飯野治療院集客事務所

株式会社タッチコード

さだまさしのサブスクリプション

 

from飯野恵太
二子玉のスタバより
 
 
 
 
サブスクリプション(定期購読型)の
ビジネスって増えていますよね。
 
 
 
 
最近では、カフェでこの
サブスクリプションを導入する
店舗があって、自由が丘の
「ALPHA BETA COFFEE CLUB」は
月額7500円を払うことで
コーヒーが飲み放題に
なるんですね。
 
 
 
 
グーグルの出身者の人が
創業したカフェみたいです。
 
 
 
 
あと二郎ラーメンのインスパイアの
野郎ラーメンもサブスクリプションを
始めてましたよね。
 
 
 
 
月額8640円で
野郎ラーメンが食べ放題。
 
 
 
 
元を取ろうと思ったら
確実に健康を害する
悪魔的サブスクリプションですよね。
アメフトやってる時だったら
検討する価値があったかもしれない
プランです。
 
 
 
 
最近だと、音楽業界でも
サブスプリクションは取り入れられ始めていて
GLAYがこれを始めましたよね。
 
 
 
 
月額料金を払うと
GLAYのデビューから
これまでのすべての音源や
ミュージックビデオを
すべて見ることができるというサービス。
 
 
 
 
そして、さらに驚いたのは
今週の水曜日(6/13)には
さだまさしもサブスクリプションに
乗り出したんです。
 
 
 
 
「サブスクリプション」と
「さだまさし」って
関白宣言をリリースした頃には
全人類、誰一人も想像できない
言葉の組み合わせですよね。
 
 
 
 
さだまさしのサブスクリプションサービスでは
過去の全オリジナル作品が配信されているようです。
 
 
 
 
なんかこういう新しい挑戦を
積極的にできるって素晴らしいですよね。
 
 
 
 
これらの比べるとちょっと地味になるんですが
最近、クリーニング屋にいったら
ここでもサブスクリプション的な
サービスがあったんです。
 
 
 
 
冬物のコートなどの
シーズンの過ぎた衣類を
クリーニングしてくれたあとに
全部倉庫で預かってくれて
月額制で預かってくれるんです。
1着ほんの数百円で。
 
 
 
 
衣替えが面倒だったり
クローゼットに余裕がない人にとっては
とても助かるサービスですよね。
 
 
 
 
お客さんのニーズを考えていけば
色々なサブスクリプション型の
サービスって作れそうですよね。
 
 
 
 
さだまさしですら
もはやサブスクリプションなんです。
 
 
 
 
自分だったらどんな
サブスクリプションが
作れるか?
少し考えてみるのって
いいエクササイズになると思います。
 
 
 
 

 

 

アクアパークの年間パスポート戦略

from飯野恵太
二子玉のスタバより
 
 
 
 
息子を水族館に連れて行ったら
イルカのことを大変気に入ったらしく
ひとりでイルカショーの再現とか
してくれます。
 
 
 
 
都内だと品川にある
アクアパークがイルカショーが見れる
身近な水族館だと思うんですが
この水族館って、年間パスポートを
販売しているんです。
 
 
 
 
1回の料金が2,200円なんですが
年間パスポートは4,200円。
1 9回分の値段で一年間
何度でも水族館に遊びに行くことができるんですね。
 
 
 
 
すごいですよね。
この誘惑に駆られて
妻はまんまと息子と一緒に
年間パスポートを購入していました。
 
 
 
 
めちゃくちゃオトクな「年間パスポート」を
見て思ったことは、このアクアパークの
1年間の平均来院回数は2回に満たないんだなって
ことです。
 
 
 
 
水族館自体、1年間に何度もいくところじゃないので
たぶんそうなんでしょうけど、アクアパークの利用者の
大半は、1度利用したら、1年以内にもう一度
来ることはほとんどないんだと思います。
 
 
 
 
ほぼ100%に近い
利用者が、1年間で2,200円(1回料金)しか
使わないんでしょう。
 
 
 
 
だから、このアクアパークは
めちゃくちゃオトクな
年間パスポートを用意することで
顧客生涯価値をあげようとしているんだと思います。
 
 
 
 
実際、僕の妻も、この年間パスポートがなければ
年に2回以上、アクアパーク行くことは
なかったと思います。
 
 
 
 
平均来院回数が2回未満だからこそ
この年間パスポートは価値ある
マーケティング手段になってるんですよね。
 
 
 
 
もし、これを電車の定期券とかで
同じことをしたら、大惨事になると思います。
電車の年間利用数って、軽く100は超えると思うので
2回分の料金で年間使い放題の定期券を販売したら
鉄道会社は倒産必至ですよね。
利用者側からしたら、もちろん嬉しいですけど。
 
 
 
 
だから、こういうようなパスポートの施策も
ちゃんと数字を分析してから実施する必要があります。
 
 
 
 
どこかの治療院が会員制度や
定期券的な施策を実施して成功したからと言って
それをそのまんま真似して導入しても
大失敗につながる可能性がありますよね。
 
 
 
 
それぞれの院で
顧客生涯価値は平均来院回数は
全然異なりますからね。
 
 
 
 
後半小難しい感じになっちゃいましたが
イルカショーって楽しいですよね。
 
 
 
 
 

FEEL CYCLE!

from飯野恵太
横浜オフィスより
 
 
 
 
フィールサイクルって
知っていますか?
 
 
 
 
これ、どんなものかというと
自転車をこぐ専門の
エクササイズジムなんですけど。
ひとつ特殊なことがあって
「暗闇」の中でやるんです。
 
 
 
 
で、大音量のノリノリの音楽が
流れながら、ブラックライトで
照らされているんです。
 
 
 
 
完全にクラブです。
 
 
 
 
そこに、インストラクターという名の
DJみたいな人がいて
みんなのテンションを
あげまくるんですね。
 
 
 
 
アメリカ発祥らしいのですが
それが日本で入ってきて
すごい人気らしいんですね。
 
 
 
 
妻が体験会に行ってきたのですが
めちゃくちゃ楽しかったらしいです。
 
 
 
 
大音量の音楽
暗闇にブラックライト
 
 
 
 
アゲアゲ系の若者でなければ
そうそう日常的に体験できる
ものじゃないですよね。
 
 
 
 
確かに、想像するだけで
めちゃくちゃアドレナリンが出て
楽しそうです。
 
 
 
 
すでに、日本に11箇所あるらしいです。
 
 
 
 
これを作った人の
アイディア素晴らしいなと思いました。
 
 
 
 
「アイディアは
既存のものの組み合わせである」
ってジェームスヤングが
アイディアの作り方という
本で紹介してますが
まさに、このフィールサイクルは
エアロバイク+クラブ
をかけあわせて革新的な
ものを想像しています。
 
 
 
 
実際に「運動効果」という
意味では、別に特別な
ことは一切ないと思うんです。
 
 
 
 
なんせ、エアロバイクを漕ぐだけですから。
 
 
 
 
エアロバイクなんて
いまや置いていないジムなんて
ありませんし、市営のジムとかにも
必ずあるので、1回300円くらいで
できちゃいます。
 
 
 
 
でも、このフィールサイクルは
1回4,000円のチケットなんです。
 
 
 
 
ばかな?!という高さですよね(笑)
自転車をこぐだけですよ?
 
 
 
 
これに参加することで
めちゃくちゃ運動効果が
得られるわけじゃないんですよ?
 
 
 
 
1回300円の市営ジムのエアロバイクの
13倍のダイエット効果があるわけでも
ありません。
 
 
 
 
でも、こんな高い価格が
つけられていて
しかも「大人気」なんです。
 
 
 
 
クラブのような空間で
「非日常」を体験することが
できるのもすごく
魅力的なんだと思います。
 
 
 
 
ひとりでジムのすみっこで
エアロバイクを漕ぐよりも
大量にアドレナリンが
出ることが容易に想像できますよね。
 
 
 
 
しかも、エアロバイクって
場所を全然取らないですし
色んな器具を揃えなくていいので
普通のジムを運営するより
かなりコストも抑えることが
できていると思います。
 
 
 
 
普通に、エアロバイクしか
置いてないジムだったら
「しょぼい」だけのジムですが
このアイディアによって
めちゃくちゃ魅力的に
なっているんですよね。
 
 
 
 
他のジムと価格で比べられることもなければ
駅からの距離で比べられることもないです
設備の内容や、営業時間の長さで
比べられることもないんです。
 
 
 
 
フィールサイクルは
完全に、「フィールサイクル」という
カテゴリーを創出して
他店との競争から完全に
解き放たれているんですよね。
 
 
 
 
素敵なアイディアだなーと
思いました。
 
 
 
 
僕も行ってみたい。
フィールサイクル。
 
 
 
 
 

素晴らしい筋肉なのに落選

from飯野恵太
横浜の自宅より
 
 
 
 
ふと思い出したことがあったのですが
僕のアメフト部の後輩で
消防士がいるんですが
仕事柄もあり、とてつもなく
鍛え上げられた身体をしているんです。
 
 
 
 
学生時代からもすごかったのですが
消防士になってから
さらに拍車がかかった感じです。
 
 
 
 
消防士としてのトレーニングに加えて
自分でもトレーニングをしているので
本当に筋肉量が多くて
ムッキムキな身体をしているんです。
 
 
 
 
で、彼がその自慢の身体を
ひっさげて「ベストボディ」という
大会に出場したんです。
 
 
 
 
ベストボディというのは
ボディビルに似ているのですが
ちょっと違っていて
ボディビルは、もう
誰もがイメージするようなムキムキの
シュワちゃんみたいな身体の人が
出るコンテストですね。
 
 
 
 
対して、ベストボディは
一言で言うと、モテそうな身体かどうかを
競い合う競技です。
 
 
 
 
だからバランスが重視されて
細マッチョな水泳選手の身体から
さらに脂肪が削られたみたいな
そんな肉体の人が参加する大会です。
 
 
 
 
で、後輩の消防士の彼は
このベストボディに参加したのですが
この大会は、朝から夜遅くまで
時間がかかるので
奥さんに、今日は帰りが遅くなるといって
満を持して大会に向かったらしいのです。
 
 
 
 
が、まさかの
一次選考で速効落選して
お昼前には終了。
 
 
 
 
あんなに、奥さんに張り切って
夜遅くなると言っていたのに
まさかの午前中で帰宅することに
なったというのです。
 
 
 
 
で、彼が言っていたのですが
もう彼の身体は明らかに場違いだったみたいです。
 
 
 
 
みんなシュッとした身体なのに
彼だけでかすぎたんです。
筋肉超過です。
 
 
 
 
人生で初めて筋肉超過って
言葉を使ったんですが
まあ、そういうことなんです。
 
 
 
 
彼の努力がすごいのは
知っていますし
彼の身体もすさまじいのですが
「戦う場所」を完全に
間違っていたんです。
 
 
 
 
ベストボディに出るよりは
ボディビルに出た方が
ずっといい線に行っていたはずなんです。
 
 
 
 
彼は後に述懐しているのですが
「筋肉が多すぎて恥ずかしいと
思ったことは初めて」と
言っていました。
 
 
 
 
どんなに素晴らしい努力をしていても
戦う場所を間違えてしまうと
思うような成果が出ないことって
ありますよね。
 
 
 
 
肉体的に頑張る前に
どこで頑張るかを決める
頭の中で汗をかく時間も
とっても大切ですよね。
 
 
 
 
 

うんちを手渡しするおばさん

from飯野恵太
横浜オフィスより
 
 
 
 
昨日、土曜日は
家族3人で横浜の
ズーラシアに遊びに行ってきました。
 
 
 
 
息子が動物が大好きで
ことあるごとに
ライオン、まうま(シマウマ)、き(キリン)
と叫んでいます。
ライオンだけやたら
しっかり発音するんですよね。
しかも、英語のLionの発音で(笑)
 
 
 
 
ゴリラのドラミングが
大好きなようで
ウホウホとドラミングの真似をして
きゃっきゃっしています。
 
 
 
 
普段は、家から一番近い
野毛山動物園というところに
遊びにいっているのですが
そこにいるインドライオンが
大好きで「ラージャー、ラージャー」と
そのライオンの名前まで覚えて
呼んでいるんです。
 
 
 
 
息子が動物大好きなので
これは、もっとたくさんの動物がいる
動物園に連れていきたいということで
横浜で一番大きい動物園の
ズーラシアに行ったんです。
 
 
 
 
動物園に入るなり
ずっと「ライオン、ライオン」と
あの「ラ」にアクセントを置く
ネイティブな発音で
ライオンを所望していましたね。
 
 
 
 
ライオンのエリアでは
室内で飼育されている
ライオンを目と鼻の先で
見ることができるんですが
息子はガラスにがっぷり四つで
ライオンを見ていました。
 
 
 
 
その喜んでる姿
すごく嬉しいですよね。
 
 
 
 
インドゾウのエリアでは
スタッフのおばちゃんが
なんと、ゾウのウンチを
持っていて、それを
「全然臭くないでしょ?!」といって
色んな人に嗅がせては
そのウンチを渡していました。
 
 
 
 
満面の笑みで渡すので
みんな思わず手に取るんですけど
それは、紛うことなき
ウンチなんですよね。
 
 
 
 
ひとりのママさんは、
ウンチを渡されたまま
そのおばちゃんが
他の人と話し込んでしまって
ずっとうんちをホールド
したまま放置されるという
状態でした。
 
 
 
 
トラウマものですよね(笑)
 
 
 
 
そこのゾウのエリアで
これは、すごい!!という
販売手法に出会いました。
 
 
 
 
大きな象のフィギュアの前で
「無料」で家族写真、集合写真を
で撮りますよ。という看板が
出ています。
 
 
 
 
で、もちろん家族で来た人は
みんなで写った写真を撮りたいから
それをお願いしますよね?
 
 
 
 
で、その写真を撮ってもらうと
スタッフさんの持っている
めちゃくちゃいいカメラでも
写真を撮ってくれるんです。
もちろん無料で。
 
 
 
 
そして、自分で撮った写真を
確認して2メートルも歩くと
さっき、プロのカメラマンに撮ってもらった
写真がもう現像されていて
それを手渡しされるんです。
 
 
 
 
めちゃくちゃいいカメラで
撮った写真なので
すごく写りがいいんですよね。
 
 
 
 
しかも、一度、渡されるんです。手に。
 
 
 
 
で、この写真を1,100円で
買えますよー。と
別の人が案内するんです。
 
 
 
 
この一連の動作に
無駄のない芸術のような
マーケティングシステムが
できあがっているなと思いました。
 
 
 
 
実際に、相当な数の人々が
その写真を買っていきました。
最初は、自分たちのカメラで
写真を撮ってもらおうとしただけなのに。
 
 
 
 
まず、この写真販売の
マーケティングですが。
入口が魅力的です。
 
 
 
 
無料で写真を撮ってもらえます。
 
 
 
 
家族で来たら、当然誰かに
写真を撮ってもらいたいので
ほぼ100%の人が
お願いしますよね。
 
 
 
 
強力な集客力のある
フロントエンド(集客商品)です。
 
 
 
 
そして、無料で写真を撮ってもらうので
相手に、恩を感じます。
つまり、何かを一方的にもらった状態なので
お返しがしなきゃ!という、返報性の原理が
働いて、スタッフさんに対して
借りができた状態を作られます。
 
 
 
 
その状態で、撮影が終わると
すぐに実物の写真を手渡されます。
つまり、一度自分に所有権が
移されます。
 
 
 
 
人は、手に入れたものに
対しては、価値が飛躍的に
向上するという人間心理が
働くんです。
 
 
 
 
これが、ディズニーとかの
アトラクションみたいに
画面に映し出されるだけなら
まだ、その写真は
自分のものになっていないので
そんなに価値は感じないのですが
手渡しされるので
一度、自分のものと認識しちゃうんですよね。
 
 
 
 
買わないという選択は
写真を捨てるという選択になるのです。
 
 
 
 
しかも、さっきの返報性の原理も働いているので
かなり断りづらいですよね。
 
 
 
 
さらに、さらに
もらった写真はスマホの内蔵カメラよりも
はるかに性能のいい一眼レフカメラ。
比較すると明らかに良い写真なんです。
 
 
 
 
完璧な戦略ですよね。
 
 
 
 
遊園地とかで
写真を販売する
ビジネスってよく見かけますが
最も優れた戦略だなと思いました。
 
 
 
 
楽しいだけではなく
マーケティングも
相当すごいぞ!
横浜ズーラシア!!
 
 
 
 
ぜひ一度!
 
 
 
 
 

恐るべし!こんにゃくパーク

from飯野恵太
横浜の自宅より
 
 
 
 
こんにゃくパークを
ご存知ですか?
 
 
 
 
群馬が誇る
こんにゃくを
思う存分楽しめる
体験施設です。
 
 
 
 

正月の休みで
群馬のこんにゃくパークに
行ってきたのですが
そこは、文字通り
こんにゃくづくしの
施設になっているんです。
 
 
 
 
こんにゃく作りを体験できたり
こんにゃく工場を見学できたり
そして、一番人気のアトラクション?
それが、こんにゃくバイキングです。
 
 
 
 
全てこんにゃくで作った
料理がバイキング形式で並んでいて
それを無料で全部食べることが
できるんです。
 
 
 
 
こんにゃくラーメン
こんにゃくカレー
こんにゃく焼きそば
それに、レバ刺し風こんにゃくまで
 
 
 
 
どれも美味しいし
楽しみながら
こんにゃくに
まみれることができます。
 
 
 
 
しかも、このこんにゃくパークは
入場料も無料なので
無料で楽しんで、無料でこんにゃく料理に
舌鼓を打つこともできます。
無料で足湯も入れるし。
 
 
 
 
でも、実際に「無料」で
この施設を出る人は
ほとんどいません。
 
 
 
 
そこには、体育館くらいある
巨大なエリアにこんにゃく売り場が
設置されていて、
みんな、家で食べたり
お土産にするために
大量のこんにゃくを
買い込んでいくのです。
 
 
 
 
僕らは
3世帯(両親、姉家族と僕の家族)
でこんにゃくパークに
遊びに行ったのですが
その帰りには
トランクいっぱいの
こんにゃくで溢れていました。
 
 
 
 
しかも、お正月のこんにゃくパークは
人が殺到していて、
体育館くらいある
こんにゃく売り場を自由に
歩けまわるのが困難なほど。
 
 
 
 
相当な売上を叩き出しています。
素晴らしい販売能力ですよね。
 
 
 
 
これを見て、強く思ったのが
こんにゃくパークは
ただの、エンターテイメント施設ではなく
こんにゃくを販売するための
「強力な集客施設」なんだ!
ということです。
 
 
 
 
ただ、「こんにゃく」だけを売ろうとしたら
どうあがいても
これだけの人数を集めることは
不可能だと思います。
 
 
 
 
もしできたとしても
とてつもない広告費がかかるので
余裕で赤字になっちゃうと思うんです。
 
 
 
 
でも、工場見学を無料にして
バイキングも無料にして
足湯もつかれるようにして
 
 
 
 
来ること自体が楽しい施設に
することによって、
お正月から溢れんばかりの
人を集めることに
成功しているんですよね。
 
 
 
 
そして、その人達は
もれなく大量のこんにゃくを
買って帰るわけです。
 
 
 
 
でも、訪れた人は誰一人
こんにゃくを買うために来たとは
思っていない。
 
 
 
 
こんにゃくパーク
可愛げな名前のこの施設は
その裏に、緻密な
マーケティングが
施された化物パークなんだなと
心が震えたのでした。(褒めている)
 
 
 
 

100円で引っ越し?!

from飯野恵太
横浜の自宅より
 
 
 
 
 
友人から面白いサービスを
聞いたんです。
 
 
 
 
 
「100円引越しサービス」
なんと、たった100円で
引っ越しができるサービスが
あるらしいんです。
 
 
 
 
 
なんで、たった100円で
引っ越しができるかというと
その会社がネット回線の
代理店もやっているからなんです。
 
 
 
 
 
100円で引越しできる
かわりに、引越し先で
ネット回線の契約をする。
 
 
 
 
 
引越し屋さんは
回線契約の報酬を
受け取れるんですね。
 
 
 
 
 
100円引越をフロントエンドにして
ネット回線がバックエンド。
おもしろいビジネスモデルですよね。
 
 
 
 
 
昔から、引越し業者と
回線営業の代理店が
組んで、引っ越し者のリストを
まわして、ゴリゴリ
営業をかけるという
モデルはよくありましたが
それを、一緒に
しかも、1つのサービスとして
作ってしまうというのは
すごいですよね。
 
 
 
 
 
何より、どうせ回線の契約するなら
引っ越しする人にとっても
とっても嬉しいサービスですよね。
 
 
 
 
 
ダン・ケネディも
利益の回収点を
後ろにまわせばまわすほど
市場で優位になると
言ってましたが
確かにその通りですよね。
 
 
 
 
 
引越し料金で5万円もらう業社より
そこでは利益を回収しないで
後ろの回線契約で利益を得る業社の方が
顧客を引きつけるパワーがありますよね。
 
 
 
 
 
ニキビケアのプロアクティブを
販売しているガシーレンカー社も
利益回収点を後ろにまわせるモデルを
作ることで、市場で圧倒的な
地位を築いています。
 
 
 
 
 
フロントエンドの
メニューを2980円で
販売している治療院よりも
980円のところの方が
やっぱり、患者さんを
集めるパワーがあります。
 
 
 
 
 
これを、広告の内容だけで
覆そうと思ったら
至難の業です。
 
 
 
 
 
いかに魅力的なフロントエンドを作るか
いかに利益を後ろで回収するモデルを作るか
市場て勝ち抜くには、こういったことを
考えていく必要がありますよね。
 
 
 
 
 
とにかく100円引っ越しは
優れたモデルだなーと思いました。