飯野治療院集客事務所

株式会社タッチコード

大道芸人のマーケティング

from飯野恵太
自宅オフィスより
 
 
 
 
僕、大道芸を見るのが
すごく好きで、街で大道芸を
見かけると、必ず足をとめて
みてしまいます。
 
 
 
 
技術もすごいですが
彼らって、コミュニケーションで
人を楽しませる能力も高いですよね。
 
 
 
 
そして、マーケティングにも
力を入れてるんじゃないか?
って思うことが多々あります。
 
 
 
 
大道芸人の方というのは
当然、フリーでやっているので
誰かに雇われているわけではありません。
 
 
 
 
収入のほとんどは
観客からの投げ銭です。
 
 
 
 
だから、観客からお金をもらうための
クロージングも大事なんですね。
 
 
 
 
色んな大道芸人のパフォーマンスを見ていても
テンプレートというか
共通する手法があるように
感じました。
 
 
 
 
その中でも、特に強く感じたのは
「参加させる」ということです。
 
 
 
 
ただ、パフォーマンスを見せるだけじゃなくて
観客に参加をさせるんですよね。
拍手とか、掛け声とかけさせます。
 
 
 
 
これは、パフォーマンスを
盛り上げるだけじゃなくて
クロージングしやすい環境を
作ることにも成功していると思います。
 
 
 
 
やっぱり「傍観者」としてよりも
「参加者」としての方が
大道芸人に親近感が湧きますし
応援したいと思うようになります。
 
 
 
 
その最たるものが
ステージにあげるというものだと思います。
 
 
 
 
アシスタントとして観客の中から
何人か選んで、ステージに
上がらせるんですよね。
 
 
 
 
そして、最近多いと思うのは
一人だけじゃなくて、何人も
ステージにあげたり絡んだりするんですよ。
 
 
 
 
で、パフォーマーと絡んだ人は
ほぼ間違いなく、途中で帰ったりしませんし
終了後の投げ銭に1000円札を投じています。
 
 
 
 
僕も大道芸を頻繁にみるので
ステージにあげさせられることも
あるんですが、一緒に舞台を作っている感覚になるのか
パフォーマーとの絆が作られるのか
1,000円以上投げ銭したくなるんですよね。
 
 
 
 
 
キングコングの西野さんも
著書の中で書いてましたが
売上をあげるには
「作り手を増やす」ことが
大事と言っていました。
 
 
 
 
作り手、または共犯者ですね。
 
 
 
 
誰かと一緒に本を作ったら
その人は、必ずその本を買いますよね。
一冊どころか何冊もほぼ確実に買うと思います。
 
 
 
 
だって、自分が制作に関わった本だから。
これは、先生も十分に使える考え方です。
 
 
 
 
患者さんを参加させるんです。
 
 
 
 
新しいメニューを作るなら
名前をつけてもらってもいいですし
意見を聞くだけでもいいと思います。
 
 
 
 
傍観者にさせずに
少しでも良いので
参加させることで
共犯者を作ることが
できますよね。
 
 
 
 
大道芸人の方は
抜け目なくこんな高度な
テクニックを使っているんですよね。
 
 
 
 

 

絶望的な状況も気持ち次第!

from飯野恵太
横浜オフィスより
 
 
 
 
またグレイテストショーマンの
話をしていいですか?
 
 
 
 
この1本の映画だけで
書きたいことがたくさん
あるので、1週間くらい
グレイテストショーマンの
こと書くかもしれません。
しかも今日の記事はなげーです。
 
 
 
 
さて書きます。
がっつりネタバレ書くので
グレイテストショーマンを
映画で楽しもうとしている人は
映画を観てからこの記事を読んで下さい。
 
 
 
 
グレイテストショーマンの
終盤、最大の事件が発生します。
しかも立て続けに。
 
 
 
 
ある歌手の公演をするために
莫大な借金をしてツアーの予定を組みます。
 
 
 
 
40公演くらいしたら
その借金を回収できる予定だったのですが
最初の数公演で、なんとその歌手が
降板しちゃうんですね。
 
 
 
 
しかも、その歌手と
ヒュー・ジャックマン演じる
バーナムとのスキャンダルが
報じられて、最愛の奥さんも
家を出て行く。
 
 
 
 
それだけじゃなくて
サーカス会場が全焼。
収益を生み出していた
サーカスの公演も
できなくなります。
 
 
 
 
もう、どん底ですよね。
想像もしたくないほどどん底。
 
 
 
 
莫大な借金
家族を失う
資産を失う
 
 
 
 
当然、ヒュー・ジャックマンは
クソほど落ち込みます。
酒場でひとりうなだれています。
 
 
 
 
絶望を絵に描いたような
彼の前に現れたのは
サーカスの出演者たちでした。
 
 
 
 
そんな彼らに対して
絶望にいるヒュー・ジャックマンは
「この通り、俺は全てを失った。君らに払う給料はないよ」
と吐き捨てます。
 
 
 
 
そんな彼に対して
サーカスのキャストが言ったのは
彼を怨む言葉ではありませんでした。
 
 
 
 
「私たちは、忌み嫌われていた。
家族にすら存在を隠されていた。
でも、あなたのおかげで
本当の家族に出会えた、生きがいに
出会ったんだ」と。
 
 
 
 
「私達を導けるのはあなたしかいないんだ!」
と言うのです。
 
 
 
 
絶望に打ちひしがれていた
ヒュー・ジャックマンは
その言葉を聞いて
再起を決意します。
 
 
 
 
そこから、「from now on」という
名曲が流れるのですが
あまりにもかっこよすぎて
全身に鳥肌が立ちました。
 
 
 
 
そして、絶望から立ち上がった
ヒュー・ジャックマンは
奥さんを取り戻すために
駆け出すんです。
 
 
 
 
ミュージックの効果もあって
映画のテンションは最高潮になるんです。
 
 
 
 
でも、よくよく考えたら
主人公の状況って
何も変わってないんですよね。
 
 
 
 
奥さんにも逃げられたままだし
莫大な借金はそのままだし
サーカスも全焼したまま。
 
 
 
 
でも、彼の心の持ち方だけが
違いました。
 
 
 
 
酒場で絶望に溺れた彼は
団員の言葉で奮起。
from now on(これからだ!!)と言って
立ち上がるんです。
 
 
 
 
何も変わったないはずなのに
観ている僕らにも希望が
溢れていくんです。
 
 
 
 
すごくないですか?
 
 
 
 
宝くじに当たったとか
救世主が現れたとか
大きな取引が成立した
とか、ポジティブなイベントは
何も発生してないんです。
 
 
 
 
団員に励ましてもらっただけです。
 
 
 
 
でも、これをきっかけに
彼は結局大成功の道を歩み出すようになります。
 
 
 
 
あの酒場でうなだれているだけなら
きっと彼が成功することはなかったです。
 
 
 
 
でも、彼はそうせずに
走り出したんですよね。
 
 
 
 
成功するのに
マインドセットが大事なんだよ!って
改めて思いました。
(僕の解釈)
 
 
 
 
最終的には、建物なんていらない!
テントを張れば良いんだ!と
いまではお馴染みになった
テントのサーカスをスタートさせるんですね。
 
 
 
 
実は、この映画には
マインドセットの重要性を
描いた場面がここ以外にも
たくさん出てくるんです。
 
 
 
 
サーカスを批判されて
それを新聞の記事にされるんですが
主人公は、それでめげるのではなく
「批判の記事が書かれた新聞を
持ってきたら半額セール」を
実施して、成功に拍車をかけたりしました。
 
 
 
 
これも受け取り方ひとつで
気落ちする人もいると思いますが
利用してやる!という姿勢を持つことで
成功へのきっかけにしてしまったんです。
 
 
 
 
グレイテストショーマン
学びが多いし
シンプルにおもしろい映画ですよ。
 
 
 
 

なぜ、グレイテストショーマンはおもしろいのか?

from飯野恵太
二子玉の楽天カフェより
 
 
 
 
グレイテストショーマン。
観てきました。
 
 
 
 
ヒュー・ジャックマン主演の
ミュージカル映画です。
実在した興行師で「サーカス」を
設立したことで有名な
P T バーナムの半生に
スポットライトを当てた映画です。
 
 
 
 
結論から言うと
めちゃくちゃおもしろかったですね。
 
 
 
 
スタートから最後まで
一瞬も飽きることなく
エキサイティングして
楽しむことができました。
 
 
 
 
観終わった後も
数時間後には
また観たいなー!と
思える映画でした。
 
 
 
 
DVD購入候補ですね。
息子がもう少し大きくなったら
ぜひとも一緒に観たい作品でした。
 
 
 
 
この作品がおもしろかった要素の1つとして
すっごくわかりやすく、ハッキリくっきりと
リトマス法を使って表現していることです。
 
 
 
 
リトマス法というのは
シナリオ作る時の技法のことなんですが
事件・事故・新しい人物などを
登場させて、ストーリーに
メリハリをつける技法のことです。
 
 
 
 
これがあると、物語に
キレが出てすごく
おもしろくなるんですね。
 
 
 
 
そして
成功・希望のベクトルと
失敗・絶望のベクトルを
うまく使って、感情の起伏を
描くので、すごくわかりやすいし
おもしろいんです。
 
 
 
 
(ネタバレ注意!)
 
 
 
 
例えば、グレイテストショーマンで
出てきたリトマスとしては、
 
 
 
 
会社をクビになる(↓)
妻に励ましてもらって、博物館を始める(↑)
博物館が全然流行らない(↓)
ユニークな人を採用して流行る(↑)
流行りすぎて、批判炎上(↓)
逆手に取って、また盛り上がる(↑)
「成り上がり」と娘がいじめられる(↓)
 
 
 
 
こんな感じで
いろんなイベントが発生して
上のベクトルのイベントと
下のベクトルのイベントが
交互にやってくるんですね。
 
 
 
 
これが
「最初から興行に成功して
何不自由なく生活をしました。」
 
 
 
 
だと、何もおもしろくないと思うのですが
グレイテストショーマンは、本当に
短時間で、この「リトマス」によって
希望と絶望がわかりやすく表現されるので
おもしろいんです。
 
 
 
 
めちゃくちゃおもしろいです。
 
 
 
 
何も、僕がグレイテストショーマンのことを
熱く語ったのは、僕の趣味だからではないんでよ。
ええ。
 
 
 
 
このリトマス法という技法は
映画じゃなくても、あなたも
使うことができるのです。
 
 
 
 
むしろ、これを使わないと
あらゆる文章が
クソつまらないものになっちゃうんです。
 
 
 
 
例えば、あなたの過去の
ストーリーを冊子にして
患者さんに渡すと
関係構築に使える
とても効果的な
ツールになるのですが、、、
 
この時に、ただ文章を書くだけでは
その効果が最大限発揮されないんです。
 
 
 
 
ここで使うのはリトマス法なんです。
 
 
 
 
あなたが、どんな失敗をして
どんな挫折をしたか?
 
 
 
 
それを乗り越えて、どんな成功を手にしたか?
 
 
 
 
映画みたいな
ドラマティックな
ものじゃなくていいんです。
 
 
 
 
ベクトルを上下に振ってあげるだけで
それだけで、すごく魅力的な
文章、ストーリーにすることが
できるんです。
 
 
 
 
ウェブサイトや、紙媒体
色なところであなたの
自己紹介をする機会があると思いますが
その時に、必ずリトマス法を
意識して文章を作ってみてください。
 
 
 
 
そして、そのいい見本を
勉強するのに、グレイテストショーマンは
うってつけですよ!
 
 
 
 

ごめんなさい。私が間違えていました。

from飯野恵太
茅場町のコワーキングスペースより
 
 
 
 
大谷選手が半端ない活躍を続けてますよね。
投げては連勝、打っては3試合連続ホームラン。
 
 
 
 
ホントに漫画の主人公みたいな
活躍をしています。
 
 
 
 
ぜひ、これからも活躍していただきたいですね。
彼のニュースを見るとなんだか
すごく嬉しい気持ちになります。
 
 
 
 
アメリカのスポーツ記者からすると
大谷選手の二刀流は
オープン戦の時は懐疑的で
メジャーでは通用しない
高校生レベルだ
などと批判されていたんですよね。
 
 
 
 
しかし、いざ開幕してみると
驚愕の活躍を見せています。
 
 
 
 
各紙が手のひらを返したように
大谷選手を称える中で
米ヤフースポーツは
すごくおもしろい記事を書いていたんですね。
 
 
 
 
「ごめんなさい。私が全て間違っていました」
 
 
 
 
このヘッドラインで始まる
謝罪文を掲載したんです。
 
 
 
 
大谷選手の二刀流は絶対通用しないなどと
書いていたが、いざ開幕したらとんでもない
活躍をされている。完全に私の見る目が間違っていました。
と。
 
 
 
 
実際、この記事は、日本のメディアでも
注目されて、色んな番組で取り上げられていました。
 
 
 
 
大谷選手のインパクトもすごいですが
この記事そのもののインパクトもあったので
色んなところで取り上げられたと思うんですよね。 
 
 
 
何がすごいかって
自分の失敗そのものを
ネタにしちゃってるんですよね。
 
 
 
 
他のメディアは、文字通り手のひらを
返したように、すごいすごい言ってるだけですが
このヤフースポーツは、ちゃんと
自分が以前は二刀流は通用しないと
記事にしていたことを認めて
それが「間違いだった」「ごめんなさい」と
ヘッドラインに使っちゃってるんですよね。
 
 
 
 
大谷選手のすごさも伝えられるし
ヘッドラインのインパクトもあるし
話題性もあるし
 
 
 
 
実際、日本の番組に取り上げられてますしね。
 
 
 
 
「失敗」をネタにするって
勇気のあることですけど
人を魅了するパワーがありますよね。
 
 
 
 
これは、整骨院、整体院でも
めちゃめちゃ活用できる
アイディアです。
 
 
 
 
特にニュースレターなど
患者さんとのコミュニケーションを
取るツールで、先生の失敗談などを
伝えてあげると、人はすごく
喜んでくれるんです。
 
 
 
 
別に人の不幸が蜜の味。とか
そういうわけじゃないですが
単純に、親しみが湧きますよね。
完璧な人より、そういう人の方が
なんか接しやすいじゃないですか。
 
 
 
 
お笑い芸人の話とか
意識して聞いてみると
そのほとんどが
「失敗談」になってることが
わかります。
 
 
 
 
何か失敗したら
それは、先生にとって
最高のネタになるんです。
 
 
 
 
どんどん患者さんに伝えてください。
 
 
 
 

「さすが」って英語で何ていう?

from飯野恵太
蔦屋家電のカフェスペースより
 
 
 
 
ツタヤとスタバが
一体となってるところ
あるじゃないですか。
 
 
 
 
あそこってすごい好きなんですよね。
 
 
 
 
仕事をして、少し疲れたら
本を見て回る。
いい気分転換にもなるし
おもしろい発見もあります。
 
 
 
 
そんな感じで本を読んでいたら
ちょっと気になるタイトルの
本を見つけました。
 
 
 
 
「さすが!」は英語でなんていう?
 
 
 
 
これを、みて少し考えました。
 
 
 
 
確かに、、、さすが!って英語でなんていうんだろ??
 
 
 
 
日本語でしゃべってると
普通に使いますよね。
「さすが」って。
 
 
 
 
でも、英語で言うってなると
全く思い浮かびません。
 
 
 
 
なんだろ?なんだろ?と
気付いたら、やたらと
注意をその本に取られてしまいました。
 
 
 
 
当然、その本を手にとって
その答えを確認しましたよね。
 
 
 
 
ここで答えを書いちゃうのは
つまらないと思うので
気になる人は、ぜひ調べてみてください。
 
 
 
 
ツタヤに山ほどある本の中で
この本は、ものすごい注意を集めたんですよね。
僕からの。
 
 
 
 
これは、「巻き込み」という
マーケティングの手法ですよね。
 
 
 
 
まさに、僕は本のタイトルを通して
クイズを出されたことで
めちゃくちゃ「巻き込まれ」ました。
 
 
 
 
結果的に、だいぶ時間を取られましたよね。
別に、英語の本を探していたわけでもないし
興味を持っていたわけでもありません。
 
 
 
 
クイズを出したり
読み手に参加させるような
仕組みを設けることで
「巻き込む」ことで
普通に広告をしたのでは
考えられほど、人の
注意を引きつけることが
できますよね
 
 
 
 
クイズとか、
チェックリストが
簡単に使える
巻き込みの方法ですよね。
 
 
 
 

ニュートラルなおじさん

from飯野恵太
二子玉のスタバより
 
 
 
 
しらすと大根おろしを
ご飯にかけて食べるのが
大好きなのですが
そんな僕が歓喜のメニューが
吉野家で登場してました。
「しらすおろし定食」
 
 
 
 
そののぼりを見るや
全然お腹空いていなかったのですが
しらすおろしの魔力に
惹きつけられて
吉野家inしたのです。
 
 
 
 
すると、目の前のカウンターに
おじさんがいたんですが
頼んだサラダにドレッシングが
ついてないということで
いきなり店員さんに怒りだしたんです。
 
 
 
 
いやいや、、、
そんなことくらい
ドレッシングくださいって
一言で済むじゃない。
いちいち怒って
嫌な人だなー。と
思っていたんです。
 
 
 
 
で、その後、三人連れの家族が
入店したのです
カウンターの席しかないお店だったのと
空きが三人分なかったので
少し迷ってから、1人と2人で
別れようとしていたんです。
 
 
 
 
そしたら、その様子をみて
さっきのおじさんが
すかさず席を移動してあげて
三人分のを空けていたんですよね。
 
 
 
 
そのおじさんの両隣が空いていたので
おじさんがどいたことで、3人分確保できたんです。
 
 
 
 
え??この人めっちゃいい人じゃん!!
って思いました。
 
 
 
 
さっきドレッシングで
いちいちキレてた人が
こんな気が利く優しい行動を?!
 
 
 
 
おそらく、ドレッシングの現場だけ見た人は、
このおじさんを「嫌な奴」と
思ったでしょうし
席を空けた現場だけを見た人は
無条件で「いい人」と
思うはずです。
 
 
 
 
どっちの姿も見た僕は
混乱しましたが(笑)
 
 
 
 
このおじさんの姿をみていて
ふと、7つの習慣に出てくる
「刺激」と「反応」の話を思い出しました。
 
 
 
 
世の中に起こる出来事に
「いいこと」「悪いこと」が
あるわけじゃない。
 
 
 
 
ただその出来事に対して
勝手に「意味付け」をして「反応」してる
だけなんだと。
 
 
 
 
そして、刺激と反応の間には
スペースがあるから
自分で反応を選択する自由が
あります。
 
 
 
 
何か物事に失敗して
「自分に能力がないから失敗した」
と意味付けして、凹んで仕事のモチベーションを
下げることもできるし
 
「失敗したから、成功に一歩近づいた」
と意味付けして、仕事のモチベーションを
上げることもできるんですよね。
 
 
 
 
世の中には、ニュートラルな
「刺激」しかないんです。
 
 
 
 
それに、意味付けをして
自分の行動に影響を与える
権利は私達自身がもってるんですよね。
 
 
 
 
吉野家であったおじさんも
「いいおじさん」でも「嫌なおじさん」
でもないんです。
 
 
 
 
ニュートラルな「おじさん」がいて
僕がただ意味付けをしていただけなんです。
 
 
 
 
そんなことを考えながら
しらす定食をほおばったのでした。
 
 
 
 

 

人の命 < 土俵の神聖さ?!

from飯野恵太
横浜オフィスより
 
 
 
 
ちょっとびっくりした
ニュース映像を見たのですが
京都の舞鶴で開催された
大相撲で、舞鶴市の市長が
挨拶をしていたのですが
そのあいさつの途中で
倒れてしまったんですね。
 
 
 
 
緊急事態です。
 
 
 
 
そのあと、観客席から
女性が駆けつけて、市長に
心臓マッサージをしていたのですが
それに対して、
「女性は土俵から降りてください」
という場内アナウンスが
複数回流れたらしいのです。
 
 
 
 
その女性は意に介さず
救助活動を続けましたが
なかなか異様な光景ですよ。
 
 
 
 
人が倒れて、それを助けているのに
女性だからという理由で
降りてくださいって言われるんです。
 
 
 
 
映像を見ると、会場もどよめいていました。
 
 
 
 
当然のように、このニュースは
炎上しているので、先生も
耳にしたことあると思います。
 
 
 
 
そのアナウンスは
どうやら、若い行事の方が
流したらしいのですが
お客さんの中から
「女性が土俵にあがっていいの??」
という問い合わせがあって
それで、慌ててこういう
アナウンスを流したらしいんです。
 
 
 
 
そのお客さんの優先順位
やべーな!と思い腹が立つのと
同時に、人間の心理って
こんな風に動くことも
あるんだと思って
興味深くもありました。
 
 
 
 
人の命が危ないという状態なのに
女性が土俵には上がっちゃいけないという
伝統が気になっちゃうんですよ。
 
 
 
 
市長は大丈夫か?
救急車は呼んだのか?
誰か医者はいないのか?
 
 
 
 
それよりも
「女性が土俵にあがってる」
ってことが気になっちゃうんです。
 
 
 
 
それで、裏でコソコソ
行事に「あれいいのー?」
ってチクリにきてるんです。
 
 
 
 
市長の安否 <<< 自分の信念
 
 
 
 
なんですね。
僕らからすると
ちょっと信じられませんが
彼の中では、それが
正義なんですよね。
 
 
 
 
顧客をリサーチするときにも
「BDF」を調べる。と
言われます。
 
 
 
 
Belief:信念
Desire:欲求
Feeling:気持ち
 
 
 
 
顧客がどんな信念を持っているのか。
何に価値を置いているのか
何を信じているのか
 
 
 
 
自分の中ではあたりまえ、
それがいいと思ってることでも
相手にとって全く違うかもしれませんよね。
 
 
 
 
僕は人命救助の方が
相撲の伝統よりずっと大事だと
思いますが
もし、僕が相撲をずっと
やってきて、土俵の神聖さに
価値を感じていたら
もしかしたら、このお客さんのように
土俵に女性が上がっていることに
許せない気持ちを抱いたのかもしれません。
 
 
 
 
結局、何を考えているかって
調べてみないとわからないですよね。
 
 
 
 
自分以外の人の気持ちなんて
想像できるわけないです。
 
 
 
 
この土俵の上での
騒ぎで改めてそれを
痛感させられましたね。
 
 
 
 
だから、私たちのできることは
相手の話を聴くことなのです。
 
 
 
 
こっちがいくら想像しても
わからないのですから。