飯野治療院集客事務所

株式会社タッチコード

実行しないアイディアに価値はなし

 

from飯野恵太
関内のスタバより

横浜で行われた「ピカチュウ大量発生中」の
イベントは知っていますか?

お盆期間に実施されていたものなんですが、
どうやら、ポケモンGOで、普通じゃ手に入らないレアポケモンが
GETできるらしく、本当にとんでもない人数の人が
赤レンガや、その周辺の施設に押しかけていました。

オフィスがその近くだったのですが、
もう、異常な混み方でしたね。

外出中に雨が降ってきたので、傘を買おうとしたら、
そこら中のコンビニから、傘が売り切れてましたからね。

そんなこと、なかなかないですよね。
おかげで、ずぶ濡れになりました。

さて、チャールズ・チャップリンの名言に、
こんな言葉があります。

「行動を伴わないアイディアは、何の意味も持たない。」

また、誰の言葉か忘れましたが、こういう言葉もありますね。

実行されない偉大なアイディアよりも、
実行される、そこそこのアイディアの方が価値がある。

ようは、実行すること、行動することが大事ってことですよね。

多くの人は、成果を手に入れるために、とかく「勉強」に走りがちですが、
本当に大切なのは、「行動」することですよね。

知識は十分にあるのに、行動が不足しているから
成果を手に入れられていないということって
めちゃめちゃよくありますよね。

集客に悩んでいるというので、
お話を聞くと、そもそも集客のための
行動を一切していない、もしくはほんのわずかしかしていない
というケースが、本当によくあります。

知識を蓄える前に、やるべきことは、行動なのです。

あなたに、成果をもたらしてくれるのは、
ただ1つ行動だけです。

情報はあなたに成果や変化をもたらしません。
行動こそが、パワーになるのです。

いまの成果に悩んでいたら、
自分の行動を見つめ直してみるといいかもしれませんね。

圧倒的名著「生き方」

Handsome man in sport wear with outstretched arms standing on beach

from飯野恵太
横浜オフィスより

僕の中のTHEバイブルと言える本が
一冊あります。

「生き方」

言わずと知れた、京セラの創業者の
稲盛和夫さんの著書ですね。

毎年、必ず読み返す本で、
初めて出会ったときは、
移動中も、歩きながらも、
トイレの中でも、がむしゃらに読んだ
ことを覚えています。

その「生き方」の中に
こんなエピソードが書かれています。

稲盛さんが、まだ、創業間もないころ、
松下幸之助さんの講演を聴いたことがあるらしいのです。

稲盛さんが、松下さんの講演にいくって、
エピソードの登場人物がとんでもないですよね。

そこで、松下さんはダム式経営の話をされて、
ダムを持っていれば、大雨や日照りがあっても、
水量を一定にコントロールすることができる、
だから、同じように、経営も景気の善し悪しに左右されないように
ダム式の経営をすることが大事だという話をしたらしいのです。

その話を聴いた、経営者は、みんな不満だったらしいのです。

「そんなことは知っている、そんな余裕があったら苦労しない」と。

で、質疑応答の時間に、一人の参加者が、

「ダム式経営は理想ですが、その方法を教えてくれないと
話にならないじゃないか」

と質問したらしいのです。

そこで、松下さんは、温和な顔に苦笑を浮かべて、

「その方法は私も知りませんのや。
知りませんけど、ダムをつくろうと思わんとあきまへんなあ」

と返したらしいのです。

この回答に、会場は失笑が広がり、
多くの人は失望したらしいのです。

稲盛さんを除いて。

この話を聞いた稲盛さんは、
ひとり電流が走るような衝撃を受けて、
呆然としていたらしいのです。

これこそが、真理だ!!と思ったらしいのです。

「思わんとあきまへんなあ」
この松下さんのつぶやきは、
まず思うこと、の重要性を伝えていると
感じたらしいのです。

心が呼ばなければ、やり方も見えてこないし、成功も近づかない。と。

この真理の一端にふれて、
そこから、どんどん物事を成就させていって、
いまの大成を掴んだというのです。

とにかく、稲盛さんは、みんなが失望するような
松下さんの回答から、ひとりとてつもなく大きな気づきを得て、
誰も到達できないような高みにたどり着いたんですね。

これって、とてつもないことですよね。

多くの人が、不満さえ感じる答えに、
ひとり電流が走るような衝撃を受けて、
たったその一言で、どんどん成功を手に入れていったのです。

この稲盛さんのエピソードほど
極端じゃなくても、同じようなことって
日常でゴロゴロしてますよね。

同じような情報にふれても、
その情報で成果を手にする人もいるし、
何も変わらずに、不満ばかり言う人もいる。

チャンスは、同様に目の前に広がっているのに、
それをモノにする人と、チャンスだと気づかずに
行動を取ろうとしない人もいます。

生き方を読んで、僕は改めて
稲盛さんのように、気づきを得れる人になりたいと
思ったのでした。

ズートピアを息子と観たいワケ

Son is pointing to the computer for his father to see

from飯野恵太
横浜オフィスより

息子は1歳になりまして、
日に日にできることが増えています。

最近では、フィンガー5の「恋のダイヤル6700」を歌うと、
満面の笑みで縦ノリしながら踊りだします。
リンリンリリン♪ってやつですね。

この姿を目にした人は、100%笑います。
完全なるスーパーアイドルだと確信しています。

息子が大きくなったら、やりたいことが
たくさんあります。

一緒に映画も観たいと思っているのですが、
ディズニーの「ズートピア」は
絶対に観たいと思っています。

基本、ディズニー映画は全て面白いのですが、
去年公開された「ズートピア」は特に好きなんですよね。

この映画を観ていて、冒頭でがっつり鷲掴みされた
セリフがありました。

ズートピアに上京しようとする主人公のジュディに対して、
両親は過剰な心配をします。

「本当に大丈夫か?ズートピアは大丈夫か?!」と。

そこで、ジュディは、両親にこう答えるのです。
「本当に怖いのは、理由もなく怖がること」
と。

理由もなく怖がる。

確かにこれって、本当に怖いことですよね。

理由もなく怖がることで、
成長の機会や新しい可能性が
潰されてしまうことが
たくさんありますよね。

やったことないことに挑戦するのが怖くて、
実行するのを先延ばしにして、
機会損失することってありますよね。

その恐怖心によって、行動が制限されてしまうことが
本当に怖いですね。

行動して失敗することなんかよりも、
遥かに恐ろしいと思います。

主人公ジュディの言葉を聞いて、
改めてはっとさせられたんです。

理由もなく怖がるくらいなら、
まずはやってみる。

やってみてダメでも
死ぬわけじゃありませんから。

そこから、改善点をみつけて、
修正していけばいい。

その繰り返しで、成長して
成功に近づいていくんですよね。

理由もなく怖がっていたら、
進歩なく衰退していくだけです。

そう考えると、本当に恐ろしいことですよね。

こんなしびれるセリフが冒頭から登場する
ズートピア。やっぱり息子と一緒にみたいものです。

「何分走れるか?」で人生を予測できる?!

People running in machine treadmill at fitness gym club

from飯野恵太
みなとみらいのスタバより

ハーバード大学で、こんなおもしろい研究をやっていたそうです。

130名の学生にランニングマシンで
5分間走るように指示するというもの。

このランニングマシンは、
めちゃくちゃな急傾斜と速度で
設定されていたので、
平均すると4分しか持たない。
中には、1分半しか持たない学生も。

この実験では、意図的に、学生に身体的、精神的な
苦痛を与えています。

なぜ、こんなことをするかというと、
学生の「意志力」を探るため。

人が運動を続けられなくなるのは、
体力的な問題だけではなく、
いわゆる「根性」も関係するだろうという
想定のもの。

あーもうだめだ。といって、早々にやめてしまう人もいれば、
なにくそ!!と、意識を失うまで頑張る人もいますよね。

で、この後が面白いんですが、
このランニングマシンの実験の被験者は、
その後、40年間、追跡調査されたんです。

60歳になるまで、疾病や年収、幸福度、
その他いろいろな項目を調査されていました。

すると、驚く事実がわかったのですが、
学生の頃に、ランニングマシンで走った分数を見れば、
その人の人生の適応状態を正確に
予想することができるというのです。

じゃあ、体力がある人が、いわゆる成功するのか、というと
そういうわけでもないみたいんです。

実験でわかったことは、
走った分数は、体力や体格とは
ほとんど関係なかったらしいのです。

どうやって測ったのかはわからないのですが、
実験で使われたランニングマシンは、
一般的な身体能力を持っていたら、
誰でも5分間は走れる設定だったんでしょう。

だから、1分半でやめた学生は自分に甘く、
5分間走りきれた学生は、自分に厳しい、努力のできる学生だったのです。

つまり、どれだけ苦難に耐えられるか、ということが
成功するかどうかに起因しているということですよね。

世の中には、「才能神話」が溢れていて、
成功のためには、才能が重要だという
主張を多く聞きますが、そうではなく、
本当は、どれだけ地道な努力を重ねられるか?
に、関わってるんですよね。

ちなみに、この苦難に耐える力、
自制心と言われるものは、
運動をすることで鍛えることができるみたいです。

だから僕は、今日もせっせと筋トレに励むのでした。

PS
この世で1番つらいトレーニングと思われるスクワットは、
1番自制心が鍛えられると個人的には思っています。

自分が「楽」をするために人を神格化する

praying man on beautiful sky background

from飯野恵太
横浜オフィスより

傘ってなんで、あんなになくなるんでしょうね?
秒速でなくなりませんか?

本来なら、傘なんて一生に1本でいいはずなのに、
軽く100本くらいはビニール傘を買ってる気がします。

なくす
壊す
盗まれる

高校のときとか、自転車に傘を置いておくと、
ものの数秒で盗まれてましたね。

外国の人が日本に来ると、
傘の盗まれ具合にビビるらしいですね。

財布を落としても、戻ってくる国なのに、
傘だけは、めちゃくちゃ盗まれるっていって、
厚切りジェイソンに訴えてる番組がありました。

ビニール傘買うよりも、
ちょっといい傘を1本買っておいた方が、
結局コスパ良いのかな?って思ったりします。

さて、冒頭の話とは1mmも関係ないんですが、

ニーチェの言葉にこんなものがあります。

「あまりに完璧なものを見た時、
我々は『どうしたらあんなふうになれるのか』とは考えない」

つまり、人はこう思いたいんです。

あいつは、生まれながらの天才だ
あんな才能は誰にもない
誰にも真似できない

と。

なんでかっていうと、
人は、「天賦の才を持つ人」を神格化した方が、
自分が楽でいられるからです。

そうすることで、自分はやすやすと
現状に甘んじることができるんです。

偉業を成し遂げた人の「努力」ではなく、
「才能」に注目することで、
自分の怠惰を実感しなくていいからです。

スポーツでも、勉強でも、
とんでもないパフォーマンスを出している人がいたら、
「この人は天才だから違うんだ」と片付けることで、
自分が努力をしていないことに対して、
みじめな思いをしなくていいんですよね。

でも、偉業を成し遂げる人って
100%、その裏でとんでもない努力を
積み重ねています。

一流の人こそ、
当たり前のことばっかりしてます。

どんな偉業であっても、
実際は、たいてい小さなことの
積み重ねの結果です。

それだけ取り上げたら、
当たり前のことだったりします。

例えば、リピート率がめちゃめちゃ高い
問診トークをしている先生も、
その裏では、自分のトークを毎日毎日録音して、
一歩一歩改善点を見つけて、修正していくという
すごく地味な努力をしていたりします。

多くの人は、その結果だけをみて
「天才」と片付けたり、
「才能が違うんだ」とあしらいますが、
単純に努力をしている量が違うだけなんですよね。

努力次第で、偉業は達成可能ということ。
1つ1つのことは、やればできることばっかりなんです。
偉業というのは、小さなことを1つずつ達成して
それを無数に積み重ねた結果だから。

誰かの偉業を天才だから、、、と片付ける前に、
自分にできることはたくさんありそうですね。

ハゲタレントを使う横浜市長選挙

59643c1014e7c

from飯野恵太
馬車道のスタバより

今月30日に、横浜市長選挙があるのですが、
選挙啓発のためのキャラクターとして、
トレンディエンジェルの斉藤さんが起用されています。

前回の投票率が29%と、過去最低の水準だったらしく、
斉藤さんの発信力に期待して、起用したんだとか。

横浜市の花であるバラをくわえた斉藤さんが、
ポーズを白のスーツでポーズを決めて、
選挙だぞ!と言っています。

選挙のキャッチコピーは
「愛する横浜に、まぶしい未来を」で、
完全に斉藤さんのハゲ頭とかけてきていますよね。

斉藤さんが面白いかどうかは置いといて、
すごい真面目な選挙に、コメディアンの斉藤さんを
起用するって面白いですよね。

選挙支援のスタッフも、バラをくわえた斉藤さんの顔が
デカデカと印刷されたTシャツで活動してるんです。

おそらく、この斉藤さんのキャラクターやポスターをみて、
不快に思うひとも結構いると思うんです。

高齢の人の場合、そもそも斉藤さんなんて
知らない人もたくさんいますよね。

なんかハゲた人がバラをくわえて、
ふざけて宣伝してる。

クレームも1件や2件じゃないと思うんですよね。

でも、どうやら、横浜市の狙いは、
圧倒的に投票率の低い20代の投票率をあげることに
あるらしいのです。

実際に、選挙と斉藤さんというミスマッチがおもしろかったのか、
街中に貼られている斉藤さんのポスターの写真を、
ツイッターなどにあげている若者がたくさんいるみたいです。

投票率にどう影響するかわかりませんが、
少なくとも、みんなの関心をひくことができているんですよね。

ヤフーニュースとかにも取り上げられてますし。

過去に俳優やアイドルを起用したことはあったらしいのですが、
コメディアンを起用したのは初めてのことみたいです。

はっきりいって、爽やかなタレントが、
選挙に行きましょう!と言ってても、
クソつまらないじゃないですか。

ありきたりで。

クレームもないと思いますが、
注意も集まらないと思います。

ダン・ケネディはこんなことを言っています。

「マーケティングにおける大罪はつまらないこと」
「誰も怒らないとしたら、その広告はダメだ!」

と。

つまらないこと
平凡なこと
ありきたりなこと

これが、1番広告でやってはいけないことなんですね。

そういう意味では、思いきって
ハゲタレントを起用するあたり、
横浜の未来は明るいのかなと、
勝手に思いました。

たくさん断られる人ほど、成果が出る

AdobeStock_93668241

from飯野恵太
関内のスタバより

この世に、スクワット以上に辛いことってあるのだろうか?

ジムで下半身トレーニングをするときは
いっつも、それが頭をよぎります。

トレーニングの中でも
動員される筋肉の量がケタ違いに多いので、
スクワットで追い込むのは、
本当に辛い。

スクワットを乗り越えられたら、
なんでもできる気がする。

酸素をめちゃくちゃ使うので、
確実に酸欠になるし、
酸欠だから頭は痛いし、
めまいはするし、
軽く痙攣もします。

なんで、スクワットってこんなに
辛いんだろう。

ベンチプレスで追い込むのは、
あんなに楽しいのに、
スクワットで追い込もうとすると、
生き地獄です。

でも、この痛み、辛さが
自分を育てていると思うと、
やはり、スクワットはやめられないんですよね。

辛いことや、苦痛なこと、居心地の悪いことって、
だいたいその人を成長させますよね。

僕が学生の頃、元リクルートで
自分の会社をつくられた方に
お会いする機会があったのですが、
その人は、リクルートで伝説的存在だったらしいんです。

目の前にすると、圧倒的なオーラに
気圧されそうになるような方なんですが、
その人が、唯一自慢できることとして言っていたのが、
「誰よりも営業で断られた経験があること」
だったんです。

続きを読む