飯野治療院集客事務所

株式会社タッチコード

小さな習慣

from飯野恵太
横浜オフィスより

月曜日に、フィードフォワードの記事をご紹介しました。
あらかじめ、小さな一歩を踏み出しておくと、
やる気に左右されずに、仕事を進めることができる
というお話です。

このフィードフォワードの記事が
好評だったので、それに関連した
「小さな習慣」のお話をしたいと思います。

タイトルそのまま、
「小さな習慣」という本を
スティーヴン・ガイズという人が
書いているのですが、
これがかなり素敵な内容なんです。

先生も、新しい習慣を始めようと思ったけど、
三日坊主で終わってしまったことってあると思うんです。

・毎日、腕立て100回する。
・毎朝、1時間早く起きる。
・毎日30分ジョギングをする。
・1日1時間、本を読む。

とか。

どれも、続けられれば、とっても有意義なこと。

でも、気づいたら、始めるときのやる気はどこかに行き、
掲げた目標を実行できなくなっていく。

こんな経験あると思うんです。

著者は、人が習慣を継続できない理由を
「目標が高すぎるから」と断言しています。

人は、そもそも本能的に変化を嫌っているのに、
そこに、いきなり大きな目標を掲げて、
大きな変化を目指すと、脳が拒絶してしまうんですね。

だから、習慣にしたい行動のステップを
びっくりするくらい小さくした方が
うまくいくというのです。

例えば、毎日、腕立て100回という目標が
あったとします。

これって、簡単な目標ではないですよね。

仕事がすごく忙しいときとか、
飲み会があったときとかって、
サボってしまえ!!という誘惑が
強烈に働くと思います。

だから、こういう腕立て100回という大きな目標ではなく、
サボる方が難しい目標を掲げたほうがうまくいくんです。

「腕立てを1回する」

という感じで。

腕立て1回そのものは、
ものすごく些細な行動で、
これをやったからといって、
健康に大きな影響はないです。

たとえ、3ヶ月継続できたとしても、
大きな変化は得られないかもしれません。

でも、このアホみたいに小さな目標というのが、
人間を変化させる大きなポイントになるのです。

目標を掲げて、それを実行できなかったときの
最大のデメリットは、罪悪感が生まれて、
その人の自己肯定感が下がってしまうことにあります。

あー。またダメだった・・・
どうせ、おれは何か始めても続かないんだ・・・

こんな風に、自分への評価が下がってしまうんです。

でも、さぼる方が難しい目標なら(腕立て1回)
どんなに眠くても、
どんなに忙しくても、
やり忘れてベッドに入っていたとしても、

あ!やろうと思ったら、3秒で完了させることができます。

ベッドで寝てても、くるっとまわって、ピ!で終わりです。

だから、自己肯定感を
損ないません。

むしろ、続ければ続けるほど、
自己肯定感があがり、
やるきのホルモンも生み出すことができるんですね。

これだけではありません。

先日のフィードフォワードの記事にも紹介しましたが、
人は、やり始めることに、とても抵抗を感じます。

スタートするときが、1番エネルギーを必要とするんです。

逆に言うと、やり始めたことを継続することって
そんなに難しくないんです。

いざ、腕立て1回をスタートさせたら、
あとは、ボーナスタイムに突入です。

自分の好きなだけ、腕立てをすればいいんです。

目標を小さくすることで「やり始める」という1番大きな障害を
軽々超えてしまうことができるんです。

本当に忙しいときには、
腕立て1回すればOK。
自己肯定感アップ!

時間・体力のあるときは、
ボーナスタイムで30回でも、50回でも
やってしまえばいいんです。

読書を習慣にしたいなら、いきなり毎日1冊読むとか、
大きな目標を掲げずに、「毎日1行だけ読む」という
目標にすればいいんです。

1冊読むという目標にしていたら、
忙しくて時間が取れないときは、
今日は1冊読めないから、やめておこう。
となって、本を開かずに終わってしまいます。

何も読まないなら、1行だけでも読んだ方がいいです。
しかも、1行だけで終わることは、まれなはずです。

それを実行したあとに、
時間があって、もっと読みたければ、
読み続ければいいんです。

結局30分くらい読めるかもしれません。

続けるのが難しい高い目標よりも、
バカバカしいほど小さな目標の方が
実は有意義だということが、わかってもらえたでしょうか?

先生も、まずは、小さな目標を考えるということを
始めてみてください。

カレー臭の話

from飯野恵太
横浜オフィスより

先日、あるクライアントの元に
訪問したときの話です。

僕のパートナーに同行してもらい
二人で訪問するで、訪問前に
二人でココイチでカレーを食べたんです。

で、そのパートナーと
二人でカレーを食べてから訪問して
「カレー臭い」って言われたらどうする?!と
冗談ながら、話していたんです。

で、いざ、クライアントの元に訪問すると、
開口一番、カレーのニオイの話になったんですね。

クライアントは、院内のスタッフが
もちこんだ昼食のニオイだと思ったらしく、
「すいません、カレーのニオイがしますね。」
と謝られたのですが、その言葉に
僕らは顔を真っ赤にしながら
「このニオイの原因は僕らです」

二人で直前にカレーを食べると、
これほどまでにカレー臭がするんですね。

昼時の訪問だったので、
院内のスタッフの方にも、
「すごい美味しそうなニオイ」
「お腹が空いてきました」
「さては、ココイチですね?」
など、打ち合わせ中に終始いじられてました(笑)

打ち合わせが終わって帰るときに、
「打ち合わせの前に、カレーは食べちゃダメだって
痛感しました。」

なんて、いいながら帰ろうとしたんですけど、
そこにいた女性のスタッフの方に
こんな言葉をかけてもらったんです。

「二人のカレー臭がすごかったから、
これだけ、話がもりあがったし、
仲良くなれたんです。
まずった、なんて思っちゃだめですよ。」

と、、、

なんて素敵な方なんだ。

確かに、ある種、
「失敗」って、人との距離を
縮める効果がありますよね。

僕らがゴリゴリのカレー臭を漂わせて
訪問したので、スタッフの方に
終始いじってもらえましたし、
笑いが生まれました。

ちなみに、僕の過去のメルマガの中で
最も反響があった記事って、
トイレでペーパーがなくて、
閉じ込められていたって話です。

なんの役にも立たない、ただの失敗談です。

けれども、多くの方から
メッセージをもらえたんですよね。

ニュースレターやメルマガを
やっている先生は、何か「失敗」をしたら、
それを、最高のネタを仕入れたと思うべきなんです。

失敗は、人を引きつけるし、
人との距離を縮めてくれるんですね。

完璧な人間よりも、
どこか抜けてる人間の方が、
愛されますもんね。

リトマス法:ワンピースが面白いわけ

pH

from飯野恵太
横浜オフィスより

8月4日まで、ワンピースが60巻まで無料で
公開されてますね。

僕は、いつもワンピースを読むと
アーロン編で泣いちゃいます。

ルフィの「当たり前だ!!!」で
ぶわっとこみ上げてくるんです。

人の感情を揺さぶるのが
めちゃくちゃうまいですよね。

リトマス法って知ってますか?

リトマスって、小学校のときに理科の実験で使った
あのリトマス紙です。

アルカリ性、酸性のどちかの液につけると、
ぶわっと、ぶわっと色が変わりますよね。

これを、物語の登場人物や、事件に置き換えて考えて
ストーリーを作るテクニックのことをリトマス法といいます。

小道具や事件を配置することで、
登場人物の感情や、人格をぶわっと浮かび上がらせて、
読み手の気持ちを上下させて、揺さぶるんですね。感情移入させるんです。

一般的には、このリトマス法によって、
感情の上下をたくさん作った物語のほうが
人の興味をひきつけるおもしろいストーリーになると
いわれています。

ワンピースでいうと、「回想」を巧みに使うことで、
このリトマス法を駆使して、登場人物に共感させたりますよね。

過去に起こった悲劇や、敵キャラの非道な行いを
描くことで、キャラクターに共感させたり、
怒りの感情を高めたりします。

だから、普通に敵キャラをぶっ飛ばすより、
リトマス法によって、「浮かび上がらせた」ほうが
読者は、爽快感を覚えますし、胸がはれる気持ちなのです。

で、このリトマス法は、漫画や映画だけでなく、
ビジネスにも使うことができるんです。

例えば、先生がニュースレターや手紙などで、
自己開示をすることは、患者さんとの関係性を構築するのに
とても効果的な方法です。

この時に、リトマス法を使うことで、
より患者さんの興味関心を集めることができます。

先生が過去に体験した事件、
乗り越えてきた困難、
恩師との出会い

こういった、事象をストーリーに配置することで、
先生の人柄を浮かび上がらせて、
より効果的に相手に感情移入してもらうことができるんですね。

リトマス法を使った自己開示。
ぜひ、試してみてください。

目標だけじゃダメ!

目標だけじゃダメ!from 飯野恵太
みなとみらいのスタバより

自慢ではないのですが、
僕、中学生の時は、ずっと学年で1位の
成績を取り続けていたんです。

ちなみに、高校に入学してからは、
下から10番目くらいの
成績を取り続けていたので、
僕が頭がいいわけではありませんし、
自慢をしたいわけではありません。

当然、僕は天才ではありませんので、
中学の時は学年1位の成績を取り続けるために、
かなりの量の勉強をしていました。

勉強というと、苦痛なイメージがあると思いますが、
僕にとっては、全く苦痛じゃなかったんですね。

むしろ、テスト前に勉強するときは、
いつも、ドキドキワクワクして、
手に汗握っているような状態で
勉強していたんです。

なんで、勉強しながらドキドキワクワクしていたのか?

続きを読む

フォーカスを奪われるな!

フォーカスを奪われるな!from 飯野恵太
横浜オフィスより

「筋トレが最強のソリューションである」を
クライアントの先生から紹介してもらって、
また、筋トレ熱が爆発している飯野です。

いまは、週に4回くらいのペースで
トレーニングをしているのですが、
ジムにいくと、たまに気になる人がいます。

基本的には、みんな自分の筋肉に向き合って、
集中してゴリゴリとトレーニングをしているのですが、
たま〜に、全くトレーニングに集中してない輩がいるんです。

「お友達」とジムにきて、
ぺちゃくちゃしゃべりながら、
トレーニングしているんです。

別に、友達とトレーニングすることは、
悪いことと思いません。

ベンチプレスとかの補助もしてもらえるし、
自分一人ではできないトレーニングもできます。

アメフト部時代には、
チームメイトと一緒に鼓舞しあって、
一人でやる以上に追い込むこともできたりしました。

でも、それは、基本的に「集中」をしている
前提です。

続きを読む

ただ伝えるだけでいい

ただ伝えるだけでいいfrom 飯野恵太
横浜オフィスより

先日、急に肩から首にかけて
痛みが出たので、近くの
整骨院で施術をしてもらうことにしました。

そこは、駅の近くのビルに入っていて
施術者が5人くらいいる、
わりと大きい整骨院なんです。

はじめて、施術に行くと、
問診と検査をされて、
いまの僕の状態を教えてくれました。

すると、施術の前に、
僕の状態を元に戻すには、
だいたいどれくらいの施術回数が
必要なのか、はっきりと断言してくれたんです。

そして、施術のあとも、
次の施術を、いつまでに受けるべきなのかを
明確に、断言していました。

自信をもって、はっきりと断言されたので、
僕もその先生の言うとおりに、2日後には、
予約をいれて、もう一度施術をしてもらいました。

次に、来院したときには、
前回とは、違う先生に施術をしてもらったのですが、
今度の先生は、人柄も良かったのですが、
次にいつ来るべきなのか?を伝えずに、
ただ、予約はどうされますか?と
最後に聞かれただけだったので、
僕は、予約を取らずに帰ったのです。

続きを読む

筋トレSEO

筋トレSEOfrom 飯野恵太
横浜の自宅より

昨日は、筋トレのみをただひたすら賛辞する本を
読んだという記事を書いたのですが、
その記事を読んでた友人から、
こんなメッセージをもらいました。

webの世界でも筋トレSEOなる言葉がある。上位表示に行き詰まったら、
「まずは筋トレしろ!」っていう格言があるんだよ。

と。

続きを読む