飯野治療院集客事務所

株式会社タッチコード

マリファナを吸うよりヤバイ

28539d36e2b32-9b7b-4cd7-a3f5-14377927eccf_m

 
from飯野恵太
馬車道のスタバより
芸能界って覚せい剤に汚染されてる?
って疑いたくなってしまうくらい、
芸能人の覚せい剤事件って、定期的に報道されますよね。

田代まさし、のりぴー、飛鳥、清原、高知東生、、、

覚せい剤とは違いますが、
実はマリファナよりヤバイと言われている
ものがあるんです。
それは、「メール」です。
ロンドンで、こんな実験が行われました。

被験者を3つのグループに分けて、IQテストを受けてもらったんです。

グループ1は、普通にIQテストを受けて、
グループ2は、テスト中にメールと電話の呼び出し音に注意をそらされていました。
グループ3はマリファナを吸って、ハイになった状態でテストを受けました。
当然ですが、グループ1の成績が最もよかったんです。
しかし、驚くべきは、メールに気を取られたグループは、
マリファナを吸ったグループよりも、平均6ポイントも
成績が悪かったのです。
驚きです。
この実験結果が真実だとすると、
現代人の大半は麻薬を吸った状態よりも悪い状態で
ずっと仕事をしていることになります。
スマホはピロピロ鳴るし、
メールも毎日大量に入ってくる。
Facebookからも呼び出されるし、
LINEも既読にしろと誘惑してくる。
確かに、こんな状態で
まともに仕事ができるわけがありません。
先生も、施術の時間は難しいにしても、
それ以外の、マーケティングや事務作業をするときは、
メールや電話はうまく管理する必要があります。
僕は、基本的にはメールボックスは
1日に1回しか開きません。
作業に集中したい午前中は、
携帯電話の電源を切っています。
仕事をするなら、
これくらいの状況を作ることが
普通なんですよね。
いまの社会がおかしいんだと思います。
なんせ、マリファナを吸うよりヤバイんですから。
先生も気をつけてください。
作業に集中するときの、メール、電話の制限は必須です。

本の読み方:少なく読んで、多くを学ぶ

reading_01
from飯野恵太
馬車道のスタバより
先週、友人と本の読み方についての話になったので、
メルマガでもシェアさせていただきたいと思います。

僕も昔そうだったんですけど、
本は全て読まないとダメ!という
考えを持っている人は多いと思います。

全ての文章を精読すること=読書
という思い込みありますよね。
学校教育でそういう風に教わることが多いからかもしれません。
でも、「精読」しようとすると、
一冊読むのに、尋常じゃなく時間がかかります。
それに、無駄な部分も多く読んでしまうので、
大切な部分を学び取ることができなくなります。

最悪な場合、「読むこと」が目的になってしまい、
時間をかけて本を読んだのに、何も得られない
ということさえ起こります。
なので、私の推奨している本の読み方は
少なく読んで、多くを学ぶというやり方です。
成功や、課題解決のために読書をするなら
もちろん、目的を持って読書をすることが大切です。
・新規集客の新しいアイディア
・チラシの反応率をあげる方法
・リピート率をあげる戦略
・仕事の効率をあげるための情報
こういった、今の、自分の課題を解決する情報を
具体的に探そうとして、読むのです。
読書の目的は知識を増やすことではありません。
役立つ情報を実践して、成果を手に入れることです。

目的もなく、だらだらと読んでいては、勉強した気になっただけで
何も身につかないのです。
なので、効果的な読み方というのは、

1、目次に目を通す
本に何が書いてあるのか、見当をつける

2、読むべき項目を選び出す
自分の得たい情報がどこに書いてあるのか見つける

3、探している情報を見つけたら、それを理解するのに役立つ箇所に注目する
探している情報のキーワードがあったら、その周辺箇所に注意を払い、
自分の理解を深めるための情報を仕入れる

4、24時間以内にアウトプットする
手に入れた情報を、自分のものにして、誰かに伝える。
そして、実行する。
人は、覚えたことの80%を24時間で忘れると言われています。
残った20%も、次の1週間でほとんど忘れてしまうのです。

だから、どんなに読書をしても、1週間放置していたら
何も残らないのです。
あなたも経験があるはずです。昔時間をかけて本を読んだけど、
結局何が得られたのかわからないという経験が。
僕も、大学時代にドラッカーのマネジメントを1ヶ月くらいかけて
頑張って、「精読」したのですが、何ひとつ身になりませんでした。
それは、読むことが目的になっていて、なおかつ、書いてあることを
何も実践しなかったからです。
ただの読書家になってはダメなのです。
書いてある情報を自分のものにして、それを実行して
成果を手に入れるからこそ、読書したことが生きるのです。
全てを読もうとするのではなく、
いまの自分に有益な情報をスキャンするつもりで
読んでください。

そして、その内容を必ず24時間以内に実行してください。
少なくとも、24時間以内にアクションプランを作ってください。
それを繰り返すだけで、あなたが読書から得られる恩恵は
これまでとは比べ物にならないものになるはずです。

息子が生まれました!

IMG_4443

from 飯野恵太
稲城の病院ベリエの丘より

ご報告があります。
6月12日に待望の第一子が誕生しました。
男の子です。

当日は、妻の出産に立ち会ったのですが、
改めて女性には敵わないなと思いました。

我ら男性にはおよそ想像もつかない
とてつもない痛みに何時間も耐えて、
自分のお腹の中から新しい命を産むのです。

本当に妻には感謝しかありません。
子供が出てきた時には、感動でした。

そして、生まれてきた赤ちゃんは
続きを読む

関心の輪より、影響の輪

claim3-00700

 
from飯野恵太
馬車道のオフィスより
僕は休憩中によく散歩をするのですが、
オフィスの周辺を歩いていたら、こんな光景を目撃しました。

道路の脇に、引越し業者が車を停車させていたのですが、
対向車線を走っていた車が、引越し業者の車の隣にベタ付けして、
おっさんが降りてきたんです。

そして、
「なんでこんなところに車とめてるんだよ!!!!」
と言って、引越し業者の方に怒鳴り散らしていまいした。

「道の脇に車を停めて、非常識だし、迷惑かかってんだろ!!」

と叫んでいたのですが、
はっきりいって、このおっさんの方が10000倍迷惑でした。
三車線ある交通量の多い道路だったのですが、
引越し業者の車の隣におっさんが車を停めたせいで、
完全に車が通れなくなって、大渋滞になっていたのです。
最終的には、警察が出動する事態になっていたのですが、
警察が来てからも、ずっと怒鳴り散らしていました。
彼にとっての正義なのかわかりませんが、
ハッキリ言って、このエネルギーの使い方をしていて、
この人(おっさん)の人生は一体どんなものなんだろう?
と思いました。

続きを読む

人は本当に色んなことを考える

Woman silhouette making yoga

from 飯野恵太
馬車道のオフィスより

最近、ゴールドジムに通っています。
絵に描いたような筋肉ダルマな人たちに囲まれながら、
せっせと身体を鍛えています。

今日は、スクワットをしたのですが、激しく追い込みすぎて、
酸欠で意識を失いかけました。
やりすぎは禁物ですね。

スポーツをするって、心の健康にも効果があるみたいですね。
運動をしているときは、基本的には、頭がからっぽになります。
心配なことを考えながら、運動をすることは物理的に不可能なので、
脳が解放されて、すごくストレス発散になるらしいのです。

ほとんどの先生が、学生時代は運動部に所属していたと思うのですが、
確かに、部活が終わったあとの爽快感たるや、すさまじいですよね。
個人的には「仕事が終わったあとのビール」なんて比にならないくらい
心地よい時間だと思っています。

運動をすると頭は空っぽになるのですが、
逆に、そうでない状況のときは、人は本当に色んなことを考えます。
もう、異常なくらい色んなことを考えるんです。
ちょっとテストをしてみたいのですが、
いまから30秒間、何も考えないで目をつぶっていてください。














いかがでしたか?
おそらく、「何も考えない」なんて不可能だったんじゃないでしょうか?

自分では考えようともしていないのに

・昨日観たテレビのこと
・昔やった失敗
・やり残した仕事
・明日のスケジュール
・腰の痛み
その他、もろもろ
いろんな事が、頭に浮かんでは消えていったと思います。

この、謎の妄想癖は何も、先生だけが患っている病気ではありません。
誰にでも、この現象は起きるのです。
そして、この現象は先生が仕事をしているときにも発生して、
猛烈に邪魔してきます。
先生も、一度や二度じゃないはずです。

大切な仕事をしているときに、全く関係ない他の仕事のこと、
仕事ですらない雑事、重要じゃない事務仕事、
友達との約束、本当にどうでもいいニュースのこと

こういった考えが頭をよぎり、つい携帯をみたり、
パソコンで検索を始めてしまったり、、、
結果、大切な仕事が中断されてしまう。
これは、先生に集中力がないからではありません。
誰にでも発生することなのです。
しかし、先生の集中力はあるトレーニングをすることで高めることができるのです。

それは、「瞑想」です。
瞑想と言っても、何も難しいことではありません。
1分間目をつぶります。
そして、ただ自分の呼吸に集中します。
その間に、頭によぎったことを覚えておきます。
終了後に、よぎったことを全て書き出します。
これだけです。
これを大事な仕事の前や、
休憩時間に実践するだけで、
とても集中して作業に集中することが
できるようになるのです。

しかも、リラックスもできるので、
心の疲れも取ることができます。

少しずつ続けていけば、先生もその効果を実践していただくことができると思います。

機会費用という考え方

Man and woman isolated on a dark background

from 飯野恵太
馬車道のオフィスより

今月からゴールドジムに入会しました。

ゴールドジムと言ったら、僕のイメージでは
準備運動でベンチプレス100キロあげるような
筋肉のバケモノが集うようなところだと思っています。

はっきり言って、ペラペラな身体で通えるような
ところじゃないと思っています。

なので、当初は、区が運営するスポーツセンターで
「ゴールドジムに行くための身体」を手に入れてから
入会しようと思っていたのですが、これはまさに、
「服を買いに行くための服がない」現象と全く同じだと思ったのです。

「身体を鍛えに行くための身体が出来上がってない」ってことですからね。

なんて弱気な発想をしているんだ!俺は!と思い、
えいや!!と登録しました。
それに、ゴールドジムに通わないことの「機会費用」も
高く付くなと思い、さっさと入会することにしたのです。
区のスポーツセンターは、一回300円で利用できるので、
コスト的にはめちゃくちゃ安いんですが、自宅から自転車で20分くらい
いったところにあるんです。

往復すると、毎回40分かかりますね。
これは月に15回通うとなると、600分、なんと自転車の移動だけで
毎月10時間も費やすことになるのです。

かたや、このゴールドジムは、
自宅からもオフィスからも片道3分、往復6分でいけるんです。
同じ回数通うとなると、移動時間は月にたったの90分だけです。

その差、510分です。

年間にすると、6120分、102時間もの節約にもなるんです。

僕はゴールドジムに通うとなると、スポーツセンターに通う場合に比べて、
年間に8万円ほど余計に出費を払うことになります。
しかし、「通わない」と決断すると、年間に102時間もの時間を失うことにもなるのです。

それを考えると、どう考えても、「ペラペラな身体で恥ずかしい」って思いを
乗り切ってでも、いま通ったほうがいいですよね。

ほとんどの人は、購入した場合の「お金の出費」だけを考えます。
購入しなかった場合の損失(機会費用)を考えないのです。

続きを読む

散歩のススメ

AdobeStock_88849895

from 飯野恵太
馬車道のオフィスより

これからゴールデンウィークですね。
この連休を使って、普段はできないマーケティングの仕事を
一気にやろう!って先生もいるかもしれませんね。

部屋にこもったり、机にかじりついたりして、
ゴリゴリやろうとしてるかもしれません。

集中するのはいいのですが、イスに座りっぱなしは危険です。
座り続けることの人体への悪影響については
身体のプロフェッショナルの先生には釈迦に説法かと思います。
実は、イスに座り続けるってことは、「頭」にも悪影響なんです。

というより、軽い運動をすることが、
頭にとってとてもいい影響を及ぼすのです。
マウスを使った実験では、トレッドミルで運動をさせることで、
海馬の神経細胞が増えて、迷路の課題をクリアする時間が短縮されるらしいのです。
万学の祖とまで言われた、アリストテレスも、考えるときはいつも
歩いていたらしいのです。

「歩くと全ての問題が解決する」という名言まで残しているほどです。

続きを読む