飯野治療院集客事務所

株式会社タッチコード

なぜ、コカコーラゼロへの評価が変わった?

 

from飯野恵太
二子玉のスタバより
 
 
 
 
コカコーラゼロ。
最近の僕の相棒です。
 
 
 
 
最近は、常にコカコーラゼロが常備されていて
出先でも水分補給するときは
だいたいコカコーラゼロを飲んでいます。
 
 
 
 
いま、過酷な糖質制限をする
ケトン体ダイエットをしているのですが
そのため、一日を通して
ほとんど糖質を摂取していないんですね。
 
 
 
 
そうすると、無性に甘みが欲しくなるときがあって
そういう時に、本当に重宝するのが
コカコーラゼロなんです。
体内に吸収されない人工甘味料が使われているので
どれだけ飲んでも糖質は摂取されないんです。
 
 
 
 
でも、最初にこのコカコーラゼロを知ったのは
前職サラリーマン時代に後輩がよく飲んでいたことが
きっかけだったんですが
このときは、ものすごくコカコーラゼロに
否定的でした。
 
 
 
 
ダイエットしたいのに
コーラなんて飲もうとするな!
しかも人工甘味料なんて
体に悪い!
 
 
 
 
こんな感じですごい否定的だったんです。
 
 
 
 
人工甘味料が体に悪いかどうか
その根拠とかを調べたわけでもないのに
イメージだけでものすごく否定していたんです。
 
 
 
 
ダイエットしたいなら
お茶を飲めば良いんだから
コカコーラゼロなんて不要だ!
って思ってたんです。
 
 
 
 
でも、糖質制限ダイエットを始めて
コカコーラゼロに本当に助けてもらってるので
めちゃくちゃその存在に感謝していますし
人工甘味料がどれだけ素晴らしい発見なのか?
ということに友人にも滔々と語っています。
 
 
 
 
人工甘味料に関しては
賛否両論あると思うんですが
賛成しているひとのほとんどは人工甘味料を摂取していて
否定しているひとのほとんどは人工甘味料を摂取してない人です。
 
 
 
 
これって、すごく当たり前のように
感じるかもしれないですが
実は、重要なことで
人って自分が行っている行動の方が
正しいと思いがちなんですよね。
 
 
 
 
僕も人工甘味料のことを調べたうえで
実は、コカコーラゼロはいい!!と
なったわけじゃなくて、
どうしても甘いものが欲しくなって
コーラゼロを飲み始めたもんで
正当化するためにも
人工甘味料に賛成の姿勢を
取っているんです(笑)
 
 
 
 
これは、得意・苦手でも
発生するので、ものすごく
注意が必要なんです。
 
 
 
 
自分が苦手なことは
社会的に必要のないことだ、と
思いがちなんです。
 
 
 
 
ゴルフやってみたけど、苦手な人は
ゴルフなんてつまらないスポーツだと
思うようになりますし。
 
 
 
 
回数券を販売してみて
うまく売れなかった人は
回数券の案内なんて邪道だ!
って思い始めるわけです。
 
 
 
 
あ、何も回数券が良い悪いとかの
話じゃなくて、人は
自分の得手不得手と
必要性の有無を混同しがちということです。
 
 
 
 
これは、注意が必要ですよね。
 
 
 
 
本当は下手くそだったとしても
やる価値のあることがあったとしても
この心理のせいで、価値の無いこと!って
判断してやらなくていい理由を作ってしまう。
 
 
 
 
これによって機会損失をしてしまうわけです。
それって、めちゃくちゃもったいないですよね。
 
 
 
 
自分の苦手なことだからと言って
「価値の無いこと」と断定して
行動することから逃げるのは
危険ですよ!
 
 
 
 
ちなみに、僕の妻も
最初は人工甘味料に
ものすごく反対していて
コーラゼロとか絶対に飲まない!と
言っていたのに、彼女も糖質制限を始めてから
普通にコーラゼロを飲んでいます。
なんなら冷蔵庫にいつも2本以上
「ブツ」をストックしているのは
彼女です。
 
 
 
 

 

ポーランド戦で感じた日本の強さ

 

from飯野恵太
二子玉のスタバより
 
 
 
 
サッカーワールドカップ
木曜日の夜に日本VSポーランド戦が
ありましたね。
(話題が一日遅れですが)
 
 
 
 
見事決勝トーナメント進出を決めた日本ですが
ポーランド戦はかなり特殊な試合内容でした。
 
 
 
 
なんせ、試合で負けている日本が
ボール回しをして時間を潰しているのですから。
 
 
 
 
しかも、この試合でこのまま時間を潰せたとしても
決勝トーナメントに進出できるかどうかは
わからないんです。
 
 
 
 
その戦い方に会場は
大ブーイングが起こっていました。
世界中のメディアから
その ”消極的” な姿勢に対して
批判が出ているようですね。
 
 
 
 
最初は僕も、この試合を観戦していて
少し残念な気持ちになって
最後まで勝ちに行ってほしいなと
思ったのですが、よくよく考えたら
最も貪欲に「勝ち」に行ってるのは
西野監督なんじゃないか?!と
思うようになりました。
 
 
 
 
彼ら日本代表にとって
最も優先すべきことは
「決勝トーナメントへの進出」だったかと
思います。
 
 
 
 
その目的を達成することこそが
彼らにとっての「勝利」だったんです。
 
 
 
 
だからこそ、彼らはそれ以外の全てを捨てて
たった1つの目的に集中していたんです。
 
 
 
 
そのために、
カッコよさも
喜ばせることも
世間体も
眼の前の試合に勝つことも
自分のプライドさえも
目的以外の全てを無視して
決勝トーナメント進出を
果たしたんです。
 
 
 
 
批判する人も多いかもしれませんが
この姿勢はめちゃくちゃすごいなと思いました。
 
 
 
 
世の中には、これが実行できない人って
とっても多いです。
 
 
 
 
チラシなどの広告で集客するときなんか
すごい顕著ですね。
 
 
 
 
目的は「新規集客して売上をあげる」って
ことだけだと思うんですが
それ以外のこともやろうとして
うまくいかない人がめちゃくちゃ多いんです。
 
 
 
 
かっこいい広告を打ちたい
まわりの接骨院から睨まれたくない
患者さんから安っぽく思われたくない
 
 
 
 
体裁を気にして
本来の目的を成し遂げられない人って
めちゃくちゃ多いんです。
 
 
 
 
そういう意味では
西野監督、日本代表の選択というのは
何が何でも本気で目的を達成しようという
強い信念を持ってるからこそ
選び取ることのできたことだと思います。
 
 
 
 
何より次の試合も頑張ってほしいですよね!
頑張れ日本!!
 
 
 
 

世界の日進月歩

 

from飯野恵太
みなとみらいのスタバより
 
 
 
 
こんなサービス出たか!!という
衝撃的なアプリが登場しました。
 
 
 
 
その名も「麻雀カメラ」
 
 
 
 
これってどういうものかというと
麻雀でアガった手配を写真で撮ると
自動で点数計算してくれるんです。
 
 
 
 
めちゃくちゃすごくないですか?
もはや、そんな時代になったのかと
感動と衝撃を受けましたね。
 
 
 
 
僕も麻雀をたまにやるんですが
点数計算を完璧に瞬時にやるのって
結構難しいんですよね。
 
 
 
 
学生時代にフリーで雀荘に入り浸っているような
麻雀狂いの友達がいるときは
彼が、瞬時に点数計算をしてくれるんですが
そんなことができる人って
僕のまわりではかなり珍しい。
 
 
 
 
麻雀は打てても点数計算はできないって人が
四人集まるときもあって
そういうときは、結構苦労するんですよね。
点数を出すのが。
 
 
 
 
でも、この麻雀カメラがあれば
そんな問題をすっきり解消してくれます。
カメラで撮る。それだけ。
麻雀が普及するきっかけになりそうな
アプリですね。
 
 
 
 
昨日のトリクルもそうですが
世界はとてつもない
スピードで進化していってますよね。
 
 
 
 
毎日のように革新的なサービスが
誕生して、利用者の悩みを解決していってます。
 
 
 
 
まさに日進月歩。
たえまなくどんどん進化しています。
 
 
 
 
治療院業界も負けてられないですよね。
世界は進化しない日なんてないんです。
こうしてる間にも、数々のアイディアが
実現されています。
 
 
 
 
今日は昨日より1ミリでも成長できたのか?
少しでも改善できたのか?
 
 
 
 
それを見つめ直すことが大切ですよね。
 
 
 
 

 

満場一致は危険!

 

from飯野恵太
二子玉のスタバより
 
 
 
 
ホリエモンが面白いことを
言っていました。
 
 
 
 
彼は堀江貴文イノベーション大学校という
オンラインサロンを運営していますが
ここでの物事の決定は、民主主義を
採用していないらしいんですね。
 
 
 
 
なぜかというと、
大多数が賛成する案って
結局保守的で面白みがなくて
革新的なアイディアが出ることが
少ないからなんだそうです。
 
 
 
 
面白い企画でもみんなの意見を聞いてるうちに
カドが取れて、結局新鮮味のない
つまらない案になっていく。
 
 
 
 
だから、反対する人がいようが
行動力のある人がリーダーシップを取り
民主主義ではなく、一人のリーダーの
独断によって進めていく。
 
 
 
 
0から1を作るような
新しいことに挑戦するときって
結局、このやり方のほうが
いい結果に結びつくみたいです。
 
 
 
 
チラシとかDMとかでも
これと同じようなことってよく起こります。
 
 
 
 
新しい広告を作るときに
スタッフや仲の良い患者さんの
意見を取り入れているうちに
反対意見が出てきて
結局、おもしろそうなアイディアも
実現せずに、お蔵入りする。
 
 
 
 
「満場一致」では
面白い意思決定は絶対にできないんですね。
 
 
 
 

 

アイディアって組み合わせ

 

from飯野恵太
二子玉のスタバより
 
 
 
 
メルカリって使ったことありますか?
うちの妻はめちゃくちゃメルカリを使っていて
もうメルカリ内職というか
暇さえあれば家にあるものを
写真撮って、ガンガン出品しています。
 
 
 
 
最近ではメルカリは上場して
時価総額が4,000億円を超えましたよね。
 
 
 
 
メルカリは知っている人多いと思いますが
トリクルってサービスは知っていますか?
 
 
 
 
メルカリの「穴」をついた
サービスで、最近リリースされた
サービスの中でも、素晴らしいなぁと思うサービスなんです。
 
 
 
 
メルカリって確かに家にある
いらなくなったものを
販売できるので便利なんですが
出品が結構面倒なんです。
 
 
 
 
妻もメルカリにハマっているという
話でしたが、メルカリに出品して
発送するのに、結構な時間が取られていますし
出品したのに売れない「在庫」が結構大量にあり
クローゼットを占領してしまってるんですよね。
 
 
 
 
加えて、ちょいちょい妻が愚痴ってるのが
変なお客さんへの対応。
メルカリは、取引の仲裁とかは
基本してくれないので
すごい面倒なお客さんとか
難癖つけて、返金を要求する人がいたら
結構たいへんみたいで、それに
ストレスがかかる時もあるとか。
 
 
 
 
そんな、出品の手間、発送の手間、邪魔な在庫。取引対応のストレス。
これらの問題を全て解決してくれるのが
「トリクル」なんです。
 
 
 
 
いらないもの、売りたいものがあったら
ごっそりまとめてトリクルのスタッフが
持っていってくれるんです。
 
 
 
 
そして、代行してそれを販売してくれて
売れたら、30%の手数料を渡すというものです。
 
 
 
 
いまは、都内の限られたエリアしか
対応していないみたいなんですが
とんでもなく便利なサービスだなと
思いました。
 
 
 
 
売りたいものはあるけど
出品したりするのは面倒だ、、、という
ユーザーをたくさん囲い込めそうな気がします。
 
 
 
 
あと、中古取引のビジネスは
かなり淘汰されるんじゃないかなと思っています。
 
 
 
 
ブックオフとかに本を売っても
本当に二束三文にしかならないじゃないですか。
50円とか、よくて100円とか。
 
 
 
 
でも、メルカリなら800円とかで
普通に売れたりする。でも
出品して発送してなんてしたら
面倒。
 
 
 
 
そんな時にたまった本とかを
ごっそり持っていてもらって
代わりに販売してくれて
しかも70%ももらえるなら
めちゃくちゃいいですよね。
 
 
 
 
すごくユーザーのニーズを理解して
提供している画期的なサービスだと
思ったのですが、これって
既にあるサービスの組み合わせですよね。
 
 
 
 
メルカリと廃品回収屋さんの
かけあわせですよね。
 
 
 
 
全てのアイディアは
既存のアイディアの組み合わせだ、って
「アイディアの作り方」で
ジェームズ・ヤングが言っていましたが
まさに、このことですよね。
 
 
 
 
あなたもこんなアイディア探せるはずです。
既存にあるものと組み合わせて
顧客が喜んでくれるサービスを
提供する。
 
 
 
 
トリクルに学びたいですよね。
 
 
 
 

 

 

 

現代文全国2位の理由

from飯野恵太
自宅オフィスより
 
 
 
 
僕、高校の時、絵に描いたような
落ちこぼれ生徒だったんですが
1つだけ、自信のある
科目があったんです。
 
 
 
 
それが、国語です。
 
 
 
 
しかも、国語と言っても
古文、漢文はチンプンカンプンだったんですが
現代文だけはすごい得意だったんです。
 
 
 
 
模試の時も、現代文だけは
すごく成績がよくて
高3のときに一度だけ
駿台のやってる東大模試を
受けたことがあるのですが
現代文の成績は全国で2位だったんです。
 
 
 
 
でも、僕、昔から国語が得意だった
わけじゃなくて、小学校のときとか
むしろすごい苦手だったんです。
 
 
 
 
作文とか書いても、先生に
すごい下手と言われていました。
 
 
 
 
でも、転機があって
小学校5年生の時の先生が
僕に毎日日記を書かせて
それを毎日フィードバックしてくれたんですよね。
 
 
 
 
僕の作文をすごい下手と言った先生も
その先生なんですが。
僕が一番感謝している先生です。
 
 
 
 
それで、小学校5年から中学3年までの
5年間、ほぼ毎日、日記を書き続けていたんです。
 
 
 
 
おかげで、大の苦手だった作文は
得意になって、気付いたら
現代文も成績がぐんぐん上がっていたんです。
 
 
 
 
さっきも言ったように
僕はこの時、小学校5年生のときの
担任の先生にすごく感謝しているんですが
「フォローアップ」してもらえたことは
僕が作文、現代文が上達するのに
すごく大切な要素だったと思います。
 
 
 
 
1分間マネジャーで有名な
ケン・ブランチャードも言っているのですが
人が変われない時の大きな要因として
「フォローアップの欠如」があるんですよね。
 
 
 
 
先生も経験があると思うんですが
一人だけで変化していこうとすると
なかなか大変ですよね。
 
 
 
 
でも、僕がそうであったように
信じて見守って、フィードバックをくれるひとが
いると、そうでない場合と比べて
変化・成長できる可能性ってぐんとあがりますよね。
 
 
 
 
という話とともに
僕の現代文すごいでしょ?という
自慢話の記事でした。
 
 
 
 

内向的なのがコンプレックスな人へ

from飯野恵太
横浜オフィスより
 
 
 
 
梅雨の時期なので
レインブーツを
履いている人を
よく見かけますよね。
 
 
 
 
HUNTERっていう
レインブーツのブランドがあるの
知ってましたか?
 
 
 
 
電車で移動中に
向かいの女性が
このHUNTERの
レインブーツを履いていたんですが
両足のスネのあたりにロゴで
「HUNTER」って刻まれていて
足を整えると、
完全に「HUNTER×HUNTER」
(大人気マンガ)
なんです。
 
 
 
 
「HUNTER×HUNTER」女子なのかと
思うくらい「HUNTER×HUNTER」でした。
 
 
 
 
さて、話は変わりますが(急激に)
今、ワールドカップで日本中が湧いてますよね。
彼らトップアスリートって
外交的な人が多いと思いますか?
それとも内向的な人が多いと思いますか?
 
 
 
 
アスリートのイメージって
僕は、漫画や映画に出てくるキャラの
イメージが強いのですが
部活の花形エースでキャプテン
超モテモテみたいな人。
こんなイメージがありました。
 
 
 
 
多くの人も、アスリートって
明るくて外交的なイメージがあると
思うんですが、実は全く違うらしいんです。
 
 
 
 
デビット・へメリーの研究によると
トップアスリートの約90%が
自分は「内向的」と考えているらしいのです。
 
 
 
 
外交的だと考えているのは
6%に過ぎず、残りの人は
“中間”だと考えていたんです。
 
 
 
 
すごい意外ですよね。
 
 
 
 
でも、スポーツの特性的に
たとえ、サッカーのような
集団スポーツであっても
選手が超人的な技術を
身につけるには「孤独」な練習が
必要なんですよね。
 
 
 
 
周りがパーティで楽しむ中
ひとりで、素振りをする時間。
 
 
 
 
チームメイトが行く合コンを断り
黙々とスリーポイントシュートの練習をする時間。
 
 
 
 
みんなが帰った後のグラウンドで
ひたすらに行うシュート練習の時間。
 
 
 
 
こういった孤独な時間が
トップアスリートを形成しているんです。
 
 
 
 
なので、外交的な人よりも
内向的な人の方が
トップアスリートに
なりやすいんですね。
 
 
 
 
確かにイチロー選手が
パーティでうぇーい!!って
はっちゃけてる姿って
想像できないですよね。
 
 
 
 
外交的な方が成功しやすいイメージって
ありますが、必ずしもそうではないんですね。
もちろん、外交的な方が有利な分野もたくさんありますが。
 
 
 
 
もし、先生が内向的なことを
コンプレックスに考えていたら
それは、大きな間違いです。
 
 
 
 
内向的な性格というのは
ある分野のエキスパートを生み出す
可能性を秘めているんですよね。
 
 
 
 
というお話。