飯野治療院集客事務所

株式会社タッチコード

最初は必ず大きな仕事から

from飯野恵太
南武線の車内より

はじめて
パソコンからじゃなくて
スマホからメルマガを
書いています。

僕の最近の趣味は
筋トレなんですが
その時に、絶対に
外せないルールがあります。

それは、大きな筋肉から
鍛えるということ。

上半身の日なら
ベンチプレスから
下半身の日なら
スクワットから
必ずトレーニングを
始めます。

ジム好きの方の多くは
きっと、この方法で
やってると思います。

筋トレあるあるなんですが
ベンチプレスが混んでると
やることがなくて
暇をします。

普段しないような
エアロバイクをこいで
時間をつぶしたりします。

その間に
ベンチプレス以外の
トレーニングすりゃいいじゃん?
と、思われそうですが、
そうはいかないんですね。

なんでかっていうと、
筋トレのBIG3の1つでもある
ベンチプレスですが、
これをやろうとすると
色んな部分の筋肉を
動員するんです。

メインは大胸筋なんですが、
その他にも、三角筋、上腕三頭筋
も結構使うんです。

だから、先に
肩や腕を鍛えちゃうと
そっちが疲れてしまって
がっつりベンチプレスで
大胸筋を追い込むってことが
できなくなっちゃうんですね。

だから、どんなことがあっても
ベンチプレスから鍛えるんです。

これは、筋トレだけではなく
仕事においても、同じことが
言えます。

広告コピーを作るような
かかるエネルギーの大きな仕事と
事務処理的な、小さなエネルギーで
できる仕事があったとしたら
絶対に、エネルギーの大きな
重要な仕事から手をつけた方がいいです。

なぜかというと
脳みそも、筋肉と同じように
疲れるからなんです。

脳の疲れって、あんまり
意識することってないですが
確実に脳みそも疲労します。

ぐっすり眠った後の脳と
一日中働いて酷使した後の脳では、
集中力や、処理速度が
大きく異なるんですね。

大切で、重要で、エネルギーを使う仕事を
あと回しにしてしまうと
それをやる時に脳が
万全な状態じゃなくなっちゃうんですね。

だったら、重要な仕事に
まず最初に取り組んで
脳が疲れたところで
細々とした仕事をやらせれば
いいんです。

その逆は絶対にダメ。
もったいないです。

それに、大事な仕事を
夜やろうとすると
先のばしして
翌日にまわそうとしちゃいます。

それを延々と繰り返して
結局、半年経っても
完成しない、なんてことに
なっちゃうんですね。

筋トレも仕事も
「大きなこと」から
やりましょう!

バイキンマンの外道ぶり

from飯野恵太
横浜オフィスより

アンパンマンの子供を引きつける力って
尋常じゃないですよね。

僕の息子は、いま1歳半なのですが、
本当にアンパンマンが大好きです。

どこにいっても、アンパンマンを見つけると、
「あぱ、あぱ」と言って、はしゃぎます。
ずっと、「パパ」と言ってると思って
喜んでたのですが、
妻から、それアンパンマンのことだよ、
と言われて、ショックだったことを覚えています。

とにかく、小さい子はアンパンマンが大好きなんです。

そんな1歳の子でも大好きなアンパンマンですが、
1つだけ、対象年齢を無視したヤバイと思う設定があるんです。

メロンパンナのお姉ちゃんとして生まれた
ロールパンナというキャラがいるのですが、
このキャラクターは、生まれるときに、
バイキンマンの謀略によって、悪の心を植え付けられるんです。

そして、アンパンマンを敵とみなすように洗脳されます。
そのせいで、いい心と悪い心を併せ持った
二重人格のキャラになってしまうんです。
ジキルとハイドですよね。

普段は、アンパンマンのようにいい心を持っているけど、
バイキンマンが働きかけると、悪の心に人格が奪われるんです。

だから、ロールパンナ本人も、悪の人格を持つ自分に対して
引け目を感じていて、普段は、みんなと暮らさずに、
遠く離れた谷でひとりぼっちで、野宿生活をしているんです。

このバイキンマンの所業、鬼畜じゃないですか?

言っても、バイキンマンって、
おかしを盗んだり、
ウソをついたり、

憎たらしいけど、どこか可愛げのある
いたずら程度のことをしている奴だったのに、
このロールパンナの件に関しては、
逸脱して、鬼畜ですよね。

だって、自分の子供が、
薬を飲まされて、悪の心を持つ、二重人格になったら、
許せますか?

しかも、そのせいで、二重人格になった本人は、
心に傷を負って、人との関わりを避けるように
なってしまうんですよ。

ロールパンナは、一生、この二重人格で
暮らさなければいけないんです。

いつか、仲間を襲ってしまうかもしれないと、
おびえながら。

そのことを思うだけで、
ばいきんまんに対して胸糞が悪くなります。

アンパンチや、アンキックですまされる
ことじゃないですからね。

特にオチなどはありません。
ただただ、ロールパンナちゃんに対する
ばいきんまんの外道ぶりを知ってほしかっただけです。

やっぱりアンパンマン応援しましょう。

筋トレ時間の短縮!

from飯野恵太
横浜市スポーツジムの休憩室より

今日の話は、役に立つように見せかけて、
微塵も役に立ちませんので、お気をつけください。

昨日、「脱ダラダラ」のお話を
メルマガで書いていて、
ふと、これを「筋トレ」でも使ってみようと思いました。

仕事のときは、毎日20分くらい使って
翌日の仕事の詳細なスケジュールを作っているのですが、
これを筋トレにも応用してみたんです。

いつもは、60分の枠を取って、
その時間で、終わらせようと思っているんですが、
実際には、65分とか、70分くらいかかってしまうんです。
もしくは、予定していた種目をやらずに終える。
こんな感じになっちゃうんです。

これは、トレーニングの時間を、
まるっと60分、漠然と捉えてたからだなと思って、
どの種目を何分で終わらせるのか、決めて、
トレーニングに挑みました。

そのために、キッチンタイマーを
トレーニングルームに持ち込んで、
予定の記載されたノートとにらめっこしながら、
ガッチャンガッチャン、筋トレしていきました。

予定の時間が来たら、動き出す。
予定の時間が来たら、動き出す。
これを繰り返していたので、
我ながら感情を失ったロボットのようだと
思いましたね。

でも、このトレーニング方法の効果がものすごくよくて、
いつもなら、65分くらいかかっていたトレーニングを
44分で終わらすことができたんですよ。

32%off
トレーニング時間を2/3に抑えることができたんです。

すごい効果ですよね。

やる種目は全部いっしょですし、
セット数も変えずにです。

やっていてわかったのが、
時間を意識する前の僕のトレーニングって
無駄な休憩時間がすごく多かったんですね。

種目を帰る前に、一息入れたり、
セット間に、必要以上に休んでしまっていたり。

でも、種目のスケジュールを細分化して
時間とにらめっこしながら、取り組むことで、
めちゃくちゃ集中しながら、できたんですよね。

すごくいい!!と思いました。

PS
ただ、あまりにも、ハイペースで追い込んだので、
酸欠状態が続いて、激しい頭痛と吐き気に襲われました。

シャワーを浴びてるときに、ピークに達して、
お昼ごはんに食べた親子丼をリバース。
ちょうど、大盛りにした分くらい吐き出しました。(ジャスト)

ハイペーストレーニングをする場合には、
昼飯は普通盛りがオススメです!!

脱ダラダラ作業

from飯野恵太
横浜オフィスより

施術以外の仕事、
特にデスクワークをしようと思って、
今日は集中するぞー!と思ったのに、
気づいたら、ネットサーフィンを始めて、
Facebook、気になる本の購入、
ニュースサイトの閲覧。

こんな感じで、ダラダラ、ダラダラ
時間が経ってたっていうこと、
必ず経験があると思います。

やろうと思っていたことの、
半分も仕事が終わらなかったことも
あるはずです。

こんな、悩みの1つの解決策は、
作業を細分化して、時間を区切るということです。

〆切は、人類最大の発見だ!って
誰かが言ってましたが、〆切のない仕事は、
ほぼ永遠に終わらないです。

だから、細かく区切って、〆切をたくさん作っておくんですね。

たとえば、丸一日かけて、チラシを作ろう!と
みたいにアバウトな時間の使い方をしてしまうと、
時間が無限にあるように錯覚してしまうので、
どうしても、ダラダラしてしまうんです。

でも、
8時〜10時 リサーチ
11時〜13時 ヘッドライン
14時〜15時 ブレッド
16時〜18時 本文の作成

みたいな感じで、時間割を作って、
それぞれの作業に取り掛かると、
自分に良いプレッシャーをかけられるので、
ダラダラ時間を、回避することができるんですよね。

もちろん、100%ダラダラしないわけではないですが、
時間割を作らずに、なんとなく、漠然として、仕事を始めるよりも、
ずっっっと集中して取り組むことができます。

「すべての物事は、二度作られる」と
言われています。

最初に、頭の中で作られて、
次に、物理的に作られる。

仕事に関しても一緒です。

どうやって仕事をするか?という
スケジュールを立てておくことで、
実際に生み出す作業を、ずっと効果的に行うことができるんですね。

孫正義さんの弟に、孫泰蔵さんという
ガンホー・オンラインの創業者がいます。

というか、兄弟揃って、東証一部上場企業を
作り出しているって、めちゃくちゃすごいですよね。

この、弟の泰蔵さんは、東京大学に二浪して
入学しているのですが、二浪時に、
兄の正義さんに相談したことがあったんです。

で、そのときにもらったアドバイスが
年間の勉強計画を作るということ。

しかも、ざっくりしたものではなく、
1時間毎に何をやるか?まで考えて作った、
めちゃくちゃ詳細な勉強計画を作ったんです。

その計画表を泰蔵さんが作るたびに、
孫さんにめちゃくちゃダメ出しをされて、
計画表を完成させるまでに、一ヶ月も時間が
かかったんです。

受験生が一ヶ月間計画作成だけに
時間を費やすって、普通に考えたら
異常なことですよね。

でも、その計画表を作ってから、
勉強の効率がめちゃくちゃあがって、
これまで、二度東大に落ちていたのに、
計画表通りに勉強して受けた模試では、
全国で10番以内に入るほどの成績を叩き出したんだとか。

それほど、計画、実行のスケジュールを
作ることって大事なんですよね。

なんとなく、仕事を進めようとおもったら
ダラダラしてしまいます。

しかし、1日のスケジュール、詳細なスケジュールの作成に、
時間を使うこと、一見無駄なようにみえますが、
この投資によって、あなたの仕事の効率を飛躍的にあげることが
できるんですね。

そして、時間とにらめっこして
作業を進めることで、ダラダラ時間を
追い出して、とても充実した時間を過ごすことが
できるようになるのです。

言い訳って格好悪い

言い訳って格好悪いfrom 飯野恵太
横浜の自宅より

日曜日にTV番組の「フルタチさん」を
見ていました。

ここでは、TVでコメンテーターとして
活躍している人達が、中学受験の
社会科の問題が出されたら、
ちゃんと答えられるのか?という
検証をしてました。

そこには、友利新さんという
美人すぎる女医とも言われている
コメンテーターが出ていたんです。

見ていて、すごく気になったのが、
この人が不正解だったときの言い訳が
すさまじいんです。

続きを読む

ベジータに学ぶ修行の仕方

ベジータに学ぶ修行の仕方from 飯野恵太
横浜オフィスより

休日を利用して、家族で、温泉に行ったのですが、
そこには、なんとドラゴンボールが置いてあるではないですか!

人造人間編を読みました。

ドラゴンボールのキャラの中でも
ベジータが大好きなんです。

悟空と永遠のライバルという
ポジションがすごくカッコいいんですよね。

ベジータは人造人間編で、
未来のトランクスから
3年後に凶悪な人造人間が
出現するという話を聞いて、
それから重力300倍の
部屋で修行を積みます。

そこで、超サイヤ人に目覚めるのですが、
人造人間18号に負けてしまうのです。

人造人間とは言え、
人間の女の子に負けた
ベジータは、自分のプライドを
ずたずたにされるのですが、
彼のすごいところは、そこで
あきらめないところなんです。

猛烈な修行をして、超サイヤ人にまで
目覚めたにも関わらず、あっけなく
やられてしまったのに、すぐに、
さらなる修行をして、奴らを超えると
言うのです。
超サイヤ人の壁をさらに超えると
誓って、精神と時の部屋で1年間修行します。

すると、もう余裕で人造人間たちの
戦闘力を上回ってるんですよね。

18号達が手足もでなかったセルが
さらに強力になった第二形態のセル
すらも余裕で凌駕する強さなんです。

いくら精神と時の部屋に入っていたからといって、
尋常じゃないくらい強くなってるんですよね。

人造人間が来るまでの3年間よりも、
この1年間の成長の方がはるかに
大きいと思います。

漫画だからと言ってしまえば
そこまでなのですが、
これは、ベジータが目標を
明確にしたから、成長の速度も
飛躍的にあがったんだと思いました。

未来のトランクスが来たときは、
あくまでも、人造人間の強さについて
伝聞だけでした。

「とてつもなく強いやつが現れる」と。
言葉だけなので、どこまで自分がつよくなれば
いいのかイメージはつけにくいですよね。

でも、3年後に、実際にその人造人間と戦うのですが、
これによって自分の弱さと、相手の強さを
ハッキリと知ることができたんだと思います。

つまり、現在地と目標の値、そのギャップが
明確になったのです。

だから、その後の1年の修行での
モチベーションも高まっていたし、
修行の精度も上がっていたんですね。

なんかそれっぽいことにつながてみたのですが、
とにかく僕が伝えたかったのは、
ドラゴンボールが好きだということです。

仕事を楽しむカメラマン

仕事を楽しむカメラマンfrom 飯野恵太
みなとみらいのスタバより

昨日は、鎌倉の浜辺で、
家族写真を撮影してきました。

撮影してくれるスタッフが、
みんな愉快な人達で、
とても楽しく撮影してもらうことが
できたんです。

中でも感動したのが、
僕らの自然な表情を見つけたら、
即座にカメラを構えて撮影してくれたこと。

撮影するカットは、あらかじめ
決められていたんですね。

このシーンと、このシーンを撮りましょう。
と。

続きを読む