飯野治療院集客事務所

株式会社タッチコード

圧倒的成果を出す「平均の法則」

from飯野恵太
横浜オフィスより
 
 
 
 
学生の頃、インターネット回線の
Bフレッツ光を飛び込みで営業するという
バイトをしていたことがあります。
 
 
 
 
「自分でいうのも」ですが
すごく成績がよかったので
会社から、他のスタッフの
手本として扱われることがありました。
 
 
 
 
基本的には、営業担当が
自分たちで営業エリアを決めて
そこで各々飛び込みをしていくんです
 
 
 
 
ですが、たまに成果の出ていない
人に刺激を与えるために
そういう人と同じエリアを
まわることがあります。
 
 
 
 
そういうときは
大きな集合住宅に
訪問すると決めて
そこで、1階から上にあがって飛び込む人と
最上階から下にさがって飛び込む人とに
担当を分けて、同じマンションを
飛び込んでいくんです。
 
 
 
 
僕が、20階から
彼が、1階から
 
 
 
 
こんな感じでやっていって
合流したら、お互いの成果を
フィードバックし合おう。
みたいな感じでやるんです。
 
 
 
 
契約の取れていないある
スタッフとこれを
やる機会があって
僕が、20階から
飛び込んでいったのですが
彼と合流したのが
「4階」だったんです。 
 
 
 
僕が、20〜5階を
訪問している間に
彼は、1〜4階までしか
訪問できていなかったんですね。
 
 
 
 
彼と僕との成果の差の原因は
一目瞭然。
訪問件数の差
だったんです。
 
 
 
 
それまで、彼は
「まわれるだけまわってる」のに
成果が出ないと言っていたのですが
彼の「まわれるだけ」の数は
僕の1/4程度だったんです。
 
 
 
 
僕はいわゆる「平均の法則」
飛び込みも「統計」だと
思っていたので
いかに数をまわるか?
ということに主眼を置いて
営業をしていました。
 
 
 
 
平均の法則というのは
同じ条件で同じことを繰り返すと
常に一定の成果が得られるという
法則です。
 
 
 
 
僕のBフレッツの営業の場合
120軒ノックをすると
1軒から契約をもらうことができました。
 
 
 
 
120軒ノック
40軒が在宅
20軒が話を聞いてくれて
1軒が契約してくれる
 
 
 
 
こんな感じだったんです。
 
 
 
 
1件契約になると
NTTからの報酬が
3 5万円くらいもらえるので
だいたい、1ノックで300円の
価値がある計算になります。
 
 
 
 
だから、飛び込みの途中で
断られようが
怒鳴られようが
嫌なやつに文句を言われようが
そんなことは一切気にならないんです。
 
 
 
 
120軒ノックすれば
契約になるから
どれだけ断られようが
何も気にならないんです。
 
 
 
 
しかし、断られることを
気にしてしまうと
途端に足が動かなくなります。
 
 
 
 
4階で合流したときの
彼も、まさにそんな状態でした。
 
 
 
 
1軒1軒まわる
インターバルがすごい長いんです。
 
 
 
 
断られて意気消沈。
ふー、、、
さて、気を取り直して
もう1軒行こう。
でも、また断られたらどうしよう。
さっきとなりのチャイムならしたから
もう少し間を空けたほうがいいかも。
 
 
 
 
こんなことを考えている間に
どんどん時間も機会も失ってしまいます。
 
 
 
 
「これだけ動けばこんな成果が出る」
これがわかってるのであれば
あとは平均の法則を信じて
とにかく動いてしまった方が
ずっと効果的です。
 
 
 
 
たとえば、僕の推奨している
スーパー費用対効果の高い
集客方法として
店舗提携という
方法があります。
 
 
 
 
近くの店舗に
あなたの院の紹介カードを
置いてもらうんです。
 
 
 
 
これも平均の法則でいうと
 
 
 
 
6軒訪問すると
5軒がカードを置いてくれて
1人集客につながる
 
 
 
 
こんな感じの成果が出ます。
 
 
 
 
患者さんのLTVって
だいたい3〜4万円と言われているので
僕のBフレッツの営業に
比べたら、はるかに圧倒的に
効率がいいですよね(笑)
 
 
 
 
それがわかってるなら
とにかく6軒訪問すればいいんです。
 
 
 
 
20分もあれば
6軒訪問できます。
 
 
 
 
月に25日、営業日を毎日
6軒訪問すれば
それだけで25人も
新規集客することができるんです。
 
 
 
 
でも、ほとんどの人は
そんなことはしないんです。
 
 
 
 
4階までしか飛び込めなかった
彼のような心理状態になっているから。
 
 
 
 
でも、それはあなたにとって
チャンスにもなりえます。
 
 
 
 
誰もできないからこそ
先生は、平均の法則を
信じて「行動」するんです。
 
 
 
 
そうする間に
気付いたら
すごい成果が出ているはずです。
 
 
 
 

 

狂気

from飯野恵太
横浜オフィスより
 
 
 
 
アインシュタインの名言で
こんなものがあります。
 
 
 
 
「同じことを繰り返しながら
違う結果を望むこと
それを狂気という。」
 
 
 
 
大学1年生のとき
アメフトで強くなるために
一生懸命筋トレを
していたのに
全く筋肥大が起きない時が
ありました。
 
 
 
 
ちゃんとトレーニングメニューも考えて
それを実行してるのに
一向にカラダが大きくならないんです。
 
 
 
 
それなのに僕は
その状況を変えようともせず
同じことを半年間くらい
ずーっと繰り返していました。
 
 
 
 
で、どうなったかというと
当然ながらカラダは大きく
ならなかったのです。
 
 
 
 
見る人によっては
トレーニングを頑張る
努力家かもしれませんが
アインシュタインから見たら
「狂気」そのものだったんだと
思います。
 
 
 
 
自分の行動を変えずに
結果だけが変わる「奇跡」を
望んでいたんですから。
 
 
 
 
ちなみに、僕のカラダが大きくならない原因は
食事量が足りないことだったんです。
 
 
 
 
原因がわかってから、プロテインを飲んで
ご飯を毎日10合食べるようになったら
メキメキとカラダが大きく
なっていきました。
 
 
 
 
手に入れる結果を変えたかったら
自分の考え方か、行動を変えないと
いけないんですよね。
 
 
 
 
「こんなに頑張ってるのに
なんで成果が出ないんだ!!」
 
 
 
 
そんな悩みを抱いた時
自分が「狂気」中に
いるんじゃないかと
考えてみることも
大事ですよね。
 
 
 
 
同じ行動を繰り返して
結果が変わることは
絶対にありません。
 
 
 
 
神樣は気まぐれを起こさないのです。
自分が変わるしかないのです。
 
 
 
 

あれもこれもダメダメ父さん

from飯野恵太
横浜オフィスより
 
 
 
 
日曜日、息子と二人で
横浜の動物園に行ってきました。
 
 
 
 
息子は、本当に動物が好きなので
しょっちゅう行きます。
平日も、妻が動物園に連れて行くので
息子は週3くらいで動物園に
行ってるんじゃないでしょうか?
 
 
 
 
息子が連れて行く途中
寝てしまったので
動物園のレストランで
寝かせていました。
 
 
 
 
30分くらいしたら
起きたのですが
起床後2秒で
「ライオン!」と
叫んでました。
 
 
 
 
本当に動物が好きなんでしょうね。
子供のパワーたるやすごいです。
大人だったら、5分ぐらいは
ぼーっとしてテンション上がらないですよね。
 
 
 
 
こんな風に、毎朝起きれたら
めちゃくちゃ気持ちいいですね。
 
 
 
 
バサ!!と起きて
今日は◯◯をやろう!!
うおー!楽しみだ!!
と。
 
 
 
 
そんな理想的な
目覚めを見せてくれた
息子でした。
 
 
 
 
二人で、色んな動物を
見ていたのですが
気になる親子を見かけました。
 
 
 
 
お父さんと、息子二人なのですが
その息子二人が、何かやろうとする度に
注意をするのです。
 
 
 
 
小川に興味を持って
橋から眺めようとしたら
「危ない!やめなさい!」
 
 
 
 
落ちてるどんぐりを
拾おうとしたら
「汚い!やめなさい!」
 
 
 
 
園内を走ろうとしたら
「危ない!やめなさい!」
 
 
 
 
たまたま、まわるペースが同じだったので
長い間その父子と一緒にいたのですが
お父さんが口にするのは
「ダメ、ダメ、危ない、危ない、汚れる!」
終始これでした。
 
 
 
 
お父さんからすると
息子にケガをしてほしくないから
言ってることなんでしょうけど
この状況で人生の大半を
ダメダメ言われ続けたら
リスクを取って何かに
挑戦しようなんて
絶対に思わないですよね。
 
 
 
 
実際に、多くの子供は
親から否定的な言葉を
何万回と浴びせられるうちに
挑戦することを忘れて
無難で、安定して、まわりが
「いい」と思うことしか
しなくなっちゃうみたいですね。
 
 
 
 
でも、確かに子供の
奔放な動きには
本当に危ない!と思うことがあって
ついつい口を出してしまいますよね。
 
 
 
 
息子が道端で拾った
泥だらけのどんぐりを
口にいれるのを、制止したい気持ちを
ぐっと押し殺して
見ていたのですが
まずいと思ったのか
もう、どんぐりは
食べなくなりました。
 
 
 
 
口に入れる前に
僕が止めていたら
彼ができなかった経験ですよね。
 
 
 
 
まあ、帰ったあとに
僕が妻に怒られましたがね。
 
 
 
 
 

自信なさそうな街頭アンケート

from飯野恵太
横浜オフィスより
 
 
 
 
金曜日、新橋で予定があったので
SL広場で待ち合わせをしていると
街頭アンケートをしている
女性が近づいてきました。
 
 
 
 
正確には
街頭アンケートを装った
何かの提案や個人情報の取得だと
思うのですが。
 
 
 
 
彼女は近づいてくると
こんな風に、アンケートを
お願いしてきたのです。
 
 
 
 
「いま、◯◯のアンケートを
ご協力をお願いしているのですが



お忙しいですよね?」
 
 
 
 
アンケートの依頼をすることに
気が引けたのか
ご丁寧に「お忙しいですよね?」の
一言を加えているんです。
 
 
 
 
僕は、その時、時間もありましたし
セールスや、マーケティング活動に
巻き込まれるのは大好きなので
アンケートをお願いされたら
協力しようと思っています。
 
 
 
 
が、
「お忙しいですよね?」の
一言によって、その ”配慮” に
甘えたくなり、「はい」とだけ
答えて、アンケートを受けずに終わりました。
 
 
 
 
お願いをするとき
自信なさそうな
態度でいたら
それは、相手に
伝わります。
 
 
 
 
喜びの声をお願いするとき
紹介をお願いするとき
回数券を販売するとき
エキテンのレビューをお願いするとき
 
 
 
 
先生は、自信なさそうに
この街頭アンケートみたいな
聞き方をしていないでしょうか?
 
 
 
 
もし、そうだとしたら
先生の打率を大幅に下げる
大きな原因になっているはずです。
 
 
 
 
お願いとするときは
自信を持って、堂々と、ハッキリと。
 
 
 
 
保身のための配慮なんて必要ないのです。
 
 
 
 

 

頭を使って筋トレをする化物

from飯野恵太
横浜の自宅より
 
 
 
 
僕の後輩に筋肉の変態がいるんです。
 
 
 
 
ベンチプレス140kgを
挙げちゃうくらい
筋肉を愛し、慈しみ、磨き上げている男です。
 
 
 
 
他になにひとつ尊敬できることは
ないのですが、こと、筋肉においては
心から尊敬しています。
 
 
 
 
最近、彼に筋トレのアドバイスを
もらうことが多いのですが
聞いたこともないような
言葉がバンバン出てくるんです。
 
 
 
 
彼が、トレーニングの部位を
5部位に分けていると聞いたときには
脳みそまで筋肉になってしまったんじゃないか?と
思いました。
 
 
 
 
5部位に分けているということは
最低でも週5、ほぼ毎日
トレーニングしてるってことですからね。
 
 
 
 
頭の中は、筋肉のことで
いっぱいなはずです。
 
 
 
 
ですが、彼の脳みそは筋肉に
なってしまったどころか、
その逆だったんです。
 
 
 
 
頭を使って、努力の方向性を
常に研ぎ澄ましているんです。
 
 
 
 
めちゃくちゃ考えながら
トレーニングしています。
 
 
 
 
その中でも、特にすごいなと
思ったのが、彼の勉強の仕方です。
 
 
 
 
この筋肉の変態は
もはや、本から得られる
知識には限界があるということで
筋肉のセミナーに参加していると
いうのです。
 
 
 
 
筋トレのためにセミナーに参加する
というのは、僕の選択肢に
全くなかったので
驚きました。
 
 
 
 
そこで、世界大会で受賞するような
ボディビルダーの方から
生の情報を手に入れているんですね。
 
 
 
 
加えて、ジムで
えげつないボディをしてる人が
いたら、そういう人と顔見知りになって
直接、教えてもらってるというのです。
 
 
 
 
結果を出している人から
直接聞く。
 
 
 
 
この方法で勉強して
トレーニングをすることで
ベンチプレスのマックスが20キロも
あがったらしいです。
 
 
 
 
それまでにも、彼は
常軌を逸するような
トレーニングをしていました。
 
 
 
 
彼がすごいのは
トレーニングだけでなく
努力の方向を磨く努力も
怠っていないということですね。
 
 
 
 
努力の方向性を研ぎ澄ます
そして、そのために
成果を出してる人のそばに行き
生の情報を仕入れる。
 
 
 
 
筋トレだけでなく
仕事にも通じる
とても大事な考え方ですよね。
 
 
 
 
彼に刺激を受けて
筋トレもビジネスも
カラダだけでなく
もっと頭を使おうと
思いました。
 
 
 
 

「行動について考えよ。結果のことは考えるな」

from飯野恵太
横浜の自宅より
 
 
 
 
今日は短めです。
僕が最近、ぐっときた
とてもいい言葉を紹介いたします。
 
 
 
 
全米No 1の交渉術のコーチ
ジム・キャンプの言葉です。
 
 
 
 
「自分の力でどうにもならない結果を
支配よしようとするのではなく、
自分の意志が及ぶ行動に力を注ぐべきだ。
ゴルフならパーを切るスコアを出そうとするより、
これから打つ一打に集中するということだ。
自分の意志が及ぶのは自分の行動であって、
その行動によって得られる結果ではない」
 
 
 
 
「行動について考えよ。結果のことは考えるな」
 
 
 
 
売上を◯円にする、
何人集客する
リピート率を◯%にする
 
 
 
 
これらは、行動した結果として
ついてくるものです。
 
 
 
 
自分のコントロールできないものに
自分のエネルギーを注いでも
ストレスになるだけです。
 
 
 
 
でも、自分の行動は
自分でコントロールすることができます。
 
 
 
 
「売上を◯円にする」
そのために、自分は何ができるのだろう?
 
 
 
 
それを考えて
考えた結果できた
アクションリストを
「実行する」ということに
エネルギーを注ぐべきなんですよね。
 
 
 
 
その結果、どんな成果が出るのかなんて
知ったこっちゃない。
それは、出てからまた考えれば良いのです。
 
 
 
 
それまでは、いかに考えた行動リストを
素早く、正しく完了させるか?
これに注力するべきですよね。
 
 
 
 
「行動について考えよ。結果のことは考えるな」
自分のコントロールできることにだけ
エネルギーを注ぐのです。
 
 
 
 

 

車輪の再発明

from飯野恵太
横浜の自宅より
 
 
 
 
あるセミナーの会場で
講演開始まで時間があったので
Wi-Fiをつなげて
仕事をしようとしたら
候補に上がる無線LANのひとつに
「背筋を伸ばす!」という
無線LANがでてきました。
 
 
 
 
目標達成の技術を学ぶような
セミナーだったので
やっぱり意識の高い人が
参加しているんですね。
 
 
 
 
確かに、「背筋を伸ばす!」に
パソコンがつながっている間は
背筋を伸ばさざるを得ない気がしますよね。
 
 
 
 
さて、最近読んだ記事ですごく興味深いものがありました。
 
 
 
 
京大ナンバーワン教官が教える「勉強することのホントの意味」
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53586
 
 
 
 
京都大学ナンバーワン人気教官の
瀧本哲史さんという方が
四天王寺中学の女子生徒に対して
講演を行いました。
 
 
 
 
なんで勉強しなければいけないのか?
というテーマでの講演だったのですが
瀧本さんはそこで、「車輪の再発明」を
あげていました。
 
 
 
 
■車輪の再発明
「既に解決策があるのに、
それを知らずに、もしくは無視して
自分で再び一から作ること。」
ですね
 
 
 
 
中国でこんな小咄があるそうです。
 
 
 
 
(以下引用)
 
 
 
 

「昔、中国の田舎に、数学がすごくできる中学生がいました。
ある数学の研究者がその子の才能を見抜いて、
『君は都会の学校に行って、数学の勉強をするべきだ』と
アドバイスしました。
 
 
 
 
しかし、その子の親は
『うちで農業を手伝わせます』と
進学を止めたのです。
 
 
 
 
何年かして研究者がその子に再会すると、
彼はこう言いました。
『先生、僕はすごい発見をしました。
この公式を使うと、あらゆる2次方程式が
解けるんです』。
 
 
 
 
彼が見せたのは、
皆さんが中3で必ず習う
『解の公式』でした」
 
 
 
 
(引用終わり)
 
 
 
 
確かに、解の公式を自分で発見したのは
すごいことですが
それは人類が既に知っていること
だったんですよね。
 
 
 
 
彼は何年もかかって
それにたどり着きましたが
教科書を読めば
数分でわかってしまうことなんです。
 
 
 
 
これでは、彼の時間も才能も
無駄遣いになってしまいますよね。
 
 
 
 
これは、経営者、ビジネスオーナーでも
全く同じことが言えますよね。
 
 
 
 
例えば、広告を作るというとき
既に存在している反応取れる作り方を知らずに
自分のアイディアで0から作る。
 
 
 
 
何度も何度もテストを重ねて
やっと、ヘッドラインをつけることの
重要性を発見する。
 
 
 
 
でも、それは
広告の教科書を読んだら
最初の1ページに書いてあるくらい
当たり前のことだった。
 
 
 
 
こうなってしまったら
成果を出すまでに
人より何倍も時間、お金が
かかってしまいますよね。
 
 
 
 
瀧本さんは
聖徳太子のことも
例に出して、学ぶことの
重要性を伝えていました。
 
 
 
 
聖徳太子の大きな功績の1つに
十七条憲法がありますが
これは、何も聖徳太子が
0から作ったものじゃないらしいんです。
 
 
 
 
そのほとんどは、
隋の条文を「パクった」もの
だったんですね。
 
 
 
 
隋の制度をいいとこどりして
さらに、改良して作られたのが
十七条憲法なんです。
 
 
 
 
広告のスワイプと一緒ですね。
 
 
 
 
0から作るのではなく
効果の高かった「お手本」が
あるなら、そこから学んでいく。
 
 
 
 
車輪の再発明をしないためにも
日々学習していくということは
学生だけでなく大人でも
とっても大事なことですよね。