飯野治療院集客事務所

株式会社タッチコード

タイタニックで椅子を片付ける

from飯野恵太
日本大通りのスタバより
 
 
 
 
僕、実は学生時代に
3回詐欺にあったことが
あって、その1つが
すごく巧妙だったんです。

(当時の僕からすると
全部巧妙だから全部
ひっかかったんですけど)
 
 
 
 
ミステリーショッパーって
聞いたことありますか?
 
 
 
 
レストランとかで
食事をして
サービスの質とか
味とかを採点する
覆面調査員のことです。
 
 
 
 
このミステリーショッパーの
アルバイトをしていたことが
あるんですが、実は
その会社が詐欺会社だったのです。
 
 
 
 
そこに登録すると
都内の色んなお店を
指定されて、指定時刻に
飲食するように指示されるんです。
 
 
 
 
そして、アンケートを記入して
レシートと一緒に郵送すると
バイト代が振り込まれます。
 
 
 
 
普通にバイト代が
払われていたので
完全に信用していたのですが
結局はもらったバイト代の
80倍くらいのお金を
だましとられました。
まあ、僕がアホだったのも
あるんですけど。。。
 
 
 
 
それまで飲食店や
派遣会社の登録時の対応などを
覆面調査員として
評価していたのですが
最終的にクレジットカードの
窓口の対応を調査するという
名目で、クレジットカードを
作りにいかされます。
 
 
 
 
で、それまでは
レシートを送っていたのですが
それがないので
作ったクレジットカードを
郵送させられるんです。
 
 
 
 
いまだったら、そんなこと
ありえないですけど
学生の無知&バイト代を
もらっていたこともあり
完全に信用していたんですよね。
 
 
 
 
そのカードを送ってしまったんです。
 
 
 
 
見事に、ショッピング枠と
キャッシング枠を全額使われて
その会社とは当然、音信不通になりました。
 
 
 
 
その時の僕の顔をお見せしたいですね。
血の気がひいて、真っ青になってましたからね。
 
 
 
 
あーおそろしい。
 
 
 
 
「タイタニック号のデッキで
椅子を片付ける」
と、誰かが言っていましたが
その時の僕の活動ってまさに
こんな状態でした。
 
 
 
 
沈みゆく船の上で
僕は一生懸命
覆面調査員の仕事をしていたのです。
 
 
 
 
最後には、そのバイト代の
80倍以上のお金を騙し取られる
ことも知らずに。。。
 
 
 
 
まあ、今では笑い話ですが。
 
 
 
 
最後に無理やり教訓じみたことを
お伝えします。
 
 
 
 
エネルギーを注ぐ場所や
方向性を間違えてしまうと
そこで、どんなに一生懸命
効率よく働いても
何も成果を得られません。
 
 
 
 
先生はそんなことが
ないように気をつけてください。
 
 
 
 
いかなる効率性も
方向性の失敗を補うことは
できないのですから。
 
 
 
 

他の人が嫌がることを実行できる習慣

from飯野恵太
元町のスタバより
 
 
 
 
今日、久しぶりに中華街の
スタバで仕事をしようと思ったら
閉店をしていました。
 
 
 
 
一時期、よく使っていたお店で
仲のいい店員さんもいた
ところだったので悲しかったです、、、
 
 
 
 
僕よりもはるかに
ここのスタバを使っていたという
方が、この閉店のことを
ブログで書いていて
悲しい気持ちを代弁して
もらえたので少し救われました。
 
 
 
 
今日は、僕の大学時代の
友人の話をしたいのですが
彼は大学卒業後に、某営業会社に
入って、求人広告の営業をしていました。
 
 
 
 
同期が80人近くいた
らしいのですが
彼はその80人中で
営業成績がダントツで
良かったんです。
 
 
 
 
その会社は
ゴリゴリの営業会社なので
テレアポをガンガンかけて
いたらしいのですが
基本的に、テレアポって
相手に嫌がられるので
みんなストレスらしいんです。
 
 
 
 
だから、普通の人は
好んで、テレアポはしていなくて
いかに、就業時間に
テレアポをしないで済むかという
ことを考えているらしいのです。
 
 
 
 
電話つながってないのに
耳にあてていたり
かけ終わったあとに
入力作業をダラダラして
インターバルを増やしたり
 
 
 
 
でも、僕の友人は
そんなことはせずに
いかに、効率的に
電話をかけられるか?
ということばかり
考えていたらしいんです。
 
 
 
 
営業の人にとって
アポで出かけることは
最高の気分転換で
オフィスで上司に睨まれながら
テレアポをかける苦しみから
解放されるので
すごい嬉しいらしいんです。
 
 
 
 
でも、その友人は
アポで出かけている間に
電話をかけられないことを
「機会損失」と捉えて
外出中にも携帯電話で
テレアポをし続けて
少し時間が空いたら
カラオケ店に入って
テレアポしていたらしいんです。
 
 
 
 
誰もやりたがらないことを
誰もがやらない時間に
アクションする。
 
 
 
 
そりゃー、同期で
ダントツの成績を残すわけですよね。
 
 
 
 
E・M・グレーという人が
「成功者の共通点」という
論文を書いているのですが
その中に、興味深い考察が
書かれています。
 
 
 
 
“成功者たちの共通点は、
成功していない人たちの
嫌がることを実行に移す
習慣を身に着けているという
ことである。

彼らにしてみても、
必ずしも好きでそれを
行っているわけではないが、
自らの嫌だという感情を
その目的意識の強さに
服従させているのだ”
 
 
 
 
こう記しているんです。
本当にそのとおりですよね。
 
 
 
 
他が嫌がることを
“習慣” にしているという点が
特にうなずけますよね。
 
 
 
 
単発的な行動をしたんじゃありません。
1日だけテレアポを頑張ったんじゃないんです。
 
 
 
 
誰もやりたがらないテレアポを
彼は、外出中でさえ、携帯片手に
かけ続けていたんです。
 
 
 
 
治療院の先生でも
全く一緒ですよね。
 
 
 
 
ポスティング
紹介の依頼
近くのお店にチラシを置いてもらう
休眠患者に電話をかける
 
 
 
 
他の人がすすんでやりたいとは
思わないこれらのことを
当たり前のように実行し続けている人が
大きな成果を手に入れています。
 
 
 
 
それを、今まで何もしてなかった人が
1つ2つのテクニックで
逆転することなんてできないですよね。
 
 
 
 
この質問に答えてみてください。

常日頃から行っていたら
業績を著しく向上させる活動が
たったひとつあるなら
それは何でしょうか?
 
 
 
 
この質問の答えを
毎日続けられる人の
一年後の結果て
すごく楽しみですよね。
 
 
 
 

 

母ブルゾン

from飯野恵太
横浜オフィスより
 
 
 
 
Facebookで見かけたニュースで
おもしろいものがありました。
 
 
 
 
実家に帰省しない息子に対して
お母さんが、ブルゾンちえみの
真似をして、LINEで帰省を
促すっていうやつです。
 
 
 
 
“どうも。効率的な家事ぶり。
充実した近所付き合い。母です”
ではじまって、
“連絡もしないで、帰省もしない
息子のせいで落ち込んでる母がいるって?
ダメ息子!!!”
と続き、
最後には
“いい?? あなたを育てるのにかかった
総費用いくらか知ってる????”
 
 
 
“3500万円”
 
 
 
こう締めくくって
息子は、「帰省致します」と
返しているんです。
 
 
 
 
なんかほっこりして
素敵なやり取りですよね。
 
 
 
 
最後、吹き出してしまったのは
その息子が帰省したら
お母さんのメモ書きが
見つかったんです。
ブルゾンのネタを考えるために
一生懸命つくったメモ書きが。
 
 
 
 
そのお母さんの
陰の努力とかを
考えたら、
愛くるしくて
思わず笑っちゃいます。
 
 
 
 
このメモ書きをみて
思い出したのが
「すべてのものは二度つくられる」
という言葉です。
 
 
 
 
この世にある
あらゆるものは
まずは、こうつくりたいという
イメージ、アイディアがあって
その後に、実際に物的に
つくられます。
 
 
 
 
建築物だとわかりやすですが
まずは、設計図があって
それをもとに、工事が始まります。
 
 
 
 
このときの、設計図が
間違っていたり
適当に作られていたら
どんなに、腕のいい職人が
素晴らしい仕事をしても
いい建物は造れません。
 
 
 
 
第一の創造
設計図って
とっても大事ですよね。
 
 
 
 
これをちゃんと作らずに
毎日をただ過ごしていたら
どんなに長い時間働いても
望む成果を手に入れることは
できないですよね。
 
 
 
 
LINEでネタを送るのにも
設計図(メモ)を
作っているんです。
 
 
 
 
先生も、青写真を
作っておきましょう
 
 
 
 
 

ちゃんこおじさん「ちゃんこ食え!」

from飯野恵太
横浜オフィスより
 
 
 
 
ドキュメンタルの
シーズン4を観ました。
 
 
 
 
Amazonプライム会員だと
みれるやつですね。
ダウンタウンのまっちゃんが
プロデュースしています。
 
 
 
 
お笑い芸人が集まって
ひとつの部屋で
笑かしあって
笑ったら退場する
というやつです。
 
 
 
 
シーズン4では
ずんの飯尾さんが
参加していたのですが
中盤で、柔道着を来て
どんな悩みにも
「ちゃんこ食えばいいんだよ」
とアドバイスする
ネタをやってたんです。
 
 
 
 
他の芸人が何を相談しても
全て「ちゃんこ食えばいいんだよ」
で返してきます。
 
 
 
 
全く関係ないことでも
「それは、ちゃんこだな」
とかいって、笑いを誘っていました。
 
 
 
 
このちゃんこおじさんは
飯尾さんの創った架空の
キャラクターですが
あながち、バカにできません。
 
 
 
 
というのも
誰しも、ちゃんこおじさんに
なることがあるからです。
 
 
 
 
心理学者のマズローの
言葉にこんな言葉があります。
 
 
 
 
「金槌をうまく使える人は、
すべてのものを釘と見る」
 
 
 
 
自分の成功体験や
得意なことがあると
とにかく、その方法で
他の人も、なんでも
うまくいくと
思ってしまうんですよね
 
 
 
 
この、ちゃんこおじさんも
ちゃんこを食べたら
全てのことがうまくいったのでしょう。
 
 
 
 
どんなことにも、ちゃんこ食え!
と言ってきます。
 
 
 
 
過去の栄光があると
それにしがみついて
変化することが
難しくなっちゃうんですよね。
 
 
 
 
長い間、刀で戦って勝利し続ける経験をすると
鉄砲がでてきても、そんなの邪道だ!
と言ってしまう。
 
 
 
 
広告なんてしないでも
集客できてた時代で
うまく言っていた人は
チラシやホームページは
邪道だという。
 
 
 
 
「いい治療しろ!
そうすれば、患者さんは増えるんだから。」
 
 
 
 
そのアドバイスは
もしかしたら
「ちゃんこ食え!」と
同列のアドバイスなの
かもしれないですよね。
 
 
 
 
過去の成功に囚われて
ちゃんこおじさんになるより
変化に対応できる
人間でいたいですよね。
 
 
 
 
 

歯磨き パラダイムシフト

from飯野恵太
横浜の自宅より
 
 
 
 
僕の息子って
本当に歯磨きが嫌いなんです。
 
 
 
 
息子の歯磨きは
いつも僕が担当しているのですが
僕が磨こうとすると
この世の終わりがごとく
泣き叫びます。
 
 
 
 
鬼の形相
全力で暴れる
大声で叫ぶ
普通にしていても
到底磨くことはできないので
いつも、息子を押さえつけて
歯磨きをしていました。
 
 
 
 
本当に歯磨きが
大嫌いなんだなって
「思ってた」んです。
 
 
 
 
これが、正月で
帰省中に義父が
息子の歯磨きをしたのですが
びっくりすることに
全く嫌がらないんです。
 
 
 
 
しずかーに座って
口をあんぐり開けて
何も嫌がらずに
おじいちゃんにその身を委ねて
磨いているですね。
 
 
 
 
びっくりしました。
何が起こってるのかと思いました。
 
 
 
 
僕は、息子は「歯磨きが嫌い」
と決めつけていたので
こっちが何をしても無駄だと
思っていたんですね。
問題は、「息子」にあると思っていたんです。
息子が歯磨きが嫌いなことが
この問題の原因だから
こっちに工夫のしようがないと。
 
 
 
 
でも、実際は全く違ったんですね。
 
 
 
 
彼は、押さえつけられて
歯磨きをされることが
嫌だったんです。
 
 
 
 
歯磨きに泣き叫ぶ問題の
原因は僕の方にあったんです。
 
 
 
 
義父と息子との歯磨きをみて
大きなパラダイムシフトを経験しました。
 
 
 
 
問題は自分の外にあると
考えることこそが ”問題” である
 
 
 
 
まさにそのとおりですよね。
そう思った瞬間に
自分で改善、工夫をしようという
意欲がなくなります。
 
 
 
 
息子の歯磨き以外の
問題でも、こういうことって
本当にたくさんあると思います。
 
 
 
 
アイツに問題がある。
環境が悪い。
 
 
 
 
そう思った瞬間
その問題を解決する権利を
放棄することになってしまうんですよね。
 
 
 
 
 

習慣が人生を変える

from飯野恵太
東横線の車内より
 
 
 
 
今日(書いてるときは29日)は
筋トレおさめをしてきました。
今年最後の筋トレです。
 
 
 
 
ジムの営業が年内最後という
こともあって、筋トレ好きの
方々は、こぞってジムに来ていたので
かなり混んでましたね。
 
 
 
 
ベンチプレスで
がっつり大胸筋を
いじめ抜いてきました。
 
 
 
 
僕がベンチプレスで
100キロをあげられたのって
大学2年生の春だったのですが
1年生の時のマックス65キロから
ちょうど1年間で100キロを
突破しました。
 
 
 
 
ひとつの目標として
100キロを掲げていたのですが
これが達成できたときは
本当に嬉しかったことを
覚えています。
 
 
 
 
アメフト部のチームメイト
みんなに報告したのを覚えています。
 
 
 
 
このときの筋トレの
努力を振り返ると
暇さえあれば
トレーニングルームに
通っていた気がします。
 
 
 
 
トレーニングできない日が
続くと、本当に気持ち悪かった
記憶があります。
 
 
 
 
筋トレは、努力というよりも
もはや習慣になっていたんです。
 
 
 
 

「本当の成果や優秀さというのは
単発的な行動ではなく
『習慣』によって
もたらされるのだ」

7つの習慣の一説ですが、
まさにその通りだなと思います。
 
 
 
 
継続は力なり
塵も積もれば山となる
 
 
 
 
ことわざにもあるように
小さな努力を積み重ねることで
大きな成果になるんですよね。
 
 
 
 
短期的に頑張ったとしても
大した効果が得られなかったり
得られたとしても、たいてい
一時的なものにとどまります。
 
 
 
 
だから、あなたが何かに
取り組もうとしたら
時間はタテに使うよりも
ヨコに使う方がいいんです。
 
 
 
 
年末年始でたくさん
本を読もう!って
思ったことある人は
たくさんいると思いますが
たいていの場合、それは
うまくいきません。
 
 
 
 
3日間、時間を連続的に
つまり、タテに時間を
使おうとしても
集中力が続きづらいですし
たった3日間しか
本を読むことができません。
 
 
 
 
そうではなく、ヨコにつかう。
つまり、一度に費やす時間は
わずかでいいけど
ながく続けていく。
 
 
 
 
まさに、「習慣」にするということです。
 
 
 
 

週末にどかん!と本を読もうとするより
1日30分でもいいから読書の時間を
使ったら、負担を少ないし
続きやすいです。
 
 
 
 
30分で50ページ読めるとしたら
平均的な本だったら、
1年に60冊読めちゃいますからね。
 
 
 
 
超がつくほどの
読書家です。
 
 
 
 
それを、5年、10年と続けるなら
その習慣を持ってる人と
そうでない人での
知識、成長の差たるや
想像を絶する者がありますよね。
 
 
 
 
習慣こそ、あなたを
想像もつかないような
高みに連れて行ってくれるものです。
 
 
 
 
2018年は
ぜひ、あなたにとって
有意義な取り組みを
「習慣」にしてほしいなと
思います。
 

奇跡の美味さ。抹茶プロテイン。

from飯野恵太
渋谷のスタバより
 
 
 
 
いつも筋トレのあとに
欠かさずプロテインを飲んでいます。
 
 
 
そのプロテインに
感動しちゃいました。
 
 
 
 
 
プロテインが切れたので
新しいものを買ったのですが
ネット上で評判のよかった
「抹茶味」のプロテインを
買いました。
 
 
 
 
 
ネットでもべた褒め
されていたので
どんなもんだい?と
半信半疑で飲んだのですが
これが、びっくりするくらい
美味しいんです。
 
 
 
 
 
スタバの
抹茶クリームフラペチーノ
ありますよね?
 
 
 
味が、まんまあれです。
 
 
 
普通に美味しくいただけちゃうんです。
「プロテインとしては美味しい」
じゃなくて、飲み物として美味しいレベル。
 
 
 
 
なんなら、家にお客さんが来たら
提供したいくらい美味しい。
 
 
 
 
 
びっくりしましたね。
プロテインはここまで
進化しているんだと。
 
 
 
 
 
思えば、僕がプロテインを
初めて飲んだのは
かれこれ16年前。
 
 
 
 
高校一年生の時です。

この時のプロテインは
本当にまずかったですね。
 
 
 
 
まず、そもそも水に溶けないので
ダマになって口の中で
ネチョネチョするんです。
 
 
 
 
 
バニラ味と騙るものの
そんな上品なもんじゃなくて
生焼けの小麦粉を食べてる感じ。
 
 
 
 
プロテイン=苦行という
イメージしかありませんでしたね。
 
 
 
 
それが、僕が大学生の頃になると
だいぶ飲みやすくなりました。
 
 
 
 
水にすぐ溶けるようになったので
ネチョネチョ感はなくなりました。
 
 
 
味も不味くなくなり
飲むのが苦行ではなくなったんです。
 
 
 
 
 
もちろん、味を楽しむほどの
レベルではないので
できれば早く済ませたいものでしたが。
 
 
 
 
 
さらに、社会人くらいになると
普通に美味しい!と思えるものも
ちらほら出てきました。
 
 
 
 
 
で、究極が2017年。
この抹茶プロテインです。
 
 
 
 
 
プロテイン摂取のタイミングじゃなくても
好んで飲みたいと思えるほど
美味しいんですから。
 
 
 
 
 
衝撃でした。
 
 
 
 
 
ネチョネチョ
クソまずい苦行から
来客に出したいほど
美味しい飲み物に。
 
 
 
 
 
とんでもない進化ですよね。
 
 
 
 
 
僕は、このプロテインほど
進化できてるだろうか?
 
 
 
 
 
おそらく、プロテインメーカーは
日進月歩、絶え間なく
品質改良していきたんでしょう。
 
 
 
 
 
そうでなければ
ありえないほどの
進化のスピードです。
 
 
 
 
 
毎日、毎日、
0.1%でも進歩するために
試行錯誤を繰り返して
きたはずです。
 
 
 
 
 
同じ時間をかけても
全く進歩のしない
ものもあれば
苦行だったものを
美味すぎる飲み物に変えるほど
成長していくものもあります。
 
 
 
 
 
漫然と毎日を過ごしていたら
どんなに時間をかけても
1mmも進化しないですよね。
 
 
 
 
 
5年、10年経っても
同じことの繰り返しをしてる
だけなら、何も成長しません。
 
 
 
 
 
でも、たった0.1%ずつでも
いいから、毎日何かを
改善、工夫をしていく
ことが大事です。
 
 
 
 
 
1.001×1.001×1.001・・・・
 
 
 
 
 
これを1年間繰り返すと
144%近くもパフォーマンスを
変化、成長することができるんです。
 
 
 
 
 
これが、10年、15年とつづいたら
それは、奇跡的な変化になりますよね。
 
 
 
 
 
この抹茶プロテインのような
奇跡が生まれるんです。
 
 
 
 
 
あなたは、毎日、0.1%でも
何かを改善できていますか?
 
 
 
 
 
1日だけみたら
誰も気づかないほどの
成長でも、ちりも積もれば
山となります。
 
 
 
 
 
僕も、これを実践するために
どんなにしょぼいことでもいいから
1日1個改善点を見つけるという
習慣を続けています。
 
 
 
本当にびっくりするくらい
しょぼい変化でもいいんです。
 
 
 
 
 
施術
トーク
チラシ
ウェブサイト
内装
 
 
 
 
 
ほんのわずかな
工夫でもいいので
進歩をし続けたら
振り返ったら
奇跡と思えるほどの
進化をしているかもしれません。
 
 
 
 
 
日進月歩。
大事な考え方ですよね。