飯野治療院集客事務所

株式会社タッチコード

なぜ、カナダの代表選手は1月生まれが多いのか?

from飯野恵太
横浜の自宅より
 
 
 
 
平昌五輪が真っ只中ですね。
 
 
 
 
ちなみに先生は
カナダのアイスホッケーの
代表選手の特徴を
知っていますか?
 
 
 
 
代表選手のプロフィールを
みているとある顕著な
傾向があるらしんです。
 
 
 
 
それは、何かというと
ほとんどの選手が
1〜3月生まれということ。
 
 
 
 
カナダって日本と違って
1月が学年のスタートなので
1月生まれって
日本で言う4月生まれの
イメージです。
 
 
 
 
で、アイスホッケーの代表選手を
みていると、1〜3月生まれが
集中していて、そこから
だんだん減っていて
12月生まれはほとんど
いないらしいのです。
 
 
 
 
なぜでしょう?
 
 
 
 
中学、高校になったら
数ヶ月での体格の
違いなんて大した
ことないですけど
幼稚園とか、小学生の時の
数ヶ月って、かなり
大きな差になりますよね。
 
 
 
 
僕の息子は、いま1歳8ヶ月なんですけど
この歳の1ヶ月、2ヶ月というのは
とてつもない差に感じます。
 
 
 
 
同じ小学1年生でも
1月生まれと12月生まれでは
ほぼ1年間開きがありますから
身体能力が全然違うわけです。
 
 
 
 
そして、1月うまれの子は
強い!うまい!すごい!と
周りから言われるので
自信がつき、自己評価も
あがります。
 
 
 
 
自分ってすごいんだ!という
「思い込み」ができるんですね。
 
 
 
 
実際には、早く生まれたから
成長が早いだけなんですけど。
 
 
 
 
一方、12月生まれの子は
1年以上差が開くので
体格の差で負けちゃったりして
自信をなくしてしまうのです。
 
 
 
 
で、これが積み重なった結果
1〜3月生まれの子が
代表選手として活躍するように
なっているんです。
 
 
 
 
そのときには、1月生まれか
12月うまれかなんて
生まれつきでの体格の差なんて
全く関係ないのに。
 
 
 
 
最初の「思い込み」が
積もりに積もって
大人になって
大きな影響を
与えているんですね。
 
 
 
 
思い込みの力、、、
恐るべし!
 
 
 
 
引き寄せの法則と
スピリチュアルな感じで
言ったりしますが
「自分は思ったような自分になる」
 
 
 
 
セルフイメージを高く持ち
理想の自分を明確にして
前向きに努力することって
すごく大事ですよね。
 
 
 
 

孫氏の兵法ってなんて読む?

from飯野恵太
桜木町のスタバより
 
 
 
 
正直に答えてほしいのですが
「孫子の兵法」の
兵法を「ひょうほう」と
読んでいませんでしたか?
 
 
 
 
僕はがっつり
「ひょうほう」と
読んでいました。ええ。
 
 
 
 
こないだ群馬の実家に
帰ったのですが
そのときに母親が
齋藤孝先生の
「こどものための孫子の兵法(へいほう)」
って本がおもしろそうだから
読んでみようと思うの。と。
 
 
 
 
僕はすかさず
「いやいや!あれは
『へいほう(兵法)』って書いて
『ひょうほう(兵法)』って
読むんだよ」
 
 
 
 
ドヤ顔で
訂正したのですが
完全に僕が間違いでした。
 
 
 
 
ネットで調べても
孫子の兵法の場合は
「へいほう」って
読むんですね。
 
 
 
 
僕と同じ間違いをしていたよー!
って人は、必ず、このメルマガに
返信で教えてください(笑)
 
 
 
 
さて、この孫子の兵法ですが
齋藤孝先生が、ポイントをわかりやすく
解説してくれていました。
群馬テレビで。
 
 
 
 
そこで齋藤先生が
孫氏が使っている
「拙速」という
言葉を紹介していました。
 
 
 
 
これは読んで字のごとく
「拙くて、速い」ことを
指します。
 
 
 
 
日本では、あまりいい意味で
使われない言葉ですよね。
 
 
 
 
雑にこなすみたいな
印象がありますよね。
 
 
 
 
でも、この拙速を
孫氏はすごく推奨
しているというんですね。
 
 
 
 
もちろん、うまくて速い
巧速であることが
一番望ましいことで
あるのは言うまでもないですよね。
 
 
 
 
では、
ヘタで速いのと
うまいけど遅いのは
どちらがいいのか?
 
 
 
 
これについては
孫氏は圧倒的に
ヘタで速い、拙速で
あることの方が
いいと言っているんです。
 
 
 
 
スピードが最も
大事だということです。
 
 
 
 
そもそもどんなことでも
最初からうまくいくことなんて
ないですよね。
 
 
 
 
どうせ下手なら
時間をかけるよりも
さっさと完了させて
さっさと問題点をみつけて
さっさと改善した方がいいのです。
 
 
 
 
うーん、うーんと
あれこれ考えて
仕事を完了させなかったら
結局、そこから成果を
出すことができません。
 
 
 
 
だから、孫氏も「拙速」を
推奨しているんですね。
 
 
 
 
どんなものごとでも
スピードが一番大事です。
 
 
 
 
やる価値のあることは
たとえ下手くそでも
やる価値がある。
 
 
 
 
僕の好きな言葉のひとつです。
 
 
 
 
 

日本とアメリカの筋トレの違い

from飯野恵太
茅場町のコワーキングスペースより
 
 
 
 
最近、友人と飲みに行ったのですが
「お前のメルマガ筋肉の話ばっかだな!」
と言われちゃいました。
 
 
 
 
ぼくとしては
そんなに書いてるつもりは
ないのですが
客観的な意見は
大事ですね。
 
 
 
 
たしかに、思い返すと
筋トレの話をメルマガに書くと
1〜2名の購読解除が
出てる気がします(笑)
 
 
 
 
ということで
リクエストに答えて
今日も筋トレをからめた
話をしていきたいと思います。
(猪突猛進)
 
 
 
 
最近、ボディビルダーの人の
本やインタビューをチェックして
ボディメイクのヒントを探しているんです。
 
 
 
 
妻には全く理解してもらえず
半分変態扱いをされていますが。
 
 
 
 
そこで、アメリカの大会でも
優勝したことのある
ある日本人ボディビルダーの方が
語っていることで、すごく
感銘を受ける言葉があったんです。
 
 
 
 
日本人とアメリカ人の
ワークアウトに対する考え方について
語られています。
 
 
 
 
日本人には筋トレをしても
そこまで太い人が多くなくて
途中で挫折してしまう人も
たくさんいます。
 
 
 
 
一方、アメリカ人は
筋トレしてる人は
たいがいゴリラみたいな
マッチョ体型で
みんなすぐに筋トレにハマって
やめる人ってほとんど
いないんだそうです。
 
 
 
 
これは、体質の違いよりも
考え方の違いが大きく
関係しているらしいんです。
 
 
 
 
日本人はいい意味でも
悪い意味でも真面目な
人が多いので
トレーニングをスタートして
それによって効果が実感できなくても
「石の上にも三年」のマインドで
そのまま続ける人が多いらしいんです。
 
 
 
 
だから、全然効果が出てなくても
続けていればいつかは効果が出るんだ!と
思って、同じトレーニングをずっと
続けるらしいんです。
 
 
 
 
一方、アメリカ人は
トレーニングを初めて
数週間経っても効果が出ないと
すぐにその状態に腹を立てるらしいんです。
 
 
 
 
「Why??Why??
なんでこんなにやってるのに
身体、変わんねーんだよ!
どうして?どうして?」
と。
 
 
 
 
頑張ってるのに効果が出ないのが
ムカつくので、すぐにその状態を
解決しようとするらしいんです。
 
 
 
 
何がいけないの?
どうやったら効果が出るの?
 
 
 
 
貪欲に人に聞くし
正しい方法を調べるし
何が間違ってるか考えるんです
 
 
 
 
ある意味短気なので
成果の出てない状態が
我慢できずに解決しようと
するんですね。
 
 
 
 
だから、すぐに自分の間違いを
見つけて、正しい方法に修正して
ガッツリワークアウトするので
すぐに身体が大きくなるらしいんです。
 
 
 
 
おもしろい違いですよね。
 
 
 
 
この考え方は
まるまる仕事にも
応用できますよね。
 
 
 
 
パフォーマンスがあがっていないなら
その行為を盲目的に続けるのではなく
疑問を持つことが大事ですよね。
 
 
 
 
そして、何が間違ってるのか考える。
貪欲に人に聞く。
その状態をいち早く解決するために
あらゆる努力をすることが大事なんです。
 
 
 
 
本当の努力というのは
何も考えずに継続することではなく
努力の方向性を正すことなのかも
しれないですね。
 
 
 
 

16時に徘徊する本当の理由

from飯野恵太
横浜の自宅より
 
 
 
 
東洋経済の記事で
こんな考えさせられるものがありました。
 
 
 
 
ある男性の母親は
認知症で、毎日16時になると
決まって徘徊を始めてしまうんです。
 
 
 
 
行方不明になり
警察のお世話になることもあり
その男性は介護のために
離職をするべきか真剣に
考えていたらしいのです。
 
 
 
 
それほどまでに
深刻な問題だったので
16時になると決まって
出ていこうとする母親を
強く叱っていたらしいのです。
 
 
 
 
それでも、彼女はやめようとしないので
わめいたり、彼に暴力をふるうことも
あったのです。
 
 
 
 
どうにも改善しなかったので
悩んだ末にベテランの介護職の方に
相談したらしいのです。
 
 
 
 
その介護職の方は
「16時」ということに
何かヒントがあるんじゃないかと
それを探るために
彼の伯父(母親の兄)に
連絡を取ったんです。
 
 
 
 
もしかすると、16時というのは
彼が、幼かった頃に幼稚園の
バスに乗って帰ってくる時間じゃないか?
ということになりました。
 
 
 
 
なので、その母親に
「今日は、幼稚園のお泊まり会だから
◯◯くん(男性)は帰ってきませんよ。」
と伝えると、「そうだったかい」と
言って、母親は家に戻っていくというのです。
 
 
 
 
認知症の母親は
彼女の鮮明な記憶の中では
毎日、16時に息子のことを
迎えにいくことが
とても大事なことだったんです。
 
 
 
 
息子に寂しい思いをさせないために
どんなことにも優先して
バスの迎えに行かなければいけない。
 
 
 
 
だからこそ、それを止めようとするものは
どんな理由であれ、彼女にとっては
悪だったんです。
 
 
 
 
その悪は、暴力をふるってでも
退けなければいけない存在だったんです。
 
 
 
 
それから、母親に
毎日、「今日はお泊まり会だよ」と
伝えることで、徘徊の行動は
ぴたっととまったんです。
 
 
 
 
それ理由を知って以来
彼は16時になると
母親の深い愛を感じるように
なったんです。
 
 
 
 
それまでは、生活が地獄とまで
感じてしまうほどの
母親の行動に対する
解釈が一変したんです。
 
 
 
 
相手の考え
徘徊の本当の理由を
知ることで
パラダイムシフトが
起こったんですよね。
 
 
 
 
7つの習慣にもありますが
それまで忌むべき存在だと
考えていた相手であっても
その相手の目線で
ものごとを考えると
世界が変わることって
ありますよね。
 
 
 
 
よく衝突する相手
喧嘩ばかりになっちゃう人
どうしても気に入らない相手
 
 
 
 
たとえそうだとしても
相手にも相手の正義があるんですよね。
 
 
 
 
さきほどの男性がそうであったように
相手の欠点(母親の徘徊行為)を
指摘して矯正しようとするよりも
まず、相手を理解してあげるということが
とても大切なことかもしれませんね。
 
 
 
 
大事なことは
相手を理解してから
自分を理解してもらう。
ということですね
 
 
 
 

圧倒的成果を出す「平均の法則」

from飯野恵太
横浜オフィスより
 
 
 
 
学生の頃、インターネット回線の
Bフレッツ光を飛び込みで営業するという
バイトをしていたことがあります。
 
 
 
 
「自分でいうのも」ですが
すごく成績がよかったので
会社から、他のスタッフの
手本として扱われることがありました。
 
 
 
 
基本的には、営業担当が
自分たちで営業エリアを決めて
そこで各々飛び込みをしていくんです
 
 
 
 
ですが、たまに成果の出ていない
人に刺激を与えるために
そういう人と同じエリアを
まわることがあります。
 
 
 
 
そういうときは
大きな集合住宅に
訪問すると決めて
そこで、1階から上にあがって飛び込む人と
最上階から下にさがって飛び込む人とに
担当を分けて、同じマンションを
飛び込んでいくんです。
 
 
 
 
僕が、20階から
彼が、1階から
 
 
 
 
こんな感じでやっていって
合流したら、お互いの成果を
フィードバックし合おう。
みたいな感じでやるんです。
 
 
 
 
契約の取れていないある
スタッフとこれを
やる機会があって
僕が、20階から
飛び込んでいったのですが
彼と合流したのが
「4階」だったんです。 
 
 
 
僕が、20〜5階を
訪問している間に
彼は、1〜4階までしか
訪問できていなかったんですね。
 
 
 
 
彼と僕との成果の差の原因は
一目瞭然。
訪問件数の差
だったんです。
 
 
 
 
それまで、彼は
「まわれるだけまわってる」のに
成果が出ないと言っていたのですが
彼の「まわれるだけ」の数は
僕の1/4程度だったんです。
 
 
 
 
僕はいわゆる「平均の法則」
飛び込みも「統計」だと
思っていたので
いかに数をまわるか?
ということに主眼を置いて
営業をしていました。
 
 
 
 
平均の法則というのは
同じ条件で同じことを繰り返すと
常に一定の成果が得られるという
法則です。
 
 
 
 
僕のBフレッツの営業の場合
120軒ノックをすると
1軒から契約をもらうことができました。
 
 
 
 
120軒ノック
40軒が在宅
20軒が話を聞いてくれて
1軒が契約してくれる
 
 
 
 
こんな感じだったんです。
 
 
 
 
1件契約になると
NTTからの報酬が
3 5万円くらいもらえるので
だいたい、1ノックで300円の
価値がある計算になります。
 
 
 
 
だから、飛び込みの途中で
断られようが
怒鳴られようが
嫌なやつに文句を言われようが
そんなことは一切気にならないんです。
 
 
 
 
120軒ノックすれば
契約になるから
どれだけ断られようが
何も気にならないんです。
 
 
 
 
しかし、断られることを
気にしてしまうと
途端に足が動かなくなります。
 
 
 
 
4階で合流したときの
彼も、まさにそんな状態でした。
 
 
 
 
1軒1軒まわる
インターバルがすごい長いんです。
 
 
 
 
断られて意気消沈。
ふー、、、
さて、気を取り直して
もう1軒行こう。
でも、また断られたらどうしよう。
さっきとなりのチャイムならしたから
もう少し間を空けたほうがいいかも。
 
 
 
 
こんなことを考えている間に
どんどん時間も機会も失ってしまいます。
 
 
 
 
「これだけ動けばこんな成果が出る」
これがわかってるのであれば
あとは平均の法則を信じて
とにかく動いてしまった方が
ずっと効果的です。
 
 
 
 
たとえば、僕の推奨している
スーパー費用対効果の高い
集客方法として
店舗提携という
方法があります。
 
 
 
 
近くの店舗に
あなたの院の紹介カードを
置いてもらうんです。
 
 
 
 
これも平均の法則でいうと
 
 
 
 
6軒訪問すると
5軒がカードを置いてくれて
1人集客につながる
 
 
 
 
こんな感じの成果が出ます。
 
 
 
 
患者さんのLTVって
だいたい3〜4万円と言われているので
僕のBフレッツの営業に
比べたら、はるかに圧倒的に
効率がいいですよね(笑)
 
 
 
 
それがわかってるなら
とにかく6軒訪問すればいいんです。
 
 
 
 
20分もあれば
6軒訪問できます。
 
 
 
 
月に25日、営業日を毎日
6軒訪問すれば
それだけで25人も
新規集客することができるんです。
 
 
 
 
でも、ほとんどの人は
そんなことはしないんです。
 
 
 
 
4階までしか飛び込めなかった
彼のような心理状態になっているから。
 
 
 
 
でも、それはあなたにとって
チャンスにもなりえます。
 
 
 
 
誰もできないからこそ
先生は、平均の法則を
信じて「行動」するんです。
 
 
 
 
そうする間に
気付いたら
すごい成果が出ているはずです。
 
 
 
 

 

狂気

from飯野恵太
横浜オフィスより
 
 
 
 
アインシュタインの名言で
こんなものがあります。
 
 
 
 
「同じことを繰り返しながら
違う結果を望むこと
それを狂気という。」
 
 
 
 
大学1年生のとき
アメフトで強くなるために
一生懸命筋トレを
していたのに
全く筋肥大が起きない時が
ありました。
 
 
 
 
ちゃんとトレーニングメニューも考えて
それを実行してるのに
一向にカラダが大きくならないんです。
 
 
 
 
それなのに僕は
その状況を変えようともせず
同じことを半年間くらい
ずーっと繰り返していました。
 
 
 
 
で、どうなったかというと
当然ながらカラダは大きく
ならなかったのです。
 
 
 
 
見る人によっては
トレーニングを頑張る
努力家かもしれませんが
アインシュタインから見たら
「狂気」そのものだったんだと
思います。
 
 
 
 
自分の行動を変えずに
結果だけが変わる「奇跡」を
望んでいたんですから。
 
 
 
 
ちなみに、僕のカラダが大きくならない原因は
食事量が足りないことだったんです。
 
 
 
 
原因がわかってから、プロテインを飲んで
ご飯を毎日10合食べるようになったら
メキメキとカラダが大きく
なっていきました。
 
 
 
 
手に入れる結果を変えたかったら
自分の考え方か、行動を変えないと
いけないんですよね。
 
 
 
 
「こんなに頑張ってるのに
なんで成果が出ないんだ!!」
 
 
 
 
そんな悩みを抱いた時
自分が「狂気」中に
いるんじゃないかと
考えてみることも
大事ですよね。
 
 
 
 
同じ行動を繰り返して
結果が変わることは
絶対にありません。
 
 
 
 
神樣は気まぐれを起こさないのです。
自分が変わるしかないのです。
 
 
 
 

あれもこれもダメダメ父さん

from飯野恵太
横浜オフィスより
 
 
 
 
日曜日、息子と二人で
横浜の動物園に行ってきました。
 
 
 
 
息子は、本当に動物が好きなので
しょっちゅう行きます。
平日も、妻が動物園に連れて行くので
息子は週3くらいで動物園に
行ってるんじゃないでしょうか?
 
 
 
 
息子が連れて行く途中
寝てしまったので
動物園のレストランで
寝かせていました。
 
 
 
 
30分くらいしたら
起きたのですが
起床後2秒で
「ライオン!」と
叫んでました。
 
 
 
 
本当に動物が好きなんでしょうね。
子供のパワーたるやすごいです。
大人だったら、5分ぐらいは
ぼーっとしてテンション上がらないですよね。
 
 
 
 
こんな風に、毎朝起きれたら
めちゃくちゃ気持ちいいですね。
 
 
 
 
バサ!!と起きて
今日は◯◯をやろう!!
うおー!楽しみだ!!
と。
 
 
 
 
そんな理想的な
目覚めを見せてくれた
息子でした。
 
 
 
 
二人で、色んな動物を
見ていたのですが
気になる親子を見かけました。
 
 
 
 
お父さんと、息子二人なのですが
その息子二人が、何かやろうとする度に
注意をするのです。
 
 
 
 
小川に興味を持って
橋から眺めようとしたら
「危ない!やめなさい!」
 
 
 
 
落ちてるどんぐりを
拾おうとしたら
「汚い!やめなさい!」
 
 
 
 
園内を走ろうとしたら
「危ない!やめなさい!」
 
 
 
 
たまたま、まわるペースが同じだったので
長い間その父子と一緒にいたのですが
お父さんが口にするのは
「ダメ、ダメ、危ない、危ない、汚れる!」
終始これでした。
 
 
 
 
お父さんからすると
息子にケガをしてほしくないから
言ってることなんでしょうけど
この状況で人生の大半を
ダメダメ言われ続けたら
リスクを取って何かに
挑戦しようなんて
絶対に思わないですよね。
 
 
 
 
実際に、多くの子供は
親から否定的な言葉を
何万回と浴びせられるうちに
挑戦することを忘れて
無難で、安定して、まわりが
「いい」と思うことしか
しなくなっちゃうみたいですね。
 
 
 
 
でも、確かに子供の
奔放な動きには
本当に危ない!と思うことがあって
ついつい口を出してしまいますよね。
 
 
 
 
息子が道端で拾った
泥だらけのどんぐりを
口にいれるのを、制止したい気持ちを
ぐっと押し殺して
見ていたのですが
まずいと思ったのか
もう、どんぐりは
食べなくなりました。
 
 
 
 
口に入れる前に
僕が止めていたら
彼ができなかった経験ですよね。
 
 
 
 
まあ、帰ったあとに
僕が妻に怒られましたがね。