飯野治療院集客事務所

株式会社タッチコード

世紀の冤罪被害者「コレステロール」

from飯野恵太
茅場町のコワーキングスペースより
 
 
 
 
「常識」とされているけど
全然間違っているってことって
ありますよね。
 
 
 
 
最近では記憶に新しいものだと
コレステロール。
 
 
 
 
コレステロールって
悪い成分の代表的な
存在だったじゃないですか。
 
 
 
 
というか、今でも
身体によくないって
思ってる人は
多いと思います。
 
 
 
 
「卵は1日1個まで」って
誰でも聞いたことあるし
それを意識して食事を
していた人もいると思います。
 
 
 
 
コレステロールを摂取すると
血中のコレステロール値が増加して
脂質異常症になり
血管が傷ついて動脈硬化に
なってしまうと。
 
 
 
 
だから、国はコレステロールの
摂取量の制限目安まで
決めて、摂取を控えるように
警告していたんです。
 
 
 
 
でも、それは2015年に
撤廃されたんですよね。
厚生労働省から正式に。
 
 
 
 
食品からのコレステロールの摂取は
ほとんど血中のコレステロールに
影響を及ぼさないので
摂取量制限は意味がないって
なったんです。
 
 
 
 
もちろん血中のコレステロールが
高いことはよくないことなんですが
食べ物で摂取するコレステロールは
血中濃度にほぼ影響しないという
実験結果が出たんです。
 
 
 
 
それまで、コレステロールは
摂りすぎない方がいいというのは
ものすごく当たり前の常識でしたし
誰も疑ってなかったと思います。
 
 
 
 
でも、実際にはその「常識」は
間違っていたんですよね。
 
 
 
 
なにが怖いって
根拠がなかったのに
国民ほぼ全員が
コレステロールは良くないって
信じていたことですよね。
当然、ぼくもですが。
 
 
 
 
実家が割と厳しくて
目玉焼き大好きなのに
いつも1個しか食べれなくて
しょんぼりしていたんですが
その機会損失を返して欲しいですよね。
 
 
 
 
いま、当たり前だと思ってること
業界では「常識」とされていること
「そうした方がいい」と根拠なく信じられてること
 
 
 
 
もし、それらの当たり前を
守ることがあなたの
成果につながっていないのであれば
その、「当たり前」は
疑った方がいいですよね。
 
 
 
 
長年、国民全員から
悪者扱いされた冤罪被害者
コレ・ス・テロール
 

控えの選手がスーパースターに

from飯野恵太
横浜の自宅より
 
 
 
 
昨日は、待ちに待った
スーパーボウルの日でした。
 
 
 
 
スーパーボウルというのは
NFLというアメフトプロ団体の
頂上決戦です。
 
 
 
 
アメリカでは、めちゃくちゃ
注目度の高い試合で
視聴率は50%近くもあるんです。
 
 
 
 
この日は、アメリカで最も
テレビ視聴率が高いのが
このスーパーボウルなんです。
 
 
 
 
メジャーリーグの
ワールドシリーズの
視聴率が10%なので
いかに注目度の高い
試合かわかりますよね。
 
 
 
 
日本時間で朝8:30に
このスーパーボウルが
スタートするので
大学の先輩と新橋の
スポーツバーで
パブリックビューイング
してきたんです。
 
 
 
 
試合はとても白熱した内容で
会場は熱気に包まれていました。
 
 
 
 
アメフトには
クォーターバックという
野球でいうピッチャーみたいな
試合結果を大きく左右する
ポジションがあります。
 
 
 
 
イーグルスのQB(クォーターバック)は
ニック・フォールズという選手だったのですが
彼は、控えのQBだったんです。
 
 
 
 
スタメンQBの選手は
シーズン途中で靭帯を断裂してしまって
試合に出れなくなりました。
 
 
 
 
一方、対戦するペイトリオッツのQBは
スーパーボウルを5度も制覇している
生きる伝説のトム・ブレイディ。
 
 
 
 
控えのQBと生きる伝説。
 
 
 
 
どう考えても
ニック・フォールズに
分が悪い試合だったのですが
彼はこの試合でとてつもない
パフォーマンスをみせて
イーグルスを勝利に導いたのです。
 
 
 
 
ぼくは生粋のペイトリオッツファン
にも関わらず、試合の途中
フォールズのパフォーマンスに
魅了されていました。
 
 
 
 
フォールズのフットボーラーとしての
人生は、決して順風満帆なものでは
ありませんでした。
 
 
 
 
プロ選手になるも
ベンチを温める機会が多く
チームから放出されることもあったのです。
 
 
 
 
移籍先のチームでも
不遇のシーズンを過ごし
スタメン起用されることは
なかったんです。
 
 
 
 
イーグルスでも
控えQBとして
待機していて
シーズン後半まで
出場機会すらなかったんです。
 
 
 
 
野球のピッチャーと違って
ローテーションなどはないので
エースQBがケガさえしなければ
シーズン中、そのエースQBが
出場し続けるのが普通なんです。
 
 
 
 
だから、エースQBが
ケガをするまでは
ずっとベンチだったのですが
シーズンの終盤も終盤に
控えQBのフォールズが
試合に出場することになったのです。
 
 
 
 
誰もが、フォールズになった
イーグルスがスーパーボウルに
出場することすら
ありえないと考えていたのに
それどころか、彼は
優勝に導いてしまったんです。
 
 
 
 
ニューヒーローの誕生の瞬間でしたね。
 
 
 
 
こういうストーリーって
人を引きつけるとてつもない
パワーがあるんですよね。
 
 
 
 
画面越しの印象ですが
アメリカ中が
彼に魅了されていました。
 
 
 
 
アメフトに興味のない
方でも、このニックフォールズの
ストーリーに興味を持った人が
いるかもしれませんが
こういう物語は、人をひきつける
素晴らしいパワーがあるんです。
 
 
 
 
「負け犬がヒーロー」に
という型に分類される
ストーリーなんですが
不遇な時代を経験した
主人公が、苦難の末
栄光をつかむという
ストーリーは
人の心をつかむんですよね。
 
 
 
 
多くの映画もだいたい
「負け犬がヒーロー」の
型を使っていますよね。
 
 
 
 
ディズニー映画とかは
顕著にこの型を使ってますよね。
 
 
 
 
先生が患者さんに何か
メッセージを伝えるときも
この「負け犬がヒーローに」の
ストーリーを伝えるのは
とても効果があります。
 
 
 
 
不遇の時代を過ごしていた患者さんが
先生の施術によって幸せをつかんだ。
 
 
 
 
もし、そんな患者さんがいるなら
あらゆる方法で、他のひとにも
そのストーリーを伝えてあげたほうがいいです。
 
 
 
 

日本とアメリカの筋トレの違い

from飯野恵太
茅場町のコワーキングスペースより
 
 
 
 
最近、友人と飲みに行ったのですが
「お前のメルマガ筋肉の話ばっかだな!」
と言われちゃいました。
 
 
 
 
ぼくとしては
そんなに書いてるつもりは
ないのですが
客観的な意見は
大事ですね。
 
 
 
 
たしかに、思い返すと
筋トレの話をメルマガに書くと
1〜2名の購読解除が
出てる気がします(笑)
 
 
 
 
ということで
リクエストに答えて
今日も筋トレをからめた
話をしていきたいと思います。
(猪突猛進)
 
 
 
 
最近、ボディビルダーの人の
本やインタビューをチェックして
ボディメイクのヒントを探しているんです。
 
 
 
 
妻には全く理解してもらえず
半分変態扱いをされていますが。
 
 
 
 
そこで、アメリカの大会でも
優勝したことのある
ある日本人ボディビルダーの方が
語っていることで、すごく
感銘を受ける言葉があったんです。
 
 
 
 
日本人とアメリカ人の
ワークアウトに対する考え方について
語られています。
 
 
 
 
日本人には筋トレをしても
そこまで太い人が多くなくて
途中で挫折してしまう人も
たくさんいます。
 
 
 
 
一方、アメリカ人は
筋トレしてる人は
たいがいゴリラみたいな
マッチョ体型で
みんなすぐに筋トレにハマって
やめる人ってほとんど
いないんだそうです。
 
 
 
 
これは、体質の違いよりも
考え方の違いが大きく
関係しているらしいんです。
 
 
 
 
日本人はいい意味でも
悪い意味でも真面目な
人が多いので
トレーニングをスタートして
それによって効果が実感できなくても
「石の上にも三年」のマインドで
そのまま続ける人が多いらしいんです。
 
 
 
 
だから、全然効果が出てなくても
続けていればいつかは効果が出るんだ!と
思って、同じトレーニングをずっと
続けるらしいんです。
 
 
 
 
一方、アメリカ人は
トレーニングを初めて
数週間経っても効果が出ないと
すぐにその状態に腹を立てるらしいんです。
 
 
 
 
「Why??Why??
なんでこんなにやってるのに
身体、変わんねーんだよ!
どうして?どうして?」
と。
 
 
 
 
頑張ってるのに効果が出ないのが
ムカつくので、すぐにその状態を
解決しようとするらしいんです。
 
 
 
 
何がいけないの?
どうやったら効果が出るの?
 
 
 
 
貪欲に人に聞くし
正しい方法を調べるし
何が間違ってるか考えるんです
 
 
 
 
ある意味短気なので
成果の出てない状態が
我慢できずに解決しようと
するんですね。
 
 
 
 
だから、すぐに自分の間違いを
見つけて、正しい方法に修正して
ガッツリワークアウトするので
すぐに身体が大きくなるらしいんです。
 
 
 
 
おもしろい違いですよね。
 
 
 
 
この考え方は
まるまる仕事にも
応用できますよね。
 
 
 
 
パフォーマンスがあがっていないなら
その行為を盲目的に続けるのではなく
疑問を持つことが大事ですよね。
 
 
 
 
そして、何が間違ってるのか考える。
貪欲に人に聞く。
その状態をいち早く解決するために
あらゆる努力をすることが大事なんです。
 
 
 
 
本当の努力というのは
何も考えずに継続することではなく
努力の方向性を正すことなのかも
しれないですね。
 
 
 
 

16時に徘徊する本当の理由

from飯野恵太
横浜の自宅より
 
 
 
 
東洋経済の記事で
こんな考えさせられるものがありました。
 
 
 
 
ある男性の母親は
認知症で、毎日16時になると
決まって徘徊を始めてしまうんです。
 
 
 
 
行方不明になり
警察のお世話になることもあり
その男性は介護のために
離職をするべきか真剣に
考えていたらしいのです。
 
 
 
 
それほどまでに
深刻な問題だったので
16時になると決まって
出ていこうとする母親を
強く叱っていたらしいのです。
 
 
 
 
それでも、彼女はやめようとしないので
わめいたり、彼に暴力をふるうことも
あったのです。
 
 
 
 
どうにも改善しなかったので
悩んだ末にベテランの介護職の方に
相談したらしいのです。
 
 
 
 
その介護職の方は
「16時」ということに
何かヒントがあるんじゃないかと
それを探るために
彼の伯父(母親の兄)に
連絡を取ったんです。
 
 
 
 
もしかすると、16時というのは
彼が、幼かった頃に幼稚園の
バスに乗って帰ってくる時間じゃないか?
ということになりました。
 
 
 
 
なので、その母親に
「今日は、幼稚園のお泊まり会だから
◯◯くん(男性)は帰ってきませんよ。」
と伝えると、「そうだったかい」と
言って、母親は家に戻っていくというのです。
 
 
 
 
認知症の母親は
彼女の鮮明な記憶の中では
毎日、16時に息子のことを
迎えにいくことが
とても大事なことだったんです。
 
 
 
 
息子に寂しい思いをさせないために
どんなことにも優先して
バスの迎えに行かなければいけない。
 
 
 
 
だからこそ、それを止めようとするものは
どんな理由であれ、彼女にとっては
悪だったんです。
 
 
 
 
その悪は、暴力をふるってでも
退けなければいけない存在だったんです。
 
 
 
 
それから、母親に
毎日、「今日はお泊まり会だよ」と
伝えることで、徘徊の行動は
ぴたっととまったんです。
 
 
 
 
それ理由を知って以来
彼は16時になると
母親の深い愛を感じるように
なったんです。
 
 
 
 
それまでは、生活が地獄とまで
感じてしまうほどの
母親の行動に対する
解釈が一変したんです。
 
 
 
 
相手の考え
徘徊の本当の理由を
知ることで
パラダイムシフトが
起こったんですよね。
 
 
 
 
7つの習慣にもありますが
それまで忌むべき存在だと
考えていた相手であっても
その相手の目線で
ものごとを考えると
世界が変わることって
ありますよね。
 
 
 
 
よく衝突する相手
喧嘩ばかりになっちゃう人
どうしても気に入らない相手
 
 
 
 
たとえそうだとしても
相手にも相手の正義があるんですよね。
 
 
 
 
さきほどの男性がそうであったように
相手の欠点(母親の徘徊行為)を
指摘して矯正しようとするよりも
まず、相手を理解してあげるということが
とても大切なことかもしれませんね。
 
 
 
 
大事なことは
相手を理解してから
自分を理解してもらう。
ということですね
 
 
 
 

素晴らしい筋肉なのに落選

from飯野恵太
横浜の自宅より
 
 
 
 
ふと思い出したことがあったのですが
僕のアメフト部の後輩で
消防士がいるんですが
仕事柄もあり、とてつもなく
鍛え上げられた身体をしているんです。
 
 
 
 
学生時代からもすごかったのですが
消防士になってから
さらに拍車がかかった感じです。
 
 
 
 
消防士としてのトレーニングに加えて
自分でもトレーニングをしているので
本当に筋肉量が多くて
ムッキムキな身体をしているんです。
 
 
 
 
で、彼がその自慢の身体を
ひっさげて「ベストボディ」という
大会に出場したんです。
 
 
 
 
ベストボディというのは
ボディビルに似ているのですが
ちょっと違っていて
ボディビルは、もう
誰もがイメージするようなムキムキの
シュワちゃんみたいな身体の人が
出るコンテストですね。
 
 
 
 
対して、ベストボディは
一言で言うと、モテそうな身体かどうかを
競い合う競技です。
 
 
 
 
だからバランスが重視されて
細マッチョな水泳選手の身体から
さらに脂肪が削られたみたいな
そんな肉体の人が参加する大会です。
 
 
 
 
で、後輩の消防士の彼は
このベストボディに参加したのですが
この大会は、朝から夜遅くまで
時間がかかるので
奥さんに、今日は帰りが遅くなるといって
満を持して大会に向かったらしいのです。
 
 
 
 
が、まさかの
一次選考で速効落選して
お昼前には終了。
 
 
 
 
あんなに、奥さんに張り切って
夜遅くなると言っていたのに
まさかの午前中で帰宅することに
なったというのです。
 
 
 
 
で、彼が言っていたのですが
もう彼の身体は明らかに場違いだったみたいです。
 
 
 
 
みんなシュッとした身体なのに
彼だけでかすぎたんです。
筋肉超過です。
 
 
 
 
人生で初めて筋肉超過って
言葉を使ったんですが
まあ、そういうことなんです。
 
 
 
 
彼の努力がすごいのは
知っていますし
彼の身体もすさまじいのですが
「戦う場所」を完全に
間違っていたんです。
 
 
 
 
ベストボディに出るよりは
ボディビルに出た方が
ずっといい線に行っていたはずなんです。
 
 
 
 
彼は後に述懐しているのですが
「筋肉が多すぎて恥ずかしいと
思ったことは初めて」と
言っていました。
 
 
 
 
どんなに素晴らしい努力をしていても
戦う場所を間違えてしまうと
思うような成果が出ないことって
ありますよね。
 
 
 
 
肉体的に頑張る前に
どこで頑張るかを決める
頭の中で汗をかく時間も
とっても大切ですよね。
 
 
 
 
 

「てめーの頭にぶっかけるからな!!」

from飯野恵太
ワールドポーターズのタリーズより
 
 
 
 
そんなこと言う?!って
耳を疑う発言が飛び込んできました。
 
 
 
 
いま(昨日)ワールドポーターズの
タリーズコーヒーで
仕事をしているんですが
そこで、子供を連れたママさんが
入ってきて、カウンターで
注文をしていました。
 
 
 
 
男の子が、どうしても
頼みたい飲み物があるらしくて
それをお願いしていたら
そのママが
 
 
 
 
「残したら、
てめーの頭にぶっかけるからな!!!」
 
 
 
 
と、怒声を発したんです。
 
 
 
 
そんなこと言う?!って
思いませんか?
 
 
 
 
あまりに理不尽な発言に
店員さんの顔も
引きつってました(たぶん)
 
 
 
 
幼稚園くらいの男の子に対してですよ。
 
 
 
 
なんでそんなこと言うのよ。
そんなこと言われてたら
男の子も人とそういう
コミュニケーションの取り方しか
できなくなっちゃうじゃない!!と。
 
 
 
 
勝手にイライラして
なんでそんなこと言うん?!と
ずっと、心の中でつぶやいていたんです。
 
 
 
 
なんて嫌な奴だ!
鬼みたいな母親だ!
子供が可哀想すぎる!
 
 
 
 
ふと気付いたら
僕は、そのことで
頭がいっぱいになって
仕事が手につかなくなってたんです。
 
 
 
 
「誰かに不満をいだいて
そのことばかり考えるのは
賃料をもらわずに
頭の中にそいつを住まわせるのと
一緒だ」
 
 
 
 
誰かが言っていた言葉ですが
まさにそうですよね。
 
 
 
 
僕がそのママにイライラしていても
何の解決にもならないのに
勝手に頭の中をそのことで
満たして、仕事まで滞らせている。
 
 
 
 
はっと気付いて
思いの丈をメルマガに
ぶつけてみました。
(今ココ。)
 
 
 
 
以上!

 

脳のGPS機能

from飯野恵太
池袋のスタバより
 
 
 
 
人間の無意識って
すごいし、怖いですよね。
 
 
 
 
ある日、歩いてもいける距離の
コンビニに自転車で
買い物にいったんです。
 
 
 
 
で、買い物して自宅に
戻ってきたんです。
その後、また自転車で出かけようとしたら
自宅に自転車がないんです。
 
 
 
 
「え?どうして?
盗まれた?!」と
自宅の駐輪場で
盗まれたことに
ショックを受けて
落ち込んでいました。
 
 
 
 
翌日になっても
自転車は出てこないので
あーどうしよう、
届け出ようかなと
考えながら
いつものコンビニに
行ったら、なんと
僕の自転車が置いてあるんです。
 
 
 
 
うおお!!
なんでこんなところに?!と
思ったんですが
よくよく考えたら
昨日、自転車で
コンビニに行った後
僕は、自転車を置いたまま
歩いて帰ってきてたんですね。
 
 
 
 
完全に無意識のうちに
コンビニから歩いて帰ってきてたんです。
何にも考えずに。
 
 
 
 
どう考えても
自転車は僕の視線に入ってたはずなのに
無意識下で処理されていたんですね。
 
 
 
 
いつもは歩いて行くし
全然歩いて帰れる距離の
コンビニなので
僕の脳みそは、帰宅するという
シンプルな行動を
全て無意識のうちに
処理していたんです。
 
 
 
 
僕の天然ボケを
フォローするために
書くわけではないのですが
人間の脳って、実は行動の
ほとんどを無意識で
処理をしているんですよね。
 
 
 
 
全部、意識化で処理させようと
思ったら、脳がパンクしてしまうからです。
 
 
 
 
歯磨きも
服の着替えも
最初は難しかった
車の運転さえも
みんな無意識で
行うことができますよね。
 
 
 
 
脳はGPSとそっくりな
働きをしていて
いちいち意識で処理しなくても
「目的」をいれたら
あとは勝手に動かしてくれるです。
 
 
 
 
ちょっと話が変わりますが
ポール・マイヤーという人が
関わったアメリカの調査で
こんな結果が出ているんですよね。
 
 
 
 
目標を明確にして
きっちり紙に書いてる人
=3%
 
 
 
目標を頭の中で持っている人
=10%
 
 
 
お金に関するなんとなくの
目標を持っている人
=60%
 
 
 
目標を考えたこともなく
将来のことを気にしていない人
=27%
 
 
 
 
こんな感じで分布していたのですが
この結果が、その人たちの
収入とダイレクトに関係していたんです。
 
 
 
 
大成功している人=3%
まあまあの成功をしている人=10%
人並みの生活をしている人=60%
何らかの施しを受けて生活をしている人=27%
 
 
 
 
つまり、脳のGPSに
明確な指示を出すことで
無意識のパワーを活用している人は
成果を出しているんですね。
 
 
 
 
「求めよ、さらば与えられん」です。
 
 
 
 
あなたがこうしたい!!と
思えば、脳はそれに必要な
情報を勝手に集めてくれます。
 
 
 
 
でも、そう思わなければ
あなたの脳はバッサバッサと
不要なものと判断して
無意識で処理していきます。
 
 
 
 
視界に入った自分の自転車さえも
無意識で処理しちゃうんですから!!