飯野治療院集客事務所

株式会社タッチコード

絶望的な状況も気持ち次第!

from飯野恵太
横浜オフィスより
 
 
 
 
またグレイテストショーマンの
話をしていいですか?
 
 
 
 
この1本の映画だけで
書きたいことがたくさん
あるので、1週間くらい
グレイテストショーマンの
こと書くかもしれません。
しかも今日の記事はなげーです。
 
 
 
 
さて書きます。
がっつりネタバレ書くので
グレイテストショーマンを
映画で楽しもうとしている人は
映画を観てからこの記事を読んで下さい。
 
 
 
 
グレイテストショーマンの
終盤、最大の事件が発生します。
しかも立て続けに。
 
 
 
 
ある歌手の公演をするために
莫大な借金をしてツアーの予定を組みます。
 
 
 
 
40公演くらいしたら
その借金を回収できる予定だったのですが
最初の数公演で、なんとその歌手が
降板しちゃうんですね。
 
 
 
 
しかも、その歌手と
ヒュー・ジャックマン演じる
バーナムとのスキャンダルが
報じられて、最愛の奥さんも
家を出て行く。
 
 
 
 
それだけじゃなくて
サーカス会場が全焼。
収益を生み出していた
サーカスの公演も
できなくなります。
 
 
 
 
もう、どん底ですよね。
想像もしたくないほどどん底。
 
 
 
 
莫大な借金
家族を失う
資産を失う
 
 
 
 
当然、ヒュー・ジャックマンは
クソほど落ち込みます。
酒場でひとりうなだれています。
 
 
 
 
絶望を絵に描いたような
彼の前に現れたのは
サーカスの出演者たちでした。
 
 
 
 
そんな彼らに対して
絶望にいるヒュー・ジャックマンは
「この通り、俺は全てを失った。君らに払う給料はないよ」
と吐き捨てます。
 
 
 
 
そんな彼に対して
サーカスのキャストが言ったのは
彼を怨む言葉ではありませんでした。
 
 
 
 
「私たちは、忌み嫌われていた。
家族にすら存在を隠されていた。
でも、あなたのおかげで
本当の家族に出会えた、生きがいに
出会ったんだ」と。
 
 
 
 
「私達を導けるのはあなたしかいないんだ!」
と言うのです。
 
 
 
 
絶望に打ちひしがれていた
ヒュー・ジャックマンは
その言葉を聞いて
再起を決意します。
 
 
 
 
そこから、「from now on」という
名曲が流れるのですが
あまりにもかっこよすぎて
全身に鳥肌が立ちました。
 
 
 
 
そして、絶望から立ち上がった
ヒュー・ジャックマンは
奥さんを取り戻すために
駆け出すんです。
 
 
 
 
ミュージックの効果もあって
映画のテンションは最高潮になるんです。
 
 
 
 
でも、よくよく考えたら
主人公の状況って
何も変わってないんですよね。
 
 
 
 
奥さんにも逃げられたままだし
莫大な借金はそのままだし
サーカスも全焼したまま。
 
 
 
 
でも、彼の心の持ち方だけが
違いました。
 
 
 
 
酒場で絶望に溺れた彼は
団員の言葉で奮起。
from now on(これからだ!!)と言って
立ち上がるんです。
 
 
 
 
何も変わったないはずなのに
観ている僕らにも希望が
溢れていくんです。
 
 
 
 
すごくないですか?
 
 
 
 
宝くじに当たったとか
救世主が現れたとか
大きな取引が成立した
とか、ポジティブなイベントは
何も発生してないんです。
 
 
 
 
団員に励ましてもらっただけです。
 
 
 
 
でも、これをきっかけに
彼は結局大成功の道を歩み出すようになります。
 
 
 
 
あの酒場でうなだれているだけなら
きっと彼が成功することはなかったです。
 
 
 
 
でも、彼はそうせずに
走り出したんですよね。
 
 
 
 
成功するのに
マインドセットが大事なんだよ!って
改めて思いました。
(僕の解釈)
 
 
 
 
最終的には、建物なんていらない!
テントを張れば良いんだ!と
いまではお馴染みになった
テントのサーカスをスタートさせるんですね。
 
 
 
 
実は、この映画には
マインドセットの重要性を
描いた場面がここ以外にも
たくさん出てくるんです。
 
 
 
 
サーカスを批判されて
それを新聞の記事にされるんですが
主人公は、それでめげるのではなく
「批判の記事が書かれた新聞を
持ってきたら半額セール」を
実施して、成功に拍車をかけたりしました。
 
 
 
 
これも受け取り方ひとつで
気落ちする人もいると思いますが
利用してやる!という姿勢を持つことで
成功へのきっかけにしてしまったんです。
 
 
 
 
グレイテストショーマン
学びが多いし
シンプルにおもしろい映画ですよ。
 
 
 
 

ニュートラルなおじさん

from飯野恵太
二子玉のスタバより
 
 
 
 
しらすと大根おろしを
ご飯にかけて食べるのが
大好きなのですが
そんな僕が歓喜のメニューが
吉野家で登場してました。
「しらすおろし定食」
 
 
 
 
そののぼりを見るや
全然お腹空いていなかったのですが
しらすおろしの魔力に
惹きつけられて
吉野家inしたのです。
 
 
 
 
すると、目の前のカウンターに
おじさんがいたんですが
頼んだサラダにドレッシングが
ついてないということで
いきなり店員さんに怒りだしたんです。
 
 
 
 
いやいや、、、
そんなことくらい
ドレッシングくださいって
一言で済むじゃない。
いちいち怒って
嫌な人だなー。と
思っていたんです。
 
 
 
 
で、その後、三人連れの家族が
入店したのです
カウンターの席しかないお店だったのと
空きが三人分なかったので
少し迷ってから、1人と2人で
別れようとしていたんです。
 
 
 
 
そしたら、その様子をみて
さっきのおじさんが
すかさず席を移動してあげて
三人分のを空けていたんですよね。
 
 
 
 
そのおじさんの両隣が空いていたので
おじさんがどいたことで、3人分確保できたんです。
 
 
 
 
え??この人めっちゃいい人じゃん!!
って思いました。
 
 
 
 
さっきドレッシングで
いちいちキレてた人が
こんな気が利く優しい行動を?!
 
 
 
 
おそらく、ドレッシングの現場だけ見た人は、
このおじさんを「嫌な奴」と
思ったでしょうし
席を空けた現場だけを見た人は
無条件で「いい人」と
思うはずです。
 
 
 
 
どっちの姿も見た僕は
混乱しましたが(笑)
 
 
 
 
このおじさんの姿をみていて
ふと、7つの習慣に出てくる
「刺激」と「反応」の話を思い出しました。
 
 
 
 
世の中に起こる出来事に
「いいこと」「悪いこと」が
あるわけじゃない。
 
 
 
 
ただその出来事に対して
勝手に「意味付け」をして「反応」してる
だけなんだと。
 
 
 
 
そして、刺激と反応の間には
スペースがあるから
自分で反応を選択する自由が
あります。
 
 
 
 
何か物事に失敗して
「自分に能力がないから失敗した」
と意味付けして、凹んで仕事のモチベーションを
下げることもできるし
 
「失敗したから、成功に一歩近づいた」
と意味付けして、仕事のモチベーションを
上げることもできるんですよね。
 
 
 
 
世の中には、ニュートラルな
「刺激」しかないんです。
 
 
 
 
それに、意味付けをして
自分の行動に影響を与える
権利は私達自身がもってるんですよね。
 
 
 
 
吉野家であったおじさんも
「いいおじさん」でも「嫌なおじさん」
でもないんです。
 
 
 
 
ニュートラルな「おじさん」がいて
僕がただ意味付けをしていただけなんです。
 
 
 
 
そんなことを考えながら
しらす定食をほおばったのでした。
 
 
 
 

 

子供になってほしくない職業

from飯野恵太
横浜オフィスより
 
 
 
 
少し前に話題になった
なりたい職業ランキング。
 
 
 
 
「youtuber」が
男子中学生のなりたい職業として
第三位に輝いていました。
 
 
 
 
ネットでの動画視聴が
どんどん浸透して
芸能人になりたい!というよりも
youtuberになりたい!という
子供がたくさんいるんですね。
 
 
 
 
ほんの数年前には
想像もできなかったことですよね。
 
 
 
 
最近、新しいランキングが
発表されたんですが
それは、「親が子供になってほしくない職業」
ランキングです。
 
 
 
 
職業に貴賎なしと言われているので
こんなランキングを作るのは
どうかと思うのですが。
 
 
 
 
見事、一位に輝いたのは
「youtuber」でした。
 
 
 
 
しかも、ぶっちぎりの1位。
過半数の親がなってほしくない
職業にyoutuberをあげていました。
 
 
 
 
いつの時代もそうですが
子供のやりたいことと
親がやってほしいことって
反発しあいますよね。
 
 
 
 
まあ、youtuberがなってほしくない
職業というのは、割と
予想がしやすいかと思うのですが
ひとつ、納得のいかない
結果がありました。
 
 
 
 
親がなってほしくない職業ランキングの
2位が、「営業マン」だったのです。
 
 
 
 
僕は営業ほど
尊い職業はないと思うのですが
世の親たちはそうは思ってないみたいです。
 
 
 
 
むしろ、僕は子供に進んでやってほしい
と思う仕事が「営業」なんですが。
 
 
 
 
人類が抱える
「売る」ことへのアレルギーを
この結果から、まじまじと感じましたね。
 
 
 
 
営業という行為が
・ダサい
・迷惑
・邪魔
・大変
・ストレス
 
こんな風に、
「売る」ということに
対してネガティブな
イメージを持ちまくっているので
こういう結果になるんでしょうね。
 
 
 
 
世の中のほとんどの仕事は
営業で成り立っています。
なおかつ
この仕事がなければ
経済が循環しないので
社会は100%確実に破綻します。
めちゃくちゃ尊くて、大切な仕事ですよね。
 
 
 
 
治療院の経営者も
もれなく営業マンです。
治療家でもあり、
経営者でもあり、
あなたのサービスを売る
営業マンでもあります。
 
 
 
 
営業マン
子供には絶対になってほしいと
思う、とても大事な仕事だと思っています。
 
 
 
 

 

なぜ、カナダの代表選手は1月生まれが多いのか?

from飯野恵太
横浜の自宅より
 
 
 
 
平昌五輪が真っ只中ですね。
 
 
 
 
ちなみに先生は
カナダのアイスホッケーの
代表選手の特徴を
知っていますか?
 
 
 
 
代表選手のプロフィールを
みているとある顕著な
傾向があるらしんです。
 
 
 
 
それは、何かというと
ほとんどの選手が
1〜3月生まれということ。
 
 
 
 
カナダって日本と違って
1月が学年のスタートなので
1月生まれって
日本で言う4月生まれの
イメージです。
 
 
 
 
で、アイスホッケーの代表選手を
みていると、1〜3月生まれが
集中していて、そこから
だんだん減っていて
12月生まれはほとんど
いないらしいのです。
 
 
 
 
なぜでしょう?
 
 
 
 
中学、高校になったら
数ヶ月での体格の
違いなんて大した
ことないですけど
幼稚園とか、小学生の時の
数ヶ月って、かなり
大きな差になりますよね。
 
 
 
 
僕の息子は、いま1歳8ヶ月なんですけど
この歳の1ヶ月、2ヶ月というのは
とてつもない差に感じます。
 
 
 
 
同じ小学1年生でも
1月生まれと12月生まれでは
ほぼ1年間開きがありますから
身体能力が全然違うわけです。
 
 
 
 
そして、1月うまれの子は
強い!うまい!すごい!と
周りから言われるので
自信がつき、自己評価も
あがります。
 
 
 
 
自分ってすごいんだ!という
「思い込み」ができるんですね。
 
 
 
 
実際には、早く生まれたから
成長が早いだけなんですけど。
 
 
 
 
一方、12月生まれの子は
1年以上差が開くので
体格の差で負けちゃったりして
自信をなくしてしまうのです。
 
 
 
 
で、これが積み重なった結果
1〜3月生まれの子が
代表選手として活躍するように
なっているんです。
 
 
 
 
そのときには、1月生まれか
12月うまれかなんて
生まれつきでの体格の差なんて
全く関係ないのに。
 
 
 
 
最初の「思い込み」が
積もりに積もって
大人になって
大きな影響を
与えているんですね。
 
 
 
 
思い込みの力、、、
恐るべし!
 
 
 
 
引き寄せの法則と
スピリチュアルな感じで
言ったりしますが
「自分は思ったような自分になる」
 
 
 
 
セルフイメージを高く持ち
理想の自分を明確にして
前向きに努力することって
すごく大事ですよね。
 
 
 
 

孫氏の兵法ってなんて読む?

from飯野恵太
桜木町のスタバより
 
 
 
 
正直に答えてほしいのですが
「孫子の兵法」の
兵法を「ひょうほう」と
読んでいませんでしたか?
 
 
 
 
僕はがっつり
「ひょうほう」と
読んでいました。ええ。
 
 
 
 
こないだ群馬の実家に
帰ったのですが
そのときに母親が
齋藤孝先生の
「こどものための孫子の兵法(へいほう)」
って本がおもしろそうだから
読んでみようと思うの。と。
 
 
 
 
僕はすかさず
「いやいや!あれは
『へいほう(兵法)』って書いて
『ひょうほう(兵法)』って
読むんだよ」
 
 
 
 
ドヤ顔で
訂正したのですが
完全に僕が間違いでした。
 
 
 
 
ネットで調べても
孫子の兵法の場合は
「へいほう」って
読むんですね。
 
 
 
 
僕と同じ間違いをしていたよー!
って人は、必ず、このメルマガに
返信で教えてください(笑)
 
 
 
 
さて、この孫子の兵法ですが
齋藤孝先生が、ポイントをわかりやすく
解説してくれていました。
群馬テレビで。
 
 
 
 
そこで齋藤先生が
孫氏が使っている
「拙速」という
言葉を紹介していました。
 
 
 
 
これは読んで字のごとく
「拙くて、速い」ことを
指します。
 
 
 
 
日本では、あまりいい意味で
使われない言葉ですよね。
 
 
 
 
雑にこなすみたいな
印象がありますよね。
 
 
 
 
でも、この拙速を
孫氏はすごく推奨
しているというんですね。
 
 
 
 
もちろん、うまくて速い
巧速であることが
一番望ましいことで
あるのは言うまでもないですよね。
 
 
 
 
では、
ヘタで速いのと
うまいけど遅いのは
どちらがいいのか?
 
 
 
 
これについては
孫氏は圧倒的に
ヘタで速い、拙速で
あることの方が
いいと言っているんです。
 
 
 
 
スピードが最も
大事だということです。
 
 
 
 
そもそもどんなことでも
最初からうまくいくことなんて
ないですよね。
 
 
 
 
どうせ下手なら
時間をかけるよりも
さっさと完了させて
さっさと問題点をみつけて
さっさと改善した方がいいのです。
 
 
 
 
うーん、うーんと
あれこれ考えて
仕事を完了させなかったら
結局、そこから成果を
出すことができません。
 
 
 
 
だから、孫氏も「拙速」を
推奨しているんですね。
 
 
 
 
どんなものごとでも
スピードが一番大事です。
 
 
 
 
やる価値のあることは
たとえ下手くそでも
やる価値がある。
 
 
 
 
僕の好きな言葉のひとつです。
 
 
 
 
 

日本とアメリカの筋トレの違い

from飯野恵太
茅場町のコワーキングスペースより
 
 
 
 
最近、友人と飲みに行ったのですが
「お前のメルマガ筋肉の話ばっかだな!」
と言われちゃいました。
 
 
 
 
ぼくとしては
そんなに書いてるつもりは
ないのですが
客観的な意見は
大事ですね。
 
 
 
 
たしかに、思い返すと
筋トレの話をメルマガに書くと
1〜2名の購読解除が
出てる気がします(笑)
 
 
 
 
ということで
リクエストに答えて
今日も筋トレをからめた
話をしていきたいと思います。
(猪突猛進)
 
 
 
 
最近、ボディビルダーの人の
本やインタビューをチェックして
ボディメイクのヒントを探しているんです。
 
 
 
 
妻には全く理解してもらえず
半分変態扱いをされていますが。
 
 
 
 
そこで、アメリカの大会でも
優勝したことのある
ある日本人ボディビルダーの方が
語っていることで、すごく
感銘を受ける言葉があったんです。
 
 
 
 
日本人とアメリカ人の
ワークアウトに対する考え方について
語られています。
 
 
 
 
日本人には筋トレをしても
そこまで太い人が多くなくて
途中で挫折してしまう人も
たくさんいます。
 
 
 
 
一方、アメリカ人は
筋トレしてる人は
たいがいゴリラみたいな
マッチョ体型で
みんなすぐに筋トレにハマって
やめる人ってほとんど
いないんだそうです。
 
 
 
 
これは、体質の違いよりも
考え方の違いが大きく
関係しているらしいんです。
 
 
 
 
日本人はいい意味でも
悪い意味でも真面目な
人が多いので
トレーニングをスタートして
それによって効果が実感できなくても
「石の上にも三年」のマインドで
そのまま続ける人が多いらしいんです。
 
 
 
 
だから、全然効果が出てなくても
続けていればいつかは効果が出るんだ!と
思って、同じトレーニングをずっと
続けるらしいんです。
 
 
 
 
一方、アメリカ人は
トレーニングを初めて
数週間経っても効果が出ないと
すぐにその状態に腹を立てるらしいんです。
 
 
 
 
「Why??Why??
なんでこんなにやってるのに
身体、変わんねーんだよ!
どうして?どうして?」
と。
 
 
 
 
頑張ってるのに効果が出ないのが
ムカつくので、すぐにその状態を
解決しようとするらしいんです。
 
 
 
 
何がいけないの?
どうやったら効果が出るの?
 
 
 
 
貪欲に人に聞くし
正しい方法を調べるし
何が間違ってるか考えるんです
 
 
 
 
ある意味短気なので
成果の出てない状態が
我慢できずに解決しようと
するんですね。
 
 
 
 
だから、すぐに自分の間違いを
見つけて、正しい方法に修正して
ガッツリワークアウトするので
すぐに身体が大きくなるらしいんです。
 
 
 
 
おもしろい違いですよね。
 
 
 
 
この考え方は
まるまる仕事にも
応用できますよね。
 
 
 
 
パフォーマンスがあがっていないなら
その行為を盲目的に続けるのではなく
疑問を持つことが大事ですよね。
 
 
 
 
そして、何が間違ってるのか考える。
貪欲に人に聞く。
その状態をいち早く解決するために
あらゆる努力をすることが大事なんです。
 
 
 
 
本当の努力というのは
何も考えずに継続することではなく
努力の方向性を正すことなのかも
しれないですね。
 
 
 
 

16時に徘徊する本当の理由

from飯野恵太
横浜の自宅より
 
 
 
 
東洋経済の記事で
こんな考えさせられるものがありました。
 
 
 
 
ある男性の母親は
認知症で、毎日16時になると
決まって徘徊を始めてしまうんです。
 
 
 
 
行方不明になり
警察のお世話になることもあり
その男性は介護のために
離職をするべきか真剣に
考えていたらしいのです。
 
 
 
 
それほどまでに
深刻な問題だったので
16時になると決まって
出ていこうとする母親を
強く叱っていたらしいのです。
 
 
 
 
それでも、彼女はやめようとしないので
わめいたり、彼に暴力をふるうことも
あったのです。
 
 
 
 
どうにも改善しなかったので
悩んだ末にベテランの介護職の方に
相談したらしいのです。
 
 
 
 
その介護職の方は
「16時」ということに
何かヒントがあるんじゃないかと
それを探るために
彼の伯父(母親の兄)に
連絡を取ったんです。
 
 
 
 
もしかすると、16時というのは
彼が、幼かった頃に幼稚園の
バスに乗って帰ってくる時間じゃないか?
ということになりました。
 
 
 
 
なので、その母親に
「今日は、幼稚園のお泊まり会だから
◯◯くん(男性)は帰ってきませんよ。」
と伝えると、「そうだったかい」と
言って、母親は家に戻っていくというのです。
 
 
 
 
認知症の母親は
彼女の鮮明な記憶の中では
毎日、16時に息子のことを
迎えにいくことが
とても大事なことだったんです。
 
 
 
 
息子に寂しい思いをさせないために
どんなことにも優先して
バスの迎えに行かなければいけない。
 
 
 
 
だからこそ、それを止めようとするものは
どんな理由であれ、彼女にとっては
悪だったんです。
 
 
 
 
その悪は、暴力をふるってでも
退けなければいけない存在だったんです。
 
 
 
 
それから、母親に
毎日、「今日はお泊まり会だよ」と
伝えることで、徘徊の行動は
ぴたっととまったんです。
 
 
 
 
それ理由を知って以来
彼は16時になると
母親の深い愛を感じるように
なったんです。
 
 
 
 
それまでは、生活が地獄とまで
感じてしまうほどの
母親の行動に対する
解釈が一変したんです。
 
 
 
 
相手の考え
徘徊の本当の理由を
知ることで
パラダイムシフトが
起こったんですよね。
 
 
 
 
7つの習慣にもありますが
それまで忌むべき存在だと
考えていた相手であっても
その相手の目線で
ものごとを考えると
世界が変わることって
ありますよね。
 
 
 
 
よく衝突する相手
喧嘩ばかりになっちゃう人
どうしても気に入らない相手
 
 
 
 
たとえそうだとしても
相手にも相手の正義があるんですよね。
 
 
 
 
さきほどの男性がそうであったように
相手の欠点(母親の徘徊行為)を
指摘して矯正しようとするよりも
まず、相手を理解してあげるということが
とても大切なことかもしれませんね。
 
 
 
 
大事なことは
相手を理解してから
自分を理解してもらう。
ということですね