飯野治療院集客事務所

株式会社タッチコード

(当たり前)種をまかずに収穫できない

from飯野恵太
みなとみらいのスタバより
 
 
 
 
今日はクリスマスですね!
妻の実家で毎年クリスマスパーティを
開いてくれるので
今年も行ってきました。
 
 
 
 
 
義父がサンタの格好をして
玄関からプレゼントを
渡しに来てくれるのですが
正体を隠すために変装用のメガネを
かけています。
 
 
 
 
 
幼稚園以上の孫たちには
完全にバレているんですが(笑)
 
 
 
 
 
でも、1歳半のうちの息子には
初対面のサンタクロースがあまりにも
怖かったらしく、大泣き!
恐怖で顔を歪めながらも
プレゼントはしっかり受け取っていました(笑)
 
 
 
 
 
サンタが嫌いにならなければいいんですけどね。
義父は、一人くらい
泣いてくれないと
張り合いがないと
言っていたのですが
サンタの役割を
なまはげと勘違いしている
のでしょうかね?
 
 
 
 
 
さて、先生は
日々種まきをしていますか?
 
 
 
 
 
何の種かというと
新しい顧客を生み出す
種のことです。
 
 
 
 
 
農場で
春に種をまかず
夏に雑草の駆除もせずに
秋になったら収穫だけしようと
必死に頑張る。
 
 
 
 
 
そんなことをしても
絶対に収穫をすることはできないですよね。
自然の摂理です。
 
 
 
 
 
まいた物しか
収穫することはできません。
収穫するには、まず
種をまかなければいけません。
 
 
 
 
 
当たり前すぎる
当たり前ですよね。
 
 
 
 
 
でも、これを
売上という「収穫」で
考えると、なぜか
種まきと収穫の関係を
完全に無視してしまう人が
たくさんいます。
 
 
 
 
 
あなたのところに
顧客、患者さんが来てくれるのも
それ以前に種まきがあったからです。
 
 
 
 
 
農場で言えば、
接客、施術の活動はあくまでも
「収穫」にあたります。
 
 
 
 
 
それを収穫するには
患者さん(顧客)に
来てもらうための
種まきをしなければいけないのです。
 
 
 
 
 
集客ができない、売上があがらない
と悩んでいる人に限って
必死に収穫だけ頑張ろうとして
そもそも1粒も種をまいていないんです。
 
 
 
 
 
・ポスティングをする
・ウェブサイトを広告する
・FBで友達にメッセージを送る
・患者さんに紹介をお願いする
・休眠している患者さんにハガキを送る
・院前の看板で宣伝をする
・近くのお店にチラシを置いてもらう
 
 
 
 
 
こういう種まきの仕事をするから
患者さんはあなたのことを知り
いずれ、悩みを抱えたときに
来院してくれるのです。
 
 
 
 
 
患者さんが来てくれたら
もちろん、一生懸命
施術して、課題解決を
手伝う必要がありますが
それは、あくまでも「収穫」の
お仕事。
 
 
 
 
 
そのためには、まず種まきが
必要なのです。
 
 
 
 
 
種をまく。
これは、単発でやることではなく
日々、毎日、欠かさずやるべきことなんです。
 
 
 
 
 
ダン・ケネディもそうですが
ビジネスの成功者の多くは
この、種まきを習慣にして
欠かさずに続けていたんです。
 
 
 
 
 
種まき無くして収穫なしです。
NO種まき、NO収穫。
ぜひ、あなたも毎日の種まき
欠かさない習慣にしてくださいね。

ぐずぐずするのは「1時間」

from飯野恵太
横浜オフィスより
 
 
 
 
さっき、筋トレをしてきまして
リストカールで握力を
限界まで追い込んできました。
 
 
 
 
パソコンのキーボードを
打つのもしんどいくらい
手に力が入りません。
 
 
 
 
握力って56キロあると
体力テストで10点を
取れるらしいので
56キロを目標に
頑張って鍛えたいと思います。
 
 
 
 
体力テストを受ける機会はありませんが。
 
 
 
 
いまは、NFL(アメフトのプロリーグ)の
レギュラーシーズンが終盤を迎えて
地区優勝争いが激しくて
とても熱い時期なんです。
 
 
 
 
アメフト熱に浮かされて
アイシールド21という
アメフト漫画を1巻から
読み直しているんです。
 
 
 
 
物語の序盤で
ライバル校に負けた主人公が
悔しさから立ち上がって
負けたその日から
猛練習に取り掛かるシーンが
あります。
 
 
 
 
個人的には、アイシールド21において
一番の名シーンだと思うのですが。
 
 
 
 
そこで、雨の中
涙を流しながら
必死にラダートレーニングに
取り組む背景で
ある大学アメフトチームの監督が残した
名言が流れます。
 
 
 
 
フィールドでプレーする誰もが
必ず一度や二度、屈辱を味わわされるだろう。
 
打ちのめされたことがない選手など存在しない。
 
ただ、一流の選手はあらゆる努力を払い
速やかに立ち上がろうとする。
 
並の選手は少しばかり立ち上がるのが遅い。
 
そして、敗者はいつまでもグラウンドに横たわったままである。
 
 
 
 
テキサス大アメフト部のコーチ
ダレル・ロイヤルが
チームメイトに送った有名な手紙です。
 
 
 
 
失敗しない人なんて
いません。
 
 
 
 
挫折を味わった後に
立ち上がるまでの時間で
一流の人と、そうでない人を
分けるとダレルは言っているんですね。
 
 
 
 
アメリカの伝説の
コピーライターである
ジェフポールも同じような
ことを言っています。
 
 
 
 
ぐずぐずしていい時間は
1時間だけだ。と。
 
 
 
 
仕事をしていたら
とんでもない失敗をしたり
クレームをもらったりしたら
どんな人でも精神的に落ち込みます。
 
 
 
 
でも、ジェフポールは
そのときに、自分にルールを
課していて、くよくよしていいのは
1時間だけと決めているんですね。
 
 
 
 
1時間は、ぐずぐすしていいし
友達に愚痴をぶちまけてもいい。
 
 
 
 
でも、1時間が経過したら
すっかりそのことは忘れて
立ち上げる。
 
 
 
 
また、元気にもりもり仕事に
取り掛かるんです。
 
 
 
 
嫌なことがあったら
一日中引きずってしまう人。
 
 
 
 
下手したら、次の日
その後1週間も引きずってしまう人がいます。
 
 
 
 
でも、凹んでいても
1円にもなりません。
誰を喜ばすこともできません。
 
 
 
 
さっさと、立ち上がったほうが
自分のためにも、お客さんのためにも
いいんです。
そうに決まっていますよね。
 
 
 
 
敗者はいつまでも
グランドに横たわりますが
一流の選手は速やかに
立ち上がるんです。
 
 
 
 
わりと、メンタル的に
くよくよしがちな
自分への戒めとして
この記事を書いたのでした。
 
 
 
 

高給取りに雑務はさせないのだから

from飯野恵太
横浜の自宅より
 
 
 
 
もし、あなたが病院の経営をしていて
ベテランの外科医を雇っているとします。
外科医の年収は2,000万円。
 
 
 
 
 
その外科医に、あなたは
病室の掃除や
オペ器具の準備・チェック
その他の雑務
こういった作業をやらせますか?
 
 
 
 
 
このベテラン外科医に対しては
オペができるから高い年収を
払っていますが
その彼に、あらゆる雑務を
やらせてしまったら
もったいないですよね。
 
 
 
 
 
そんなことをしているよりも
オペに集中してもらって
彼にたくさんオペをやってもらった
方が病院の経営的にはいいわけです。
 
 
 
 
 
多くの人が、年収の高い外科医に
雑務なんてやらせない、と
答えると思います。
 
 
 
 
 
しかし、それを自分のことに
置き換えると、とたんに
違う行動を取る人がいます。
 
 
 
 
 
治療院のオーナーだとしたら
あなたは、経営者なわけです。
経営者として
もっとも生産性の高い仕事に
集中するべきなんですよね。
 
 
 
 
 
集客のための戦略を考えたり
新しい広告を生み出したり
企業との提携の交渉をしたり
 
 
 
 
 
にも関わらず
あなたがやるべきでない
雑務に時間をめちゃくちゃ
奪われている方というのが
すごく多いです。
 
 
 
 
 
ひとり治療院だからといって
あなたが、全部やる必要はないんです。
 
 
 
 
 
このご時世、外注のできない
仕事なんてほとんどないんですから。
 
 
 
 
 
チラシのデザインを作るのに
1ヶ月もかけている人。

ホームページを自分で作ろうとして
1年も2年もかかってる人。

持ってる印刷機で
ハガキを印刷しようとして
半日時間を潰す人。
 
 
 
 
 
こういう仕事で
時間を奪われてしまうのは
すごくもったいないですよね。
 
 
 
 
 
あなたの院では
あなたが、もっとも価値ある存在な
わけですから
その、「あなた」に
不得意な作業をさせたり
単純作業をさせたりしたら
事業としては、ものすごく
もったいないんですよね。
 
 
 
 
 
年収2,000万円の
外科医には、雑務ではなく
オペをやってもらいたいはずです。
 
 
 
 
 
それと同じように
あなたがもっと時間を割くべき
仕事は、他にたくさんあるかもしれません。

求めよ、さらば与えられん

from飯野恵太
横浜の自宅より
 
 
 
 
 
2年前くらいですかね
ダイレクト出版のNOBSニュースレターや
Podcastに取り上げてもらう機会がありました。
 
 
 
 
 
あれだけ読者数の多い
ダイレクト出版のメディアなので
たくさんの方から
反響をいただきました。
 
 
 
 
 
友人からのメッセージが
多かったのですが
その中に、全くの初対面の方で
コンサルでの独立を目指している方から
連絡をもらったことがありました。
 
 
 
 
 
コンサルで独立するための
ノウハウを教えてください!
ってメッセージをもらったんです。
いきなりですよ(笑)
 
 
 
 
 
でも、僕は、その人の
熱意に感心して
会ってみることにしたんです。
 
 
 
 
 
長野県から
わざわざ大宮のオフィス(当時)まで
来てくれて、色んな質問を
ぶつけてきました。
 
 
 
 
 
僕は、何一つ隠すことなく
持っていたノウハウを彼に
教えたんです。
 
 
 
 
 
もしかしたら、
彼のことを「厚かましい」
と感じる人もいるかもしれないのですが
僕は、めちゃくちゃすごいことだなと思いました。
 
 
 
 
 
「誰に何を頼んでも構わない!」
という素晴らしいマインドを持っている方
だったからです。
 
 
 
 
 
求めよ、さらば与えられん。
と、聖書に書いてありますが
当然のことながら
求めなければ何も手に入らないですよね。
 
 
 
 
 
幼稚園の頃
サンタクロースは
超人的な能力を持っているから
言わなくったって、欲しいものを
持ってきてくれると思っていたら
見事に、全然欲しくないものが
枕元に置いてあったことを覚えています。
 
 
 
 
 
泣きじゃくって
親に迷惑をかけましたね。
 
 
 
 
 
その後、親がおもちゃ屋さんに返品して
新しいプレゼントを買ってもらったんですけど
そのアクシデントから、少しずつサンタクロースの
存在を怪しむようにもなりました(笑)
 
 
 
 
 
求めなければ、自分の欲しいものなんて
絶対に手に入らないですよね。
 
 
 
 
 
この「求める」って
すごく、当たり前のことなのに
それを実行できている人って
めちゃくちゃ少ないですよね。
 
 
 
 
 
多くの人が
勇気を出して
求めることをしないんです。
 
 
 
 
 
長野から来た彼に
僕は、色んなノウハウを
伝えましたが
彼と同じように
教えてくれ!と言ってきた人は
他に誰もいませんでした。
 
 
 
 
 
厚かましいって思われたらどうしよう、、、
嫌われたらどうしよう、、、
拒絶されたらどうしよう、、、
 
 
 
 
 
そう考えて
求めることをしないんですよね。
 
 
 
 
 
でも、実際に
誰かに何かを頼んで
そしりを受けることなんて
まずないです。
 
 
 
 
 
仮に、断られたって
たったそれだけのことです。
何も失うわけでもありません。
 
 
 
 
 
だから、「求める」ことって
すっごく大事なんですよね。
大事だけど、特に
日本人は苦手なことでもあります。
 
 
 
 
 
だからこそ、初対面の僕に
アドバイスを求めてきてくれた彼は
本当にすごいなと思ったんです。
 
 
 
 
 
それに、人は求められることって
嬉しいですよね。
意見やアドバイスを求められると
嬉しいです。
喜んで教えたくなっちゃうものです。
 
 
 
 
 
あなたに助けて欲しい!って言われると
喜んで動く生き物なんです。人間は。
 
 
 
 
 
実際に、僕はその彼にアドバイスを
求められたときに
正直言うと、めちゃくちゃ嬉しかったです。
 
 
 
 
 
全然えらくもないのに
なんだか、とっても立派になった
気分でした(笑)
 
 
 
 
 
それもあって
快くなんでも彼に伝えたんです。
 
 
 
 
 
患者さんからの
紹介が欲しかったら
それを求める。
 
 
 
 
 
繁盛している店舗の
ノウハウが知りたかったら
教えてほしいと請う。
 
 
 
 
 
求めよ。さらば、与えられん。
 
 
 
 
 
求めなければ、何も手に入らないのです。
 
 
 
 
 

夫婦喧嘩

from飯野恵太
横浜オフィスより

最近、夫婦げんかをしました。

なぜ、ケンカをしたのか?
って考えると、人に言えないほど
くだらないことってありますよね。

お恥ずかしながら
ご多分にもれず、僕らも
そんなくだらないことが
原因でケンカをしたんです。

ケンカになるときって
決まっていつも、
お互いに「刺激」と「反応」の
間のスペースがないとき
なんです。

7つの習慣をよく読む人なら
「刺激」と「反応」の
話を聞いたことあると
思います。

僕は、大学のときに
7つの習慣を始めて読んで
この「刺激と反応」の話を
知ったときに、とんでもない
書物を手にしてしまったと
思いました。

感動で、震えたのを
覚えています。

7つの習慣って
すっげーんだよ!!

ビジネス書でも
1、2を争う名著の
この本を、改めて周りの人に
薦めていたことを覚えています。

それ依頼、年末年始には
必ず7つの習慣を読んでいるんですが
今年も、もうそろそろ、7つの習慣の時期です。

刺激と反応の話に戻りますが
7つの習慣にはこう書いてあるんです

“刺激と反応の間にはスペースがあり、
そのスペースをどう生かすかが、
私達の成長と幸福の鍵を握っている”

と。

刺激というのは
自分が外部から受ける事象のことで

雨が降っている、とか
予約をドタキャンをされる、とか
悪口を言われる、とかです。

反応というのは
その刺激に対する
自分の心の動きやアクションの
ことですね。

刺激と反応の間には
スペースがあるので
刺激に対しての
反応の仕方を
人は、選択をすることが
できるんですね。

僕らの夫婦喧嘩でいうと
何か、自分の行いを非難される
という「刺激」に対して
反論したり、怒ったりする
「反応」を取るという
選択もできれば、

同じ刺激に対しても
反省したり、謝るという
反応を選択することもできるんですね。

刺激はコントロールできなくても
自分の「反応」はコントロールする
自由を持っているんです。

でも、刺激と反応のスペースが
狭いときは、すぐに
反応してしまうので
感情的になって
どんどん悪い方向に行っちゃうんです。

そうならないように
刺激と反応の間に
スペースがあることを
自覚して、自分に言い聞かせると
感情的にならずに
建設的な話し合いができるんですよね。

ケンカになりそうな時
この刺激と反応の間の
スペースを意識するようにしました。

僕のイメージでは
すっごくぶよぶよしたゼリー
みたいなものが
刺激と反応の間に
あるんです。

すごくひどいことを言われても
そのぶよぶよしたゼリーが
緩衝材になっていて
刺激のショックを和らげるんです。

ショックは和らいでいるから
怒ったり、感情的にならずに
建設的な反応を、選択できる。

そんな、ゼリーのぶよぶよみたいな
刺激と反応の間のスペースを意識していると
前向きな話し合いができるんです。

僕のケンカの話はどうでもいいですが
とにかく、この刺激と反応の間に
スペースがあるってことを
知ることってすごく大事ですよね。

予約のドタキャンという刺激に対して、
怒ったり、やるきを失うという
直接的な反応もできますし、

スペースを意識して
予約の枠が空いたから
その間に、ポスティングに出かけよー!!って
前向きな反応もできますよね。

刺激と反応の間には
スペースがありますから、
ぜひ先生も、ケンカは
しないようにしてください。

 

行動こそが富を引き寄せる磁石になる

 

from飯野恵太
横浜の自宅デスクより

珍しくダン・ケネディが
「元カノ」の話をしていたので
紹介したいと思います。

ダン・ケネディは、昔
3人の子供を抱えるシングルマザーと
付き合っていたことがあるらしいのですが
その方は、工場で働いて
なんとか生計を立てていたらしいのです。

趣味で絵を描いていたらしいのですが
ダン・ケネディが腰を抜かすほどの
腕前だったらしいんです。

ダン・ケネディは、競馬が趣味で
自身も馬を所有しているので
競走馬の肖像画を描く仕事が
あることを知っていました。

馬を持っている人が
頼む仕事なので
みんなとんでもないお金持ち
ばかりで、馬の
肖像画を描いてもらうのに
数十万円とか、数百万円とか
報酬を払ってるらしいんですね。

彼女の絵を見たときに
これまで見た肖像画家に
比べても、同等かそれ以上の腕を
持っていると思ったので
彼女を競走馬の肖像画家として
成功させようと思ったらしいんです。

マーケティングの権威と
言われてる人なので、
その道筋をつけるのは
彼にとっては朝飯前だったと
思うのですが、
具体的な方法と青写真を
全て、その元カノに
教えたらしいんですね。

それを実行すれば
いまの工場勤務からも
脱することができて
子供と一緒に家で過ごす
時間を増やすことができる。

でも、彼の助言は
全て無駄になったらしいんです。

マーケティングの権威からの
じきじきのアドバイスを
1つも行動しなかったらしいんです。

色んな言い訳をならべて
何もアクションしなかったんです。

まだ、準備が必要だ、、、
もっと自信がついてから、、、
実現できるとは思えない、、、
失敗が怖い、、、
本当にできるのか不安、、、

何も二の足をふむのは、
この女性だけの話ではありません。

誰でも同じことが言えます。
僕も行動を躊躇してしまうことがあります。

でも、行動を躊躇したその瞬間
成功・富がまた一歩
遠ざかっていることを
忘れてはいけません。

アイディアそのものには
なんの価値もなくて
アイディアを行動に移すことで
はじめて成果が得られるんですよね。

行動の大切さ。
肝に銘じておく必要がありますね。

ダメ!やってもないのに否定する奴

from飯野恵太
横浜の自宅より

東海オンエアという
人気YouTuberがいるのですが
彼らが少し前にこんな動画をあげていました。

「何も知らねえくせに
否定する奴をこの世から
消し去りたい」

という動画なんですが
中身がすごいおもしろい訳
ではないのですが
その着眼点、考え方が
素晴らしいなと思ったんです。

・ゲイバーにいったことないのに否定する奴
・野球観戦したことないのに否定する奴
・ベイブレードやったことないのに否定する奴

こんな、やったことないのに
つまらないとか、否定する人を
強制的に体験させて
実際どうだったかを
聞くという動画なんです。

で、ほとんどの場合で
最初はつまらないと思っていたのに
体験をしたら、おもしろい!!
という考えに変わっているんですね。

特に、ゲイバーと野球観戦については
めちゃくちゃおもしろい!という
意見に変わっていました。

僕らも、絶対ありますよね。

やったことないのに
食わず嫌いで
やってなかったり
自分でやったわけでないのに
人から聞いた情報だけで
判断して、好き嫌いを
決めてしまっていること。

これってすごくもったいないですよね。

食わず嫌いは
プライベートにおいても
本当は楽しいことを
体験しない、できない機会損失が
ありますし。

仕事においても
さらにもったいないです。

やってもいないのに
なんとなく効果がなさそうだから、、、と
取り組まなかったり
たった一人の知人が
効果がなかったからと言って
意味ないことだと決めつけてしまったり。

何も知らないのに
やってもいないのに
否定する人にはなりたくないですよね。

東海オンエアの動画から
改めてそんなことを思いました。