飯野治療院集客事務所

株式会社タッチコード

ビジネスにおける小さな蝶番(ちょうつがい)

from飯野恵太
茅場町のスタバより
 
 
 
 
マクドナルドの利益を大幅にアップさせた
とても小さな工夫をご存知ですか?
 
 
 
 
有名なので知っている方も
多いかもしれませんが
「ご一緒にポテトはいかがですか?」
です。
 
 
 
 
この一言を会計時に伝えることで
マクドナルドの利益は劇的に変化したんですね。
 
 
 
 
時間にしてわずか3秒の案内。
この一言をあげるだけで
顧客単価があがり
利益率が大きく上昇したんですね。
 
 
 
 
小さな蝶番(ちょうつがい)が
大きな扉を開くと
言われています。
 
 
 
 
蝶番って、あの扉と壁の
接地面についてる
金具です。
 
 
 
 
どんなに重くて大きい扉も
小さな蝶番をつけるだけで
スムーズに開け閉めができるように
なりますよね。
 
 
 
 
その状態を例えて
ビジネスでも小さな蝶番を
取り付けることが大事だと
言われています。
 
 
 
 
まさに、マクドナルドの
「ご一緒にポテト」の戦略が
小さな蝶番のいい例ですよね。
 
 
 
 
あなたが整骨院を経営する上でのも
「小さな蝶番」は何でしょうか?
これを見つけるための時間って
とても貴重で重要な時間ですよね。
 
 
 
 
ぜひ、あなたも小さな蝶番を見つけて
取り付けて、大きな扉を動かしてみて下さい!
 
 
 
 

マックのOBATAさんに伝えたい

 

 

from飯野恵太
二子玉川のスタバより
 
 
 
 
少し前、息子を一日子守する日があったんですが
家の近くのマクドナルドに行ったんです。
 
 
 
 
息子は、マックのナゲットが大好物。
それに、ここだと遊具もあるので
楽しそうに遊びます。
 
 
 
 
ナゲットと一緒にハンバーガーとポテトも
買ったのですが、息子は遊具に夢中で
大好物のナゲット以外は
手を付けなかったんですよね。
 
 
 
 
ちなみに、僕はゴリゴリの糖質制限をしていたので
生唾を飲み込んで、ハンバーガーを我慢してました。
 
 
 
 
公園で遊ぶために
マックから移動しようと思ったんですが
捨てるのはもったいないので
ハンバーガーとポテトを片手に持って
マックを出発しようとしました。
 
 
 
 
そしたら、離れたところでゴミ箱の整理をしていた
店員さんがやってきて
「よろしければ紙袋用意しましょうか?」
と、片手のハンバーガー・ポテトを
入れるための紙袋を持ってきてくれたんです。
 
 
 
 
そのときって、お昼時でマックすごい混んでましたし
その店員さんも全然離れた所にいたんです。
 
 
 
 
ハンバーガーを持って去ろうとする僕なんて
放って置く理由なんていくらでもありましたし
僕も紙袋が欲しいなんて考えすら浮かばなかったので
それを期待もしませんでした。
 
 
 
 
にも関わらず、その状態の僕を見つけて
さっと来て提案してくれた
このマクドナルドの店員さんに
心の底から感謝の気持ちが
湧きましたし、感動しました。
 
 
 
 
あんまりにも感動したので
ぜひ、このエピソードを
マクドナルドに伝えたいと思ったのですが
あいにく、これを伝えるための
手段がありませんでした。
 
 
 
 
名札に「OBATA」とあったので
この僕の感動の思いがOBATAさんに
届いてほしいと思って、いま
こうやってメルマガに書き起こしています。
 
 
 
 
ちなみに、整骨院において
「患者さんの声」ってめちゃくちゃ強力な
武器になるのですがこれをちゃんと集めている人って
本当に少ないです。
 
 
 
 
僕がOBATAさんの心遣いに感動したように
先生の施術に感動していたり
喜んでいる人ってたくさんいると
思いますが、それ集めようとしないんですね。
 
 
 
 
あとは「声をもらう条件」を
すんごく高くしちゃってる人もいます
「1年以上通ってくれてる人になら
頼んでもいいかなぁ?」みたいに。
こうやってハードルをあげてる人がいますが
なんで、初回の人には頼んじゃいけないんですか?
 
 
 
 
初回の施術を受けて、喜んでくれる人も
たくさんいますよね。
 
 
 
 
むしろ、before→afterのギャップで言うと
初回の施術の後が一番顕著なことが多いので
患者さんも具体的に声を書きやすいです。
 
 
 
 
患者さんからの声って
本当に強力な武器になるので
集めない言い訳を作るのは
やめましょうね!
 
 
 
 

 

 

 

4Kの衝撃(今さら)

 

from飯野恵太
二子玉のスタバより
 
 
 
 
4Kテレビってめちゃくちゃすごいんですね。
 
 
 
 
先日、友達の家に泊まりに行ったら
生意気にも4Kテレビが置いてあったんです。
何気なく、映画「君の名は」を観たんですけど
その画質の綺麗さに、ずっと「すげー!!」「まじ?!!」と
子供のようにはしゃいでいました。
 
 
 
 
僕、普段テレビ番組をテレビでほとんど見てなくて
映画を観るときも、Amazonでネットレンタルして
パソコン画面で観ることがほとんどなんです。
手軽ですしね。
 
 
 
 
だから、4Kテレビも買うつもりもなかったですし
別に4Kって言ったってたかが知れてるでしょ。と
ずっと思っていて、その必要性を感じたことは
全くありませんでした。
欲しいとも思ったことありませんでした。
ニーズもウォンツもなかったんです。
 
 
 
 
でも、その友達んちで4Kで観たら
まあ、たまげるほど画面がキレイなんですわ。
本当に感動するほどキレイなんですね。
 
 
 
 
百聞は一見にしかずとは良くいいますが
キレイ、キレイって言われてもピンときませんが
実際に目の当たりにすると
もうめちゃくちゃ感動しましたよね。
 
 
 
 
家に4Kテレビがあったらいいなーって
ちょっと思っちゃいましたもんね。
今までそんなこと思ったこともなかったのに。
 
 
 
 
やっぱり「体験」をしてもらうって
パラダイムシフトを起こすのに
とても強力な要素ですよね。
 
 
 
 
100回言葉で説得するよりも
1回でもいいから実際に体験してもらう。
 
 
 
 
僕が4Kテレビに感動して
ちょっと欲しくなったように
他の商品やサービスでも
お客さんに一度体験してもらうことって
すごく大事ですよね。
 
 
 
 
ちなみにルンバも
608(ルンバ)キャンペーンっていうのをやってて
608円で15日間レンタルできるって
のをやってました。
 
 
 
 
これでルンバを体験して
手放せなくなった人もたくさんいますよね。きっと
 
 
 
 

アイディアって組み合わせ

 

from飯野恵太
二子玉のスタバより
 
 
 
 
メルカリって使ったことありますか?
うちの妻はめちゃくちゃメルカリを使っていて
もうメルカリ内職というか
暇さえあれば家にあるものを
写真撮って、ガンガン出品しています。
 
 
 
 
最近ではメルカリは上場して
時価総額が4,000億円を超えましたよね。
 
 
 
 
メルカリは知っている人多いと思いますが
トリクルってサービスは知っていますか?
 
 
 
 
メルカリの「穴」をついた
サービスで、最近リリースされた
サービスの中でも、素晴らしいなぁと思うサービスなんです。
 
 
 
 
メルカリって確かに家にある
いらなくなったものを
販売できるので便利なんですが
出品が結構面倒なんです。
 
 
 
 
妻もメルカリにハマっているという
話でしたが、メルカリに出品して
発送するのに、結構な時間が取られていますし
出品したのに売れない「在庫」が結構大量にあり
クローゼットを占領してしまってるんですよね。
 
 
 
 
加えて、ちょいちょい妻が愚痴ってるのが
変なお客さんへの対応。
メルカリは、取引の仲裁とかは
基本してくれないので
すごい面倒なお客さんとか
難癖つけて、返金を要求する人がいたら
結構たいへんみたいで、それに
ストレスがかかる時もあるとか。
 
 
 
 
そんな、出品の手間、発送の手間、邪魔な在庫。取引対応のストレス。
これらの問題を全て解決してくれるのが
「トリクル」なんです。
 
 
 
 
いらないもの、売りたいものがあったら
ごっそりまとめてトリクルのスタッフが
持っていってくれるんです。
 
 
 
 
そして、代行してそれを販売してくれて
売れたら、30%の手数料を渡すというものです。
 
 
 
 
いまは、都内の限られたエリアしか
対応していないみたいなんですが
とんでもなく便利なサービスだなと
思いました。
 
 
 
 
売りたいものはあるけど
出品したりするのは面倒だ、、、という
ユーザーをたくさん囲い込めそうな気がします。
 
 
 
 
あと、中古取引のビジネスは
かなり淘汰されるんじゃないかなと思っています。
 
 
 
 
ブックオフとかに本を売っても
本当に二束三文にしかならないじゃないですか。
50円とか、よくて100円とか。
 
 
 
 
でも、メルカリなら800円とかで
普通に売れたりする。でも
出品して発送してなんてしたら
面倒。
 
 
 
 
そんな時にたまった本とかを
ごっそり持っていてもらって
代わりに販売してくれて
しかも70%ももらえるなら
めちゃくちゃいいですよね。
 
 
 
 
すごくユーザーのニーズを理解して
提供している画期的なサービスだと
思ったのですが、これって
既にあるサービスの組み合わせですよね。
 
 
 
 
メルカリと廃品回収屋さんの
かけあわせですよね。
 
 
 
 
全てのアイディアは
既存のアイディアの組み合わせだ、って
「アイディアの作り方」で
ジェームズ・ヤングが言っていましたが
まさに、このことですよね。
 
 
 
 
あなたもこんなアイディア探せるはずです。
既存にあるものと組み合わせて
顧客が喜んでくれるサービスを
提供する。
 
 
 
 
トリクルに学びたいですよね。
 
 
 
 

 

 

 

うなぎと結婚式の共通点

from飯野恵太
二子玉のスタバより
 
 
 
 
今年の土用の丑の日は
7月20日です。
うなぎの消費量が増える日ですね。
 
 
 
 
「土曜」と勘違いする言葉ランキング
ぶっちぎりナンバー1の「土用」ですが
日常的には使わないですよね。
 
 
 
 
土用って、なにかっていうと
中国の五行に由来しているんですね。
木・火・金・水・土のあれです。
少年漫画でよく登場するヤツです。
 
 
 
 
で、季節もこの五行に当てはまるんですが
春=木
夏=火
秋=金
冬=水
です。
 
 
 
 
で、「土」がはぶられてますけど
どの季節でもない「土」は季節の変わり目を
表してるんですね。
 
 
 
 
で、次に丑の日ですが
これは、十二支由来です。
子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の
12日間が、カレンダーを巡ってるんですが
土用の期間に巡る丑の日が
土用の丑の日になります。
 
 
 
 
さっきも書いたように土用は
季節の変わり目なので
体調を崩しやすいんです。
これは、今も昔も変わらないんですね。
 
 
 
 
で、これを利用してプロモーションを始めたのが
うなぎ屋だったんです。
 
 
 
 
丑の日は、「う」のつくうなぎで
精のつくものを食べて元気になろうぜ!と。
 
 
 
 
もともと夏の期間のうなぎって
売れなかったんです。
 
 
 
 
そもそもうなぎは旬が冬で
夏はやせ細ってます。
しかも、夏バテする時期って
そうめんとかツルッと爽やかに
食べたい気分なのに、
うなぎなんて食べたくないわけです。
 
 
 
 
だから、うなぎの売上は夏は
めちゃくちゃ下がっていたんですが
「土用の丑の日」という風習を
作り上げることによって
これが大ヒットしたんですね。
 
 
 
 
いまでも、よくわからんけど
土用の丑の日って宣伝されて
多くの人がうなぎを買ってますよね。
皮肉なことに
一番美味しくない時期に
一番うなぎが売れてるんです。
 
 
 
 
これと同じ構図なのが
6月の結婚式、ジューンブライドですね。
まさに、今。
 
 
 
 
もともとジューンブライドって
ヨーロッパで始まったんですが
ヨーロッパでは6月が一番天気のいい時期なんです。
一番晴れ間が多い。
だから、好んで6月に結婚式あげられたんですが、、、
 
 
 
 
日本で6月ってゴリゴリの梅雨ですよね。
梅雨まっさかり!!
スマホで天気予報みると
一週間雨マークなんてこともザラ。
そんな季節です。
 
 
 
 
だから、もともとは6月の結婚式なんて
避けられていたわけです。
 
 
 
 
その状況に一策設けたのが
ホテル運営する企業です。
 
 
 
 
ヨーロッパのジューンブライドの風習を使って
6月の結婚式が一番幸せになれる!
と謳って、プロモーションしたんですね。
 
 
 
 
この効果によって6月に結婚式の売上が
大きく下がるってことはなくなりました。
さすがに一番人気の月ではないのですが
月別でいうと6番目。梅雨なのに平均点取れるって
すごいですよね。
 
 
 
 
うなぎも結婚式もそうですが
この企業努力、プロモーションの工夫って
めちゃくちゃすごいなと思います。
 
 
 
 
土用の丑の日なんて
平賀源内の頃って言われてますから
250年前ですよ。
それが今でも続いているんですから
その経済効果たるや
ハンパないですよね。
 
 
 
 
土用の丑の日や
ジューンブライドから
得られるヒントって
たくさんありますよね。
 
 
 
 
全国に認知させて
風習をひっくり返すほどの
ここまでの大成功をする
必要もなくて
集客が難しい時期
客足が衰える時期に
何かきっかけになるアイディアを
見つけて、来院する理由に変えることが
できたら、面白いですよね(^^)
 
 
 
 

 

さだまさしのサブスクリプション

 

from飯野恵太
二子玉のスタバより
 
 
 
 
サブスクリプション(定期購読型)の
ビジネスって増えていますよね。
 
 
 
 
最近では、カフェでこの
サブスクリプションを導入する
店舗があって、自由が丘の
「ALPHA BETA COFFEE CLUB」は
月額7500円を払うことで
コーヒーが飲み放題に
なるんですね。
 
 
 
 
グーグルの出身者の人が
創業したカフェみたいです。
 
 
 
 
あと二郎ラーメンのインスパイアの
野郎ラーメンもサブスクリプションを
始めてましたよね。
 
 
 
 
月額8640円で
野郎ラーメンが食べ放題。
 
 
 
 
元を取ろうと思ったら
確実に健康を害する
悪魔的サブスクリプションですよね。
アメフトやってる時だったら
検討する価値があったかもしれない
プランです。
 
 
 
 
最近だと、音楽業界でも
サブスプリクションは取り入れられ始めていて
GLAYがこれを始めましたよね。
 
 
 
 
月額料金を払うと
GLAYのデビューから
これまでのすべての音源や
ミュージックビデオを
すべて見ることができるというサービス。
 
 
 
 
そして、さらに驚いたのは
今週の水曜日(6/13)には
さだまさしもサブスクリプションに
乗り出したんです。
 
 
 
 
「サブスクリプション」と
「さだまさし」って
関白宣言をリリースした頃には
全人類、誰一人も想像できない
言葉の組み合わせですよね。
 
 
 
 
さだまさしのサブスクリプションサービスでは
過去の全オリジナル作品が配信されているようです。
 
 
 
 
なんかこういう新しい挑戦を
積極的にできるって素晴らしいですよね。
 
 
 
 
これらの比べるとちょっと地味になるんですが
最近、クリーニング屋にいったら
ここでもサブスクリプション的な
サービスがあったんです。
 
 
 
 
冬物のコートなどの
シーズンの過ぎた衣類を
クリーニングしてくれたあとに
全部倉庫で預かってくれて
月額制で預かってくれるんです。
1着ほんの数百円で。
 
 
 
 
衣替えが面倒だったり
クローゼットに余裕がない人にとっては
とても助かるサービスですよね。
 
 
 
 
お客さんのニーズを考えていけば
色々なサブスクリプション型の
サービスって作れそうですよね。
 
 
 
 
さだまさしですら
もはやサブスクリプションなんです。
 
 
 
 
自分だったらどんな
サブスクリプションが
作れるか?
少し考えてみるのって
いいエクササイズになると思います。
 
 
 
 

 

 

アクアパークの年間パスポート戦略

from飯野恵太
二子玉のスタバより
 
 
 
 
息子を水族館に連れて行ったら
イルカのことを大変気に入ったらしく
ひとりでイルカショーの再現とか
してくれます。
 
 
 
 
都内だと品川にある
アクアパークがイルカショーが見れる
身近な水族館だと思うんですが
この水族館って、年間パスポートを
販売しているんです。
 
 
 
 
1回の料金が2,200円なんですが
年間パスポートは4,200円。
1 9回分の値段で一年間
何度でも水族館に遊びに行くことができるんですね。
 
 
 
 
すごいですよね。
この誘惑に駆られて
妻はまんまと息子と一緒に
年間パスポートを購入していました。
 
 
 
 
めちゃくちゃオトクな「年間パスポート」を
見て思ったことは、このアクアパークの
1年間の平均来院回数は2回に満たないんだなって
ことです。
 
 
 
 
水族館自体、1年間に何度もいくところじゃないので
たぶんそうなんでしょうけど、アクアパークの利用者の
大半は、1度利用したら、1年以内にもう一度
来ることはほとんどないんだと思います。
 
 
 
 
ほぼ100%に近い
利用者が、1年間で2,200円(1回料金)しか
使わないんでしょう。
 
 
 
 
だから、このアクアパークは
めちゃくちゃオトクな
年間パスポートを用意することで
顧客生涯価値をあげようとしているんだと思います。
 
 
 
 
実際、僕の妻も、この年間パスポートがなければ
年に2回以上、アクアパーク行くことは
なかったと思います。
 
 
 
 
平均来院回数が2回未満だからこそ
この年間パスポートは価値ある
マーケティング手段になってるんですよね。
 
 
 
 
もし、これを電車の定期券とかで
同じことをしたら、大惨事になると思います。
電車の年間利用数って、軽く100は超えると思うので
2回分の料金で年間使い放題の定期券を販売したら
鉄道会社は倒産必至ですよね。
利用者側からしたら、もちろん嬉しいですけど。
 
 
 
 
だから、こういうようなパスポートの施策も
ちゃんと数字を分析してから実施する必要があります。
 
 
 
 
どこかの治療院が会員制度や
定期券的な施策を実施して成功したからと言って
それをそのまんま真似して導入しても
大失敗につながる可能性がありますよね。
 
 
 
 
それぞれの院で
顧客生涯価値は平均来院回数は
全然異なりますからね。
 
 
 
 
後半小難しい感じになっちゃいましたが
イルカショーって楽しいですよね。