飯野治療院集客事務所

月商15万円の廃業寸前の整体院が、6ヶ月間で月商129万円に。経営の「3つの仕組み」をつくり、安定を手に入れたい先生は他にいませんか?

  • HOME »
  • 月商15万円の廃業寸前の整体院が、6ヶ月間で月商129万円に。経営の「3つの仕組み」をつくり、安定を手に入れたい先生は他にいませんか?

「新規の集客も安定しないし、患者さんのリピート率も改善しなけ
ればいけない、、、」治療院経営全体に悩みを抱えている先生へ

月商15万円の廃業寸前の整体院が、

6ヶ月間で月商129万円に。

彼のように経営の「3つの仕組み」をつくり、


安定を手に入れたい先生は他にいませんか?

ただしお急ぎ下さい。


この「3つの仕組み」が特別価格で手に入るのは


2院さまだけです…

1

from飯野恵太
大宮オフィスより

もし先生が、
✔ 新規の患者さんの集客が年々減少していて、この先どうなるのか不安…
✔ 新しく患者さんが来たとしても、2回目以降来院してくれない
✔ 経営を「仕組み化」して安定させたい…
✔ 経営の「数字」を管理していないから、感覚で経営してしまっている…
✔ 何か手を打たないとこのままでは経営がまずい

このような悩みを抱えているなら、ほぼ間違いなく、この手紙は先生が今まで読んだものの中で、最も重要な手紙になるでしょう。

なぜなら、治療院の経営を安定化させ、集客・売上に関する全ての問題の解決策がこの手紙に書かれているからです。
冒頭の写真に僕と写っている深谷先生の話を紹介させてください。

持ってあと1年、、、よぎる「廃業」の二文字

深谷先生は、60歳で定年退職して整体師の学校に通い、整体院を開業しました。これまでの貯金と退職金
を使って開院。まる二年、1日12時間、一週間に6日間自分の院で働いていたにも関わらず、整体院の経
営からは利益を出すことが出来ていませんでした。貯金を切り崩す生活。なくなく埼玉から片道90分かけ
てチェーン店を出している整体院の銀座店に「アルバイト」に行っていたほど生活費にも困っていました。
しかも、そこでは、自分のしたい治療をすることはできませんでした。週7日働かなければ、立ちいかな
いほどの状況だったのです。

集客ができない。その悩みを解消するために、クーポンサイトの営業マンに言われるがままに、クーポン
サイトへの掲載を契約。しかし、コストばかりかかって集客できない。たまに、集客できたとしてもリピー
トがすぐに途切れてしまうので、利益が残らない。そんな崖っぷちの状態でした。悩みに付け込まれて高
額な顧客管理のシステムを買わされてしまうことまでありました。いざ使ってみたものの効果は全く出ず
に、リース料金だけ支払って、ほこりをかぶっている状態。

目新しいものがあったら、それを買い、試してはうまくいかず、通帳の残額は減っていく一方。不安で押
しつぶされそうな毎日を過ごしていました。夜には考え事をしてしまって眠れないので、テレビをつけた
まま寝ることもしばしばだったのです。開院して2年。「持ってあと1年だな」「廃業」の二文字がよぎ
るほど、追い込まれていました。

ある日を境に、経営が劇的に改善

しかし、ある日を境に、深谷先生の治療院は収益を生み出すようになります。患者さんを集めるための手
段が7つもあり、その7つの方法全てが毎月安定的に深谷先生の院に大量の新規の患者さんを集めてきて
くれたのです。新規で来てくれた患者さんの70%以上は、長期的にリピートしてくれ、利益をもたらすよ
うになったのです。当初、15万円に満たなかった売上は、その8倍以上、129万円になりました。

なぜ、このような成果が生み出されるようになったのでしょうか

その秘密、そしていかに売上をあげていったのか、そのプロセスをこのお手紙でご紹介します。ぜひ最後
まで御覧ください。秘密をご紹介する前に、深谷先生がそうであったように、多くの治療院オーナーは、
なぜ、思うように売上げを伸ばすことができず、またその売上を安定させることができずに、悩んでしまっ
ているのでしょうか?
そこには、95%以上の治療院オーナーが抱えている成果の出せない3つの理由があるのです。

治療院経営で成果が出せていない3つの理由

理由1:経営者としての仕事ができていない

治療院オーナーは、「経営者」でありながら、日常業務の大半は「治療家」としての仕事に追われていま
す。仕事をしている時間のほとんどは、患者さんへの施術、日々発生する事務作業や緊急事項への対応。
それらを処理するうちに気付いたら1日が終わってしまいます。しかし、先生が経営者として本当にやら
なければいけない仕事は、「売上を生み出す」ための仕事です。売上を生むために何をしなければいけな
いかを考えて、その売上を生むための計画を実行する必要があります。にも関わらず、日常業務をただ処
理するだけで1日が終わり、仕事を処理しているだけで「満足」すらしてしまうのです。
そして、経営者としての仕事ができていないために、

 

理由2:何が正しいかわからない

いざ、先生が経営のための仕事をするために、勉強しようとすると、インターネットには、れかえるほ
どの情報があります。SEOが大事、スマホサイトがトレンド、Facebook広告は反応がいい、看板はこう
やって作るべきだ、施術を変えるべきだ、顧客管理のシステムを導入した方がいい、、、情報ばかりたく
さんあって、何が本当に自分にとって正しいのかわからないのです。やるべきことがわからないこれが、
先生の経営の仕事をはじめようとする情熱にブレーキをかけます。「日常業務の処理」をする生活に押し
戻してしまうのです。
そして、正しいことが何かわからないからこそ、

 

理由3:利益を生み出す仕組みを作れていない

これが最大の原因です。

治療院経営において、安定して売上をあげるために、先生が必ず手にしなければいけないものがあります。
それが、「仕組み」です。仕組みがないから、毎月の新規の集客の人数にバラつきができます。売上のい
い月と悪い月の差も出ます。仕組みがないから、経営上のどこに問題があるのか原因がわかりません。原
因がわからないから、改善もできず、また「運任せ」の経営をすることになるのです。

どんなことをしたら、新規の患者さんを集めることができるのか。どんなことをすれば、患者さんのリピー
ト率をあげることができるのか。経営をコントロールするためには、人付き合いや勘に頼るのではなく、
これらを「仕組み」として運用する必要があるのです。

では、安定した収益をもたらしてくれる治療院経営の仕組みとい
うのは、具体的にどんな仕組みのことでしょうか?

この手紙の本題である、治療院経営で安定して収益をあげるための仕組みを具体的に紹介いたします。
深谷先生が導入して、収益を増大させ、毎月の売上を安定させた仕組みとは、次のページの図に示した
「ABCの仕組み」のことです。

深谷先生が導入した「安定した収益をもたらしてくれる」
治療院経営3つの仕組み

A:新規集客の仕組み
(0→1)
B:固定客化の仕組み
(1→10)
C:ファン維持の仕組み
(10→100)
①マスターコピーを作る
②マスターコピーを使って多くの媒体に
掲載する
・新聞折込
・ポスティング
・郵便局の置きチラシ
・スマホサイト③他者と連携する
・無料のチケットを作る
・近隣店舗にチケットを置いてもらう④紹介を広げる
・紹介キャンペーンを作り、患者さんに
誘導する⑤証拠を集める
他院の先生からの推薦をもらう
患者さんからの喜びの声を収集する
①ウェルカムシーケンスの設計
・断ることが難しいオファーを設計する
・通院の習慣化させる②問診トークスクリプトの作成
信頼関係、不調の原因の教育、来院回数
の教育を問診時に行う③3ステップラブレターの送付
・来院直後に、1通
・来院3週間以内に1通
・来院2ヶ月以内に1通
こだわりや、うんちくを伝えるレターを
送付する④ステップメールの送付
来院直後から、2週間通院の価値を教育
するステップメールを設計し送る。
①ステータスアッププログラム
・三段階のステータスをつくり、段階ご
とに特典を用意する②会員制の導入
・入会すると一回あたりの施術料が割安
になる会員制度を設計してそれを案内する③コミュニティの形成
常連の患者さんが参加したいと思うイベ
ント企画し、毎月実施する④メルマガの配信
患者さんのメールアドレスを必ず取得す
るようにして、日刊のメルマガを配信する⑤ニュースレターの配信
常連の患者さん向けに紙媒体のニュース
レターを作り毎月送付する
安定して集客するyjrs 来院を習慣化させるyjrs 常連患者を維持する

Attractcustomer(新規集客の仕組み)

新しい患者さんを安定的に集め、

Befixed(固定客化の仕組み)

集めた患者さんとの関係性を構築して、来院を習慣化してもらい、

Conservefuns(ファンを維持する仕組み)

習慣化した患者さんを先生のファンになってもらい長期通院してもらう。

この「ABCの仕組み」を運用し、この流れが適切に運用出来ているかを「数値管理」することで、深谷先

生は収益を生み出し続けることができました。

・新規集客の仕組み

・固定客化の仕組み

・ファンを維持する仕組み

これら3つの仕組みについて深谷先生の例に沿って具体的に紹介していきます。

深谷先生はどのようにして、この3つの仕組みを作り、売上を安
定させたのか?

A:新規集客の仕組み(Attractcustomer)

新規集客の仕組みとは、文字通り、新規患者さんを毎月安定的に獲得するための仕組みです。

深谷先生は、この新規集客の仕組みをつくることで、口コミ・紹介など、集客を「運」に任せるのではな

く、自分のコントロール下に置くことができるようになります。

具体的に深谷先生が行った3つのことを紹介します。

1、マスターコピーを作る
2、他者と連携する
3、メディアに取り上げてもらう

 

新規集客の仕組み作りSTEP1:マスターコピーを作る

新規集客の仕組みを作るために、深谷先生が最初に取り組んだのは、「マスターコピー」を作るというこ
とでした。「マスターコピー」とは、基本となる広告のことです。出しても赤字にならない広告
のことです。新規の患者さんを集客するのに適したメニューを設定して、患者さんの悩みが解決できることを示し
てあげられれば、赤字にならない広告を作ることは簡単です。これによってマスターコピーを手に入れた
深谷先生は、出せば出すほど利益になる広告を手に入れました

そして、ここでポイントになるのが、広告というのは複製が可能だということです。深谷先生も、チラシ
で反応が取れた広告文章をホームページに掲載しても、高い反応を取ることができました。「文章」を読
んで、「ここに行ってみたい」となる人間の行動心理は一緒だからです。

そのため、一度「赤字にならない」レベルの広告文を作ることで、深谷先生は、それを「拡張」すること
に成功しました。

チラシを新聞折込みする
チラシをポスティングする
チラシを手渡ししてみる
郵便局にチラシを置いてみる
スマホサイト同じ広告文章を載せる

出せる媒体が増える度に、その分、先生の集客の入り口は増えました。集客の入り口が増えたので、毎月
の新規患者の数が「安定」したのです。

この安定した集客の仕組みをつくるための「マスターコピー」の作り方は後ほど詳しく紹介します。

 

新規集客の仕組み作りSTEP2:ジョイントベンチャー(他者と連携)する

これは、とても大切な考え方です。何も新規の集客だからといって、広告費をかけて集める方法にこだわ

らなくても良いのです。深谷先生は、美容室や飲食店など近隣店舗に自分の院の割引チケットを配ってもらう
という方法を実践しました。他者の力を利用したのです。

そんなことしてくれるはずない!と思うかもしれませんが、実はほとんどの近隣店舗が喜んで協力してく

れました。深谷先生はわずか1時間の休憩時間に10店舗に訪問して、そのうち8つの店舗との提携に成功しました。
割引チケットが魅力的なものだったので、近隣店舗のオーナーにとっても、「お客さんに喜
んでもらえるギフトを手に入れることになったからです。

深谷先生はこの方法で、合計で20店舗の提携店舗を開拓しました。ある1軒の美容室からは、月に15∼20名の新規の患者さんを紹介してもらっています。
この方法だけで、毎月対応ができないくらいの新規
の患者さんを獲得することに成功したのです。

 

新規集客の仕組み作りSTEP3:メディアに取り上げてもらう

新規集客の効率を急速に上げる方法があります。それが、「雑誌に取り上げてもらう」という方法です。

webメディアや雑誌、新聞、ラジオ、テレビなどに先生の院のことを取り上げてもらうのです。一度メディ
アに取り上げてもらえば、その事実だけで多くのターゲットの注意と信頼を得ることができるようになり、
新規集客が大幅にしやすくなります。

深谷先生も、「でも、メディアに取り上げてもらうなんて、こっちから働きかけてできるものじゃないし、
そんなことできないのでは?」と思っていましたが、実は簡単にとりあげてもらうことができます。

「公共性」を切り口にして、自院で新しい取り組み、サービスを作り、それを記事にまとめて、各メディ
アに送ります。ネーミングを工夫したり、物語性のある切り口で紹介することができれば、かなりの割合
いで記事にしてもらうことができます。

そして、その取り上げてもらった事実をホームページや、チラシに掲載することで、先生の権威性を高め
ることができます。深谷先生もこの方法によって、他院との大きな差別化を図り、新規の集客の効果を大
幅に向上させることができました。

「これ以上いらない」と言えるほどの新規の患者さんを毎月のよ
うに獲得することができるようになりました。

1、マスターコピーを作る
2、他者と連携する
3、メディアに取り上げてもらう

これら3つの活動を戦略的に行うことで、深谷先生は安定した新規集客の仕組みを作り、「これ以上は対

応できない」と思うくらいの患者さんと毎月のように出会うことができるようになったのです。

B:固定客化の仕組み(Be fixed)

新規患者さんを集客することができたら、次はその患者さんを「固定化」させる必要があります。患者さ
んに一度だけきてもらったとしても、集客コストのほうが高く付き、利益を生み出すことは出来ないから
です。実は、深谷先生はこの「固定化」の部分が一番の課題になっていました。

固定化の仕組みを作らないことがいかに機会損失になるかということをご紹介します。こんなデータがあ
ります。

初回来院してから、3ヶ月以内にさらに2回来院がある患者さんと、それがない患者さんだと、それ以降、10回以
上来院してくれる可能性に7倍の差が出ます。

これはとてつもない数字です。ですから、初回来院してもらったら、何がなんでも「あと2回」来院して
もらう必要があるのです。その「あと2回」の来院を後押しするのが、患者さん固定化の仕組みです。深
谷先生が導入して成功した固定客化のための仕組みを3つ紹介します。

1、ウェルカムシーケンスの設計
2、問診トークスクリプトの作成
3、ステップレターの送付

 

固定化のための仕組み作りSTEP1:ウェルカムシーケンスの設定

ウェルカムシーケンスは、ウェルカム(歓迎する)シーケンス(仕組み)という意味で、初めて来た患者
さんを歓迎して固定客になってもらうための一連の流れのことを指します。

通常、たいていの治療院オーナーは、新規集客のために魅力的な特典を用意することはあっても、「リ
ピート」のための魅力的な特典を用意していることはほとんどありません。深谷先生も初回の割引だけで、
2回目以降の来院の際には、特典は用意していませんでした。

そこで、深谷先生は2回目の来院を促進するために、「いま予約を取れば、1回の料金で2回分の施術が
うけられる」という「断る方が難しい提案」を用意しました。これを設定するだけで、今まで30%に満
たなかった3回目までの来院率を90%にまで大幅に向上させることができたのです。

 

固定化のための仕組みづくりSTEP2:問診トークスクリプトの作成

来てくれた患者さんがリピートしてくれるかどうかは、実は、「問診時」に決まっています。この時に、
やるべきことは3つです。

「患者さんと信頼関係を築く」
「身体の痛みの原因を理解させる」
「通院頻度・回数を教育する」

この3つのことを問診時に実施することができれば、患者さんが2回目以降リピートして、固定客になる
可能性は大きく上昇します。

深谷先生は、この3つのポイントを全て実行するためのトークスクリプトを学び、これを実行しました。
正直に言うと深谷先生は、かなり口下手な方ですが、このトークスクリプト通りに問診をしただけで、次
の予約が取れるようになったのです。

固定化のための仕組みづくりSTEP3:ステップレターの送付

一度来院してくれた患者さんには、その来院直後から「連絡を取り続ける」必要があります。なぜなら、
人間は忘れる生き物だからです。先生にいい治療をしてもらったこと、治療を続ける重要性、なんで治療
をしなければいけないのか?これらを来院時にいくら、教育しても人は3日で聞いたことのほとんどを忘
れます。3週間後には、言われても思い出すことさえできず、3ヶ月後には聞いたことさえ覚えていません。
脳の構造が忘れるようにできているのです。

だから、忘れられないように、次にちゃんと来院してもらうために、連絡を取り続ける必要があるので
す。深谷先生も、来ていただいた患者さんへ「3STEPラブレター」を送ることで、次の来院率を飛躍的に
向上させました。3日、3週間、3ヶ月。人が物事を忘れてしまう「3」のタイミングでラブレターを送
るのです。ただの手紙、サンキューレターではありません。「情熱」「こだわり」「患者さんへの想い」
を伝えます。患者さんの感情を動かし、次の来院の確率を送らない場合に比べて、圧倒的に高めることが
できるのです。

そして、手紙での接触も行うと同時に、深谷先生は「ステップメール」の配信もしました。
メールであれば、誰に何件送ろうが、コストが一切掛からないからです。手紙よりも高頻度で患者さんと
接触することができるからです。ステップメールを使って、次の来院の重要性や、いまの状態を放置してお
くことの危険性を教育することができたので、2回目、3回目の来院をしてもらい患者さんの通院の習慣
をつくることができました。

最低6回通院してくれることが当たり前に

1、ウェルカムシーケンスの設計
2、問診トークスクリプトの作成
3、ステップレターの送付

深谷先生は、これらの対策を実施して、継続的に運用することで、「次の予約が取れない」「患者さんが
定着してくれない」という大きな悩みを解決することに成功しました。いまでは、来た患者さんが短期間
に、最低でも6回続けて来院してくれることが当たり前になりました。

C:ファンを維持する仕組み(Conservefuns)

習慣化した患者さんを先生のファンになってもらい長期通院してもらう。実は、この「ファン/常連患者さ
ん」こそが、先生の院に利益をもたらす存在です。

無視のできないデータがあります。それは、上位30%の患者さんによって、院の売上の75%が構成さ
れているということです。深谷先生の院でもこの売上比は例外ではありませんでした。限られた患者さん
が院の売上のほとんどを支えていたのです。

売上比を見てもらえばわかりますが、ファンの患者さんを1人失うということは、そうでない患者さんを
7人以上失うよりも、経営にとってダメージが大きいのです。

それにも関わらず、深谷先生は、ファン/常連の患者さんをその他大勢の患者さんと同じように扱ってしま
うという過ちを犯していました。むしろ、常連の患者さんには何もしないのに、新規の患者さんばかり割
引したりと優遇していたのです。このままだと、常連患者さんの不満を生み、離脱を招いてしまう危険性
がありました。

利益をもたらしてくれるファン/常連さんは何もしなくても、通ってくれるというスタンスではいけないの
です。ファンの患者さんを維持する努力が必要です。深谷先生は、ファンを維持するための仕組みも導入
して、さらに成果をあげたのです。実行した仕組みはこの3つでした。

1、ステータスアッププログラム
2、コミュニティの形成
3、メルマガ・ニュースレターの配信

 

ファンを維持する仕組みSTEP1:ステータスアッププログラム

深谷先生は、常連の患者さんを維持するために、「えこひいき」を始めました。全ての患者さんを平等に
扱うというのは、間違った経営の仕方なのです。なぜなら、そのままでいると、多くの利益をもたらして
くる常連の患者さんからの不満が発生してしまうからです。

その不満の発生を防ぎ、喜んで通い続けてもらう「えこひいき」を仕組み化する方法として、深谷先生は
ステータスアッププログラムを導入しました。

患者さんが来院した回数に応じて、特典を用意するというシンプルなステータスアッププログラムです。


【深谷先生が導入したステータスアッププログラム】
ステータス シルバーメンバー ゴールドメンバー プラチナメンバー
来店回数 1~3回 4~9回 10回以上
特典 ・マッサージマシンが無料 ・常に500円引き
・マッサージマシンが無料
・常に1,000円引き
・マッサージマシンが無料
・健康グッズをプレゼント
・お友達をプラチナメンバーに招待できる

このようにステータス別に、特典を用意し、長期間通い付けてくれている常連患者さんに「特別扱いされ
ている」という事実をわかりやすく伝えました。特別扱いされていることがわかった常連の患者さんは、
こぞって、お友達にほぐれ∼る豊春院のことを紹介したのです。自分が、優遇されていることを自慢した
かったからです。

 

ファンを維持する仕組みSTEP2:コミュニティの形成

メールや電話にはじまり、FacebookやLINEなどのSNSがこれほどまでに発達しているのは、人間は誰か
とつながっていたいという、とてつもなく強い欲求があるからです。人はどこかに属し、常に誰かとの関
係性を保っていたいという欲求を持っています。そして、深谷先生は「コミュニティ」を作ってあげるこ
とで、患者さんたちのそのような欲求を満たしてあげました。

コミュニティといっても、やることは簡単で常連患者さんだけの招待制のイベントを開いただけです。猫
背改善エクササイズを一緒に受講するという企画だったり、健康的な食事の作り方を一緒に勉強するイベ
ントです。

毎月、常連患者さんだけの招待制のイベントを開いてあげたので、イベントの参加者同士に絆がうまれま
す。コミュニティとのつながりを維持したいがために、常連患者さんはメンテナンスでの通院を途中でや
めたりすることが激減しました。

 

ファンを維持する仕組みSTEP3:ニュースレター・メルマガ

先生は「ザイオンス効果」をご存知でしょうか?人は、接触の頻度が多ければ多いほど、その人に対して
好意を持つようになるという行動心理の法則です。常連の患者さんとの関係性を維持するためにも、より
多くの接触を図る必要があります。深谷先生が、患者さんとの関係を保つために始めたのが、「ニュース
レター」です。定期的にニュースレターを発行することで、患者さんとの関係性を維持し続けることがで
きます。

全ての患者さんにニュースレターを送るのは手間になりますが、これを限られた常連の患者さんにだけ送
るのであれば、ほとんど手間もコストもかかりません。しかも、「常連患者さんにだけ」送ることが「特
別扱い」にもなるので、喜んでもらうことができます。患者さんに会わないときでも、「えこひいき」す
ることができるのです。

加えて、深谷先生は、月に1回のニュースレターだけでなく、「毎日接触する」ことも欠かしませんでし
た。メルマガを使って毎日連絡を取るようにしたのです。メルマガであれば、発送のための手間や発送に
かかるコストが全くかからないので、1つの記事を作ってしまえば、全ての患者さんに送ることができま
す。深谷先生は、コスト0円で、全ての患者さんと接触をし続けることで、患者さんとの信頼関係を強固
なものにすることで、常連患者さんの離脱を最小限におさえることに成功したのです。

「仕組みを作る前とは比べ物にならない安定感を手に入れること
ができました」

売上が15万円しかなく、廃業寸前だった深谷先生の治療院が129万円の売上を出せるようになったス
トーリーとその仕組みを紹介させていただきました。これらの仕組みを作ることで、深谷先生はそれまで
には想像もできないほどの売上と心の安定感を手に入れることができました。手紙をご覧の先生も、ここ
にある内容全てとは言いませんが、1つでも実践していただければ、先生の治療院に必ず利益をもたらす
でしょう。そして、全ての仕組みを整えた時には、先生が想像もつかない利益を安定した経営状況を手に
入れることができるはずです。

でも、この仕組みで成果が出ることがわかっても、この仕組みの
作り方がわからないし、そんな時間もない

しかし、冒頭でも紹介したように、先生は「経営者としての仕事の時間が取れない」という問題を抱えて
いることも知っています。これら全ての仕組みに必要なツールを作成し、それを実行していくとなると、
想像もできないくらい膨大な時間がかかってしまうかもしれません。そんな先生の問題を解決して、ひと
りでも多くの先生に安定的な売上をもたらす仕組みを手に入れて欲しい!そんな思いから開発した、仕組
みづくりのための代行サービスがあります。深谷先生が利用して、成功を収めたサービスでもあります。

治療院経営を安定させる3つの仕組みづくり6ヶ月密着完全代行パッケージ

これは、この手紙で紹介し、深谷先生が廃業寸前から繁盛院になるまでに劇的な変化を遂げた売上を安定
させるための3つの仕組みづくりを、先生に代わって完全に運用できるよう構築するというプログラムで
す。仕組みを運用するために、必要なツール(チラシ、スマホサイト、ニュースレター、メルマガ、3STEP
ラブレター、問診のトークスクリプト、他多数)を全て作成し、それを先生が使いこなせるようになるた
めの研修を、6ヶ月間かけておこなうというものです。運用するうえで出てきた問題、また、その他経営
上の課題の解決も一緒になっておこないます。

このサービスは知識を伝えるだけのコンサルティングサービスではありません。必要な仕組みを全て代わりに作り上げ、先生に素早く成果を出し続けてもらうことが目的
です。先生の経営を助け、売上を安定させ、安心感を得てもらうことが目的です。安定して収益のあげる仕組みを全て構築して運用してもらえるようにします。

治療院経営を安定させる3つの仕組みづくり6ヶ月密着完全代行パッケージのカリキュラム

これは6ヶ月に及ぶ完全代行のパッケージです。月1回以上の定期訪問をしながら、先生の院にベストな
形で3つの仕組みを作り上げていきます。

 

1ヶ月目:固定客化のための仕組み作り

一番はじめに取り組むのは、ABCの「A:新規集客の仕組みづくり」ではなく、「B:固定化のための仕
組みづくり」です。なぜかというと、この仕組みを持っていない状態で、いくら新規の患者さんを集めて
も、その後のリピートにつながらないからです。なので、最初に取り組むのは、「固定客化の仕組み」になっています。

この1ヶ月目には、

・問診票の改善
・「必ずリピートさせる問診トーク」の研修・実践練習
・ウェルカムシーケンスの設計(リピート率を上げるためのオファーづくり)
・3STEPラブレターの作成
・来院を習慣化させるステップメールの設計
・メルマガの配信
・ニュースレターの配信

この1ヶ月目で特に重要になるのが、「リピートに繋がる問診のトークスクリプト」をマスターするとい
うことです。トークスクリプトで重要になるのが、1「関係性を構築」2「痛みの原因を教育」3「通院
回数を教育」
するということです。これらが、問診の段階で全て行えるようなトークスクリプトの研修を
して、それが自然に展開できるように研修とロールプレイングによる実践をしていきます。

その他に必要な、

問診票の作成、ウェルカムシーケンスの設計、3LoveLetterの作成、ステップメールの設計、メルマガ記事の作成(180通)、ニュースレター(6通)の作成は先生と相談しながら、
全て私が行います。
先生今までのように、日常業務をしていただければ、固定化させるためのツールを全て手に入れることができるのです。

この第一ヶ月目の固定化の仕組みを作るだけで、先生はすぐに売上があがっていくことを体感してもらえると思います。

 

2ヶ月目:失客患者のフォローアップの仕組みづくり

2ヶ月目に行うのは、休眠患者のフォローアップの仕組み作りです。どんなに優れたリピートの仕組みを
作ったとしても、必ず一定数の失客は発生してしまいます。そして、この失客を取り戻すのは、新規で患
者さんを集客する場合に比べて5∼8倍簡単にできます。この失客の対策をするかしないかによって、院
の利益率に大きな差が生まれます。

・100名に送って43名失客を取り戻した休眠患者向け3STEPDM
・60%の休眠患者を取り戻す、休眠向け電話トークスクリプト

これら、ハガキ、電話2つの方法での失客の対策を仕組み化していきます。

3STEPDMのデザインは私が作成するので、先生はそれを印刷して発送するだけでOKです。休眠を呼び戻
すための電話の掛け方、トークスクリプトも用意します。問診時のトークスクリプト同様、これもロール
プレイングによる練習をしていただいたのちに、実際に電話をかけてもらいます。

これを3ヶ月間、来院のない患者さんへのフォローアップの施策として、仕組み化してもらうことで、
ままで何もせずに機会損失していた休眠患者という資産を最大限活用することができるようになります。

 

3ヶ月目:経営の数値化・管理方法の研修

治療院経営に限らず、ビジネスを仕組み化する際に、絶対に怠ってはいけないのが、「数値管理」です。
経営の状態を数値化せずに、「勘」だけで運用してしまったら、それは仕組みとは言えないからです。

■数値化し管理する項目
・顧客生涯価値(LTV)
・顧客獲得コスト(CPA)
・集客人数
・2回目のリピート率
・5回目のリピート率
・平均顧客単価
・平均来院回数

少なくとも、これだけの数値の管理が必要になります。色んな数字を管理をしなくてはいけないようで大
変ですが、実は、1枚のシートに必要な情報を入力していただければ、全ての情報が自動計算できるよう
になっています。これを活用していただき、数値を管理していきます。

新規集客の仕組みがうまく機能しているか?
固定化の仕組みがうまく機能しているか?
ファン維持の仕組みがうまく機能しているか?

これら3つの仕組み運用状況の確認は、1枚のシートの数字をチェックするだけで、簡単に管理すること
ができるようになります。この数値を簡単に管理するためのシート、そして、どの数値を管理するべきか
の研修を実施します。

 

4ヶ月目:新規集客の仕組みづくり1:マスターコピーの作成

ここから、新規集客の仕組み作りをしていきます。まずはじめに、安定した新規集客の仕組みづくりに絶
対に欠かせない、「マスターコピー」を作成します。赤字にならない広告を作ることで、先生はいくらで
も広告を出すことができるようになります。広告を出せば出すほど、新しい患者さんを集めることができ
るようになります。

マスターコピー作成時に、もっとも大事になるのが、徹底的にリサーチをして、ターゲットを見つけると
いうことです。先生の院を、もっとも必要としている人はどんな人なのか?先生の院の商圏の中で、先生
の院のことを最も必要としているのは、どんな人なのか?それを明確にしていきます。どんな悩みを持っ
ているのか?いくつぐらいの人なのか?家族構成はどうなのか?どんな趣味を持っているのか?性別は?
どんなお仕事をしているのか?

それらを徹底的に調べあげて、最適なターゲットを見つけ出し、その人を集めるためのマスターコピーを
私が作ります。

 

5ヶ月目:新規集客の仕組みづくり2:

新規集客の入り口は、多ければ多いほど安定します。マスターコピーによる自力での集客以外に、他者の
力を使うことで、より効率的に集客することができます。

ここでは

・近隣店舗との連携
・患者の声の収集
・PRマーケティングの実施

これらの活動を行うことで、新規集客の入り口を増やすとともに、マスターコピーの効果を最大化して、
新規集客の活動を促進します。

近隣店舗との連携に必要な、割引チケットの作成、提携用のトークスクリプトは私がデザインまで全て作
成するので、それをもとに、提携店舗を開拓していきます。いきなり店舗との連携をすると行っても、最
初はやり方がわからないと思うので、最初5店舗との提携が結ばれるまでは、私が同行します。見本もお
見せします。

そして、患者さんの声のインタビュー用のシートを用意して、効率的に患者さんの声を収集するための方
法をお伝えするので、それを元に大量の顧客の声を集めていただきます。患者の声は質も大事ですが、数
はもっと大事だからです。

また、PRマーケティングを行うための、メディア配信用の記事の作成、各メディアへの配信作業も代行し
ます。そして、メディアに掲載された実績をもとに、マスターコピーの内容を強化します。

 

6ヶ月目:ファンを維持するための仕組み作り

新規集客、固定化の仕組み、失客の対策、ここまでできたら、あとはファンを維持する仕組みをつくるだ
けで、先生の院の経営はとても安定したものになります。

まずはじめに、ステータスアッププログラムを設計します。ランクをいくつ作って、ランクごとにどんな
特典を設定するのかを先生と相談しながら決めていきます。

ステータスアッププログラムの設計ができたら、そのプログラムを元に、ステータスごとのメンバーカー
ドのデザインを私が作成します。先生は、それをステータスのルールを元に渡していただくだけで、ステー
タスアッププログラムを導入していただくことができます。

先生の院を中心としたコミュニティを形成するために、常連の患者さんが楽しみながら、参加してくれる
ような、イベントの企画をいたします。

また、ニュースレターやメルマガの配信を先生が負担なく簡単に続けられるように、ニュースレター/メル
マガの書き方研修を実施いたします。

これらの「ステータスアップのプログラム」「コミュニティの形成」「ニュースレター/メルマガ」を導入
することで、先生の売上の大半をもたらしてくれる優良な患者さんを維持し、利益を出し続けられます。

成果が上がり続ける「仕組み」を作ることが目的です。

治療院経営を安定させる3つの仕組みづくり6ヶ月密着完全代行パッケージでは、何か知識をつけてもらったり、アイディアを提供することが目的でありません。
成果が上がり続ける仕組みを先生の院で構築してもらい、実際に成果をあげていただくことが目的です。

✔ 何をやればいいかわからない。
✔ 売上をあがるための行動を起こす時間がない
✔ 新しいことに取り組もうとすると腰が重くなる

こういった悩みを全て解決して、売上のあがる仕組みを作って頂くことが目的です。

なぜ、この6ヶ月間密着代行パッケージを先生に提案しようと思ったのか?

 

理由1:本当に助けたいから

集客をしたい、治療院の経営を改善したいという思いを持っている先生はたくさんいます。しかし、世に
溢れる
、集客のための知識を提供する治療院集客系の商材は根本的な部分が間違っていると思ったからです。
先生たちが成果が出せないのは、知識がないからではなく、行動ができていないからなのです。そし
て、行動するための時間が取れていないということは、知識があるだけでは、何も解決策にならないとい
うことです。経営で困っている先生を100%助けるためには、仕組みづくりそのものを代行する必要が
あると思ったのです。この3つの仕組みづくり完全代行パッケージプログラムこそが、先生の悩みを解決
する方法だと思いました。

 

理由2:やりがいが全く違うから

これは、すごく個人的な理由です。一部のプロセスを代行したり、ツールを提供する場合に比べて、この
プログラムを通じて得られるやりがいが全く違ったからです。なぜかというと、先生に成果を出してもら
うスピードも、売上の額も全く違うからです。そして、それが永続するからです。「治療院」そのものをあ
きらめていた先生が成果を出して、繁盛院になられたときの、感動はひとしおです。

理由3:僕にしかできないから

そして、これが最大の理由です。それはこのプログラムのような、全ての仕組みを設計して、ツールも全て作成して、
先生と二人三脚で成果を出し続ける治療院をつくる解決策を提供できるのは、僕しかいない
からです。
グループコーチングで知識を提供し、宿題を出して、できなければ叱るというサービスはありま
すし、個別コンサルティングでやるべきことを伝えるというサービスはあります。しかし、仕組みを構築
して、必要な全てのツールを作るというサービスを提供することができるのは、僕しかいないと考えてい
るからです。

3つの仕組みづくり代行パッケージを利用すれば、こんなツールをすぐに手に入れることができます。

 

ツール1:マスターコピーで作られたスマホサイト(200,000円相当)

ツール1

新規の集客ができるという効果実証済みの広告文をもとに作成されたスマ
ホサイトがついてきます。普通に作成しようとしたら、スマホサイトのの制
作費用だけで20∼30万円、さらにはそこに、集客することのできる広告文
を作るために、優秀なライターに少なくない費用を支払わなければ手にれる
ことができません。

 

ツール2:業界平均の7倍反応が取れるマスターコピーで作られたチラシ
(100,000円相当)

ツール2

「注意をひきつける見出し」「ターゲットの課題への共感」「悩みの原因の解説」「原因の解決策の提示」
これら、集客するために必要な心理の流れを全て盛り込んだチラシを作成します。このチラシ1枚あれば、
新聞の折込、ポスティング、郵便局での配布、、、など一気に新規集客の入り口を増やすことができます。

 

 

 

ツール3:先生の院のことを取り上げた多数のwebメディア・雑誌
(180,000円)

ツール3

プレスリリースマーケティングによっ
て、多数のwebメディアや雑誌にプレ
スリリースを配信するので、必ず
複数
のメディアに先生の治療をとりあげてもらうことができます。

 

 

ツール4:店舗提携用のチケット&店舗開拓用のトークスクリプト
(54,000円相当)

ツール4

深谷先生が、1つの美容室から毎月の新規
の患者さんを獲得している方法「近隣店舗
との提携」の際に必要になるトークスクリプ
トと店舗にお渡しす割引チケットを手に入れ
ることができます。

 

 

ツール5:リピートにつながる問診のトークスクリプト(非売品)

ツール5

患者さんのリピート率をあげるために問診で「信頼関
係の構築」「身体の不調の原因の教育」「通院回数の
教育」これらの流れを全てスムーズに行うためのトーク
スクリプトを手に入れ、それを自在に話せるようになり
ます。

 

 

 

ツール6:「絆」を作るメルマガ(180通分)(360,000円相当)

ツール6

患者さんに毎日楽しみにしてもらい、関係を強力に構築・維
持するための日刊のメルマガを180通分提供します。

 

 

 

 

ツール7:「絆」を作るニュースレター(6ヶ月分)(24,000円相当)

Senior African American couple reading

常連患者さんの毎月の楽しみになり、「絆」を深めるニュースレターを6ヶ月分提供します。

 

 

 

 

 

ツール8:オリジナル3STEPラブレター(108,000円相当)

ツール8

初回来院した患者さんに対して、3日以内、3週間以内、
3ヶ月以内に送る戦略的なラブレターを作ります。これ
を使っていただくだけで、患者さんのリピート率が大幅
に上昇します。
休眠している患者さんを呼び戻すために開発されたツール
ることのできたツールになります。これを使って
もらえば、休眠している患者さんの復活を仕組み化
することができます。

 

ツール9:休眠患者3STEPDM(54,000円相当)

ツール9

休眠している患者さんを呼び戻すために開発されたツール
です。最高で100名に送って43名も来院させ
ることのできたツールになります。これを使って
もらえば、休眠している患者さんの復活を仕組み化
することができます。

 

 

 

その他にも、、、これらの
・休眠患者掘り起こし用のトークスクリプト(非売品)
・患者の声収集用のインタビューフォーマット(非売品)
・ステータスアッププログラム用メンバーカード(54,000円相当)
・ステップメールの設定(108,000円相当)
・数値管理のシート一式(非売品)

ツール一覧

商品 販売価格 今回のみの特別価格
 スマホサイト  216,000円  無料
 業界平均7倍の反応の取れるチラシ  108,000円  無料
 院のことを取り上げた多数のwebメディア・雑誌  194,400円  無料
 店舗提携用のチケット&店舗開拓用のトークスクリプト  54,000円  無料
 問診票  非売品  無料
 リピートにつながる問診のトークスクリプト  非売品  無料
 「絆」を作るメルマガ(180通分)  360,000円  無料
 「絆」を作るニュースレター(6ヶ月分)  24,000円  無料
 オリジナル3STEPラブレター  108,000円  無料
 休眠患者3STEPDM  54,000円  無料
 休眠患者掘り起こし用のトークスクリプト  非売品  無料
 患者の声収集用のインタビューフォーマット  非売品  無料
 ステータスアッププログラム用メンバーカード  54,000円  無料
 ステップメールの設定  108,000円  無料
 数値管理のシート一式  非売品  無料
 合計  1,280,400円yjrs  無料

 

これらの合計128万円相当のツールを手に入れることができます。しかし、この完全代行パッケージを
通して先生が手に入れられるのは「ツール」そのものではありません。先生が手に入れられるのは、
それ
を活用し、売上を生み出す「仕組み」です。「仕組み」とそれを運用することで得られる自由な時間と安定した収益です。

安定して患者さんを獲得し、それを利益につなげる仕組みを手に入れることは、先生にとってどれくらいの価値がありますか?

ABCの仕組みを全て構築して、運用することができるようになることは、先生にとってどれくらいの価値
があるでしょうか?経営のための3つの仕組みを作ることに成功した深谷先生はこんな状態を手に入れま
した。

月商15万円で廃業を考えていた整体院で、平均月商129万円の売上を生めるようにな
り、経営、生活する上での不安がすべてなくなり、毎日が楽しくてたまらなくなった。

ほぐれ∼る豊春院 深谷邦男先生

この6ヶ月間密着治療院経営を安定化させる3つの仕組みづくり完全代行パッケージを利用していただけ
れば、「新規集客」「固定客化」「ファンの維持」これらABCの3つの仕組みをすべて手に入れることが
できます。集客の心配や、売上の心配はなくなります。なくなるどころか、この仕組みを使用すれば誰が
やっても安定して売上をあげることができるので、人を増やすこともできます。先生が現場から離れて、
経営のための時間を作ることも可能になります。

これらの仕組みは先生にとってどれくらいの価値がありますか?この仕組みを手に入れるのにいくらの投
資をしてもいいと考えていますか?

深谷先生は、3つの仕組みをつくり、それを運用することで、月に平均15万円だった売上が平均129万円にまで増えました。
年間の売上にすると、180万円から1,548万円になったのです。その差は1,300
万円以上になります。
これから、この3つの仕組みを2年、3年と続けていけば、この差額はさらに増えていくことになるでしょう。

もちろん、この深谷先生の例は成功した例です。誰でも100%、絶対に同じような結果が出せるなんて
ことは約束はできません。しかし、よくあるコンサルや情報の教材と決定的に違うのは、実行を丸投げしないことです。

どんなに正しい情報でもそれを実行する時間がなければ結果は出ません。しかし、この仕組みづくり完全

代行パッケージの場合、3つの仕組みの設計から必要なツールの作成は全て私が行います。
そのため、先生がただ情報を手に入れるだけの場合に比べて、深谷先生のように成功する確率は極めて高くなるでしょう。

そう考えると、例え100万円でもこの完全代行パッケージを利用してくれる人はいるでしょう。なにせ、
提供するツールだけでも128万円以上の価値があります。さらに3つの仕組みの設計や実施するための
研修を加えたらそれ以上の価値があります。実際、深谷先生は、売上がなかったにも関わらず決断してい
ただき、この3つの仕組みを作るために、月15万円、6ヶ月間の契約で90万円の投資をしていただきました。

半年間人を雇うと考えたら90万円でも破格ですが、あなたは「6ヶ月密着治療院経営を安定させる3つ
の仕組みづくり完全代行パッケージ」をたったの60万円(税抜)で手に入れることができます。断言して
もいいですが、これは文字通り「ありえない価格」です。私も仕事柄、治療院を対象とした教材やグルー
プコンサルティングを研究していますが、知識の提供だけでなく、ツールの作成や仕組みづくりの代行ま
で全て行って、6ヶ月間密着で60万円で実施してくれるサービスなんてどこにもありません。

もし、先生がこの価格を「高い」と思うなら、治療院の経営を安定させる3つの仕組みを手に入れること
はあきらめた方がいいでしょう。こんな価格で3つの仕組み全てを手に入れて、それを運用することがで
きるなんてことは二度とないからです。私はこの仕組みづくりの代行パッケージを通して、できるだけ多
くの治療院オーナー様の経営の苦しみから助けたい!と思い、できるだけ手にしてもらいやすいようにこ
の価格を設定しました。ですが、ちょっと待って下さい、、、

もし、先生が6回の面談の場所を「横浜」にしてくれるなら、

さらに20万円割引した

60万円(税抜)→40万円(税抜)

で購入していただくことができます。人をたった一ヶ月雇うよりも、割安な価格で仕組みをつくることが
できるのです。実は、今月で弊社タッチコードが大宮から横浜に事務所を移転しました。とてもオシャレ
な場所で僕も気に入っているので、このオフィスを離れたくないのです(笑)先生が全6回の面談に横浜
にお越しいただけるなら、20万円も割引した40万円でご提供します。いかがでしょう?とても魅力的
なオファーだと思いませんか?月額にしてわずか7万円弱で僕を雇い、経営を仕組み化することができる
のです。

さらに、この完全代行パッケージには、全額返金保証がついています。

半年間かかっても、僕が仕組みを作れなかったり、仕組みを作ったとしても、売上額が投資額以上、つま
り40万円以上増えなければ、投資いただいた額の全額を返金いたします。ですので、先生のリスクは0
です。先生が40万円を出費するのは、売上が40万円以上増えた時だけだからです。

「返金保証がついていても、6ヶ月もやってもらったら言いづらい。」という懸念も気にしないでください。
このプログラムを利用してもらう場合、先生の売上状況は共有してもらいますので、条件を達成して
ない場合は私もわかります。つまり私から返金を申し出るということです。ですので、先生にはリスクも
ありませんし、返金を伝えられないという不安も取り払いました。

あとは、決断していただくだけです。

しかし、注意してください。こんな人のお手伝いはできません…

✔ やったこともないことを否定する人、「やりたい」「やりたくない」で判断する人

自分がやったことのないことを、理屈であーだこーだ否定する人は、手伝っても絶対に成果をあげてもら
うことができません。お互いに時間の無駄になるので、お断りしています。加えて、取り組む施策をやる
べきことかどうかではなく、自分の好みで「やりたい」「やりたくない」を判断する人も成果の出るスピー
ドが遅くなるのでお断りしています。

✔ Excelの操作、印刷作業ができず、かつ、それを克服する気のない人

この仕組みを運用するには、最低限、数値管理するためにオフィスソフトのExcelに数字を入力して保存す
るスキルと、印刷物を印刷するスキルが必要になります。このスキルがなくても努力して覚えようという
人なら問題ありませんが、その努力する気すらない人は、仕組みを運用していただくことができないので、
参加をお断りしています。

お手伝いできる院には限りがあります。お急ぎください。

このプログラムは、ご紹介したように、6ヶ月間、先生と一緒に、全ての仕組みを構築するプログラムです。
そのため、3月中にお申し込みいただける先生は
2院さまに限定させていただきます。お申し込み期
限は3月26日(土)までです。これ以上増やしてしまうと仕組みを構築するスピード、提供するツール
の質が落ちてしまうため、これが限界ですので、ご了承いただければと思います。

6ヶ月間密着:売上を安定させるABC仕組み構築プログラム参加にご興味がある先生は、まずは、無料の
個別相談(横浜オフィスで実施)にお申し込みください。プログラムの詳細や、疑問点、不安な点につい
て、お答えさせていただきます。納得してから、ご利用ください。

申し込みフォーム(コンサル)

PS

40万円での提供は、確実に今だけのオファーです。この後は、3倍以上の価格にあげても十分価値のある
プログラムだと考えているので、段階的に値上げをしていく予定です。ぜひ、後悔しない決断をしてください。

PPS

無料の個別相談にお申し込みいただけるのは、3月26日(土)2院様までです。個別面談は弊社の新しい横浜オフィスで行います。
みなとみらい線馬車道駅から徒歩3分のキレイな場所です。

TEL 090-8507-5692 受付時間 9:00 - 18:00 (土・日・祝日除く)

プロフィール

プロフィール

1986年 群馬県高崎市生まれ
株式会社タッチコード 代表取締役
飯野治療院集客事務所 代表
治療院集客コンサルタント
マーケティングコンサルタント

学生時代に立ち上げた営業代行事業の失敗、そしてマーケティングの権威ダン・ケネディとの出会いによって、ビジネスにおける「顧客との絆」の重要性に気付く。顧客との絆づくりに着眼して開発された集客ツールは数々の成果をあげている。

コンサルタント実績

・休眠患者向けDMを活用して100名にハガキを送っただけで43名の患者さんの集客、326,000円の売上創出に成功(みやしょう接骨院 宮庄先生)

・「JVカード」施策によって、毎月一切のコストをかけずに平均18名の安定集客に成功(ほぐれ~る豊春院 深谷先生)

・チラシ集客代行によって、今まで3名しか集客できていなかったエリアで21名の集客に成功(霞ヶ関たいよう整骨院 冨田先生)

・休眠患者向けDMを活用して100名にハガキを送り25名の集客に成功(共栄接骨院 辻川先生)

など他多数の実績

メディア掲載実績

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-05-11-23-38

ダイレクト出版株式会社様のResponse Podcastに2週連続で出演しました。コスト0で集客できるJVカードについて紹介しています。

メディア掲載実績

ダイレクト出版の発行する「NOBSマーケティングニュースレター」の成功事例として3月号、7月号に対談記事、集客ツールが掲載。

アーカイブ

PAGETOP
Copyright © 株式会社タッチコード All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.