飯野治療院集客事務所

株式会社タッチコード

命の恩人でも嫌いになるだって?!

from飯野恵太
二子玉川のスタバより
 
 
 
 
ローン・サバイバーという映画を
観ました。
 
 
 
 
アフガニスタンにおける
タリバン指導者暗殺作戦の
実話に基づいて制作された
映画です。
 
 
 
 
アメリカ海軍の最強舞台である
ネイビーシールズの4人の兵士が
アフガニスタンに潜入します。
 
 
 
 
しかし、作戦の途中で
潜伏していることがばれてしまって
200人近くのタリバンの戦闘員に
奇襲をかけられるんですね。
 
 
 
 
生き残った一人の兵士が
現地の村の親子に助けられて
匿われます。
 
 
 
 
その村には
「敵から逃げる者がいたら
助けなさい」という
何世紀も守られ続けた
戒律があるので
アメリカ兵を匿ったんですね。
 
 
 
 
当然、タリバンに楯突いたことになるので
その村はタリバンから襲撃を受けます。
 
 
 
 
そんな中でも、シールズの兵士を
見つけた親子は、まさに命懸けで
彼を守り続けるんですね。
 
 
 
 
素敵な話ですよね。
アメリカ兵にとっては
文字通り命の恩人で
この親子がいなければ
絶対に生き残ることは
できませんでした。
 
 
 
 
あーいい映画だったと
思ったんですが
後日談を見て、少し
ショックを受けました。
 
 
 
 
このローン・サバイバーの
公開に伴って、プロモーションのために
アメリカ兵と助けた村人を
再開させたらしいんですね。
 
 
 
 
兵士からすると命の恩人ですので
二人は、感動の再開を果たしたのですが
映画の内容を知った村人から
クレームが入ったらしいんです。
 
 
 
 
事実と異なることが
たくさんあると。
 
 
 
 
例えば、200人のタリバン戦闘員の
奇襲とありましたが、
実際には10人程度だったこととか。
 
 
 
 
それを知ったマーカス(アメリカ兵)は
そこから命の恩人である村人と
交友関係を完全に絶ち
絶縁状態になったらしいのです。
 
 
 
 
映画で感動した分、すごいショックな
後日談を聞いてしまいました。
 
 
 
 
そして、同時に人間の感情の
優先順位って常識や直感では
理解できないなーと
改めて思いました。
 
 
 
 
普通に考えたら、命の恩人って
最上級に大切な人だと思うんですね。
 
 
 
 
それこそ、その人がいなければ
残りの人生がないわけですから
一生をかけてでも感謝するべき存在だと
思いますよね。
 
 
 
 
でも、そんな命の恩人でも
「名誉」を傷つけられたら
絶縁状態になるほど憎んでしまうんです。
 
 
 
 
驚きですよね。
 
 
 
 
これくらい人の感情って
難解ですし、常識のものさしで
測ることは難しいんですね。
 
 
 
 
だから、僕らが相手の感情を
勝手に予測することなんて
愚の骨頂なんですよね。
 
 
 
 
広告やメッセージを作るときって
相手の感情に寄り添うことが
とても大事ですが
そのときに、「想像」して
メッセージを作るのって
一番やっちゃいけないことなんですよね。
 
 
 
 
だって想像してわかりっこないからです。
当たりっこないからです。
 
 
 
 
どうすればいいかというと
やっぱり日々リサーチする必要があります。
 
 
 
 
相手の感情を知るには
聴くことが一番です。
 
 
 
 
どんなことに悩んでいるのか?
どんな苦痛を感じているのか?
どんな不満があるのか?
どんな未来を手にしたいと思っているのか?
 
 
 
 
こういったことを
患者さんに聞いていけば
他の人から見たら
喉から手が出るほど手に入れたい
貴重なお悩みリストを作ることができますよね。
 
 
 
 

注意と興味

 

from飯野恵太
東京ガーデンテラス紀尾井町のスタバより
 
 
 
 
ネットを見ていたら
「プロテイン飲み放題!」と
書かれた求人広告が目に入ったので
思わずクリックしちゃいました。
 
 
 
 
求人広告で「プロテイン飲み放題」って
見出しすごいですよね。
 
 
 
 
僕みたいな筋トレを趣味にしてる人への
パワーがすごいですよね。
 
 
 
 
この見出しにつられてホイホイ
求人ページにアクセスしたんですが
ちょっと残念だったのが
その先のページにはプロテインの「プ」の字も
筋肉の「筋」の字も書いてなかったんですよね。
 
 
 
 
これだと、せっかくの「プロテイン飲み放題!」という
パワフルなヘッドラインが台無しですよね。
 
 
 
 
僕みたいな筋トレ大好き人間の方で
ランディングページで
がっかりした人はだいぶ多いと思います。
 
 
 
 
意外と、広告でこういうミスをしてしまう
ことって多いですよね。
 
 
 
 
広告において「見てもらう」ってことは
一番むずかしいことであり
一番重要なことになります。
 
 
 
 
だから、どのヘッドラインなら
注意をひくことができるのか
テストすることって大事なんですけど
ヘッドラインと本文の整合性が
取れてないのは致命的です。
 
 
 
 
たとえば、ヘッドラインの中でも
「なぜ〜〜〜なのか?」という
フレーズは、注意をひく力が
すごく強いんですけど
このヘッドラインだけ使って
その「なぜ?」に答えてない
本文で広告を出してしまっている人が
結構多かったりします。
 
 
 
 
そうすると、「プロテイン飲み放題」に
つられてクリックしたのに
「プ」の字の1つもない
ランディングページにがっかりした
僕のように、せっかく注意をひいて
広告をみてもらったのに
本文で脱落しちゃうひとが
出てきますよね。
 
 
 
 
注意をひいた人が
興味をもってもらえるような
内容を用意することって
すごく大事なことです。
 
 
 
 
当たり前のようなことですが
意識してないとできないんですよね。
 
 
 
 

 

 

「高齢者と言わない都市」って何が言いたいの?

 

from飯野恵太
二子玉のスタバより
 
 
 
 
最近、家族で大磯ロングビーチに出かけたのですが
東名高速を走っていると
目につく横断幕がありました。
 
 
 
 
「70歳代を高齢者と言わない都市 やまと」
 
 
 
 
このスローガンというか
キャッチコピーを見た時に
意味がわからなすぎて
頭の中で「?」が飛び交いました。
 
 
 
 
大学の先輩家族も車に
乗っていたのですが
助手席の先輩も
「あれ、どういう意味?」と
僕と同じような感想を持っていました。
 
 
 
 
かなりの人が意味不明なんだろうなと思って
ツイッターで調べてみたんですけど
やっぱりツイッター上でも、意味わからないと
言っている人が結構いました。
 
 
 
 
「70歳代を高齢者と言わない都市」
と言われて、あなたは、どんなことを思いますか?
 
 
 
 
一瞬、社会保障制度の範囲を限定するような
宣言なのかな?と思ったりしました。
 
 
 
 
70歳代の人も大和市では高齢者じゃないから
病院も1割負担になりませんよー、的な。
 
 
 
 
あまりにも意味がわからなかったので
このスローガンの意図をネットで
調べたんですが、本当はポジティブな
意味で使われていたみたいなんです。
 
 
 
 
生涯現役意識を高めて
いつまでも生き生きと
活躍してもらうための宣言です
と。
 
 
 
 
このスローガンを作った
大和市の中では
「高齢者と言わない=生涯現役」
の図式があると成り立っていると思いますが
普通の人にはそんな図式は成り立っていませんよね。
 
 
 
 
自分の考えるように相手が考えるとは
限らないんですよね。
当然のことなんですが
いざ、自分で広告文や
キャッチコピーを作ると
忘れてしまうんですよね。
 
 
 
 
ひねりも効いているし
自分的には大満足!
ってキャッチコピーやヘッドラインも
読み手側にすると、意味不明だったり
曲解しちゃうということもあります。
 
 
 
 
おしゃれさや
カッコよさ、自分の満足度よりも
「相手に伝わるか?」ということが
一番大事ですよね。文章作るときは。
 
 
 
 

「全てだと思うけど、わずかだと思う」

 

from飯野恵太
新宿のルノアールより
 
 
 
 
日本中を沸かせた
サッカーワールドカップは
ベルギーとの惜敗で幕を下ろしましたね。
 
 
 
 
試合直後のインタビューで
西野監督がこんな風に
語っていました。
 
 
 
 
Q:どんなところでベルギーとの差を感じましたか?
 
 
西野監督:
ベルギーとの差は
全てだと思うけど、
わずかだと思う
 
 
 
 
すごく印象的な言葉ですよね。
 
 
 
 
「全てだと思うけど、わずかだと思う」
 
 
 
 
「伝え方が9割」の著者の方が
言っていましたが
こういうのをギャップ言葉と言うらしいです。
 
 
 
 
対称的な言葉を
続けると、すごく
印象に残る言葉になるんですね。
 
 
 
 
谷選手の「最低でも金、最高でも金」とか
新庄選手の「記録よりも記憶に残る」とか
 
 
 
 
人に印象づけたい時
注意を引きたい時
特に伝えたいメッセージがある時
 
 
 
 
このギャップ言葉って
アイディアは活用できそうですよね。
 
 
 
 
今日は短めです。
 
 
 
 

満場一致は危険!

 

from飯野恵太
二子玉のスタバより
 
 
 
 
ホリエモンが面白いことを
言っていました。
 
 
 
 
彼は堀江貴文イノベーション大学校という
オンラインサロンを運営していますが
ここでの物事の決定は、民主主義を
採用していないらしいんですね。
 
 
 
 
なぜかというと、
大多数が賛成する案って
結局保守的で面白みがなくて
革新的なアイディアが出ることが
少ないからなんだそうです。
 
 
 
 
面白い企画でもみんなの意見を聞いてるうちに
カドが取れて、結局新鮮味のない
つまらない案になっていく。
 
 
 
 
だから、反対する人がいようが
行動力のある人がリーダーシップを取り
民主主義ではなく、一人のリーダーの
独断によって進めていく。
 
 
 
 
0から1を作るような
新しいことに挑戦するときって
結局、このやり方のほうが
いい結果に結びつくみたいです。
 
 
 
 
チラシとかDMとかでも
これと同じようなことってよく起こります。
 
 
 
 
新しい広告を作るときに
スタッフや仲の良い患者さんの
意見を取り入れているうちに
反対意見が出てきて
結局、おもしろそうなアイディアも
実現せずに、お蔵入りする。
 
 
 
 
「満場一致」では
面白い意思決定は絶対にできないんですね。
 
 
 
 

 

ライザップ英語の無茶な広告

from飯野恵太
自宅オフィスより
 
 
 
 
Web広告でライザップ英語の
広告を見かけたのですが
ある意味、衝撃を受けました。
 
 
 
 
いつものライザップのブンチブン♪という
音楽とともに、女性がカタコトな
英語を話しているシーンが映し出されます、
その後、同様にお馴染みのチャーチャラッチャ♪の
音楽が流れると、その女性はめちゃくちゃ
流暢にペラペラと英語をしゃべりだしたんです。
 
 
 
 
何に衝撃を受けたかと言うと
こんなの、いくらでも偽造できるじゃん!
さじ加減じゃん!と
思ったからです。
 
 
 
 
もともとのライザップは
物理的に太ってた人が
すごいプロポーションに
なってるから、インパクトが
ありましたけど
ライザップイングリッシュのやつは
さじ加減ひとつで、いくらでも
コントロールできますよね。
 
 
 
 
英語しゃべれる人を持ってきて
しゃべれない体で撮影すれば終わりですから。
 
 
 
 
顧客の声とか、サービスの品質や価値を
証明するための「証拠」というのは
信用してもらえる情報であるからこそ
意味があるんです。
 
 
 
 
それが、いくらでも偽造できる
ものだと、信用してもらうことが
できないので、ほとんど意味がありません。
 
 
 
 
たとえば、整骨院で集客するための
チラシの反応をあげようとして
顧客の声を並べるときに
イニシャルとコメントだけ掲載していると
これもいくらでも偽造できますよね。
 
 
 
 
腰の痛みがなくなりました!(K・I様)
 
 
 
 
って、僕でも5秒くらいで作れますからね。
だから、これを見る患者さんもイニシャルとコメントだけの
「証拠」には何も心を動かされません。
 
 
 
 
整骨院であれば
やっぱり、写真、できれば動画を
掲載して、生々しい実体験を語ってもらうことが
一番、信憑性がありますね。
 
 
 
 
なので、ライザップイングリッシュは
広告においてとんでもない過ちを
犯している、、、、
という結論を付けたいのですが
でも、ライザップはやっぱり
すごいなーと思うのでした。
 
 
 
 
おそらく、あんなにインパクトある広告を生み出して
日本中で一瞬で認知を広めたライザップです。
 
 
 
 
ライザップイングリッシュの
before→afterが、信用度において
薄弱なことは百も承知だと思います。
 
 
 
 
ライザップブランドを最大限使って
この露骨なbefore→afterする
ネタにして、インパクトを与えようという
戦略なんだなと思いました。
 
 
 
 
実際、ツイッターやネットなどでは
ライザップ英語のCMに、露骨すぎてウケた!的な
コメントが散見してましたしね。
 
 
 
 
ライザップ(ダイエット)より
ライザップ英語のCMが先に出ていたら
大ゴケ間違い無しの広告だと思いますが
ライザップならやってくれる!という
期待感とブランドがあるからこそ
成立しているんだとおもいます。
 
 
 
 
ある意味、あのさじ加減ひとつで
どうにでもなるテスティモニアルCM(証明書CM)は
ライザップだからこそ、なせる芸術ですね。
 
 
 
 
まとめ
 
 
 
顧客の声は信用されなくちゃ意味がない
ライザップだけは無茶がまかり通る
ライザップ、すげー。
 
 
 
 
そんなお話。

 

マイカタ全国調査

from飯野恵太
二子玉のスタバより
 
 
 
 
「枚方市」
これなんて読むかわかりますか?
大阪の人は余裕だと思いますが
そうじゃないとわからないですよね?
 
 
 
 
これは全国のほとんどの人が
マイカタと読んでしまうらしいのですが
そんな、難解な読みを利用して
枚方市が「マイカタ全国調査」というのを
実施しているんです。
 
 
 
 
枚方市の職員の方は
他県の人から電話等で
問い合わせを受けると
しょっちゅう間違われるんですって。
 
 
 
 
そんな間違われまくる
市名を逆手に取ったこの自虐的なPRは
かなりの反響があるみたいです。
 
 
 
 
こういうアイディアって
めちゃくちゃいいですよね。
 
 
 
 
自分の欠点を利用して
それをおもしろい企画に
してしまう。
 
 
 
 
「マーケティングの大罪は
つまらないこと」なので
おもしろいが正義なんですよね。
 
 
 
 
枚方市が、平凡に
市の特色をアピールするだけでは
振り向かなかった人も
「マイカタ全国調査」という
おもしろい企画にすることで
注意を向ける人が増えますよね。
 
 
 
 
実際に僕がそうであるように。
枚方市を僕も読み方わかりませんでしが
この企画を通して知ることができました。
 
 
 
 
自虐ポイントを見つけて
それをRPに活用する。
これは、先生もすぐに
実践できる方法です。
 
 
 
 
しかも、おもしろみのない
宣伝に比べてずっと注意を
引きつけることができますし
見た人に喜んでもらうことが
できます。
 
 
 
 
例えば、、、
僕のクライアントで
昔やっていた自虐的な
面白い企画は
「この施術、痛すぎて誰も受けてくれないんです」
というものがありました。
 
 
 
 
「施術が痛い」という欠点を
そのまま企画にしちゃったんですよね。
 
 
 
 
これを既存の患者さんに案内して
多くの方へのアップセルに成功していました。
 
 
 
 
「マーケティングの大罪は
つまらないこと」
ぜひ、おもしろい企画を作って
患者さんとの絆を深める
きっかけにしてみてください。
 
 
 
 
PS
あえて、枚方市の読みをここでは
紹介しませんでした。
ぜひ、当ててみてください!