飯野治療院集客事務所

株式会社タッチコード

快適領域を少しずつ出ていく

快適領域を少しずつ出ていくfrom 飯野恵太
横浜オフィスより

初めて飛び込み営業したときは、
チャイムを押す手がブルブル震えました。

学生時代に、営業を勉強しようと思って、
飛び込みでBフレッツ光を販売する営業のバイトを
したことがあるんです。

完全歩合制で、契約したら、1万円もらえるという
ところでやっていました。

当時、「ユダヤ人大富豪の教え」に
どっぷりハマっていて、大富豪のゲラーさんの
教えを僕は忠実に守ろうとしていたんです。

彼は、成功するために最も重要なスキルは
セールスのスキルだ!と、言っていたので、
コウノトリを信じている幼子がごとく
ピュアだった僕は、とにかくセールスのスキルを磨こうとしたんです。

続きを読む

尊敬するコンサル仲間

尊敬するコンサル仲間from 飯野恵太
横浜オフィスより

僕の尊敬するコンサルタントの一人に
林田康裕さんという方がいます。

彼は、マインドブレーキが
ぶっ壊れているんです(褒めてます)

とにかくどんどん新しいことに挑戦して、
ごりごり結果を出しているんです。

その林田さんが、飛び抜けた成果をあげた
1つの理由に、メルマガがあります。

彼は自分のビジネスも
クライアントのビジネスも
この「メルマガ」によって
驚異的に成長させてきました。

彼がそのメルマガのノウハウを
動画セミナーで惜しげもなく
紹介しているので、ぜひ
この機会に登録してみてください。

↓↓

続きを読む

飽きるのはいつも広告主

飽きるのはいつも広告主from 飯野恵太
みなとみらいのスタバより

僕には、今月で、8ヶ月になる息子がいるのですが、
本当に赤ちゃんって好奇心のかたまりですよね。

次から次へと、目に写ったものに興味を持ちます。
でも、一個のおもちゃを5分くらい遊んだら、
もう飽きてしまうんですけどね。

ベビーカーに乗せて、
いろんな景色を見せていると
楽しそうにしてるんですが、
レストランとかで座らせていると
1分と持たないですね。

マーケティングの巨匠たちと
正反対です。

続きを読む

結婚式でのペルソナ作り

結婚式でのペルソナ作りfrom 飯野恵太
横浜オフィスより

突然ですが、私は昨年結婚したのですが、
まだ結婚式をあげていないんですね。

これから結婚式をあげようと思っているので
週末の休みを利用して、妻と息子と
ある式場のブライダルフェアに行ってきました。

今回参加したところ以外にも、
何軒かまわったことはあったのですが、
今回の式場では、おー!!すごいな!と
思う、内容だったのです。

最初にプランナーの方と打ち合わせをしたのですが、
その式場の会場がどうとか、
チャペルがどうとか、
一方的なプレゼンを始める前に、
そもそも、どんな結婚式を開きたいのか
詳しく聞いてくれたんですね。

しかも、そこではなんと、
僕らが結婚式を開くうえでの、「ペルソナ」を
聞き出してくれたんです。

数ある出席予定者の中で、
とくに、誰に、どんな風に喜んで欲しいのか、
その人になんて言われたいのか?を
深掘りしてきたんです。

びっくりしましたね。

広告作成でも、とても大事な
ペルソナの設定を、ウェディングプランナーがやるんだ!
と感動しました。

確かに、こういう風にペルソナを明確にしてから、
結婚式を決めていけば、新郎新婦にとって、
間違いのない式があげられるんだろうなーと思いました。

ペルソナというのは、意味的には、
仮面とか人格って意味なのですが、マーケティング的には、
「最も重要、最も象徴的な顧客のモデル」の
ことを指します。

ようは、自分の提供する商品を
どんな人だったら、一番喜んで買ってくれるのか?
というモデルのことです。

これは、広告を作り始めるときにも、
必ずやる必要があります。

ターゲットをあいまいにして、
なんとなく、「身体に悩みのあるひと」と
思って、広告を作り出すのと、
ペルソナを決めてから作るのでは、
まったくその出来が変わってきます。

ペルソナというのは、こんな感じです。

続きを読む

「活動の罠」にはまってない?!

134877from 飯野恵太
横浜オフィスより

僕の昔のお話をさせてください。
僕は、学生の終わりの頃に起業をして
テレアポを代行するという事業を始めました。

ハッキリ言って、社会に出てまともに
働いた経験もなく、経営もマーケティングも
しらない小僧ですから、結果を出すために、
とにかく長時間働くということを意識して
働きまくってました。

おそらく、あのときの僕の仕事量は
23歳の男子の中でも、ベスト10に
入るんじゃないかってくらい働いていました。

休みはおろか、仕事中に休憩することもなく
働きまくってたんです。

朝の7時にはオフィスに行き、
そこからテレアポのリストを作ります。

そして、9時になったらテレアポをスタート。
そこからは、本当に受話器をおくことなく、
20時まで電話をかけ続けます。

そして、そこから24時までは
事務作業や翌日のテレアポのための
リストをつくる。

そんなサイクルで、毎日毎日
働いていたのです。

顧客を獲得するのもテレアポですし、
顧客から引き受ける仕事もテレアポなので、
テレアポざんまいです。

生活をしていくための
売上をたてるためにも、
休むことなくひたすら。

続きを読む

ぶっちゃけ「やり方」なんてない

%e3%81%b5%e3%82%99%e3%81%a3%e3%81%a1%e3%82%83%e3%81%91%e3%80%8c%e3%82%84%e3%82%8a%e6%96%b9%e3%80%8d%e3%81%aa%e3%82%93%e3%81%a6%e3%81%aa%e3%81%84from 飯野恵太
品川のスタバより

いま、ホリエモンの「本音で生きる」を読んでいます。
この人の考え方は、かなりダン・ケネディに近いので、
すっと頭に入ってきます。

もっとも、彼は、自分の知見を広げるために
聞いてて腹が立つような、全然考え方の違う人の
記事や本も読むべきだと言っているのですが。。。

とにかく、ホリエモンの考え方は、
すごく面白いんです。

その中でも、特にダン・ケネディに
近い考え方のものがありました。

それは、そもそも、うまいやり方なんてなくて
全てがトライアンドエラーだという点です。

ビジネスで成功させるには、
思いつく限りのことを次々とやってみるしかない。
彼自身も小さなアイディアを次々に試して、
そのトライアンドエラーの中で、いくつかの
事業があたったというのです。

結局、 続きを読む

「時間がない」のウソ

%e3%80%8c%e6%99%82%e9%96%93%e3%81%8b%e3%82%99%e3%81%aa%e3%81%84%e3%80%8d%e3%81%ae%e3%82%a6%e3%82%bdfrom 飯野恵太
横浜オフィスより

「ショーシャンクの空に」が
アマゾンプライム会員だと、
無料で観れるということを知ったので、
妻と鑑賞していました。

でも、途中で時間がなくなってしまって、
寝る時間になったので、寝ることにしたんです。

僕がいま何気なく使った
「時間がない」って、
行動を開始しない言い訳として
よく聞きますよね。

相当な人数に使われた言い訳の常套句だと思います。

でも、よくよく考えると、時間がないって
ウソですよね。

そもそも、時間というのは、みんなに平等にあります。

大成功している人にも、
サラリーマンとして働くひとにも、
一日はぴったり24時間。

成功者には 続きを読む