飯野治療院集客事務所

株式会社タッチコード

人生初の花札

from飯野恵太
湘南新宿ラインより
 
 
 
 
いま、妻の実家から
群馬の僕の実家に移動するために
電車で移動をしています。
 
 
 
 
先生は、お正月いかがお過ごしですか?
僕は、人生で初めて花札をやって
その面白さに舌をまいています。
 
 
 
 
群馬の実家では花札をやる
習慣がなかったので
30を超えて初めて
花札に触れたんです。
 
 
 
 
最初わけわからなかったのですが
ルールを覚えるとすごい面白いですね。
 
 
 
 
甥っ子や義父、義姉、妻と
一緒に、夜の2時ころまで
遊んでました。
本当、大人も子供も
楽しめる遊びですよね。
 
 
 
 
運の要素も大きいけど
頭もちゃんと使わないと
長い目で見ると勝てない。
 
 
ちょっと麻雀にも似た
ゲーム性がありますよね。
 
 
 
 
こういう類のゲームって
妙に中毒性があるんですよね。
なぜでしょう?
 
 
 
 
百人一首も遊びますし
それもすごく面白いんですが
さすがに夜中の2時まで
やり続けるなんてことはないですもんね。
 
 
 
 
花札。魅力的なゲームに
出会えたものです。
 
 
 
 
さて、この年末年始の
お休みを使って
読書もたくさんしているのですが
必ず読んでいるのが「7つの習慣」です。
 
 
 
 
読む度に異なる部分で
気付きを得られるんです。
 
 
 
 
今まで線を引っ張ってなかったのに
今回、おお!!と目を引いた
一説を紹介させていただきます。
 
 
 
 
「他人の欠点があなたの
生活を支配しなくなる」
 
 
 
 
という言葉です。
 
 
 
 
この言葉を読んで
ああ、、、俺って
支配されてしまってる時あるな。
ってすごい思いました。
 
 
 
 
むしろ、「支配されてる」という
感覚すら持っていませんでした。
 
 
 
 
ああいうことをされたら
怒って当然だ!!
 
 
 
 
こんな風に思って
自分の感情が左右されていた
ことってたくさんあったのですが
これって、まさに他人の欠点に支配されている
状態ですよね。
 
 
 
 
主体性を持ち
自分の心の奥底に
確固たる中心を
持っている人であれば
相手からの評価をいちいち気にしたり
相手の機嫌や、言動に
自分の感情の支配権を
譲り渡す必要ってないんですよね。
 
 
 
 
毎年異なる気づきをくれる
7つの習慣、やはり必読の一冊です。

あけましておめでとうございます!

from飯野恵太
稲城の妻の実家より
 
 
 
 
あけましておめでとうございます!
2018年がやってきましたね。
 
 
 
 
[[name1]]さんは
今年はどんな年に
するつもりですか?
 
 
 
 
すでに目標を作った人
休みの間に目標を作る予定の人
目標作ろうか迷ってる人
 
 
 
 
色んな人がいると思いますが
1つだけ、これだけはしてほしくない
というものがあります。
 
 
 
 
それは、「先のばし」です。
行動の先のばしこそが、
あなたの成功を阻害する
最大の要因だからです。
 
 
 
 
いつから、やろう
ああなったら、やろう
こうなったら、やろう
 
 
 
 
こんなことを考えてるうちに
あっという間に1年は
過ぎちゃいますよね。
 
 
 
 
ちょっと戒めのために
「来月から本気を出す」の
ネタ文章を紹介したいと思います。

↓↓↓
 
 
 
 
【1月】 初っ端から飛ばすと後でばてる。2月から本気を出す

【2月】 まだまだ寒い。これではやる気が出ない。3月から本気出す

【3月】 年度の終わりでタイミングが悪い。4月から本気を出す

【4月】 季節の変わり目は体調を崩しやすい。5月から本気を出す

【5月】 区切りの良い4月を逃してしまった。6月から本気を出す

【6月】 梅雨で気分が落ち込む。梅雨明けの7月から本気を出す

【7月】 これからどんどん気温が上昇していく。体力温存の為8月から本気を出す

【8月】 暑すぎて気力がそがれる。9月から本気を出す

【9月】 休みボケが抜けない。無理しても効果が無いので10月から本気を出す

【10月】 中途半端な時期。ここは雌伏の時。11月から本気を出す

【11月】 急に冷えてきた。こういう時こそ無理は禁物。12月から本気を出す

【12月】 もう今年は終わり。今年はチャンスが無かった。来年から本気出す

来月からやる、、、と
延々繰り返してるうちに
あっという間に1年間が
終わってしまいますよね。
 
 
 
 
半分ネタみたいですが
こうして、先延ばしは
あなたのチャンスを奪っていきます。
 
 
 
 
ぜひ、先延ばしなく行動をして
まさに、「良い年」にしてほしいなと思います!

 

サンタミッション!

from飯野恵太
稲城の妻の実家より
 
 
 
 
年末のお休みで
妻の実家に遊びにきています。
 
 
 
 
ただでさえ、息子は
やんちゃ盛りで暴れん坊ですが
甥っ子たちも負けじと
大はしゃぎ。
 
 
 
 
もうお祭り状態ですよね。
4人くらい同時に
話しかけてきますからね。
 
 
 
 
そんなわんぱくな子たちは
全員サンタクロースを
信じています。
 
 
 
 
僕は、小学校2年生のときくらいに
そろそろ、サンタの存在を
疑い出したのですが
ある日、2時間くらい
母親に「サンタって本当にいるの?」
って問いただしたことがありました。
 
 
 
 
母親は、何度も「サンタはいるよ」
と、答えていたのですが
僕が、異常なほどしつこく
聞いてきたもんで
ついに、根負けして
「サンタはいないよ」って
言い放ちました。
 
 
 
 
自分で聞いたにも関わらず
あまりにもショックで
その晩、枕を濡らしたことを
覚えています。
 
 
 
 
僕の母親は
残酷なバラし方をしたのですが
世界には、とっても素敵な
サンタのバラし方を
している人がいるんです。
 
 
 
 
「サンタ・ミッション」と
呼ばれているものなのですが
その家庭で行っているのは
「サンタに昇格する」という
方法なんです。
 
 
 
 
「あなたは、もうサンタになる
準備ができている」と伝えて
これからは、もらう立場ではなく
与える立場になるんだと
伝えるそうなんです。
 
 
 
 
そして、プレゼントを贈る
ターゲットを決めて
その人に気づかれないように
プレゼントを渡すという
「サンタミッション」を
実行させるんです。
 
 
 
 
それを実行して
相手が喜んでいることを
知った子供は
心から喜んで
それからは、「サンタ」として
与える喜びを知るそうなんです。
 
 
 
 
本当に素敵ですよね。
ただ、サンタの存在を
子供にショックを与えずに
知らせるだけではなく
「与える喜び」まで
教えることができるんですもんね。
 
 
 
 
めちゃくちゃ素敵な取り組みだなと
思いました。
 
 
 
 
思えば、僕にも息子が生まれて
今年は初めて、息子の枕元に
プレゼントを置いてあげました。
 
 
 
 
サンタさんから
プレゼントをもらう側から
サンタとして
プレゼントをあげる側に
なっていたんですね。
 
 
 
 
そう考えると
サンタミッションの
「サンタになる」
って考えは、まさに
その通りなんですよね。
 
 
 
 
人は、いつの日か
サンタとして
与える側になるんですよね。
 
 
 
 
サンタの存在をバラすだけではなく
その子を、「サンタにさせてしまう」
共通の秘密にしてしまうって考えは、
とても素晴らしいなと思いました。
 
 
 
 
とても素敵なことやってる人いるよ!
ってことをただ伝えたかっただけの
僕からの今年最後のメルマガでした。
 

生の感情に触れる裁判の傍聴

from飯野恵太
茅場町のコワーキングオフィスより
 
 
 
 
今日は気分を変えて
友人が仕事をしている
茅場町のオフィスでメルマガを書いています。
 
 
 
 
 
昨日、ある治療家の先生と食事をする
機会があったのですが
その先生は、元新聞記者という
異色の経歴を持っているんです。
 
 
 
 
 
新聞記者って珍しいですよね。
なかなか、普段接することのない
職種です。
 
 
 
 
 
なので、その先生からの
お話が新鮮ですんごく
おもしろかったんです。
 
 
 
 
 
とにかく、業務内容は
ブラック中のブラックで
ひとつきの労務時間が
400時間を超えた月も
あるとか。
 
 
 
 
 
月25日間働いたとして
毎日16時間以上働かないと
この時間に到達しませんからね。
 
 
 
 
 
そんな、元新聞記者の先生が
「裁判の傍聴」を
オススメしてくれました。
 
 
 
 
 
この先生は
刑事事件の担当を
していたので
幾度となく、裁判を傍聴
したらしいのですが
そこには数々の「ドラマ」
があるらしいんです。
 
 
 
 
 
人間の「感情」がうずまいてる
らしいんですよね。
普段接することのできない
むきだしの感情が。
 
 
 
 
 
著名なマーケターや
コピーライターが
口を揃えて言いますが
人の感情に触れることって
とっても大事なことなんですよね。
 
 
 
 
 
人の感情を理解することが
できなければ
人の心を動かすことなんて
絶対に、できませんもんね。
 
 
 
 
 
人の感情に触れる機会を作ることって
すごく大事なんですが、
それを、間近で
リアルに生の声として
聞く事のできるのが
裁判の傍聴なんですね。
 
 
 
 
 
尋常じゃない興味を
もったので、年明けに
早速裁判の傍聴に
行っていきたいと思っています。
 
 
 
 
 
裁判の傍聴に行かなくても
いいかもしれませんが
人の感情に触れる機会は
ぜひとも大事にしてください。
 
 
 
 
 
院に来てくれた患者さんが
なんで、来ようと思ったのか?
どんな悩みを抱えていたのか?
どんな生活の中で苦痛があったのか?
何を期待しているのか?
どんな不満があるのか?
 
 
 
 
 
感情を知るからこそ
そこに伝えるための
メッセージを作ることが
できるんですよね。
 
 
 
 
 

恩送りの奇跡

from飯野恵太
横浜オフィスより
 
 
 
 
好きな映画の1つに
「ペイ・フォワード」があります。
 
 
 
 
これは、学校の授業で
「自分の手で世界を変えるとしたら
何をする?」
という課題を出された主人公が
あるアイディアを思いつき
それがきっかけで始まる物語なんですが、
 
 
 
 
そのアイディアというのが
自分が受けた善意を
その相手に返すのではなく
別の人、3人に善意を渡す
というものなんです。
 
 
 
 
主人公の知らないところで
善意のバトンはどんどん広がっていって
不幸な人が救われていくんですね。
 
 
 
 
素敵な映画なので
年末年始で暇があったら
観てみてください。
 
 
 
 
で、まさにこの映画みたいな
話をネットニュースで
見つけたんです。
すごい感動しました。
 
 
 
 
http://news.livedoor.com/article/detail/14062686/
何気ないコーヒーのプレゼントで
自殺を思いとどまらせたという
お話なんです。
 
 
 
 
グレンさんという紳士は
行きつけのドーナツ店で買い物をしたら
列に並んでいる、次の人にコーヒーとマフィンを
プレゼントをすることを
習慣にしているらしいんです。
 
 
 
 
この時点で、グレンさんの
仏ぶりが素晴らしいのですが。
既に映画のワンシーンのような
習慣ですよね。
 
 
 
 
どうやって育ったら
こんなに素敵な人格を育めるんでしょうか?
 
 
 
 
グレンさんは、人に親切にすることを
日常的にしていたのですが
このコーヒーとマフィンが
ひとりの命を救うんですね。
 
 
 
 
いつものように
グレンさんは、ドーナツ店で
買い物をしたら
お店の人に言って
次の人が来たら、コーヒーと
マフィンをプレゼントしてあげてくれと
言って、余分にお金を払うんです。
 
 
 
 
そして、そこに
たまたま訪れた人が
実は、その日に自殺を考えていたんですね。
でも、店員からコーヒーとマフィンを
渡されて、

「前の人が親切にも
代金をはらっています。
良い1日をお過ごしください。」

と、伝えられたんですね。
 
 
 
 
普通に生活してたら
そんな経験することなんて
ありませんから、
自殺志願者の方は
神様からのメッセージだと思って
自殺を取りやめたと言うんです。
 
 
 
 
本当に映画みたいな
物語ですよね。
 
 
 
 
この話を聞いた瞬間
ペイ・フォワードじゃん!!と
思って、感動と驚きがあったんです。
 
 
 
 
ほんの小さな親切が
彼の命を救い、人生を
変えたんですよね。
 
 
 
 
素敵な話を聞いて
心がほっこりしたので
シェアさせていただきました。

 

ぞくぞくする最高にお気に入りのアプリ

from飯野恵太
横浜オフィスより
 
 
 
 
最近、僕がハマっているアプリがあるんです。
 
 
 
 
 
一番立ち上げる回数の多い
アプリです。
 
 
 
 
 
「momentum」
というアプリなんですが
これは「習慣アプリ」と
言われるもので
自分が決めた習慣を
実行できたかどうかを、ログに残すだけの
ただそれだけのアプリなんです。
http://www.mmtur.net/2017/10/17/1394

※iPhoneアプリ
 
 
 
 
 
こんな単純なアプリなんですが
レビュー評価も高くて「4.7」
素晴らしいんです。
 
 
 
 
 
自分で継続させたいと思う
習慣を決めて、それを
実行することができたら
指でタップ。

すると、マスが
緑色に塗りつぶされます。

毎日継続していけば
マス目が緑色でどんどん
埋まっていきます。
 
 
 
 
 
すると面白いもんで
このタップして緑色に
することが病みつきになるんですよね。
 
 
 
 
 
緑で埋めるのが
楽しくて、嬉しくて仕方ない。
確実に脳内物質が出てます。
 
 
 
 
 
マスを緑色に塗りつぶしたいから
掲げた習慣を、必ず実行しようという
意欲が湧くんです。
 
 
 
 
 
読書、早起き、筋トレと
習慣にしようと決めても
サボってしまったり
時間が作れなくて
1日、2日空いちゃうこと
ありますよね。
 
 
 
 
 
で、1日空けば、2日空くし
3日、4日、1週間、1ヶ月って
どんどん間が空いて
しまいには、一切やらなくなっていきます。
 
 
 
 
 
そうやって、週間にしよう!と
思っていた読書やジョギングも
いつの間にか、継続できなく
なっちゃうんですよね。
 
 
 
 
 
でも、この「momentum」を
やっていると、それがなくなるんです。
 
 
 
 
 
自分で決めた習慣。
それが実行できたら
タップしてマスを
緑色に塗る。
 
 
 
 
 
緑色のマスが
どんどん連なっていくから
それを途切れさせたく
なくなってくるわけです。
 
 
 
 
 
緑マス中毒になります。
何がなんでも習慣を実行して
マスを緑色に塗りたい。
 
 
 
 
 
だから、
忙しくても
眠くても
お酒が入っていても
自分で決めた習慣を
実行するんです。
 
 
 
 
 
そして、また今日も
マス目を緑色に塗って
ぞくぞくと快感を味わう。
 
 
 
 
 
もう、「momentum」を
やめられませんね。
 
 
 
 
 
毎日継続したいことを決めても
1日くらいサボっても大丈夫かな?
と思ってしまうことってありますよね。
1日休んでも、何かを失うわけでも
誰かに怒られるわけでもないから
簡単にサボれてしまう。
 
 
 
 
 
結局、そのサボった1日がきっかけで
永遠にやらなくなってしまうことが
たくさんあるんですけど。
 
 
 
 
 
でも、この「momentum」なら
1日でも休んだら、緑色に塗りつぶす
「ご褒美」がもらえないんです。
 
 
 
 
 
それに、1日だけ塗りつぶせなかったら
気持ち悪くて仕方ないんです。
 
 
 
 
 
絶対タップして、マスを塗りたい!!!
って思わせてくれるから
習慣をサボらなくなり
続くんです。
 
 
 
 
 
2018年
新しい目標を掲げて
頑張ろうと思っている人には
この「momentum」おすすめです。
 
 
 
ちなみに僕は、このアプリの
まわしものではありません(笑)

最初は必ず大きな仕事から

from飯野恵太
南武線の車内より

はじめて
パソコンからじゃなくて
スマホからメルマガを
書いています。

僕の最近の趣味は
筋トレなんですが
その時に、絶対に
外せないルールがあります。

それは、大きな筋肉から
鍛えるということ。

上半身の日なら
ベンチプレスから
下半身の日なら
スクワットから
必ずトレーニングを
始めます。

ジム好きの方の多くは
きっと、この方法で
やってると思います。

筋トレあるあるなんですが
ベンチプレスが混んでると
やることがなくて
暇をします。

普段しないような
エアロバイクをこいで
時間をつぶしたりします。

その間に
ベンチプレス以外の
トレーニングすりゃいいじゃん?
と、思われそうですが、
そうはいかないんですね。

なんでかっていうと、
筋トレのBIG3の1つでもある
ベンチプレスですが、
これをやろうとすると
色んな部分の筋肉を
動員するんです。

メインは大胸筋なんですが、
その他にも、三角筋、上腕三頭筋
も結構使うんです。

だから、先に
肩や腕を鍛えちゃうと
そっちが疲れてしまって
がっつりベンチプレスで
大胸筋を追い込むってことが
できなくなっちゃうんですね。

だから、どんなことがあっても
ベンチプレスから鍛えるんです。

これは、筋トレだけではなく
仕事においても、同じことが
言えます。

広告コピーを作るような
かかるエネルギーの大きな仕事と
事務処理的な、小さなエネルギーで
できる仕事があったとしたら
絶対に、エネルギーの大きな
重要な仕事から手をつけた方がいいです。

なぜかというと
脳みそも、筋肉と同じように
疲れるからなんです。

脳の疲れって、あんまり
意識することってないですが
確実に脳みそも疲労します。

ぐっすり眠った後の脳と
一日中働いて酷使した後の脳では、
集中力や、処理速度が
大きく異なるんですね。

大切で、重要で、エネルギーを使う仕事を
あと回しにしてしまうと
それをやる時に脳が
万全な状態じゃなくなっちゃうんですね。

だったら、重要な仕事に
まず最初に取り組んで
脳が疲れたところで
細々とした仕事をやらせれば
いいんです。

その逆は絶対にダメ。
もったいないです。

それに、大事な仕事を
夜やろうとすると
先のばしして
翌日にまわそうとしちゃいます。

それを延々と繰り返して
結局、半年経っても
完成しない、なんてことに
なっちゃうんですね。

筋トレも仕事も
「大きなこと」から
やりましょう!