飯野治療院集客事務所

株式会社タッチコード

ゴミになるポイントカードの特徴

from飯野恵太
武蔵小杉のカフェより
 
 
 
 
今日は少し気分を変えて
武蔵小杉に来ています。
 
 
 
 
 
今朝は筋トレをしてきたのですが
やっぱりスクワットはきついですね。
 
 
 
 
 
もれなく酸欠になります。
酸欠にならない方法が
あったら、ぜひ教えて欲しいです。
 
 
 
 
 
でも、スクワットは
達成感がすさまじいので
やっぱり病みつきになっちゃいますね。
やめられません。
 
 
 
 
 
ところで僕は
二ヶ所のスポーツジムに
通っていまして
「家から近いところ」と
「朝早くからやっているところ」の
二ヶ所でトレーニングをしています。
 
 
 
 
 
最近は、なるべく朝早くから
トレーニングをしたいので
ちょっと家から遠いけど
7:30からやっているジムで
もりもりトレーニングすることがあります。
 
 
 
 
 
で、このジムは2つとも
ポイントカードを
やっているんです。
 
 
 
 
 
ただ、
一箇所のポイントカードは
しっかりと僕のカード入れに
収まったのですが
もう1つのポイントカードは
残念ながらゴミ箱に行きました。
 
 
 
 
 
なぜか?
 
 
 
 
 
僕のカード入れに収まった方は
ポイントを貯めようという
モチベーションが沸いたんですね。
 
 
 
 
 
5ポイント貯めると
特典がもらえて
行く度に1ポイントもらえるんです。
 
 
 
 
 
でも、もうひとつの方は
なんと、50ポイント貯めないと
ダメなんですね。
 
 
 
 
 
スポーツジムに行く
50回って相当ですよね。
 
 
 
 
 
これを貯めるのは大変だし
貯めるまでの間
財布の中でかさ張ります。
頑張って貯めよう!という
意欲がいっさいわきませんでした。
 
 
 
 
 
しかも、50ポイントためた時の
特典がどこにも書いてないんです。
 
 
 
 
 
何がもらえるかわからないし
貯めるの大変そうだし、、、、
 
 
 
 
 
やっぱりゴミ箱にいってしまいますよね。
 
 
 
 
 
すごくテクニック的な
話になりますが
ポイントカードや
ステータスプログラムを
やるなら、顧客が
「頑張りたい!」と
思えるようなものにしないといけません。
 
 
 
 
 
そのときに大事なのは
簡単にゴールできると思わせることです。
 
 
 
 
 
だから、ポイントカードが
うまくいっているお店とかだと
初回にたくさんスタンプを
押すところとかありますよね。
 
 
 
 
 
一度に5個もスタンプを
押してもらえたら
こんなに貯まった!!と
思って継続してもらいやすくなります。
 
 
 
 
 
顧客が登りたい!!と思えるような
ハシゴをかけてあげることって
ものすごく大事なんですよね。
 
 
 
 
 
先生も参考にしてみてください。
間違っても、ゴールまでに50ポイントも
設けちゃダメですよ。