飯野治療院集客事務所

株式会社タッチコード

シェイクの売れ行き、味じゃない!

ke

from飯野恵太
横浜オフィスより
 
 
 
 
僕のiPhoneが瀕死状態なんです。
 
 
 
 
充電を満タンにしても
1時間ももたずに
電源が落ちます。
 
 
 
 
しかも、何が不便かというと
残り60%と表示されていても
突然落ちるんです。
 
 
 
 
せめて、ちゃんと残り
充電量を表示してくれていたら
対策もできるんですけど
急に落ちますからね。
 
 
 
 
初めていく場所に
iPhoneの地図を頼りに
向かってる途中で
電源が落ちたりすると
もう、悪夢ですよね。
 
 
 
 
地図が見れなくなるのって
いっちばん、不便です。
 
 
 
 
iPhoneが低速モードに
なってしまう人も
この「地図が見れなくなる」というのが
一番悩みとして大きいみたいですね。
 
 
 
 
ただ、「電源がすぐになくなる」と
と悩みを共感されるよりも
「電源が落ちて地図が見れないと最悪ですよね」と
共感されるほうが、ぐっと心を掴まれます。
 
 
 
 

これはマーケティングの用語で
「顧客の用事を理解する」といいます。
 
 
 
 
「用事」というのは
僕で言うと、「地図を見る」ということです。
これがないと、めちゃくちゃ困るということに
共感して、その解決策を提案するということです。
 
 
 
 
この顧客の用事を理解することによって
売上を大幅に伸ばしたミルクシェイクの
お店があります。
 
 
 
 
そのお店は、車通勤の途中の
ドライバーがみんな朝寄るのですが
コーヒーでも、ジュースでもなくて
やたらとミルクシェイクが売れるらしいんです。
 
 
 
 
周辺のお店も、どこも
ミルクシェイクがやたらと
売れるので、このミルクシェイクの
シェアを伸ばそうと、
みんな美味しいシェイクを
開発しようと頑張ったんですね。
 
 
 
 
でも、味を改良したお店のほとんどは
効果をあげなかったんです。
 
 
 
 
唯一、売上を大幅に伸ばした
お店があるのですが、
彼らが何をしたかというと
シェイクの粘り気を増やしたんです。
 
 
 
 
は?って感じですよね。
シェイクの粘り気を増やして
飲み干すのに時間がかかるように
したんです。
 
 
 
 
なぜ、粘り気を増やすことで
売上が増えたかというと
それが、ドライバーの「用事」を
解決するのにバッチシはまったからなんです。
 
 
 
 
ドライバーはシェイクには
美味しさを求めてなかったんです。
 
 
 
 
どちらかというと
運転中の口元の寂しさを
どうにかしたかったんです。
 
 
 
 
通勤ラッシュの渋滞もあって
長い運転中、暇だし手持ち無沙汰
そんなときに、粘り気の強い
シェイクがあったら、長い時間
その甘さを楽しむことができます。
 
 
 
 
コーヒーじゃこぼれちゃうし
ドーナツじゃハンドルが油だらけになって
気持ち悪い、でも、シェイクなら
ても汚れないし、長い間、楽しむことも
できるんです。
 
 
 
 
美味しさは求めてなかったんです。
顧客の用事は、「長く楽しむ」ことだったんです。
 
 
 
 
こんなこと、顧客に実際に
聞かなきゃ絶対にわからないですよね。
 
 
 
 
先生も顧客の用事を理解することを
忘れないでください。
 
 
 
 
腰痛を治したいのは
みんなそうでしょうけど
それをすることで
どんな「用事を解決」したいと
思っているのか?
 
 
 
 
それを理解していれば
患者さんはきっと
他のどこよりも
先生に治療をしてほしいと
思うはずです。
 
 
 
 

 

意識の高い履修で見事単位を落とす

from飯野恵太
桜木町のスタバより
 
 
 
 
大学時代の友人の中で
笑い話になっている
僕の履修の組み方があるんです。
 
 
 
 
大学の授業って
基本的に自分で選んで
履修を組むことができますよね。
大学に入学した当初
勉強のやる気の炎が
燃えていた僕は
とても ”意識の高い” 
授業予定を組んでいたんです。
 
 
 
 
金曜日の1限目は
必修の英語でみんなが
出席します。
 
 
 
 
で、その金曜日は
めぼしい授業がないので
ほとんどのクラスメイトは
1限目の英語を出たら
あとは、バイトに行くなり
遊びにいくなりしていたんです。
 
 
 
 
でも、”意識の高い” 僕は
1限目の授業のあとに
5限目に法学の授業を取ったんです。
 
 
 
 
2、3、4限は
図書館で勉強をして
5限目の法学に出席する。
 
 
 
 
これをすれば
学業の成績はぐんぐんあがるぜ!!!
と思っていたんです。
 
 
 
 
で、半年後どうなったかというと
見事に、法学の単位を落としました。
 
 
 
 
たった一度
法学の授業を出たきり
僕はその後、二度と
5限目に姿をあらわすことは
なかったのです。
 
 
 
 
当然、2、3、4限で
僕が図書館にいることも
ありませんでした。
 
 
 
 
僕が意識の高い履修の組み方をして
見事に実行できずに単位を落とした
エピソードは、大学時代の友人から
「2・昼・34法学だよね」と
今でもたまにいじられます。
 
 
 
 
なんで、こんなことに
なってしまったんでしょうか?
 
 
 
 

いま振り返ってみたのですが
周りのクラスメイトが1限で
帰ってしまったということも
あるのですが、それ以上に
優先課題として
心と頭に結びついていなかったことが
原因でした。
 
 
 
 
僕の中で、「2・昼・34法学」と
時間を過ごすことの重要性が
認識されていなかったんです。
 
 
 
 
7つの習慣のコヴィー博士は
こう言っています。
 
 
 
 
(以下引用)
次の3つのうち、自分の弱点がひとつあるとするなら
それはどれだろうか?
 
 
 
 
(1)優先順位をつけることができない
(2)その優先課題を中心に計画することができない
(3)計画に基づき行動するように自分を律することができない
 
 
 
 
ほとんどの人が、自分自身を律することができない
ことだと考える。
しかし、よく考えてみれば、それは違う
(引用終わり)

こう言っているのです。
そして、律することができないことが
問題なのではなく、そもそも
優先順位が心に刻まれてないことが
問題だというのです。
 
 
 
 
ぼくも最初は
5限目まで図書館で勉強する
自制心がないことが問題だと
思いました。
 
 
 
 
でも、その一方で
アメフトのための
自己鍛錬には異常な
ほどストイックでした。
 
 
 
 
周りの人がトレーニングを
してようがしていまいが
毎日のように筋トレルームに行き
酸欠で吐き気がするまで
追い込んでいたのです。
 
 
 
 
自分のことながら
自分を律することができない
人間の追い込み方じゃないと
思うんです。
 
 
 
 
僕にとって
アメフトのために
頑強な身体を作るということは
優先課題として
心に深く刻まれていたんですよね。
 
 
 
 
一方、234限勉強して法学の
授業を出ることは
僕にとって、こうできたらいいなくらいの
優先順位で、本当に重要なことだと
思えていなかったんです。
 
 
 
 
新年を迎えて
新しい目標を設定した人は
多いと思いますが
その目標が実行できない理由は
自制心の欠如ではないことが多いです。
 
 
 
 
本当の原因は
そもそも、優先課題として
心に刻まれていないということ
かもしれませんね。
 
 
 
 
意識の高い履修の組み方で
単位を落とした飯野より

上毛かるたの恐るべき力!

from飯野恵太
群馬の実家より
 
 
 
 
上毛かるたって
知っていますか?
 
ケンミンショーでも
紹介されることのある
群馬特有のかるたです。
 
 
 
 
群馬の名産や名所、歴史を
かるたにしてあるんです。
 
 
 
 
え:縁起だるまの少林山
ね:ネギとこんにゃく下仁田名産
ま:繭と生糸は日本一
とかです。
 
 
 
 
小学校のときには
上毛かるたの大会も
開かれます。
 
 
 
 
各地域でメンバーが
選抜されて、学校の体育館で
競い合います。
 
 
 
 
群馬県民の義務教育と言っても
過言ではないほど浸透しているので
当然のように知っていて
頭文字を言ったら
だいたいみんな暗唱できちゃいます。
 
 
 
 
この上毛かるたですが
僕はてっきりこういうのが
各県であると思ったのですが
すごく珍しい文化みたいですね。
 
 
 
 
中学生のとき、県外から来た担任の先生が
すごくびっくりしたことの1つに
「上毛かるた」をあげていたので
この文化が普通ではないことを
初めて知りました。
 
 
 
 
群馬県民からしたら
至極当たり前のことですが
他の人からみると異常な
光景のようです。
県民かるたをほぼ全員
遊べちゃうということが。
 
 
 
 
母が僕の息子に
上毛かるたを教えたいらしく
引っ張り出して、家族で
遊んでいました。
 
 
 
 
僕の息子は群馬県民ではないのに、
こんな年から英才教育を
始めようとしているんですよね(笑)
上毛かるた教の凄まじさを
感じました。
 
 
 
 
ちなみに、妻と上毛かるたで
勝負したのですが
当然のことながら
圧勝しました。
 
 
 
 
他のかるただったら
妻とも互角の勝負なんですが
上毛かるたの場合
県民は「絵」で覚えているので
札を見つける早さがケタ違いなんですよね。
 
 
 
 
妻が、「え、え、え、え」と
「え」の文字を探している間に
僕は、真っ赤なだるまの絵を
見つけたら取れるので
圧倒的ですよね。
 
 
※「え」の札には縁起だるまが描かれています。
 
 
 
 
この年になっても
ほとんどの札を
覚えていたことに
びっくりしました。
 
 
 
 
小学校から上毛かるたで
遊んだことなんてなかったのに。
 
 
 
 
ゲーム感覚で遊びながら
やっていたので
すごく記憶に
ねばりついてるんですよね。
 
 
 
 
同じ情報でも
これが、冊子を渡されて
はい、この内容を覚えてきて!
って言われたとしたら
数日で忘れちゃうと思います。
 
 
 
 
でも、上毛かるたを
楽しみながら遊んで覚えたので
何十年も記憶に
残っているんですよね。
 
 
 
 
新田義貞が歴史に名高くて
富岡製糸が日本で最初の製糸場で
貫前神社がゆかりが古いって
こともずっと覚えているんです。
 
 
 
 
同じ情報であっても
その伝え方で
相手の記憶の残り方って
全く異なるんです。
 
 
 
 
ちなみに、上毛かるたなみに
記憶にねばるパワーを
持っているのが
「ストーリー」です。
 
 
 
 
記憶にも残るし
人をひきつける
パワーも持っているんです。
 
 
 
 
「桶狭間の戦い」が西暦何年に
起こったか?ということを
覚えている人は少ないですが
豊臣秀吉(木下藤吉郎)が
織田信長のぞうりを懐で
温めていて、すごく気に入られた
というエピソードは
多くの人が、覚えていると思います。
 
 
 
 
もし、先生が誰かに伝えたい
情報があるなら
それをストーリーに
のせて伝えることを
オススメします。
 
 
 
 
記憶に残す力
興味のひく力が
全く変わるからです。
 
 
 
 
ただ単に、
治療の特徴や
治療の計画を
伝えるのではなく、
患者さん(A)が、
その治療を受けて
どう変わっていったか?
をストーリーで
伝えたほうが
記憶に残すことができるのです。
 
 
 
 
県民のほぼ全員が
「かるた」によって
群馬の歴史や名所を
忘れずに記憶しています。
 
 
 
 
あなたには「かるた」は
ありませんが、「ストーリー」を
使うことはできるのです。
 
 
 

物に価値を与えるもの

from飯野恵太
群馬の実家より
 
 
 
 
今日は短めの記事です。
 
 
 
 
群馬の富岡のおじいちゃん家で
親戚一同の集まりがありました。
 
 
 
 
ひいおじいちゃんから、ひ孫まで
総勢20人集まる大変賑やかなお正月でした。
 
 
 
 
僕の息子は、普段はかなりわんぱくで
同じ年頃の子たちと遊んでいると
よく、まわりの子を
泣かせちゃうんですが
この日は、立場が違いました。
 
 
 
 
僕のいとこの息子
息子からするとハトコに
あたる赤ちゃんは
息子より二ヶ月先に
生まれているのですが
もう、ジャイアンなんです。
 
 
 
 
わんぱくな息子を
遥かに上回るわんぱくで
出会ってから3分で
息子は彼のトミカで殴られて
泣かされていました(笑)
 
 
 
 
いい社会経験をしました。
上には上がいるもんですよね。
近所の子の中では
わんぱく無双状態なのに
井の中の蛙とはこの事です。
 
 
 
 
さて、全く話は変わりますが
トーマス・ペインの言葉を紹介します。
 
 
 
 
「人は簡単に手に入るものには、価値を置こうとはしない。
物に価値を与えるのは、その対価の高さだけである」
 
 
 
 
人って、払った対価に応じて
価値を感じるんですね。
 
 
 
 
同じ情報を手に入れても
それを無料で手に入れた場合と
20万円払って手に入れた場合だと
得られる成果が異なってくるのは
このためです。
 
 
 
 
どんなに価値の高い情報でも
無料で手に入れてしまうと
価値を感じられずに
その情報が使われなかったりするからです。
 
 
 
 
なんでも無料で
手に入れようとしてしまう
ことの欠点はこういう点に
あるんですよね。
 
 
 
 
患者さんも一緒です。
あまりにも安い金額で
施術を提供してしまうと
その金額分だけの
価値しか感じてもらえなくなるんです。
 
 
 
 
おもしろい話があって
パワーストーンを100円で
売っていたときには
全く売れなかったのに
アルバイトが価格表示を間違えて
1,000円で売るようになったら
飛ぶように売れたということが。
 
 
 
 
100円分のご利益しかない石には
興味がないけど、1,000円の価値がある
石だったら、なんか力がありそう。
 
 
 
 
全く同じ石なのに
値段が「高い」というだけで
売れたのです。
 
 
 
 
なんでもかんでも
安く提供すれば
いいってものじゃないですよね。
 
 
 
 

「これしちゃだめ」の呪縛

from飯野恵太
横浜オフィスより
 
 
 
 
小学3年生のときに
「院」という字を
並んだんですが
このときに、担任の
先生からこう言われました。
 
 
 
 
「『院』という字は、よく間違われます
『元』の部分を『云』て書いちゃうんです。
だから、みんなも気をつけてね。」
 
 
 
 
と、、、
 
 
 
 
「云」はダメなんだ。
「云」はダメなんだ。
と、頭に叩き込むことで
どうなったかというと
 
 
 
 
僕はよく、「院」の漢字を
間違えるようになったんです。
 
 
 
 
「云」はダメ。と
頭で考えるときに
「云」という字が
絶対、頭に浮かんじゃいますよね。
 
 
 
 
先生は良かれと思って
教えてくれたのですが
この呪縛のせいで
逆によく間違えるように
なってしまったんです。
 
 
 
 
先生も聞いたことあるかも
しれませんが、人は
否定形の言葉を
認識することができません。
 
 
 
 
「◯◯しない」という言葉を
認識するのに、一度「◯◯する」ことを
頭は想像してしまうですね。
 
 
 
 
だから、目標を掲げるときも
「お菓子を食べない」と
書くよりも、「お菓子を断ち切る」の
方が、脳に認識してもらいやすいんですね。
 
 
 
 
同じようなことを言ってるだけなのに
否定形で書くか、肯定形で書くかによって
目標の達成率は大きく変わってしまうんです。
 
 
 
 
これから新年を迎えて
新たな目標を作る人は
多いと思いますが
そのときは、ぜひ
「肯定的な言葉」で
目標を書き出してみてくださいね。
 
 
 
 
 

小さな習慣

from飯野恵太
横浜オフィスより

月曜日に、フィードフォワードの記事をご紹介しました。
あらかじめ、小さな一歩を踏み出しておくと、
やる気に左右されずに、仕事を進めることができる
というお話です。

このフィードフォワードの記事が
好評だったので、それに関連した
「小さな習慣」のお話をしたいと思います。

タイトルそのまま、
「小さな習慣」という本を
スティーヴン・ガイズという人が
書いているのですが、
これがかなり素敵な内容なんです。

先生も、新しい習慣を始めようと思ったけど、
三日坊主で終わってしまったことってあると思うんです。

・毎日、腕立て100回する。
・毎朝、1時間早く起きる。
・毎日30分ジョギングをする。
・1日1時間、本を読む。

とか。

どれも、続けられれば、とっても有意義なこと。

でも、気づいたら、始めるときのやる気はどこかに行き、
掲げた目標を実行できなくなっていく。

こんな経験あると思うんです。

著者は、人が習慣を継続できない理由を
「目標が高すぎるから」と断言しています。

人は、そもそも本能的に変化を嫌っているのに、
そこに、いきなり大きな目標を掲げて、
大きな変化を目指すと、脳が拒絶してしまうんですね。

だから、習慣にしたい行動のステップを
びっくりするくらい小さくした方が
うまくいくというのです。

例えば、毎日、腕立て100回という目標が
あったとします。

これって、簡単な目標ではないですよね。

仕事がすごく忙しいときとか、
飲み会があったときとかって、
サボってしまえ!!という誘惑が
強烈に働くと思います。

だから、こういう腕立て100回という大きな目標ではなく、
サボる方が難しい目標を掲げたほうがうまくいくんです。

「腕立てを1回する」

という感じで。

腕立て1回そのものは、
ものすごく些細な行動で、
これをやったからといって、
健康に大きな影響はないです。

たとえ、3ヶ月継続できたとしても、
大きな変化は得られないかもしれません。

でも、このアホみたいに小さな目標というのが、
人間を変化させる大きなポイントになるのです。

目標を掲げて、それを実行できなかったときの
最大のデメリットは、罪悪感が生まれて、
その人の自己肯定感が下がってしまうことにあります。

あー。またダメだった・・・
どうせ、おれは何か始めても続かないんだ・・・

こんな風に、自分への評価が下がってしまうんです。

でも、さぼる方が難しい目標なら(腕立て1回)
どんなに眠くても、
どんなに忙しくても、
やり忘れてベッドに入っていたとしても、

あ!やろうと思ったら、3秒で完了させることができます。

ベッドで寝てても、くるっとまわって、ピ!で終わりです。

だから、自己肯定感を
損ないません。

むしろ、続ければ続けるほど、
自己肯定感があがり、
やるきのホルモンも生み出すことができるんですね。

これだけではありません。

先日のフィードフォワードの記事にも紹介しましたが、
人は、やり始めることに、とても抵抗を感じます。

スタートするときが、1番エネルギーを必要とするんです。

逆に言うと、やり始めたことを継続することって
そんなに難しくないんです。

いざ、腕立て1回をスタートさせたら、
あとは、ボーナスタイムに突入です。

自分の好きなだけ、腕立てをすればいいんです。

目標を小さくすることで「やり始める」という1番大きな障害を
軽々超えてしまうことができるんです。

本当に忙しいときには、
腕立て1回すればOK。
自己肯定感アップ!

時間・体力のあるときは、
ボーナスタイムで30回でも、50回でも
やってしまえばいいんです。

読書を習慣にしたいなら、いきなり毎日1冊読むとか、
大きな目標を掲げずに、「毎日1行だけ読む」という
目標にすればいいんです。

1冊読むという目標にしていたら、
忙しくて時間が取れないときは、
今日は1冊読めないから、やめておこう。
となって、本を開かずに終わってしまいます。

何も読まないなら、1行だけでも読んだ方がいいです。
しかも、1行だけで終わることは、まれなはずです。

それを実行したあとに、
時間があって、もっと読みたければ、
読み続ければいいんです。

結局30分くらい読めるかもしれません。

続けるのが難しい高い目標よりも、
バカバカしいほど小さな目標の方が
実は有意義だということが、わかってもらえたでしょうか?

先生も、まずは、小さな目標を考えるということを
始めてみてください。

カレー臭の話

from飯野恵太
横浜オフィスより

先日、あるクライアントの元に
訪問したときの話です。

僕のパートナーに同行してもらい
二人で訪問するで、訪問前に
二人でココイチでカレーを食べたんです。

で、そのパートナーと
二人でカレーを食べてから訪問して
「カレー臭い」って言われたらどうする?!と
冗談ながら、話していたんです。

で、いざ、クライアントの元に訪問すると、
開口一番、カレーのニオイの話になったんですね。

クライアントは、院内のスタッフが
もちこんだ昼食のニオイだと思ったらしく、
「すいません、カレーのニオイがしますね。」
と謝られたのですが、その言葉に
僕らは顔を真っ赤にしながら
「このニオイの原因は僕らです」

二人で直前にカレーを食べると、
これほどまでにカレー臭がするんですね。

昼時の訪問だったので、
院内のスタッフの方にも、
「すごい美味しそうなニオイ」
「お腹が空いてきました」
「さては、ココイチですね?」
など、打ち合わせ中に終始いじられてました(笑)

打ち合わせが終わって帰るときに、
「打ち合わせの前に、カレーは食べちゃダメだって
痛感しました。」

なんて、いいながら帰ろうとしたんですけど、
そこにいた女性のスタッフの方に
こんな言葉をかけてもらったんです。

「二人のカレー臭がすごかったから、
これだけ、話がもりあがったし、
仲良くなれたんです。
まずった、なんて思っちゃだめですよ。」

と、、、

なんて素敵な方なんだ。

確かに、ある種、
「失敗」って、人との距離を
縮める効果がありますよね。

僕らがゴリゴリのカレー臭を漂わせて
訪問したので、スタッフの方に
終始いじってもらえましたし、
笑いが生まれました。

ちなみに、僕の過去のメルマガの中で
最も反響があった記事って、
トイレでペーパーがなくて、
閉じ込められていたって話です。

なんの役にも立たない、ただの失敗談です。

けれども、多くの方から
メッセージをもらえたんですよね。

ニュースレターやメルマガを
やっている先生は、何か「失敗」をしたら、
それを、最高のネタを仕入れたと思うべきなんです。

失敗は、人を引きつけるし、
人との距離を縮めてくれるんですね。

完璧な人間よりも、
どこか抜けてる人間の方が、
愛されますもんね。