飯野治療院集客事務所

株式会社タッチコード

女性モノの水着で山中湖まで

from飯野恵太
桜木町のスタバより
 
 
 
 
僕がスキンヘッドだったせいで
大学の入学時に
どのサークルからも
勧誘されなかったという
お話をしました。
 
 
 
 
実は、たった1つの
団体からお誘いをもらったんですが
僕を誘ってくれた人は
・長ランをきて
・髭を生やして
・パンチパーマのかかった
恐ろしい出で立ちの人だったんです。
 
 
 
 
應援團です。
 
 
 
 
どこからも声をかけられなかった僕は
こんな恐ろしい人からの
誘いにも関わらず
喜々としてついて行ったんです。
 
 
 
 
勧誘に飢えていたんですね。
 
 
 
 
少しの間、應援團にいたんですが
常軌を逸した集団でしたね。
 
 
 
 
最初に、新入生を歓迎する
合宿に行ったんですが
全員「仮装」をして
電車で山中湖まで行きましたからね。
 
 
 
 
僕を勧誘してくれた
パンチパーマの先輩は
女性もののスクール水着を着た
状態で、御茶ノ水から
山中湖まで在来線で
行ってましたからね。
 
 
 
 
しかも、「水泳感を出すため」
という謎の理由で全身にローションを
かけてました。
 
 
 
 
今だったら、SNSにさらされて
炎上必死の仮装行列ですよね。
 
 
 
 
かなりクレイジーな集団でした。
 
 
 
 
普通ではできない体験を
たくさんさせてもらったんですが
結局、僕はアメフト部に入ったのですが。
 
 
 
 
二話にもわたって書いたのですが
とりあえずオチをつけるとしたら
「見た目」ってすごく大事ですよね。
 
 
 
 
中身が大事と言っても
それを知ってもらう前に
やっぱり人は見た目で判断されちゃいます。
 
 
 
 
僕がどんなにジェントルマンでも
スキンヘッド、眉なしだったら
普通じゃない奴と思って
まともなサークルの人は
近寄ってきてくれないのです。
 
 
 
 
水着+ローションで
山中湖まで電車で行っちゃう
集団しか声をかけてくれませんでした。
 
 
 
 
先生も患者さん、特に新規の患者さんと
あうときは、「見た目」ってすごく大事です。
 
 
 
 
別にかっこよくしてる必要は
ないですが、清潔感のある格好
身だしなみはとても大切です。
 
 
 
 
初めてあう人は
先生の人柄を知りませんから
見た目の情報でしか
判断することができないんですよね。
 
 
 
 
以上です。
 
 
 
 

 

大雨の中、雨粒ひとつかからんがごとく奇跡

from飯野恵太
横浜オフィスより
 
 
 
 
「君は才能のかたまりだ!!」
 
 
 
 
僕はその言葉につられて
ほいほいついて行ったら
その後、地獄をみました。。。
 
 
 
 
何の話かというと
僕の大学の入学式での話です。
 
 
 
 
僕、高校時代から
3年間スキンヘッドにしていたんです。
 
 
 
 
五厘刈りとかじゃなくて
ツルッツルのスキンヘッドです。
 
 
 
 
色々理由はあったのですが
1つは、高校時代、水泳部だったことです。
 
 
 
 
スキンヘッドだと、何かと便利なんです。
キャップをかぶらなくて
いいですし。
 
 
 
 
水泳部にもう一人スキンヘッドがいて
二人で試合前に剃り合ってました(笑)
 
 
 
 
もうひとつの理由は、僕天然パーマなんですけど
それがコンプレックスだったので
スキンヘッドにすることで
コンプレックスを
全てこそぎ落としたかったんですね。
 
 
 
 
その結果、僕のことを知らない人は
誰も寄り付かなくなりましたね。
 
 
 
 
中身はめちゃくちゃピースフルな
人間なんですけど。
 
 
 
 
そして、大学もそのまま
スキンヘッドで突入したんです。
入学式も気合いをいれてツルッツルに
仕上げました。
 
 
 
 
大学に行くと
もう、サークルの勧誘が
すごいんですよ。
 
 
 
 
ダンスサークル
テニスサークル
カラオケサークス
 
 
 
 
もうみんなキラキラに見えました。
 
 
 
 

身体測定で
新入生はみんな
すごい行列を作って
並んでいたんですけど
その列に、わんさか
色んなサークルの人が
勧誘にくるわけです。
 
 
 
 
ビラを配ったり
新歓の飲み会の説明をしたり
 
 
 
 
で、列の前の方から
案内をされていって
僕ももう内心ドキドキです。
 
 
 
 
うわー。
大学生っぽいなー。
わくわく。
どんなサークルかなー?
 
 
 
 
わくわくしながら待ってると
見事に、僕だけスルーされて
次の人に、ビラが配られるんです。
 
 
 
 
しかも、一度や二度じゃないですよ。
 
 
 
 
まるで、反発し合う磁石がごとく
僕のところだけ、何人たりとも
勧誘にこないんです。
 
 
 
 
忘れもしません。
 
 
 
 
それまで、完全にひとりひとり
ちゃんとビラを配っていたのに
僕だけスルーしていったのです。
 
 
 
 
中には、僕に悟られないように
僕の前二人目くらいから
勧誘を飛ばして
僕の後ろ二人目くらいから
勧誘を再開する団体もいました。
 
 
 
 
僕がいうのもなんですが
僕の前後にいた人は
いい迷惑です。
 
 
 
 
どれだけ僕が
自分のスキンヘッドを
呪ったことか。
 
 
 
 
それまで、高校では
みんな知り合いだったから
よかったんですけど。
 
 
 
 
大学では誰も僕のこと知りません。
 
 
 
 
しかも、気合いをいれすぎて
入学式では眉毛も全て
90%くらいこそぎ落としていったんです。
 
 
 
 
いけてると思っていた僕の
このファッションは
ただの危ない奴ですよね。
 
 
 
 
胸踊りながら
待っていたサークルの
勧誘は見事に
ひと声もかかりませんでした。
 
 
 
 
200〜300はあろうかという
団体がそれぞれ何人も勧誘部隊をつくって
声をかけていっているんです。
 
 
 
 
ただの一度も声がかからないというのは
大雨の中、ひとしずくも
雨粒をかぶんらんがごとく奇跡
 
 
 
 
圧倒的、奇跡なわけです。
 
 
 
 

1度、新歓シーズンの
キャンパスの様子をみると
それが、どれだけ異常な
ことなのかはわかってもらえると思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、もはや大学での
スタートダッシュで
見事に失敗した僕は
残りの4年間を絶望しながら
帰宅しようとすると
そこに、まさかの声が
かかるんです。
 
 
 
 
「君は才能のかたまりだ」
 
 
 
 
僕の目の前に立っていたのは
およそ、大学生とは思えない
色付きのメガネ、長ラン
を身にまとった
パンチパーマの人でした。
 
 
 
 
つづく
 

世紀の冤罪被害者「コレステロール」

from飯野恵太
茅場町のコワーキングスペースより
 
 
 
 
「常識」とされているけど
全然間違っているってことって
ありますよね。
 
 
 
 
最近では記憶に新しいものだと
コレステロール。
 
 
 
 
コレステロールって
悪い成分の代表的な
存在だったじゃないですか。
 
 
 
 
というか、今でも
身体によくないって
思ってる人は
多いと思います。
 
 
 
 
「卵は1日1個まで」って
誰でも聞いたことあるし
それを意識して食事を
していた人もいると思います。
 
 
 
 
コレステロールを摂取すると
血中のコレステロール値が増加して
脂質異常症になり
血管が傷ついて動脈硬化に
なってしまうと。
 
 
 
 
だから、国はコレステロールの
摂取量の制限目安まで
決めて、摂取を控えるように
警告していたんです。
 
 
 
 
でも、それは2015年に
撤廃されたんですよね。
厚生労働省から正式に。
 
 
 
 
食品からのコレステロールの摂取は
ほとんど血中のコレステロールに
影響を及ぼさないので
摂取量制限は意味がないって
なったんです。
 
 
 
 
もちろん血中のコレステロールが
高いことはよくないことなんですが
食べ物で摂取するコレステロールは
血中濃度にほぼ影響しないという
実験結果が出たんです。
 
 
 
 
それまで、コレステロールは
摂りすぎない方がいいというのは
ものすごく当たり前の常識でしたし
誰も疑ってなかったと思います。
 
 
 
 
でも、実際にはその「常識」は
間違っていたんですよね。
 
 
 
 
なにが怖いって
根拠がなかったのに
国民ほぼ全員が
コレステロールは良くないって
信じていたことですよね。
当然、ぼくもですが。
 
 
 
 
実家が割と厳しくて
目玉焼き大好きなのに
いつも1個しか食べれなくて
しょんぼりしていたんですが
その機会損失を返して欲しいですよね。
 
 
 
 
いま、当たり前だと思ってること
業界では「常識」とされていること
「そうした方がいい」と根拠なく信じられてること
 
 
 
 
もし、それらの当たり前を
守ることがあなたの
成果につながっていないのであれば
その、「当たり前」は
疑った方がいいですよね。
 
 
 
 
長年、国民全員から
悪者扱いされた冤罪被害者
コレ・ス・テロール
 

控えの選手がスーパースターに

from飯野恵太
横浜の自宅より
 
 
 
 
昨日は、待ちに待った
スーパーボウルの日でした。
 
 
 
 
スーパーボウルというのは
NFLというアメフトプロ団体の
頂上決戦です。
 
 
 
 
アメリカでは、めちゃくちゃ
注目度の高い試合で
視聴率は50%近くもあるんです。
 
 
 
 
この日は、アメリカで最も
テレビ視聴率が高いのが
このスーパーボウルなんです。
 
 
 
 
メジャーリーグの
ワールドシリーズの
視聴率が10%なので
いかに注目度の高い
試合かわかりますよね。
 
 
 
 
日本時間で朝8:30に
このスーパーボウルが
スタートするので
大学の先輩と新橋の
スポーツバーで
パブリックビューイング
してきたんです。
 
 
 
 
試合はとても白熱した内容で
会場は熱気に包まれていました。
 
 
 
 
アメフトには
クォーターバックという
野球でいうピッチャーみたいな
試合結果を大きく左右する
ポジションがあります。
 
 
 
 
イーグルスのQB(クォーターバック)は
ニック・フォールズという選手だったのですが
彼は、控えのQBだったんです。
 
 
 
 
スタメンQBの選手は
シーズン途中で靭帯を断裂してしまって
試合に出れなくなりました。
 
 
 
 
一方、対戦するペイトリオッツのQBは
スーパーボウルを5度も制覇している
生きる伝説のトム・ブレイディ。
 
 
 
 
控えのQBと生きる伝説。
 
 
 
 
どう考えても
ニック・フォールズに
分が悪い試合だったのですが
彼はこの試合でとてつもない
パフォーマンスをみせて
イーグルスを勝利に導いたのです。
 
 
 
 
ぼくは生粋のペイトリオッツファン
にも関わらず、試合の途中
フォールズのパフォーマンスに
魅了されていました。
 
 
 
 
フォールズのフットボーラーとしての
人生は、決して順風満帆なものでは
ありませんでした。
 
 
 
 
プロ選手になるも
ベンチを温める機会が多く
チームから放出されることもあったのです。
 
 
 
 
移籍先のチームでも
不遇のシーズンを過ごし
スタメン起用されることは
なかったんです。
 
 
 
 
イーグルスでも
控えQBとして
待機していて
シーズン後半まで
出場機会すらなかったんです。
 
 
 
 
野球のピッチャーと違って
ローテーションなどはないので
エースQBがケガさえしなければ
シーズン中、そのエースQBが
出場し続けるのが普通なんです。
 
 
 
 
だから、エースQBが
ケガをするまでは
ずっとベンチだったのですが
シーズンの終盤も終盤に
控えQBのフォールズが
試合に出場することになったのです。
 
 
 
 
誰もが、フォールズになった
イーグルスがスーパーボウルに
出場することすら
ありえないと考えていたのに
それどころか、彼は
優勝に導いてしまったんです。
 
 
 
 
ニューヒーローの誕生の瞬間でしたね。
 
 
 
 
こういうストーリーって
人を引きつけるとてつもない
パワーがあるんですよね。
 
 
 
 
画面越しの印象ですが
アメリカ中が
彼に魅了されていました。
 
 
 
 
アメフトに興味のない
方でも、このニックフォールズの
ストーリーに興味を持った人が
いるかもしれませんが
こういう物語は、人をひきつける
素晴らしいパワーがあるんです。
 
 
 
 
「負け犬がヒーロー」に
という型に分類される
ストーリーなんですが
不遇な時代を経験した
主人公が、苦難の末
栄光をつかむという
ストーリーは
人の心をつかむんですよね。
 
 
 
 
多くの映画もだいたい
「負け犬がヒーロー」の
型を使っていますよね。
 
 
 
 
ディズニー映画とかは
顕著にこの型を使ってますよね。
 
 
 
 
先生が患者さんに何か
メッセージを伝えるときも
この「負け犬がヒーローに」の
ストーリーを伝えるのは
とても効果があります。
 
 
 
 
不遇の時代を過ごしていた患者さんが
先生の施術によって幸せをつかんだ。
 
 
 
 
もし、そんな患者さんがいるなら
あらゆる方法で、他のひとにも
そのストーリーを伝えてあげたほうがいいです。
 
 
 
 

「てめーの頭にぶっかけるからな!!」

from飯野恵太
ワールドポーターズのタリーズより
 
 
 
 
そんなこと言う?!って
耳を疑う発言が飛び込んできました。
 
 
 
 
いま(昨日)ワールドポーターズの
タリーズコーヒーで
仕事をしているんですが
そこで、子供を連れたママさんが
入ってきて、カウンターで
注文をしていました。
 
 
 
 
男の子が、どうしても
頼みたい飲み物があるらしくて
それをお願いしていたら
そのママが
 
 
 
 
「残したら、
てめーの頭にぶっかけるからな!!!」
 
 
 
 
と、怒声を発したんです。
 
 
 
 
そんなこと言う?!って
思いませんか?
 
 
 
 
あまりに理不尽な発言に
店員さんの顔も
引きつってました(たぶん)
 
 
 
 
幼稚園くらいの男の子に対してですよ。
 
 
 
 
なんでそんなこと言うのよ。
そんなこと言われてたら
男の子も人とそういう
コミュニケーションの取り方しか
できなくなっちゃうじゃない!!と。
 
 
 
 
勝手にイライラして
なんでそんなこと言うん?!と
ずっと、心の中でつぶやいていたんです。
 
 
 
 
なんて嫌な奴だ!
鬼みたいな母親だ!
子供が可哀想すぎる!
 
 
 
 
ふと気付いたら
僕は、そのことで
頭がいっぱいになって
仕事が手につかなくなってたんです。
 
 
 
 
「誰かに不満をいだいて
そのことばかり考えるのは
賃料をもらわずに
頭の中にそいつを住まわせるのと
一緒だ」
 
 
 
 
誰かが言っていた言葉ですが
まさにそうですよね。
 
 
 
 
僕がそのママにイライラしていても
何の解決にもならないのに
勝手に頭の中をそのことで
満たして、仕事まで滞らせている。
 
 
 
 
はっと気付いて
思いの丈をメルマガに
ぶつけてみました。
(今ココ。)
 
 
 
 
以上!

 

俺よりがばい奴に会いに行く

from飯野恵太
横浜の自宅より
 
 
 
 
「マーケティングの大罪は
つまらないことである」とは
ダン・ケネディの言葉ですが
大罪とはほど遠い素敵な
プロモーションを発見しました。
 
 
 
 
「俺よりがばい奴に会いに行く」
というキャッチコピーで
つくられたこのプロモーションは
佐賀県とストリートファイターⅡの
コラボ企画です。
 
 
 
 
https://sagaprise.jp/sf-saga/
 
 
 
 
佐賀県の親善大使に命じられた
「サガット」が知事より
佐賀県の宣伝を任されるという
ストーリーです。
 
 
 
 
スト2世代の僕としては
もう、目の話せないページでした。
すみずみまで見ちゃいましたもん。
 
 
 
 
こういう、遊び心
人と楽しませようとする
気持ちって
すごく大切ですよね。
 
 
 
 
実際、SNSやWebニュースでは
ものすごい勢いで取り上げられて
拡散されています。
 
 
 
 
「マーケティングの大罪は
つまらないこと」
 
 
 
 
先生も、がばい奴に会いに行ってみてください。
 
 
 
 

 
 

Mac、インテリアと化す

from飯野恵太
武蔵小杉のスタバより
 
 
 
 
武蔵小杉のスタバで
仕事をしているのですが
目の前のテーブルに
女子二人組が座りました。
 
 
 
 
二人共Macを開いて
仕事か何か作業を
始めるのかと思いきや、
Macを開いたまま
一度もPC操作はせずに
そのまま2時間喋り続けて
Macには指1つふれずに
カフェを出ていったんです。
 
 
 
 
びっくりしましたね。
 
 
 
 
Macを開いているんで
ちょっとしゃべったら
仕事をすると思ったのですが
ついに、Macを使わなかったんです。
 
 
 
 
(それをずっと気にしてる僕も
どうかと思いますがね、、、)
 
 
 
 
彼女達からすると
完全にMacはアクセサリー
と化しているんでしょう。
 
 
 
 
もはや、Macは
パソコンとしての機能ではなく
持ち運べるインテリアとして
その役割を果たしていたんです。
 
 
 
 
「置く」ためだけに
Macを開いている人は
初めてみましたね。
 
 
 
 
「人は、感情でモノを買い
論理で説明する」
とは言われます。
 
 
 
 
MacBookを買う人が
購入理由として
その機能面を色々説明していても
実際には、
「スタバでMac、カッコイイから」
という、たったこれだけの
感情的な理由で買ってるという
こともあるわけですよね。
 
 
 
 
だから、あなたが
何か商品のプレゼンをするときにも
このことはすごく重要ですよね。
 
 
 
 
結局、人は感情でモノ(サービス)を
買うんです。
 
 
 
 
機能や特徴を長々説明するよりも
たった1つ、感情に訴える
メッセージを伝える方が
重要なのです。
 
 
 
 
PS 
スタバでドヤ顔で
Macを開きながら(飯野)