシ作成システムでは、最も重要なチラシのヘッドラインのサンプル集をダウンロードしていただくことができます。どれも、実際に使用して、反応率の高かった、効果実証済みのものです。あなたも、このサンプル集を使うことで、反応の取れるヘッドラインを簡単に手に入れることができるのです。

 

最も安く印刷を手配する方法

印刷業者の選択を間違えてしまったり、近所の印刷屋さんに任せきりにしてしまうと、印刷コストが2倍、3倍も高くなってしまうことがあります。チラシでの広告コストを最小限にするため、最もコストを抑えて、なおかつ高品質な印刷業者を紹介します。初めての方でも簡単に、依頼や入稿ができるように、印刷の手配方法を詳しく紹介しています。

チラシ制作システムさえあれば、効果的なチラシを完成させられるだけではなく、印刷から配布の手配まで、全ての工程で失敗することなく、チラシ広告を試すことができるのです。

 

さらにこのプログラムには3大ボーナスがついてきます

以上がプログラムの概要ですが、期限内に申し込んでくれた方限定で、さらにボーナスがついてきます。

ボーナス1:「暑中見舞い型チラシ」「文字のみチラシ」のテンプレートをプレゼント

この手紙で何度も伝えているように、広告で一番大事なことは「見てもらう」ことです。はがきサイズであることの特性を活かした、「暑中見舞い型」そして、よりハガキっぽく仕上げている「文字のみチラシ」のテンプレートです。これらのチラシを活用することで、より集客の窓口を広げることができるようになるはずです。複数のパターンのチラシを活用して、継続的に集客を向上させてください。

 

ボーナス2:新患さんを常連患者に変えるリピート「三種の神器」の解説動画

どんなに集客のできるチラシを作れたとしても、その後にリピートしてもらうことができなければ、大きな利益を手に入れることはできません。穴の空いたバケツで一生懸命 水を汲んでも、疲れるだけで水はたまりません。リピート率を向上させる三種の神器「3ステップラブレター」「ウェルカムシーケンス」「感動の手紙」を使えば、コストや労力をかけなくても、短期間で簡単に新規患者さんのその後のリピート率を向上させることができるのです。三種の神器の実践方法、作り方、ポイントなどをまとめた解説動画をボーナスとしてプレゼントいたします。

 

ボーナス3:経営を安定させるために必須LTV(顧客生涯価値)測定シート

どんぶり勘定を卒業し、経営を安定させるためには、「新規患者1人の価値」を知る必要があります。驚くことに、治療院オーナーのほとんどは、新規患者を1人獲得することの価値を全くわかっていません。これを知らずに経営をするということは、目隠しをしながら車を運転するようなものなのです。その価値がわかれば、新規患者を1人獲得するために、許容できる投資額がはっきりします。無駄な広告を削り、価値ある広告に戦略的に投資することができるようになるのです。チラシ作成システムのボーナスとして、「新規患者1人の価値」を常に把握するためのLTV(顧客生涯価値)測定シートをプレゼントします。このシートに必要事項を入力してもらえれば、経営をするために、必要な情報を全て見える化することができるようになるのです。

いかがでしょうか?

はがきサイズチラシの制作

編集可能な元データの提供+編集方法のサポート

チラシ作成システム

これだけのサービス、サポートがついてわずか59,800円(税別)です。

はっきり言って、一度集客に成功すれば、すぐに元を取ることのできる金額です。そして、その後は安定した集客の仕組みを手に入れて、利益が増え続けるだけです。

 

さらに、、、60日間の完全返金保証付き

正直に言うと、このハガキサイズチラシの効果は、とても強力なものですが、とはいえ、100%成果が出るというものではありません。これまで、東京、大阪、神奈川、埼玉、千葉、長野、静岡、京都の8都道府県で21名のクライアントにハガキサイズチラシを試していただきましたが、そのうちの17名は顕著な成果(A4チラシの2倍以上の反応)を出していましたが、残りの3名は微増、そして、1名に関しては反応変化せずという結果でした。

9割以上の方で、大きな成果を出しているのですが、成果につながらなかったクライアントもいました。さらにお伝えすると、成果が出なかったその1件というのは大阪でした。。。

ともあれ、100%成果が出ることをお約束は出来ないので、そのかわりに、返金保証をお付けしました。あなたがはがきサイズチラシを試すリスクを取り払いました。

チラシをまいたが集客できなかった。反応が取れたけど、期待したほどじゃなかった。すごく反応良かったけど、飯野のことが気に入らなかった。いかなる理由でも、チラシ配布後から60日間以内であれば、無条件で全額を返金しますので、「info@t-chord.co.jp」まで連絡をください。ご指定の口座に返金いたします。つまり、あなたがハガキサイズのチラシを試すリスクを、弊社ですべて負担します。

 

 

 

申し込み期限:2月28日(木)まで

中には、プログラムだけ見て、テンプレートを使って、自分で作りたいという要望もあると思います。チラシ作成システムだけのご購入もご用意しました。

 

次はあなたが、成果を手にする番です…

これまで20名を超える先生が、ハガキサイズチラシを使って、素晴らしい成果を手にしてきました。瞬間的に、売り上げを手に入れただけではなく、ビジネスモデルそのものを作り変えて、継続的に成果を出し続けています。地域でダントツで反応が得られるツールを手に入れることで、ビジネスそのものが生まれ変わったのです。

次はあなたの番です。はがきサイズのチラシの効果を身をもって体験してください。

 

申し込み期限:2月28日(木)まで