飯野治療院集客事務所

株式会社タッチコード

大道芸人のマーケティング

from飯野恵太
自宅オフィスより
 
 
 
 
僕、大道芸を見るのが
すごく好きで、街で大道芸を
見かけると、必ず足をとめて
みてしまいます。
 
 
 
 
技術もすごいですが
彼らって、コミュニケーションで
人を楽しませる能力も高いですよね。
 
 
 
 
そして、マーケティングにも
力を入れてるんじゃないか?
って思うことが多々あります。
 
 
 
 
大道芸人の方というのは
当然、フリーでやっているので
誰かに雇われているわけではありません。
 
 
 
 
収入のほとんどは
観客からの投げ銭です。
 
 
 
 
だから、観客からお金をもらうための
クロージングも大事なんですね。
 
 
 
 
色んな大道芸人のパフォーマンスを見ていても
テンプレートというか
共通する手法があるように
感じました。
 
 
 
 
その中でも、特に強く感じたのは
「参加させる」ということです。
 
 
 
 
ただ、パフォーマンスを見せるだけじゃなくて
観客に参加をさせるんですよね。
拍手とか、掛け声とかけさせます。
 
 
 
 
これは、パフォーマンスを
盛り上げるだけじゃなくて
クロージングしやすい環境を
作ることにも成功していると思います。
 
 
 
 
やっぱり「傍観者」としてよりも
「参加者」としての方が
大道芸人に親近感が湧きますし
応援したいと思うようになります。
 
 
 
 
その最たるものが
ステージにあげるというものだと思います。
 
 
 
 
アシスタントとして観客の中から
何人か選んで、ステージに
上がらせるんですよね。
 
 
 
 
そして、最近多いと思うのは
一人だけじゃなくて、何人も
ステージにあげたり絡んだりするんですよ。
 
 
 
 
で、パフォーマーと絡んだ人は
ほぼ間違いなく、途中で帰ったりしませんし
終了後の投げ銭に1000円札を投じています。
 
 
 
 
僕も大道芸を頻繁にみるので
ステージにあげさせられることも
あるんですが、一緒に舞台を作っている感覚になるのか
パフォーマーとの絆が作られるのか
1,000円以上投げ銭したくなるんですよね。
 
 
 
 
 
キングコングの西野さんも
著書の中で書いてましたが
売上をあげるには
「作り手を増やす」ことが
大事と言っていました。
 
 
 
 
作り手、または共犯者ですね。
 
 
 
 
誰かと一緒に本を作ったら
その人は、必ずその本を買いますよね。
一冊どころか何冊もほぼ確実に買うと思います。
 
 
 
 
だって、自分が制作に関わった本だから。
これは、先生も十分に使える考え方です。
 
 
 
 
患者さんを参加させるんです。
 
 
 
 
新しいメニューを作るなら
名前をつけてもらってもいいですし
意見を聞くだけでもいいと思います。
 
 
 
 
傍観者にさせずに
少しでも良いので
参加させることで
共犯者を作ることが
できますよね。
 
 
 
 
大道芸人の方は
抜け目なくこんな高度な
テクニックを使っているんですよね。
 
 
 
 

 

悟空の俯瞰的考え方

from飯野恵太
横浜オフィスより
 
 
 
 
ドラゴンボールの悟空って
無邪気で天真爛漫
だけど、天然。
みたいな感じで
あんまり頭がいいイメージは
ないですよね。
 
 
 
 
でも、悟空は大人になってからは
他のキャラとは違う視点で
物事を考えていて
かなりの頭の良さを
みせているんです。
 
 
 
 
完全体のセルと戦った
トランクスは全身の筋肉量を
肥大化させてパワー重視の変身を
しましたが、スピードが
出なかったためセルに
破れます。
 
 
 
 
しかし、悟空はそのことに
早い段階から気付いていて
こんな変身をしても
意味がないと言っているんです。
 
 
 
 
超サイヤ人をさらに超えて
パワーを求めるよりも
超サイヤ人の状態を
平常心で維持できる訓練を
した方が、ずっといいと
言って他の戦士とは
全く違う修行法を取り入れるんです。
 
 
 
 
みんなが部屋の制限時間ギリギリまで
精神と時の部屋で修行を
しているのにも関わらず
悟空はさっさと出てきて
家族でピクニックなどして
心と体を休めることに
専念しているんです。
 
 
 
 
ど根性でゴリゴリ
力だけを磨くという
アプローチではなく
全く異なる視点で
物事を考えているんですよね。
 
 
 
 
さらには、自分の強ささえも
疑ってセルに挑んでいるんです。
 
 
 
 
闇雲に
頑張ったらセルを
倒せるんだ!!という
姿勢で挑むのではなく
自分の実力では勝てない可能性も
考えているんです。
 
 
 
 
解決策として
「人に任せる」ということさえ
選択肢にいれて考えているです。
 
 
 
 
こんな考え方できちゃうのって
すごいですよね。
 
 
 
 
目標達成するために
他のキャラは「ただ強くなる」
ということだけしか考えなくて
そのアプローチ方法1本だけで
挑んでいるのに対して
悟空は「セルを倒す」という
ゴールに向けて
色んな視点で物事を考えているんです。
 
 
 
 
単純に戦闘力が高いだけでなく
こんな魅力も持ち合わせているんですよね。
悟空は。
 
 
 
 
俯瞰して色んな視点で考えるって
院の経営でもとても大事なことですよね。
 
 
 
 
視野が狭まっていると
「この方法しかない」と
盲目的に進んでしまうことって
ありますが、一歩ひいて
視点を変えて考えてみると
全然違うアプローチが
考えられることってありますよね。
 
 
 
 
俯瞰して考える。
とても大事なことですよね。
 
 
 
 

 

新橋の居酒屋

from飯野恵太
横浜の自宅より
 
 
 
 
食べログの上位店の
人気をあなどっていました。
 
 
 
 
新橋で飲み会をするので
その予約をしようと
電話しました。
 
 
 
 
二週間後の予約だし
月曜日の予約だし
余裕で取れると思ったのに
どこも満席。
 
 
 
 
まじか。と思いましたね。
 
 
 
 
個室があって
食べログ評価の高いところを
10軒くらい電話しましたが
全部埋まってるんです。
 
 
 
 
驚きました。
 
 
 
 
ほとんどのお店は
「予約いっぱいです」
と、即答されるんですが
そんな中、あるお店だけは
対応が違ったのです。
 
 
 
 
本当に残念そうに
心から申し訳なさそうに
予約が取れないことを
伝えてくれたんです。
それだけでなく
代替案まで提案してくれたんです。
 
 
 
 
そのお店の姉妹店が
近くにあることや
価格帯やコンセプトも
似ている点を伝えた上で
もし、よろしければ
そちらはいかがでしょうか?と。
 
 
 
 
こんなことをしてくれるところは
このお店の他にはなかったです。
 
 
 
 
素敵な対応ですよね。
 
 
 
 
ちなみに、その姉妹店に電話したら
予約がいっぱいで、食い気味で
「予約いっぱいです」と両断されましたがね。
 
 
 
 
姉妹なのにえらい違いだな。
 
 
 
 
とにかく、僕は
素敵な対応をしてくれた
お店を絶対に忘れません。
 
 
 
 
次に、新橋で飲み会をするときは
絶対にそこに行こうと
思いました。
 
 
 
 
そのときは、もっと早めに予約をする
必要がありますがね。
 
 
 
 

素敵なお掃除屋さん

from飯野恵太
横浜のオフィスより
 
 
 
 
オフィス近くの
セブンイレブンで
素敵な体験をしました。
 
 
 
 
その、セブンイレブンでは
清掃業者の方を呼んで
一面のガラスを掃除していたんです。
 
 
 
 
掃除の関係で
自動ドアのスイッチが
切ってあったのですが
入口近くでガラス掃除をしていた方が
お客さんが入ってくる度に
自分でドアをあけてあげて
とっても素敵な笑顔で「いらっしゃいませ」と
声をかけているんです。
 
 
 
 
この業者さんは
たまたまセブンイレブンに依頼されて
掃除をしているだけで
そこに来るお客さんは
その業者さんのお客さんでは
ないんです。
 
 
 
 
しかも、その笑顔と挨拶は
本来やるべきセブンイレブンの店員さんのものより
ずっと朗らかで、心のこもったものだったんです。
 
 
 
 
すごいですよね。
おそらく、この清掃業者さんは
ただ、「掃除をする」ことを
目的に仕事をしているのではなく
「クライアントに喜んでもらう」ことを
目的にしているんだな。と思いました。
 
 
 
 
セブンイレブンからしたら
無愛想に掃除をされたら
イメージダウンになってしまうから
そんな業者さんだったら
お願いするのが不安になります。
 
 
 
 
でも、そんなセブンイレブン側の
気持ちを理解して
お客さんに気持ちよくあいさつをしている。
 
 
 
 
しかも、マニュアルで
指示をされたような
形式的なあいさつじゃなかったんですよね。
本当に。
 
 
 
 
心から気持ちよくなるような
一流ホテルのホテルマンから
あいさつされたような
そんな素敵なものだったんです。
 
 
 
 
ただ掃除するだけではなく
そんな付加価値を提供してくれる
清掃業者さん、僕も
セブンイレブンのオーナーだったら
絶対にお願いしたいなと
思うのでした。
たとえ、金額が高かろうが。
 
 
 
 
 

握力がボトルネック

from飯野恵太
横浜の自宅より
 
 
 
 
 
筋トレのお話をさせてください。
 
 
 
 
 
背中を鍛えるために
デッドリフトという
トレーニングをしています。
 
 
 
 
 
バーベルを地面
すれすれまで下げて
腰の位置まで
上げるというトレーニングです。
 
 
 
 
 
背中もハムストリングも
鍛えることができる
いいトレーニングなのですが
1つ問題があります。
 
 
 
 
 
80キロ、100キロもの
バーベルを手で持たなければ
いけないので
途中で握力がなくなっちゃうんです。
 
 
 
 
 
背中を限界まで追い込みたいのに
先に握力が限界にきちゃうんです。
握力の限界までしか鍛えられないんです。
 
 
 
 
 
握力を補助するための
ストラップもあるのですが
忘れちゃったので
全く鍛えることができなかったんです。
 
 
 
 
 
完全に「握力」が
ボトルネックになってるんです。
 
 
 
 
 
ボトルネックとは
パフォーマンスを規定しちゃう
要素のことです。
 
 
 
 
 
僕が背中を追い込むために
10レップやりたいのに
握力が6レップで尽きたら
そこまでしかできません。
 
 
 
 
 
どんなに背中の筋力を鍛えても
それこそ、化物なみの筋力があったとしても
握力が変わらなければ、デッドリフトの
回数は変わらないんですね。
 
 
 
 
 
経営にも
デッドリフトの
「握力」と同じ
ボトルネックはあります。
 
 
 
 
 
そのボトルネックは
店舗によって様々ですが
多くの場合は「集客力」です。
 
 
 
 
 
どんなに治療の技術を
向上させても
そもそもそれを受けてくれる
患者さんを集める能力が
なければ持ち腐れですよね。
 
 
 
 
 
極端な話
奇跡のような治療スキルがあっても
患者さんが来なければ
リピートもしようがないし
口コミも広がりようがないですよね。
 
 
 
 
 
あなたが頑張ってることでも
それがパフォーマンスの向上に
つながらないことがあります。
 
 
 
 
 
あなたの院に、もし
ボトルネックがあるなら
まずは、その問題から
手をつける必要がありますね。
 
 
 
 
 
よし、握力鍛えなきゃ。

 

ストロークマネジメント?

from飯野恵太
横浜の自宅より
 
 
 
この時期は
忘年会で忙しいという
人もいるんじゃないでしょうか?
 
 
 
 
僕も、普段はあんまり
飲みに行かないので
この時期に、1年の
半分以上のアルコールを
摂取する気がします。
 
 
 
 
それはいい過ぎかも。
 
 
 
 
 
そんな忘年会ラッシュの中
久しぶりに飲んだ
コンサル仲間の友人
新井歯科増益研究所
の新井翔平くんから
すごくいい話を聞いたので
ご紹介したいと思います。
 
 
 
 
僕と違って
集客だけではなく、スタッフ間との
コミュニケーションギャップとか
マネジメントのコンサルにも
力を入れている人なんですが
彼が、職場の人間関係の
問題を解決する効果的な
方法として教えてくれたのが
 
 
 
 
「ストロークマネジメント」
 
 
 
 
ストロークとは、
相手の存在や言動を
認めていることを
具体的に示す行動のことで
承認のアクションだと
思ってください。
 
 
 
 
スタッフ間のコミュニケーションなど
人間関係の問題がある職場では
このストロークが圧倒的に
不足しているんだとか。
 
 
 
 
何かやってくれても
「ありがとう」と言わなかったり
話すときに目も見なかったり
 
 
 
 
こういうストロークが
足りてない間柄では
関係性が希薄になり
ギスギスしてしまう。
 
 
 
だから、スタッフが
前向きに仕事をしてくれなくなり
言われたことしかやらなくなる、
言われたことすらも、やらなくなる
 
 
 
こんな問題が出てきちゃうんですね。
 
 
 
 
なので、そうならないように
行うのが、ストロークマネジメント
なんです。
 
 
 
 
毎週、Aさんは25回
Bさんには30回
と、ストロークの回数の目標を定めて
それを達成できるように努力する。
 
 
 
 
これをやるだけで
2、3ヶ月後には
職場の雰囲気ががらっと
変わるらしいんです。
 
 
 
 
確かに、慣れてくると
ここで言われている
「ストローク」って
軽視してしまいますよね。
 
 
 
 
職場に関わらず
ありとあらゆる
人間関係で、大事な
考え方ですよね。
 
 
 
 
 
  
僕がすごく良い気づきを得た
ストロークマネジメントのお話でした。
 
 
 

 

囲碁将棋のプロの収入源

from飯野恵太
新宿のコワーキングスペースより

ヒカルの碁を、全巻買ったというお話を
書きましたが、そこから囲碁に
興味を持ち始めて、
色々調べ始めたんです。

囲碁も将棋もそうですが、
プロ棋士がいます。

でも、このプロ棋士の
収入ってどこから生み出されているのかな?
って疑問に思ったんです。

プロ野球とかなら、
わかりやすいですよね。

スタジアムに観戦に来る
お客さんが、チケットを払ってくれたり、
グッズを買ってくれるので、
それが収益源となって、
彼らのプロ選手に払われていますよね。

でも、囲碁や将棋の手合って、
観客はいません。

集中して競技をするので、
部外者は立ち入ることすらできません。

手合をお金を払って、
観戦する人っていないんです。

囲碁、将棋のファンからは、
直接お金を取れないんですね。

じゃあ、どうやって収入を得ているのか?

それは、企業がスポンサーになって
大会を主催してくれるからなんです。

例えば、将棋の名人戦は、
朝日新聞、毎日新聞が主催しているのですが、
彼らが、優勝賞金や対局料を払っているので、
成り立つわけなんですね。

ここで気になるのが、
これらの企業が
スポンサーをするメリットは何?
ということです。

たとえば、サッカーの
キリンチャレンジカップみたいに、
大会の名前に企業名が
冠せられるわけではないので、
広告効果ってほとんど得られないですよね。

でも、毎年毎年、
将棋にも囲碁の大会にも
スポンサーはつきます。

なんのために、
やっているのか?

彼らは、プロ棋士の手合で
できあがった、「棋譜」を
コンテンツとして価値を見出しているから、
そこに投資をしているんですね。

棋譜っていうのは、誰がどこに
どの駒を打ったか?というのが
記録されているやつです。

大会を主催することで、
その棋譜を掲載する権利を買っているんですね。

で、朝日新聞は、名人戦の
棋譜を自分の新聞に載せるわけです。

だから、名人戦の棋譜を見たい
将棋ファンは、朝日新聞を買う。

こういう仕組みなんですね。

だから、将棋の大会のスポンサーって
ほぼ100%新聞社なんです。

囲碁、将棋の世界って
小さい頃から、めちゃくちゃカッコイイと
思っていて、羽生さんとかも
すごい好きなんですが、
すごく危ういビジネスでもあるなと思いました。

そこに価値を感じて、
お金を払ってくれるのが、
新聞社しかいないからです。

ただでさえ、新聞の購読者は減っていて、
将来的には、新聞自体の存在も
危ういですよね。

そうなったときに、
囲碁、将棋のプロの業界はどうなるのか。

これを考えていて、
ますます、ビジネスにおける
「顧客との関係性」の
重要性を感じました。

ビジネスにおいて、
利益をもたらしてくれるのは、
顧客だけです。

囲碁、将棋の連盟にとって
直接の顧客は、新聞社だけです。

すっごい言い方悪いですが、
下請け会社みたいな状態になっています。

新聞に提供するコンテンツを作る会社みたいな。

下請け会社でやっていると、
営業はしなくてもいい分、
収益はあがらないし、
発注会社が潰れたら終わりですから、
すごく危うい状態ですよね。

事実、プロ棋士の平均年収って400万円ほどらしいです。

羽生さんみたいなトッププロは、
1億近く稼ぎますが、そうでない方は、
一般のサラリーマンよりも厳しい収入に
なっていることもあるのです。

新聞社だけに依存するのではなく、
その他のスポンサーや、
直接のファンからの課金など、
収益の柱を作ることができたら、
プロ棋士の収入も増えるし、
この文化を守っていくことができるのにな!と
思ったのでした。

どんなビジネスでも、自分で顧客を見つけ、
集める能力というのは、めちゃくちゃ大事だなと
改めて思ったのです。