飯野治療院集客事務所

株式会社タッチコード

最初は必ず大きな仕事から

from飯野恵太
南武線の車内より

はじめて
パソコンからじゃなくて
スマホからメルマガを
書いています。

僕の最近の趣味は
筋トレなんですが
その時に、絶対に
外せないルールがあります。

それは、大きな筋肉から
鍛えるということ。

上半身の日なら
ベンチプレスから
下半身の日なら
スクワットから
必ずトレーニングを
始めます。

ジム好きの方の多くは
きっと、この方法で
やってると思います。

筋トレあるあるなんですが
ベンチプレスが混んでると
やることがなくて
暇をします。

普段しないような
エアロバイクをこいで
時間をつぶしたりします。

その間に
ベンチプレス以外の
トレーニングすりゃいいじゃん?
と、思われそうですが、
そうはいかないんですね。

なんでかっていうと、
筋トレのBIG3の1つでもある
ベンチプレスですが、
これをやろうとすると
色んな部分の筋肉を
動員するんです。

メインは大胸筋なんですが、
その他にも、三角筋、上腕三頭筋
も結構使うんです。

だから、先に
肩や腕を鍛えちゃうと
そっちが疲れてしまって
がっつりベンチプレスで
大胸筋を追い込むってことが
できなくなっちゃうんですね。

だから、どんなことがあっても
ベンチプレスから鍛えるんです。

これは、筋トレだけではなく
仕事においても、同じことが
言えます。

広告コピーを作るような
かかるエネルギーの大きな仕事と
事務処理的な、小さなエネルギーで
できる仕事があったとしたら
絶対に、エネルギーの大きな
重要な仕事から手をつけた方がいいです。

なぜかというと
脳みそも、筋肉と同じように
疲れるからなんです。

脳の疲れって、あんまり
意識することってないですが
確実に脳みそも疲労します。

ぐっすり眠った後の脳と
一日中働いて酷使した後の脳では、
集中力や、処理速度が
大きく異なるんですね。

大切で、重要で、エネルギーを使う仕事を
あと回しにしてしまうと
それをやる時に脳が
万全な状態じゃなくなっちゃうんですね。

だったら、重要な仕事に
まず最初に取り組んで
脳が疲れたところで
細々とした仕事をやらせれば
いいんです。

その逆は絶対にダメ。
もったいないです。

それに、大事な仕事を
夜やろうとすると
先のばしして
翌日にまわそうとしちゃいます。

それを延々と繰り返して
結局、半年経っても
完成しない、なんてことに
なっちゃうんですね。

筋トレも仕事も
「大きなこと」から
やりましょう!