飯野治療院集客事務所

株式会社タッチコード

王監督「血豆は気にならない」

from飯野恵太
横浜オフィスより

王監督のソフトバンク入社式での講演って
知っていますか?

ソフトバンクホークスの元監督の、
王貞治さん。

言わずと知れば、世界のホームラン王です。

彼は、ソフトバンクの入社式で、
新入社員に向けた講演が、とても
素敵な内容なのです。

彼は自身の「努力」にふれて、
こんな話をしました。

毎日のように続けている素振りで、
王さんの手は血豆だらけになっていたらしいんです。
血豆ができた手で、さらに何万回と素振りを続けて、
その血豆もつぶれてしまうよう。

でも、彼は、その血豆の痛みは
全く気にならなかったというのです。

この努力の先に、自分がホームランを打って活躍、
大観衆が喜んでくれる。

それを想像すると、血豆の痛さなんて、
感じなかったらしいのです。

普通だったら、
血豆がつぶれるほどの痛みを感じたら、
そのことが気になって、

今日は素振りやめとこう、、、
この血豆が治るまで、休もう、、、

と考えてしまうと思います。

でも、王さんは、血豆の痛さではなく、
その先の、自分の栄光、ワクワクする姿を
鮮明に想像していたから、
人から見たら、過酷に見える努力も
全く苦にならず、続けることができたんですよね。

この王監督と同じように
イチロー選手や、サッカーの本田選手も
将来の自分を鮮明に思い描くことで、
誰にも負けない努力を続けてきました。

彼らは、小学校の時点で、自分の将来を
はっきりとくっきりと、思い描いていて、
卒業文集にも、詳細にその夢が書かれています。

努力を続けることができる人って、
単純に忍耐力があるだけではなく、
自分の将来の像を鮮明に想像しているから、
まるで、当然起こることとして受け入れているから、
そこに至るまでの、道のりを怠けず続けることができるんですよね。

でも、これは、一部の成功者だけが使えるというものではなく、
誰でも、利用することのできる、行動心理なんです。

目の前の努力にフォーカスするのではなく、
その先の自分の未来、成果にフォーカスする。

すると、努力することが楽しくなり、
継続することもできるようになるのです。

もし、
努力が続かない、
やる気が出ない、
行動に移せない、

そんな悩みを持っていたら、
自分の将来を鮮明にイメージするというところから
始めてみると、千里の道の一歩を踏み出して、
それを継続することができるようになるかもしれませんね。

バッファローのポテンシャル

 

from飯野恵太
横浜オフィスより

三連休を利用して、
息子を連れて、群馬に帰省していました。

父が、冨岡にある群馬サファリパークの
チケットをもっていたので、
車で遊びにいくことに。

久しぶりにサファリパークに来たんですが、
迫力がすごくて、めちゃくちゃ楽しいですね。

大人も子供も楽しめる施設ですね。

車で数センチのところまで近づくことができるので、
動物園ともまた違った楽しさがありますよね。

ライオンやホワイトタイガーもいたのですが、
1番迫力があったのは、バッファローでした。

とんでもない迫力です。
筋骨隆々具合がすさまじい。
ライオンが百獣の王って言われていますが、
バッファローがライオンと本気で1対1で戦ったら、
100%バッファローが勝つと思います。

ライオンの体重200キロに対して、
バッファロー800キロですからね。

バッファローがぶちかましたら
確実にライオンは一発でノックアウトですよね。

実際に、バッファローの頭突きで吹き飛んで
宙を舞っているライオンの動画とかもあります。

どう考えても、バッファローの方が強い。
にも関わらず、バッファローは狩られる側で、
ライオンが狩る側。
ライオンに食べられちゃうんですよね。

「嘘喰い」というヤングジャンプで連載している漫画で、
「統率のとれたバッファローの群れ」のことを
現実ではありえないけど、絶対に瓦解しない存在として
描いていました。

ライオンに対して逃げ惑わずに、
バッファローの群れが、いっせいに、
ライオンに襲いかかったら、
ライオンはひとたまりもないですよね。

でも、バッファローは戦わずに逃げちゃうんですよね。
その結果、足の遅い1頭が狙いうちされちゃうんです。

戦闘力のポテンシャルは、ライオンの数倍、数十倍はあるのに、
戦うという選択をしないがために、ライオンに食べられてしまうんですよね。

めちゃくちゃもったいないですよね。

マイケル・ボルダックという、コーチングの権威の方がいるのですが、
彼は、「『知識』はただのポテンシャルで、結果をもたらすのは、『行動』だけだ」
ということを言っているんです。

いくら勉強して、知識を蓄えても、行動しなければ意味がない。

逆に言うと、自分より勉強はしてなくて、知識が少ない人でも、
もりもり行動してる人には、結果で負けてしまうんですよね。

めちゃくちゃ強いのに、
ライオンに食べられてしまうバッファローのように。

高いポテンシャルを持っているのに、
それを活かすことができないって
とってももったいないですよね。

できることなら、自分のポテンシャルは
100%使いたいですよね。

権藤、権藤、雨、権藤。

from飯野恵太
横浜オフィスより

権藤、権藤、雨、権藤。

中日の新人投手だった権藤博選手の
すさまじいまでの、登板回数を
表現して流行語にもなった言葉です。

当時、権藤選手は、シーズンで35勝したらしいです。
とんでもない数ですよね。

いまは、投手が10勝したらすごいという水準なのに
その3倍以上ですからね。

いまは、中4日くらい、一度登板した投手は休ませるのが
普通ですが、そんなのおかまいなく、それこそ
雨が降らなければずっと権藤選手が登板していたんですね。

それに、いまなら、投手が投げ終わったら、
肩を冷やすのが、常識ですよね。
でも、当時は、温めるのが常識だったんです。

絶対に冷やしちゃいけない!!て
言われてたんですよ。

だから、権藤選手は、家に帰っても、
ずっと熱いシャワーを肩にあてていたらしいのです。
決して冷やさないように。

そんな、生活をしていた権藤選手は、
二年目には、肩の感覚がなくなってきたらしいのです。

三年目には、ランニングをすることができないほど、
肩の痛みが、激しくなったというのです。

いまだったら、投手を休ませずに登板させて、
肩を温めさせていたら、
その監督は世間からバッシングを受けて、
大炎上必至だと思います。
すぐに解雇されるでしょう。

それくらい、権藤選手にヤバイことをさせてたのです。

でも、当時は、それが普通だったんです。
肩を温めることも、常識だったんです。

むしろ、当時、肩を冷やさないと!!と
言っていたら、その人がバッシングされ、
冷ややかな目で見られていたでしょう。

そう考えるとゾッとしますよね。

あきらかに間違ったことが、
「常識」とされていたんですから。

でもこのことって、野球だけではないし、
「昔だから」のことでもありません。

いま、あなたが常識だと思っていること、
まわりが当たり前に思っていることも
実は、大きな間違いかもしれないからです。

常識ってどんどん変わっていきますからね。

マーケティングの重要性が、少しずつ
日本でも浸透してきましたが、
それでも治療院の業界って、
この部分がかなり遅れています。

マーケティングを一生懸命していると、
そのことを冷ややかな目で見てくる人もいます。

治療家が、そんなことしてどうするんだ!
治療家は治療の技術を高めることが正義だ!

みたいな。

合理的で、正しいことなのに、
謎の「常識」の圧力によって、
それを実行できないっていうのは、
本当に悲しいことです。

誰がなんと言おうと、権藤選手は肩を冷やすべきだったんです。
中4日は休ませるべきだったんです。
(当然、この常識もいずれ変わるかもしれませんが、、、)

あなたも、誰がなんと言おうとやるべきこと、やる価値のあることは
やるべきなんです。

世間の常識の方が絶対に正しいなんてことは、
ないのですから。

ブロックバスター VS ネットフリックス

from飯野恵太
横浜オフィスより

ネットフリックスって聞いたことある人は
たくさんいるんじゃないでしょうか?

でも、ブロックバスターって名前は聞いたことありますか?

こっちは、あまり有名じゃありませんが、
ブロックバスターというのは、
アメリカのDVDレンタルビジネスの
最大手だった企業の名前です。

でも、この巨大企業は、
新興企業のネットフリックスが現れたことで、
破産に追いやられることになります。
もともとは彼らからしたら
取るに足らない存在だったにも関わらず。

聞いたことあるかもしれませんが、
DVDレンタルビジネスの利益の大半は、
「延滞料金」が生み出しているんですね。

先生も延滞料金を払って
悔しい思いをしたこと、
一度や二度はあると思いますが、
ブロックバスターは、この延滞料金が
企業の利益の70%を生み出していたんです。

すごいですよね。

でも、ネットフリックスは同じ
レンタルDVD事業でしたが、
延滞料金が発生しないビジネスモデルを
作り出したんですね。

顧客にわざわざお店に足を運んでもらわなくても、
郵送でDVDのやりとりができるようにして、
料金を月額固定料金にしたんです。

だから、DVDを返さなくても延滞料金が発生しないのです。

その代わり、DVDを返さないと、
次のDVDが借りられないという
仕組みにしたんです。

アイディアは斬新だったのですが、
当時のブロックバスターからしたら、
ネットフリックスの存在は、
巨象とアリの関係だったのです。

その気になったら、いつでも潰せると。

だから、ネットフリックスが、
認知され、市場規模がだんだん大きくなってきたときにも、
「構わないで、放っておく」という
決断を取ったのです。

何よりもブロックバスターは、
既存の事業から、多大な売り上げを手にしていたので、
利益率もすごく高かったので、
ネットフリックスが荒らしている市場に
見向きもしなかったんですね。

ネットフリックスの市場に
参入するための投資をするくらいなら、
既存の事業から、利益を手にしていたほうが
確実で、安定しているし、楽だったのです。

しかし、その結末は冒頭にも書いたように、
2010年ブロックバスター破産という形で
決着してしまうのです。

ブロックバスターの経営陣は、「変化」を嫌ったんですね。
いまやっていることが、うまくいっているから、
違うことをやる気にはならなかったのです。

実際、彼らの利益率は66%もあったので、
とてつもなくうまくいっていたんです。

だからこそ、自らを変化させていくことができなかったんですね。

象とアリの関係だった、ネットフリックスに
駆逐されてしまったのです。

人間は変化を嫌います。

いまやっていることがうまくいっているときは、
なおさらです。

でも、どんなことも諸行無常なんですよね。
いまやっていることを永遠に続けて
成功が安定するってことはないです。

これだけ、巨大で利益率の高かったブロックバスターでさえ、
既存の事業にしがみついていては、その栄光を維持することが
できなかったのです。

ダーウィンの言葉に、
「最も強い者が生き残るのではなく、
最も賢い者が生き延びるのでもない。
唯一生き残るのは、変化できる者」

という言葉がありますが、
本当にそのとおりですよね。

変化することは怖いし、楽ではないけど、
長期的に成功するには、変化することが
大切なんだなと、ネットフリックスとブロックバスターの
エピソードから、改めて思ったのです。

悩むより行動する

from飯野恵太
横浜オフィスより

先日、姉に息子が生まれたので
家族3人で実家の群馬に帰りました。

赤ちゃんっていいですよね。
姉のまわりにいる人、みんなニコニコです。

義兄は、ずっとビデオカメラを片手に
その様子を撮影していました。

僕の息子とは1歳違いなので、
もう少し大きくなったら、
二人を遊ばせたいです。

いつも、群馬に帰るときは、
レンタカーをして、車で帰るのですが、
横浜に戻ってくるときに、「センサー盗まれたんじゃないか事件」が
発生しました。

車のバンパーの左の端っこに、
センサーが立ってる車ってありますよね。

運転席からではみえづらい部分に
壁とか車が接近したら、
ピコンピコンって鳴るあれです。

僕が今回借りたレンタカーには、
それがついてたんです。

あー、こんなセンサーがついてるんだー
くらいに思って乗っていたのですが、
群馬から帰ってきて、自宅マンションのそばに
駐車すると、そのセンサーがなくなってるんです!

群馬に向かうときには、
確かにあのセンサーは生えていたのに、
横浜に帰ってきたら、その痕跡すらなくなってるんです。

僕は、むかし、群馬の実家の駐車場に
停めていたら、車上荒らしの被害に遭ったことがあったので、
群馬に出没する車上荒らしのせいだと疑いました。

実家に電話をかけても、
妻に確認をしても、
センサーのありかは誰も知らなかったので、
いよいよ車上荒らしが、外からでも
外せるセンサーに目をつけて、
それを盗んだんだと確信するようになりました。

うわあああ、、、、と頭を抱えて、
どうしようかとずっと悩んでいたんです。

レンタカー返すときに、高額請求されるんじゃないか、
とか、どうしよう、どうしよう、、、、と。

とにかく、レンタカーの返却時間も近いし、
この車を運転して、レンタカー屋さんに事情を説明することにしました。

そして、エンジンをかけて出発しようとすると、
なんと、センサーが生えてきたんですよ。

衝撃的な光景でしたね。

エンジンをかけるとともに、
スーっと伸びてきよるんですから。

このセンサーは、エンジンをかけると
伸びてきて、エンジンをとめると、
中に引っ込む仕様だったんですね。

そんなことをつゆ知らず、
僕はエンジンを止めた状態で、
わたわたと不安を抱えて、
あれこれ悩んでいたんです。

なくなっちまったもんはしょうがない!
と思って、さっさとエンジンをかけていたら、
この不安も、無駄な時間もなかったんですよね。

この「センサー盗まれたんじゃないか事件」の
エピソードは笑い話ですが、
こんな悩む必要なかった!!っていうことって
たくさんありますよね。

不安や心配があって、
うんうん悩んで、決断を躊躇していても、
何にもクリアにはならないですよね。

悩んで → 時間を浪費 → 結局行動しない

そんなことをしていたら、
行動を先送りして、成果も出ないですし、
ストレスばっかり抱えて、
ただの時間の無駄遣いになってしまいますもんね。

とにかく、、、
エンジンをかけたときの、
衝撃と安堵感はすごかったというお話でした。

あなたは、自分の成功を疑えるか?

from飯野恵太
横浜オフィスより

よくテレビで一発芸人特集みたいなの
ありますよね?

そこには、「ななななーななななー♪」の
ラップネタでブレイクしたジョイマンや
エロ詩吟でブレイクした天津木村が出ていたんです。

今田耕司がMCで、彼らのことを
掘り下げていたんですが、
おもしろい共通点があったのです。

一発屋としてブレイク後に消えていった
芸人は全員、「自分だけは売れ続ける!」と
思っていたらしいのです。

一発屋には、数々の先例があるにも関わらず、
自分がブレイクしたときには、そのバブルが
はじけることなんて、つゆほども疑っていなかったんです。

このまま売れ続ける、と思っているので、
努力を怠り、自分を磨くことを一切しなかったらしいのです。

これは、全員がそう思っていたらしいのです。
外からみているときは、こいつは一発屋で終わると
思っているのに、いざ、自分がブレイクすると
一発屋の可能性は、少しも考えないというのです。

「だから、一発屋なんだ!」と
彼らを、非難することもできますが、
人間って、誰しもこういうところがありますよね。

自分だけは大丈夫って心のどこかで
思ってしまいます。

自分を客観的に捉えることって
ものすごく難しいですよね。

先生が、いまうまく行っていることも、
それが永続することは、絶対にありえないですよね。

諸行無常です。
驕れる者久しからず、なんです。

いま問題がない、うまくいっているという人でも、
その成功にあぐらをかかずに、その成功が泡と消えたとしても、
生活することができるように、その次のことを考えおくことが
大事ですよね。

自分の成功を疑わないといけないのです。

とても難しいことですが、
同時に、とても大事なことでもあります。

完璧主義者の風呂掃除

from飯野恵太
横浜オフィスより

小学校のときに、夏休みの取り組みとして、
家の手伝いをするみたいのありませんでしたか?

僕は、ある夏休みのお手伝いの項目として、
「風呂掃除」を掲げたことがあるんです。

でも、この風呂掃除が僕にとっては、
めちゃくちゃイヤだったんです。

最初のうちは、頑張ってやっていたんですが、
そのうち、やらなくなってしまったんですよね。

なんで、僕がお風呂掃除をやらなくなったかというと、
お風呂掃除というものは、浴槽を真っ白に、ピッカピカにしないと
いけないと思っていたからなんです。

僕の実家の風呂の浴槽が、
水垢で、うすーく黒ずんでいたんです。

小学生の僕は、掃除をするからには、
この、頑固な水垢も、キレイさっぱりに
落とさないといけないと思っていたので、
毎日、風呂掃除のお手伝いをする時は、
大掃除ばりに気合いをいれて、30分くらい
水垢と格闘していたんです。

でも、長い時間かけてできた水垢なんで
そんな小学生が、ゴシゴシ磨いたところで
簡単には落とせないんですよね。

だから、いつも、風呂掃除をする度に、
お風呂場で半ベソかいて、叫んでいたのを
覚えています。

ピッカピカにしたいのに、
落ちない。

完璧に掃除したいのに。

それで、完璧にできないことがイヤで、
風呂掃除というのは、とんでもない
気合いをいれて挑まなきゃいけないのに、
完璧にキレイにすることができない、、、

と心理的負担が重くなって、
風呂掃除の手伝いをやめてしまったんです。

で、しばらく風呂掃除のお手伝いをしていなかったんですけど、
ある日、母親が風呂掃除をするところを
みかけたことがあったんです。

僕がいつも30分くらいかけてやっていたのに、
母は、1分足らずで、ささっと表面のぬめりだけ
落として、もうお湯を入れ始めたんですよね。

え??
こんなんでいいの?!!

という、小学生の僕の中で
とてつもないパラダイムシフトが起こったんです。

それからというもの、
風呂掃除は苦ではなくなり、
お手伝いを継続することができたんです。

小学生のときの、僕の風呂掃除と一緒で、
完璧にやろうとすることは、
とても危険な考えなんですよね。

100点を目指して、取り掛かるので、
1つの物事を完了させるのに、
ものすごく時間がかかります。

完成させるまでに時間がかかってしまい、その間に
機会損失をしてしまうんですよね。

例えば、チラシで集客しよう!となったときでも
100点を目指すあまりに、半年もかけて1枚のチラシを作る。

でも、やっと出したと思ったら、訴求がずれてて
全然反応が取れないチラシだった。。。

それよりは、とっとと1週間でチラシを作ってテスト。
そしたら、何がダメかが、すぐにわかるので、
その情報をもとに、またテスト。

そうして、半年後にできたチラシと、
完璧を求めて、時間だけかけたチラシ。

どっちの方が、いいチラシか。

言うまでもなく、
たくさんテストしてできあがったチラシですよね。

それに、テストの間にも、集客ができたら
売り上げがあがりますから、その間も、
どんどん得られる利益の差が広がりますよね。

さらに最悪なのは、完璧にやろうとすると、
心理的な負担がかかるので、
そもそも行動を取らなくなることも。

先生もお風呂掃除をピッカピカにしようとしないでください。
完璧主義は、機会損失の温床ですよ。