飯野治療院集客事務所

株式会社タッチコード

寝だめは効果があるのか?

from飯野恵太
自宅オフィスより
 
 
 
 
電車とかでたまに
独り言がイカツイ人いますよね。
 
 
 
 
昨日、駅のトイレで
独り言erの人が
となりになったのですが
僕の方を覗き込んで
イチモツについて
論評したあとに
去っていきました。
 
 
 
 
まわりの人が
笑いをこらえてるのを
肌で感じたんですが
なんでこんな辱めに
会わなきゃいけないのだろうか。。。
 
 
 
 
さて、全然話は変わりますけど
「寝だめ」って効果があると思いますか?
 
 
 
 
最近、海外で寝だめに関する
実験が行われたんですけど
あるグループに
平日5時間睡眠のあとに
週末に十分に睡眠を取らせた
みたいなんです。
 
 
 
 
平日5時間なので
みんな眠気があって
認知機能も低下していたらしいのですが
週末の寝だめでどうなったかというと
本人の眠気は回復したのですが
認知機能は全く回復しなかったらしいのです。
 
 
 
 
要は、自覚的には寝だめは効果あると
思い込んでるものの脳の働き的には
全く効果がないという結果に。
 
 
 
 
さらには、週末の2日で大きく
リズムが崩れるので
月曜日の朝の心と身体の
負担が大きくなるらしいんです。
 
 
 
 
なので、週末の寝だめは
認知機能の回復には役に立たないし
リズムは崩すしで、何も良いことが
ないんですね。
 
 
 
 
寝だめはしないで
毎日規則的でかつ
十分な睡眠を取った方がいいんですね。
 
 
 
 
睡眠って
少しでも削ったほうが
いいと思う人や
忙しいときにどうしても
削っちゃう人が
いますけど、
それは完全な悪手なんですね。
 
 
 
 
睡眠は、時間の浪費ではなく
「投資」だということを
忘れてはいけません。
 
 
 
 
寝だめも意味がないので
毎日睡眠時間を確保して
万全の状態で挑むことが
大事ですよね。
 
 
 
 
月曜の朝、
体にだるさを感じているあなた。
週末の無意味な寝だめで
逆に体に負担をかけていませんか?
 
 
 
 

 

息子2歳、ディズニーデビュー

 

from飯野恵太
二子玉のスタバより
 
 
 
 
昨日は、息子の2歳の誕生日だったので
家族でディズニーランドに
遊びに行ってきました。
 
 
 
 
息子は初めての
ディズニーランドだったんですが
もう本当に楽しそうに嬉しそうに
していてくれたのが
こっちも嬉しくて
たまらなかったです。
 
 
 
 
特にイッツ・ア・スモールワールドは
目をキラキラさせながら
左右の人形を目で追いかけていました。
 
 
 
 
ジャングルクルーズは
リアルな動物が怖かったのか
全身を硬直させていましたね。
 
 
 
 
僕が幼い頃から存在して
息子も同じアトラクションで
楽しんだりびっくりしていることが
すごく感慨深かったですね。
 
 
 
 
でも、ディズニーのアトラクションって
「同じ」でありながら「同じ」では
ないところがすごいと思いました。
 
 
 
 
さっきのジャングルクルーズって
僕は特に好きなアトラクションなんですが
テンションの高い船長が
軽快なトークでみんなを楽しませながら
探検を先導してくれるのが
最大の特徴ですよね。
 
 
 
 
そのトークたるや
めちゃくちゃ練られていて
最初に乗ったときに
とんでもなく感動したことを
今でも覚えています。
 
 
 
 
既に完成度の高いトークのスクリプトがあるのに
ジャングルクルーズっていっつも
少しづつ変えているんですよね。
話す内容を。
 
 
 
 
ジャングルクルーズは
すごく好きなアトラクションなので
ほぼ必ず乗るようにしているのですが
いっつもちょっとずつ違うんですよね。
 
 
 
 
飽きさせないためだったり
次の楽しむを作るためだったり
変化を楽しんでもらうためだったり
 
 
 
 
色んな理由があると思うのですが
ジャングルクルーズの船長は
常に内容を更新して努力してくれているんですよね。
 
 
 
 
なんか、そんなちょっとした変化で
より良いものを提供しようとする
ディズニーの姿勢に考えさせられるものが
ありました。
 
 
 
 
全然関係ないんですけど
お笑いコンビのモンスターエンジンが
2011年のキングオブコントの決勝で披露した
ジャングルクルーズの船長っぽい人を
ネタにしたコントはすごく好きです。
https://www.youtube.com/watch?v=SrGv5TU5WyQ
 
 
 
 

 

 

消えないアンパンマン

from飯野恵太
品川のカフェより
 
 
 
 
「水性顔料」にだまされた人って
いますか?
 
 
 
 
マジックペンに油性と水性があるのは
みんな知ってると思うんですが
顔料と染料があるって知ってました?
 
 
 
 
僕は、これにだまされてまんまと
やられてしまいました。
 
 
 
 
家で、息子とじゃれていたんですが
お風呂にいれようとしていたので
息子はオムツ一丁でした。
 
 
 
 
息子のポンポコリンのお腹を見ていたら
無性に落書きをしたくなって
お腹に、アンパンマンの
キャラクターを描いてあげたんです。
水性顔料で。
 
 
 
 
水性って描いてあるから
すぐに落ちると思いますよね?
そうですよね?
そうでしょ?
 
 
 
 
そんな感じで調子にのって
たくさん落書きをしてたんです。
息子も、「カレーパン、チーズ」
と描いてほしいキャラクターを
どんどんリクエストするので
お腹から背中までびっしり
アンパンマンワールドを
広げたんです。
 
 
 
 
最終的には、僕自身の顔に
アンパンマンを描いて
息子も喜んでいたんですが
その後に悲劇が待ってました。
 
 
 
 
妻からは、油性じゃないでしょうね?!と
念を押されてたんですけど、
「大丈夫大丈夫!ほら水性だから!」
と、アンパンマンの顔のまま
受け答え。
 
 
 
 
ひとしきり息子と遊んだので
よいせ、と風呂に入ったのですが
お察しの通り、全く落ちないんですわ。
全身のアンパンマンが。
やなせたかしの生んだキャラクター達が。
 
 
 
 
息子のお腹をゴシゴシこするわけにもいかないので
うすぼんやりお腹にアンパンマンを宿して
いただくしかありませんでした。
当然のごとく、妻に怒られる。
 
 
 
 
水性にも油性にも、顔料と染料があるらしく
僕のイメージしていた水性というのは
「水性染料」のことらしいんですね。
 
 
 
 
これだと、水に流すとすぐに落ちるみたいなんですが
顔料になると、水にとけづらいらしいんです。
 
 
 
 
そんなこと、知ってました?
 
 
 
 
先生も自分の顔、お子さんのお腹に
アンパンマンを描くときには
くれぐれも気をつけてください。
 
 
 
 
水性顔料は危険なインクです。
 
 
 
 

 

赤ちゃん、一次情報を取りに行く

from飯野恵太
横浜オフィスより
 
 
 
 
先日、妻が友達と夜出かけていたので
僕が息子を寝かしつけました。
 
 
 
 
寝る時はすごくスムーズだったのですが
一度、目が覚めてしまってから
ママがいない!と大泣きしちゃったんです。
 
 
 
 
普段は、夜に目が覚めても
ママがいることを確認すると
安心して眠るのですが
今日はとなりにいるのがパパです。
 
 
 
 
ベッドで息子に寄り添って
「今日はママは出かけているんだよ」と
言っても、耳を貸そうとしません。
 
 
 
 
大泣きしたままです。
 
 
 
 
僕が何度、説明しても
納得せず、ママを探しに行こうとするんです。
抱っこしても、大丈夫だよ。と声をかけても
全然泣きやまない。
 
 
 
 
息子はどうしても、ママを探したいらしく
寝室を出ていき、家を探しまわりました。
 
 
 
 
これは、妻が帰ってくるまで
泣きやまないかなーと、不安に
なっていたのですが
息子は、家の中を探しても
ママがいないとわかると
「ママ、いない、ねんね」
と言って、すっぱりと諦めて
寝ようとしたんです。
 
 
 
 
一切、泣くこともありませんでした。
 
 
 
 
かなりビックリしましたね。
 
 
 
 
そして、息子の「一次情報」を取りに行く姿勢に
感動しました。
 
 
 
 
「ママは今日出かけてるからいないんだよ」
という、僕からの伝聞の二次情報では
絶対に納得せず、自分の足を使って
家の中を探して、いなかったという事実を
確認して初めて納得したんです。
 
 
 
 
1歳の子供ながらすごいですよね。
 
 
 
 
二次、三次情報を鵜呑みに
していると、事実と違うことを
刷り込まれてしまうことってありますよね。
 
 
 
 
「◯◯さんは、✕✕をやったけど効果がなかったらしい」
こんな情報を聞いて、じゃあ自分もやめようと
思ってしまうことって多いと思いますが
実際に、自分でやってみると、実はすごく
効果が出ることがあったりします。
 
 
 
 
自分で実際に体験して、手に入れた情報
一次情報ってすごく貴重ですし
ウソをつかない情報ですよね。
 
 
 
 
パパの言うことを
全然信じようとしない
息子の頑固さから
学べるものがありました。
 
 
 
 

羽生選手が頭があがらないお姉さんの話

from飯野恵太
仙台駅の待合所より
 
 
 
 
仙台に出張をしていたのですが
そこで乗ったタクシーの運転手さんから
すごく興味深い話をしてもらったんです。
 
 
 
 
先週の日曜日
仙台駅に羽生選手の
凱旋パレードが行われたのですが
なんと観覧者は11万人にも
及んだのだとか。
(羽生選手は仙台出身)
 
 
 
 
すさまじい人数ですよね。
 
 
 
 
これが、どれくらいすごいかというと
鈴鹿で行われるF1レースの決勝の
観客数が約7万人なんだそう。
 
 
 
 
たった1人でF1レース決勝よりも
観客を集めてしまう羽生選手って
とてつもないですよね。
しかも、23歳。
 
 
 
 
そして、タクシーの中でも
やはり羽生選手の話題になったのですが
どうやらその運転手さんは
羽生選手の家族の近くに
住んでいるらしく親交もあるらしいんですね。
 
 
 
 
そこで、羽生選手のご家族の
お話を聞かせてもらったんです。
 
 
 
 
タクシー運転手さんの話によると
羽生選手のお父さんは
常々、羽生選手にこう言っているんだそう。
 
 
 
 
「結弦がどんなすごい記録を作ろうが
金メダルを取って世間から注目されようが
どんな時でも、お姉ちゃんへの感謝を
絶対に忘れてはいけないよ」と。
 
 
 
 
なぜ、お父さんはそういうことを
言っているのか?
 
 
 
 
羽生選手にはお姉さんがいるのですが
彼女も元々スケートをやっていたらしいのです。
彼女に続いて羽生選手がスケートを
始めると、その才能を発揮して
目を見張るスピードで上達
していったらしいのです。
 
 
 
 
スケートってすごいお金がかかるらしく
お父さんは公務員だったので
安定はしているものの
高いお給料をもらってるわけでは
なかったので、お母さんが
アルバイトを2つ掛け持ちして
スーパーのレジとビル清掃の
仕事をして、姉弟のスケート
費用を稼いでいたんだとか。
 
 
 
 
それでも家計は苦しかったみたいで
そこに、羽生選手のお姉さんは
両親に対して
「私のことはいいから結弦に
全部お金を使ってあげて」
と、言ったらしいのです。
 
 
 
 
ひねくれたとかではなく
本心から羽生選手を応援したいと
思ったので、自分を犠牲にして
お金もエネルギーも弟に
注いで欲しいと頼んだそうなんです。
 
 
 
 
めちゃくちゃすごくないですか?
うかつにも、タクシーの中で
目が潤んでしまいました。
 
 
 
 
羽生選手のいまの成功は
自分ひとりだけのものじゃなくて
自分を犠牲にして応援する側にまわった
お姉さんの存在が大きい。
 
 
 
 
だから、お父さんは羽生選手に
自分だけの成果だと勘違いして
調子に乗ってはいけないと
常々言っているらしいのです。
 
 
 
 
めちゃくちゃ素敵なエピソードですよね。
 
 
 
 
羽生選手の人間性の素晴らしさが
メディアでも報道されることが
ありますが、それは
素敵なお姉さんと
こういうことを教えてくれる
ご両親の存在の影響が大きいんだなと
思いました。
 
 
 
 
こんな素敵な話を聞けてよかった。
羽生選手の家族と親交のある
この運転手さんのタクシーに
乗れてよかったー!と
思って、ドヤ顔で
仙台のクライアントに
その話をしたら、
そんなのは仙台じゃ
当たり前すぎるくらい
有名な話だそうです。
 
 
 
 
ちょっと恥ずかしかったですね。さすがに。
 
 
 
 
 

女性モノの水着で山中湖まで

from飯野恵太
桜木町のスタバより
 
 
 
 
僕がスキンヘッドだったせいで
大学の入学時に
どのサークルからも
勧誘されなかったという
お話をしました。
 
 
 
 
実は、たった1つの
団体からお誘いをもらったんですが
僕を誘ってくれた人は
・長ランをきて
・髭を生やして
・パンチパーマのかかった
恐ろしい出で立ちの人だったんです。
 
 
 
 
應援團です。
 
 
 
 
どこからも声をかけられなかった僕は
こんな恐ろしい人からの
誘いにも関わらず
喜々としてついて行ったんです。
 
 
 
 
勧誘に飢えていたんですね。
 
 
 
 
少しの間、應援團にいたんですが
常軌を逸した集団でしたね。
 
 
 
 
最初に、新入生を歓迎する
合宿に行ったんですが
全員「仮装」をして
電車で山中湖まで行きましたからね。
 
 
 
 
僕を勧誘してくれた
パンチパーマの先輩は
女性もののスクール水着を着た
状態で、御茶ノ水から
山中湖まで在来線で
行ってましたからね。
 
 
 
 
しかも、「水泳感を出すため」
という謎の理由で全身にローションを
かけてました。
 
 
 
 
今だったら、SNSにさらされて
炎上必死の仮装行列ですよね。
 
 
 
 
かなりクレイジーな集団でした。
 
 
 
 
普通ではできない体験を
たくさんさせてもらったんですが
結局、僕はアメフト部に入ったのですが。
 
 
 
 
二話にもわたって書いたのですが
とりあえずオチをつけるとしたら
「見た目」ってすごく大事ですよね。
 
 
 
 
中身が大事と言っても
それを知ってもらう前に
やっぱり人は見た目で判断されちゃいます。
 
 
 
 
僕がどんなにジェントルマンでも
スキンヘッド、眉なしだったら
普通じゃない奴と思って
まともなサークルの人は
近寄ってきてくれないのです。
 
 
 
 
水着+ローションで
山中湖まで電車で行っちゃう
集団しか声をかけてくれませんでした。
 
 
 
 
先生も患者さん、特に新規の患者さんと
あうときは、「見た目」ってすごく大事です。
 
 
 
 
別にかっこよくしてる必要は
ないですが、清潔感のある格好
身だしなみはとても大切です。
 
 
 
 
初めてあう人は
先生の人柄を知りませんから
見た目の情報でしか
判断することができないんですよね。
 
 
 
 
以上です。
 
 
 
 

 

大雨の中、雨粒ひとつかからんがごとく奇跡

from飯野恵太
横浜オフィスより
 
 
 
 
「君は才能のかたまりだ!!」
 
 
 
 
僕はその言葉につられて
ほいほいついて行ったら
その後、地獄をみました。。。
 
 
 
 
何の話かというと
僕の大学の入学式での話です。
 
 
 
 
僕、高校時代から
3年間スキンヘッドにしていたんです。
 
 
 
 
五厘刈りとかじゃなくて
ツルッツルのスキンヘッドです。
 
 
 
 
色々理由はあったのですが
1つは、高校時代、水泳部だったことです。
 
 
 
 
スキンヘッドだと、何かと便利なんです。
キャップをかぶらなくて
いいですし。
 
 
 
 
水泳部にもう一人スキンヘッドがいて
二人で試合前に剃り合ってました(笑)
 
 
 
 
もうひとつの理由は、僕天然パーマなんですけど
それがコンプレックスだったので
スキンヘッドにすることで
コンプレックスを
全てこそぎ落としたかったんですね。
 
 
 
 
その結果、僕のことを知らない人は
誰も寄り付かなくなりましたね。
 
 
 
 
中身はめちゃくちゃピースフルな
人間なんですけど。
 
 
 
 
そして、大学もそのまま
スキンヘッドで突入したんです。
入学式も気合いをいれてツルッツルに
仕上げました。
 
 
 
 
大学に行くと
もう、サークルの勧誘が
すごいんですよ。
 
 
 
 
ダンスサークル
テニスサークル
カラオケサークス
 
 
 
 
もうみんなキラキラに見えました。
 
 
 
 

身体測定で
新入生はみんな
すごい行列を作って
並んでいたんですけど
その列に、わんさか
色んなサークルの人が
勧誘にくるわけです。
 
 
 
 
ビラを配ったり
新歓の飲み会の説明をしたり
 
 
 
 
で、列の前の方から
案内をされていって
僕ももう内心ドキドキです。
 
 
 
 
うわー。
大学生っぽいなー。
わくわく。
どんなサークルかなー?
 
 
 
 
わくわくしながら待ってると
見事に、僕だけスルーされて
次の人に、ビラが配られるんです。
 
 
 
 
しかも、一度や二度じゃないですよ。
 
 
 
 
まるで、反発し合う磁石がごとく
僕のところだけ、何人たりとも
勧誘にこないんです。
 
 
 
 
忘れもしません。
 
 
 
 
それまで、完全にひとりひとり
ちゃんとビラを配っていたのに
僕だけスルーしていったのです。
 
 
 
 
中には、僕に悟られないように
僕の前二人目くらいから
勧誘を飛ばして
僕の後ろ二人目くらいから
勧誘を再開する団体もいました。
 
 
 
 
僕がいうのもなんですが
僕の前後にいた人は
いい迷惑です。
 
 
 
 
どれだけ僕が
自分のスキンヘッドを
呪ったことか。
 
 
 
 
それまで、高校では
みんな知り合いだったから
よかったんですけど。
 
 
 
 
大学では誰も僕のこと知りません。
 
 
 
 
しかも、気合いをいれすぎて
入学式では眉毛も全て
90%くらいこそぎ落としていったんです。
 
 
 
 
いけてると思っていた僕の
このファッションは
ただの危ない奴ですよね。
 
 
 
 
胸踊りながら
待っていたサークルの
勧誘は見事に
ひと声もかかりませんでした。
 
 
 
 
200〜300はあろうかという
団体がそれぞれ何人も勧誘部隊をつくって
声をかけていっているんです。
 
 
 
 
ただの一度も声がかからないというのは
大雨の中、ひとしずくも
雨粒をかぶんらんがごとく奇跡
 
 
 
 
圧倒的、奇跡なわけです。
 
 
 
 

1度、新歓シーズンの
キャンパスの様子をみると
それが、どれだけ異常な
ことなのかはわかってもらえると思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、もはや大学での
スタートダッシュで
見事に失敗した僕は
残りの4年間を絶望しながら
帰宅しようとすると
そこに、まさかの声が
かかるんです。
 
 
 
 
「君は才能のかたまりだ」
 
 
 
 
僕の目の前に立っていたのは
およそ、大学生とは思えない
色付きのメガネ、長ラン
を身にまとった
パンチパーマの人でした。
 
 
 
 
つづく