飯野治療院集客事務所

株式会社タッチコード

アーロンチェアのすごさを伝えたい

from飯野恵太
二子玉のスタバより
 
 
 
 
私ごとなのですが
仕事用に、イスを買いました。
 
 
 
 
これまで、イケアのやっすい
イスにクッションを敷いて
使っていたのですが
もう尾てい骨が破滅的に痛いんです。
 
 
 
 
一日12時間近く
デスクワークすることもあるので
もう、そりゃ痛いですよね。
 
 
 
 
これはもうだめだと思って
イスを色々見ていたんです。
1〜2万くらいでいいイスないかなー。と
思って見ていたんです。
 
 
 
 
イス選びで失敗もしたくなかったので
色んなサイトを見て、イス選びのポイントや
どんなイスを選ぶべきなのか?みたいな
のを調べていたんです。
 
 
 
 
そうした結果、どうなったかというと
最終的に僕は、アーロンチェアという

15万円のイスを購入していました。
ええ、はい。
 
 
 
 
最初の予算から13万円近く
アップしているんですが
それにはワケがあるんです。
 
 
 
 
イスの重要性を
「教育」されたんです。
 
 
 
 
最初僕は、イケアの木製のイスから
卒業さえできればいいやと思って
イスを選んでいたのですが
色々調べていくうちに
イスがどれだけ重要なアイテムなのかを
認識させられたんですよね。
 
 
 
 
イスにそこまで使う??という
考えの方もいるかと思いますが
デスクワークをする人にとって
イスに座ってる時間って
ダントツでめちゃくちゃ長いわけです。
 
 
 
 
イス=人生と言っても過言でないくらい
イスと一体化してるわけなんです。
 
 
 
 
さっきも言ったように、僕は
一日12時間近くデスクワークすることもあります。
一日の半分、起きてる時間の70%以上を
イスとともに生活しているんですね。
 
 
 
 
これを最初ケチったせいで
僕は、腰痛と尾てい骨の痛みに
悩まされて、仕事への集中も
欠いていたわけです。
 
 
 
 
実際、仕事したいのに
おけつが痛すぎてデスクに
つけないという状態になったこともあります。
(痔、という意味ではない)
 
 
 
 
そんな感じでイスの大切さが
身にしみた僕は、最高級の
イスの購入に踏み切ったわけです。
 
 
 
 
おそらく、僕はこのイスを10年以上は
使うと思うのですが、(10年保証ありますし)
仮に一日10時間使ったとしたら
 
 
 
 
10時間×250日×10年=25,000時間
 
 
 
 
25,000時間は使うわけです。
こんなにも長い間使うものを
1万円程度の安物ですませるのか
15万円の最高級のイスにするのか。
僕が答えを出すのに時間はかかりませんでした。
 
 
 
 
実際に、アーロンチェアが届いて
一日座り続けたのですが
一日中使っても、一切どこも
痛くならず、その素晴らしさを
伝えたくて、わざわざ友達にLINEしたほどでした。
 
 
 
 
お子さんがいる方で
家で勉強してほしいっていう人は
机やイスにこだわってあげることは
すごく大事だなと思いました。
集中力も雲泥の差が出ますし。
 
 
 
 
とまあ、イスの自慢を
させてもらったんですが
「商品価値の教育」って
めちゃくちゃ大事だなって
自分の体験を通して
改めて思いました。
 
 
 
 
なんせ、僕は最初は予算1万円程度だったのに
15倍の商品の購入を決断したのです。
 
 
 
 
それは、イスの価値を理解することが
できたからです。
 
 
 
 
イスに限らず
先生が施術する患者さんであっても
全く同じことが言えますよね。
 
 
 
 
患者さんがリピートしない
回数券を買ってくれない
自費の治療を受けてくれない
 
 
 
 
こんなことで悩む先生の多くが
施術の価値を伝えられてないんです。
「教育」できてません。
 
 
 
 
伝えてるつもりでも
「伝わってない」ことが
ほとんどです。
 
 
 
 
リピートで悩む人は
価値が伝えられているか
患者さんの教育ができているか
これを考えて、改善していくことが
とても大事な活動になります。
 
 
 
 
PS
教育の大切さをスタッフの方に
伝えるさいには、予算を15倍にした
僕のアーロンチェアの
エピソードを使っていただければと思います。
 
 
 
 
 

「売る」ことに注力する某有名ジム

from飯野恵太
川越市駅のカフェより
 
 
 
 
ある有名な女性向けスポーツジムで
インストラクターをされていた方と
お話させてもらったんですが
すごい興味深い話を教えてもらいました。
 
 
 
 
その方は、ちょっと不満混じりに言っていたのですが
インストラクターはたくさん研修をするらしいのですが
ほとんどが、「営業トーク」の研修らしいんですね。
 
 
 
 
新しいサプリメントやプロテインが
発売されたら、それを会員の方に
販売するための営業トークを
みっちり叩き込まれるらしいんです。
 
 
 
 
インストラクターとしてのメソッドは
ほとんど勉強しないらしいんですが
販売のためのトークはしょっちゅう
研修会が開かれるらしいんです。
 
 
 
 
これを聞いて、さすが!!と思いましたね。
やっぱり利用会員を増やし続けて
増収増益をしているところは
販売活動をきちんと
やっているんだなと思いました。
 
 
 
 
もしかしたら、営業や販売の研修に対して
抵抗を感じる方や、インストラクターとしての
研修よりも営業の研修に時間を割いていることに
違和感を覚えた方がいるかもしれませんが
この感覚こそが、悪しき慣習だなと思いました。
 
 
 
 
売ることが「悪」だと思ってしまう感覚。
 
 
 
 
この感覚を持ってしまうと
自分も顧客も幸せにすることが
できません。
 
 
 
 
なぜなら
売ることができなければ
利益をあげることができず
自分を幸せにすることができませんし
価値あるものを顧客に提案することを
避けてしまうので、問題の解決策を
提供することができません。
 
 
 
 
成功、繁栄している事業の
共通点は、「売る」という活動を
大切にし、多くのエネルギーを
注いでいるということです
 
 
 
 
ダン・ケネディが言っている
とても好きな言葉を紹介したいと思います。
 
 
 
 
————————————————————
自分から買わなければ、他の人から買われてしまう
自分が本当に素晴らしいものを提供している
という自信があるのであれば
それを売らないことは
お客さんにとってとても
不誠実なことである。
 
だから、人からどう言われようが
自分は「売る」ということのために全てを尽くす。
————————————————————
 
 
 
 
とても素敵な言葉なので
僕はいつもデスクトップに
付箋アプリで、この言葉を
見えるように貼っています。
 
 
 
 
整骨院を経営する中で
最も大事と言っても過言ではない活動。
それは「売る」ということ。
 
 
 
 
もし、売ることに罪悪感を持っていたり
そんなことしたくない!と思っている方がいたら
考えを改めるべきかもしれません。
 
 
 
 

激クサ体験によってフロスに目覚めた小話

from飯野恵太
横浜オフィスより
 
 
 
 
僕、最近毎日必ずフロスを
しています。
 
 
 
 
先生はフロスしてますか?
糸ようじみたいな奴ですね。
前は月に1〜2回くらいしていたのですが
今は、毎日やるようになったんです。
それにはきっかけがありました。
 
 
 
 
家族で二子玉を歩いていると
歯の検診ができるという
イベントをやっていたので
みんなで受けることにしたんです。
 
 
 
 
奥歯の隙間から
ようじみたいので
粘液?を採取して
それを顕微鏡で
見てもらったんですが、、、
 
 
 
 
むちゃくちゃ気持ち悪い
細長い細菌みたいなのが
うようよいるんです。
 
 
 
 
うわぁ、、、と思いましたね。
ほんのつまようじの先くらいのところで
奥歯をつっついただけなのに
こんなに細菌がいるのかよ。と。
 
 
 
 
自分の口の中にこんなに
細菌がいることに驚きましたし
何より気持ち悪い。
 
 
 
 
そこに写ってる細長くて
うようよしている奴が
歯周病菌らしくて
これが大量に増えると
歯周病になって
めっちゃ臭いニオイを
出すようになるんだとか。
 
 
 
 
極めつけには、その
歯周病のニオイを
人工的に作った香料みたいなのを
かがされたんです。
 
 
 
 
思わず、身体がびくってなるほど
臭いんです。
ぶるるるるわぁ!って
セル(CV若本)ばりの
雄叫びあげました。
 
 
 
 
口の臭いおっさんの
奥歯に詰まった食べかすを
鼻の両穴に詰め込んだごとき激臭。
 
 
 
 
今でも脳裏に焼き付いてます。
 
 
 
 
歯周病菌をほうっておくと
最終的にはこんなニオイに
なってしまうと。と
脅されたんです。
 
 
 
 
どうやったら、歯周病菌を
減らせるんですか?!
 
 
 
 
もうすがるように聞きましたよね。
 
 
 
 
そして、この激臭を避けるためには
毎日フロスをするしかないって
言われたんです。
 
 
 
 
それからは毎日欠かさず
フロスしてますよね。
そこで売られていた、たっけーフロスでね。
 
 
 
 
改めて思いました。
問題を認識させることって
人を動かすのにやっぱり
めちゃくちゃ重要なことなんだなって。
 
 
 
 
目で細菌を見せつけられて
鼻で、う◯こみたいなニオイを
嗅がされたら、やっぱり動いちゃいます。
高いフロスも買っちゃいます。
 
 
 
 
あまりにもありふれていて
古典的なことですが
問題を認識してもらうって
すごく重要です
 
 
 
 
もちろん、整骨院オーナーが
患者さんに施術メニューを提案したり
リピートしてもらうにも
この問題を伝えることは
とっても重要です。
 
 
 
 
アップセルが上手だったり
リピート率の高い人って
やっぱり、これが上手いですよね。
 
 
 
 
ただ、施術を続けましょうと伝えるのか
このままだとヤバイ!と問題を強烈に
認識させるのか。
 
 
 
 
この差は大きいです。
 
 
 
 
それに、問題を認識させることは
患者さんにとってもとても価値のあることです。
 
 
 
 
僕もあの強烈な激クサなニオイを
体験したおかげで、フロスを欠かすことがなくなって
歯を健康に維持できる可能性が
とてもあがりました。
 
 
 
 
問題を認識させること
そして、解決策をしっかり
販売することって
すごく価値のあることですよね。