飯野治療院集客事務所

株式会社タッチコード

英「女性専用車反対!!」

from飯野恵太
みなとみらいのスタバより

いつも、NewsPicksという
キュレーションメディアを使って
ニュースを見ているのですが、
そこにこんな記事が出ていました。

「女性専用車両はひどいアイデア」
英国で批判の嵐 その理由とは?

イギリスは女性専用車やってないんだーと思って、
どんなおっさん連中が批判しているんだろうな?
と思って、開いてみたら、
女性専用車両に反対しているのは、
なんとイギリスの女性らしいんですよね。

彼女らにとっては、
女性専用車両を設けられることは、
「隔離」されているのと同じらしく、
女性への「侮辱」だというのです。

そんな考え方があるんですね。
びっくりしました。

僕は、大学生のときに、ディベートの授業があったのですが、
そのときに、女性専用車両は是か非か?!みたいな
議題があって、女性専用車両反対の立場に立って
議論したら、クラスの女の子全員にボコボコにされたのを覚えています。

ディベートのテーマになってるから、
いろいろな主張をしたのに、
女性への配慮の足りないクソ野郎みたいな
感じで扱われたのを鮮明に覚えています。

とにかく、あのクラスでは、女性専用車両に反対していた
女の子は一人もいませんでした。

ていうか反対側に立ち続けたのが、僕だけだったので、
1対30みたいな地獄のようなディベートだったんですけど。

僕がイギリスに生まれていたら、
もっと多くの女性からの支援があったのでしょうか。

さて、僕が言いたいことはこういうことじゃないんですけど。

同じものごとでも、人が違ったり、立場が違ったりすると、
全く別のものとして解釈するんですね。

日本の女性にとって、女性専用車両は、
権利であり、安心。

しかし、イギリスの女性にとっては、
隔離であり、侮辱なのです。

全く違う捉え方をしていますよね。

最近、友人とLINEをしていて、
「甲斐性」という言葉が出てきたんです。

ラインする中で、なんか噛み合わないなーと思っていたんですけど、

「甲斐性」って根性的な意味と、経済力的な意味があるんですよね。

僕は根性という意味でずっと話していて、
相手は経済力という意味で話していたんです。

女性専用車両にしても、
甲斐性にしても、
ものごとは、たった1つしかなくても、
解釈は十人十色。無限にあるんだなと。
(甲斐性の解釈は無限じゃないですけど。)

相手に何かを伝えたときに、
自分の思った通りに伝わってると思うのは、
あまりにも傲慢ですよね。

人それぞれ解釈は違うんですから。

患者さんに大切な話をするときにも、
広告でメッセージを伝えるときにも、
簡単に自分と同じように理解してくれると
思っちゃいけませんね。

「何事も、脳みそがちぎれるまで考えろ」

from飯野恵太
横浜オフィスまで

昨日に引き続き、また孫さんのお話をさせてください。
大好きなんです。

孫さんって、経済界を牽引している人なので、
仕事ばっかりしているイメージですが、
というか、実際に仕事ばっかりしてはいるんですが、
ゴルフもすごい腕前なのって知ってましたか?

スコア72、パープレーでまわっちゃうくらい上手いんです。
しかも、何十年も続けてパープレーを出したんじゃなくて、
とてつもない勢いで上達していったんですね。

1年目で90台
2年目で80台
3年目で70台
4年目で72(パープレー)

この目標を打ち立てて、
全く予定どおりに、このスコアを叩き出していったんです。

これがどれだけすごいかというと、
「ハンディキャップがシングルになるには、(80台前半以下)
仕事も家庭も捨てなければできない」
と言われるくらい難しいことなんです。

それを、あれだけバリッバリに、むしろ
国内の誰よりも仕事をしながら、
わずか3年で達成しちゃうんです。

とにかくすさまじいですよね。

別にこれは、孫さんが類稀な
運動神経を持ってるわけではなく、
(見た感じ、むしろなさそうですよね)
その向かい方がすごいんです。

練習といって、ただやみくもに打つのではなくて、
練習メニューを詳細に決めて、テーマを持って球を打っているんですね。

5球ごとに、どこに打つかの目標を決めて、
打てなかったときには、どうして打てなかったのかを
クラブヘッド見ながら、うんうんと考えるのだそう。

一緒にゴルフを始めた同級生と練習場に行っていたらしいのですが、
同級生の球はどんどんなくなるのに、
孫さんの球はどっさり残っているらしいのです。

5球ごとに、うんうん考えるんだから、
まあ、相当な時間がかかりますよね。

孫さんは、同級生にこう言い放つんです。

「お前のように、目的をもたない練習じゃ上達しないぞ」

そして、

「何事も脳みそがちぎれるくらい考えるんだ」

孫さんは、ゴルフでもなんでも、
もちろんビジネス、仕事のことでも、
いかに短期間で目標を達成するか、
そのことを常に懸命に考えているんですね。

普通の人だったら、適当にやってしまうことを
彼は、脳みそがちぎれるまで考えているんです。

脳みそがちぎれるまで。
頭がキリキリ痛むほど、考え尽くしているんですね。

本当に、イメージしやすい例えですよね。

孫さんは、脳みそがちぎれるほど考えることで、
20代で、10億もの借金を背負ったときも、
数ヶ月で、これを完済したんです。

ソフトバンクの黒字がまだ、1億しかなかった頃にですよ?
それを個人で完済したんです。

人間の脳みそって、普段は、わずか7%しか
使われてないって言われていますが、
孫さんは、脳みそがちぎれるほど考えることで、
もしかしたら、20%、30%、それ以上の
脳みそを活用してるのかもしれません。

何も、孫さんのようになれ!と言われたら
真似できる人はいないかもしれませんが、
今以上に、真剣に「脳みそを使う」ということは、
誰にでもできることかもしれないですよね。

僕も、どうしても目標が達成できなさそうだなと
思ったときでも、それこそ、脳みそをちぎれるまで考えた時に、
ウルトラCのアイディアが出て、達成できたりすることがあります。

目的を持たず、ダラダラやるのではなく、
自分の目標を達成するために、
脳みそがちぎれるまで考える。

今まで無理だ。と思っていた目標やゴールも
もしかしたら、達成できてしまうかもしれませんよ。

大好きな孫さんの逸話

from飯野恵太
横浜オフィスより

孫正義。
言わずと知れたソフトバンク創業者であり、
日本経済界のトップをひた走る経営者ですね。

経営者の中でも、
稲盛和夫さんと、
孫正義さんを特に
尊敬しています。

定期的に、稲盛和夫さんの「生き方」や、
孫正義さんを題材にした「起業の若き獅子」を
読み返すのですが、彼らのすごさに、
いつも心が躍ります。

孫さんの逸話で、特におもしろいものがあるので、
紹介したいと思います。

孫さんは、創業間もなくして、
会社が猛スピードで成長しているときに、
肝炎で入院生活を余儀なくされるのですが、
入院中は、現場を離れて、回復に務めていました。

復帰したころに、
ソフトバンクの出版部門が、
深刻な赤字に陥っていたので、
それを立て直すために、
みずから出版事業の部長になって、
指揮を取り始めました。

彼は、まず始めに、コスト削減のために、
断腸の思いで、人員削減を決断するのですが、
出版部の従業員は、

「利益があがればそれでいいのか!社員たちは、駒にすぎないのか!」
といって、孫さんと真っ向から対峙したんです。

そして、「話にならん!」といって、
従業員は、その場を立ち去ろうとしたのですが、
その背中に、孫さんはこう浴びせかけたんです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
話が終わってもいないのに、なんで出ていくんだ!
どうしても出ていくなら出ていってもいい。
出ていくなら二度と帰ってこなくていい。
そしたら、これが最後の別れになるかもしれないので、
いまここでとことん話をしようじゃないか!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これを聞いた従業員一同、
頭から水をぶっかけられた気がしたらしいです。

すごいですよね。
こんなことができるのって、
めちゃくちゃすごいと思うんです。

普通だったら、そのまま怒りに任せて、彼らを追い出してしまい、
頭が冷えた頃に、日時を変えて仕切り直すとか、
そんな感じだと思うんです。

でも、孫さんは、なんのためらいもなく、
相手を席につかせようとしているんです。

しかも、何がすごいって、
彼らが出ていこうとしたこと そのものを
席につくべき理由にとって変えたんです。

出ていこうとする

なら、帰ってこなくていい

つまり、最後の別れ

最後になるなら、いまとことんやろう

おそらく、真っ向から対立した状態で、
「出ていこうとするな!!席につけ!!」と
言っても、おそらく、頭に血がのぼった従業員は、
話を聞こうとはしなかったと思います。

孫さんの、並々ならぬ情熱と機転が招いた
発言だったんですね。

そして、その出版事業部は、どうなったかというと、
半年後には、ほぼすべての雑誌が黒字に転化して、
事業部自体も黒字になったんです。

ほんの数か月前までは、深刻な赤字で、
当時の役員全員が、出版事業部を潰したほうがいいと
言っていたにも関わらず。

そして、この出版事業部は、
いまもSBクリエイティブと会社化までされて、
ソフトバンクを支えているんですね。

単純に、孫さんすげーなーと思ったのですが、
同時に、理由の力もやっぱりすごいんだなーと
思いました。

同じようなお願い、主張であっても、
理由を伝えることで、相手の反応は大きく変わりますよね。

孫さんは知ってか知らずか、
この人間の行動心理をうまく突いていたんですね。

さっきも書いたように、
「出て行くな!席につけ!」
と主張だけ伝えるんじゃなくて、

これが最後の別れになるかもしれない「ので」、
いまここで、とことん話し合おうじゃないか

と、明確に理由を伝えているんですね。

孫さんのパワフルさはすごい。
そして、理由の力もパワフルなんですね。

ハンターハンター「制約と誓約」から学ぶ目標設定方法

from飯野恵太
横浜オフィスより

少年ジャンプで連載されている
ハンターハンターという漫画が
鬼ほど好きなんです。

この漫画には、念能力という
超能力的な力が出てくるのですが、
この設定もとてもいいんですよね。

ハンターハンター以外にも、
異能力系の漫画で人気の漫画ってたくさんありますよね。
ワンピースとかジョジョとか。

でも、ワンピース、ジョジョでの脳力
◯◯の実の力とか、スタンドの力って
基本的には、授かりものです。

悪魔の実を食べたり、
槍に突かれたら目覚めたりします。

でも、ハンターハンターの念能力は
習得に努力が必要なんです。

自分の系統にあわせて、
どんな能力にするかを決めて、
それを習得するために、修行を重ねる。

こういうプロセスがあって
念能力者は、発を手にするので、
ただ、すごい能力ドカーン!!
とやられるよりも、背景とか考えたりして、
余計に読んでいて楽しくなるんですよね。

で、この念能力の中でも、
「制約」と「誓約」という概念が出てくるのです。

どういうものか、
登場人物の言葉を借りて
説明すると、

ーーーーーーーーーーーーーーー
これは制約と誓約!!
覚悟の証!
リスクはバネ!!
制約と覚悟が大きいほど念は強く働く!!
ーーーーーーーーーーーーーーー

すいません。全くわからなかったと思うのですが、
簡単に説明すると、、、

自分の習得する念能力に対して
自分にとって不利な条件の設定などの、
代償を支払うと、能力が強くなる
というルールがあるのです。

例えば、自分の指を切断することで、発射する弾の威力をあげたり
特定の相手以外に使ったら、死ぬというルールを作って、強力な能力を身につけたり。

あえて、代償を払うことで、
能力がパワーアップするんです。

めちゃくちゃおもしろいですよね?
こんな漫画他にないですよね?

こういう設定を作れる冨樫さん(作者)に
いつも敬服するのですが、
僕が言いたいのは、ハンターハンターおもしろい!!
ということだけではないのです。

ハンターハンターに出てくる
「制約と誓約」は、ビジネスの世界でも
同じだと思ったのです。

自分の目標の達成のために
より大きな「代償」を払える人の方が、
成功率が高いからです。

例えば、ダイエットをしようと思う人が2人いたとします。

ひとりは、
好きなものを食べて、1日5分だけ運動する。

もうひとりは、
・大好きなラーメンを断ち、
・1日1時間をダイエットのための運動に差し出す!
・この制約を友人に宣言し、もし、これを守らなかったら、坊主にする!

このような前者のダイエッターと後者の「制約と誓約」をした
ダイエッターでは、圧倒的に後者の方がダイエットに成功する確率も
減量する重さも大きいはずです。

自分の理想を手に入れるには、
何事も、代償が発生します。

楽して儲けるなんてできないんですよね。

なので、目標を決めたら、同時に
支払う代償を決めておくということ、
そして、それを誰かに宣言すること。

これをしておくことで、
あなたの目標の達成率は
大きくあがることでしょう。

PS
成功を阻む最悪の習慣「さきのばし」
さきのばしする脳のプログラミングを書き換えて、
ガンガン行動できるようになりたい人は、
その方法を、動画講座で確認してください。

http://t-chord.co.jp/slaunch_opt

恐怖を覚えた1才児

from飯野恵太
横浜オフィスより

自宅の近くに動物園があるので、
そこに遊びに行ってきました。

ここに息子を連れてくるのは、
3回目なのですが、来る度に、
豊かな反応を示すようになるので
親としても嬉しいですね。

最初は、生後2ヶ月くらいのときに
連れてきたのですが、反応は基本的には無でした。

エサをあげられる牛がいたので、
目と鼻の先にまで、近づけたのですが、
嫌がりもしませんし、喜びもしません。

恐怖というものを一切感じていないようでした。

今回、1歳になった息子を動物園に連れて行ったら、
おもしろい反応をたくさんしていました。

興味のある動物がいれば、
指を指して、あ!あ!と叫びます。

逆に、でかいチンパンジーや
ライオンなどに近づけると、
恐怖で泣き出すのです。

普段は、そんなことしないのに、
抱っこしている僕の腕を、
鷲掴みしているんですね。

1歳にして、恐怖心が芽生えたんでしょうね。

普段目にしない動物、
大きい動物を目の前にして、
それに近づかないように
本能がNGを出しているんですよね。

これは、人間にとって、とても
正常な機能ですよね。

もし、ライオンが目の前にいたとして、
恐怖心を抱かずに、ニコニコ近づいてしまうようなら、
すぐにぱくりと食べられてしまいます。

ちなみに、この動物園のライオンの紹介文に、
「人間だいすき♡」と書かれていたのですが、
僕は、変な意味で解釈して、怖かったです。

とにかく、この恐怖心というのは、
人間の生存を維持するために
とても、重要な役割を果すんですよね。

ただし、「太古の時代では」です。

はるか昔、恐竜や、獰猛な動物と
隣り合わせで生きている時代には、
この恐怖心はとても大事な機能を果たしていました。

恐怖心によって、知らないものに近づかないようにすれば、
不用意に命を落とすことがなくなりますからね。

でも、いまの時代には、
恐ろしい動物、危険な動物に
出くわすことはまずないですよね

自分から動物園に足を運びでもしないかぎり。

僕の息子がそうであったように、
人間は誰に教えられるでもなく、
恐怖心を持っています。

しかし、
この、脳にプログラミングされた恐怖心によって、
現代の人々は、成功を阻害されているんですね。

僕らの脳は、主人の生存を維持することが1番大事なので、
見たことないもの、やったことないもの、からは
遠ざけるようにできているのです。

だから、何か新しい情報を手に入れても、知識を手にしても、
ほとんどの人が実践することができないのです。

はじめてのことを実践しないように、
恐怖を感じるように、脳がプログラミングしているからです。

本を読んでも、セミナーに参加しても
何も行動しなかったっていう経験は
一度や二度じゃないはずです。

それは、あなたが怠惰だからではありません。

脳がそういう風にプログラミングされているからなんです。

だからまず、あなたが変化をしたいなら、
成功をしたいなら、脳のプログラミングを変えていく必要があります。

では、どうやれば、そのプログラミングを変えられるのか?
その方法を、動画講座で確認してください。

http://t-chord.co.jp/slaunch_opt

パクリは文化を進化させてきた

from飯野恵太
横浜オフィスより

少し前、東京オリンピックのロゴマークの
パクり疑惑でひともんちゃくありましたよね。

ああいう騒動があるくらいですから、
一般的にパクリってよくないものってイメージですよね。
絶対しちゃいけない!くらいの。

でも、文化を進化させてきたのは、
間違いなく、この「パクり」なわけです。

パクりなくして、全ての物事の進化はないわけです。
いいものをパクって自分なりにアレンジをする。
その繰り返しによって、改善改良されていくんですよね。

言語とかもそうですよね。
元になっている言語があって、
それを土台にアレンジして
それぞれの言葉が生み出されていたり、
いままさに、僕が使っている漢字とかもそうですよね。

料理とかだってそうです。

他の国の文化が入ってきて、
それをパクって独自にアレンジして
より良いものにしていく。

そうやって、人間は効果的に進化してきたのです。

あのパブロ・ピカソも、
「良い芸術家は真似をする。偉大な芸術家は盗む。」
という言葉を残しています。

堂々と盗むって言ってますもんね。

天才画家と言われるピカソですら
人のスキルやアイディアを、自分のものにすることが
大事だと言っているんです。

アイディアを作ろうとするときに、
0から何かを生み出すなんてことは、
やろうとしない方がいいんです。

それよりも、既存のアイディアを改良する
二次的創造の方がずっと簡単に素早く
良いものを作ることができます。

マーケティングの世界では、
このパクリの重要性はより顕著です。

有名なところだと、
auもソフトバンクのスーパーフライデーをパクって、
auエブリデイで特典をプレゼントすることで、
成功していますよね。

それに、一般にマーケターは、
パクることを目的にして、
大量の広告文章を保存していて、それを
「スワイプファイル」とカッコイイ名前をつけて
正当化したりもしています(笑)

こうやって成功しているアイディアを
拝借した方が、0から生み出すよりも、
ずっとずっと効果的なことを知っているからです。

普通に教育を受けていると、
パクるって、とても悪いことのように感じますが、
我々のまわりのもので、パクって作られてないものなんて
ほとんどないんですよね。皆無かもしれません。

パクリが人類を進化させてきた。
そして、あなたも、既存のアイディアをもっと
活用するべきです。

他院の成功事例や、他の業種での成功事例に
目を光らせておくべきなのです。

それをせずに、自分の頭だけで考えようとする方が、
もしかしたら、怠惰な行為かもしれません。

PS
成功を阻む最悪の習慣「さきのばし」
さきのばしする脳のプログラミングを書き換えて、
ガンガン行動できるようになりたい人は、
その方法を、動画講座で確認してください。

http://t-chord.co.jp/slaunch_opt

その行動力で手に入れた4倍の売上

from飯野恵太
横浜オフィスより

日経ビジネスの記事で、すごく興味深いものがありました。
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/269655/080800031/?ST=editor

「片道1時間以上かかる顧客とは取引しない」という、
戦略を立ててから、売上が4倍になったというお話。

産業用の自動機械の製造をする、スズキ機工の
鈴木社長が打ち出した戦略なのですが、
これが見事に成功したんですね。

距離の離れた顧客との取引を全てやめたので、
取引先の数は半分になったのですが、
売上は4倍以上になったのです。

大手メーカーに図面を盗まれた経験によって、
距離の離れた顧客とは、信頼関係を構築するのが難しいから、
コミュニケーションを頻繁に取れる
近い顧客にだけ絞ろうという大転換をしたのです。

とても勇気のいる決断だったと思うのですが、
結果的には、この決断が大成功しました。

・顧客を限定する
・理想の顧客に絞る

この決断をすることで、鈴木社長は
忙しいばっかりで利益が出ないという
問題を解決することができたのです。

それ自体もとても、素晴らしいことなのですが、
鈴木社長の問題解決へのアプローチと
その実行力が素晴らしいと思いました。

彼は、最初に書いた図面を盗まれるという事件で
顧客を絞る決断をするのですが、
彼は、その事件の発生した原因を
とことん考えたんですね。

なんで、大手メーカーは、
うちに事情を説明してくれなかったのだろうか?
なぜ、盗んだ図面で、他の業者に安く依頼してしまったのか?

その原因を考えて、
「信頼関係の欠如」が
根本的な問題だったと
仮説を立てたのです。

そして、信頼関係が欠如していたのは、
物理的な距離が遠かったからだと。

顧客とは、もっと密にコミュニケーション、
関係構築をしなければいけない!
そのためには、距離の近い顧客に注力しなきゃダメだ!
という答えに行き着いたのです。

「顧客を絞った方がいい」なんてことは、
そこらへんの本にもよく書かれていることなので、
頭で理解している人はたくさんいると思います。

でも、この鈴木社長の素晴らしいところは、
発生した問題の原因をとことん考えて、
その解決策をすぐさま実行したところにあります。

結果的に、4倍以上の売上という
大きな成果を手に入れましたしね。

やはり、成果を手に入れるひとに共通しているのは、
飛び抜けた行動力があるということですね。

とてもいい記事なので、ぜひ読んでみてください。